ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「ウルトラマンネクサス」2 ☆☆

 訓練ー>初出動の回。
ヒミツ基地は、ダムにあるんですよ?。渓谷に射出され姿を消す(ステルス)戦闘機!!カッコイー!!

 恋人の写真を胸に、辛い訓練に耐えた末の初出動。
「多少の犠牲はやむを得ない」
という作戦に従えず、先輩の銃口の前に立ちふさがる主人公。正統派ですね。
 そこで現れる銀色の巨人!
 この段階で、謎の若者が変身するところもはっきりと目撃され、おまけにビーストが盾として抱えていた人間を救助してくれるのですが・・・”第2のビースト”と認識されて、攻撃対象に!
 さあ、どうなる??

 一時間が基本の連ドラを見慣れていると、30分ってアッという間です。おまけに、一年放映ならではのゆっくりした人物紹介。主人公像はまだうすぼんやり。
「どうしてボクが選ばれたんですか??」
私もそれが知りたいのです。

 あー、ガイアの分かり易さが懐かしい。

 かと思うと、妙に目立つのは女性陣。

 宇宙から来るとかいうビーストを秘密裏に迎撃する組織「ナイトレイダー」、その半数が女性??
主人公を訓練するのも女性なら、「足手まといにならないでね」と釘を刺すのも女性。だったらメインの変身ヒーローも女にしたらどうですか。(今にして思えばウルトラマンエースって斬新だったのかも)
 そうそう、主人公の恋人も、絵に描いたような癒し系でキャラが立ってます。

 男性で思い出せるのって、謎のリクルート紳士と、暗い部屋から作戦を指示してくるイケメン君(まだ主人公にあってないよ!)ぐらい。同僚の影が薄いよ!!

 実はビースト、ガソリンやアルコールやよっぱらいの人間が大好物、とか。
そして、ガソリンスタンドでも今週の工場らしき場所でもぶっぱなすので、あの武器はガソリンに当たっても大丈夫なんでしょう、きっと。
 でも、たった今1人飲み込んだところなら、体内で生きているかも知れない被害者のこともちょっとは気にしてもらいたいのですが。思いっきり銃撃して爆散(涙)
 呑んですぐなら、ビーストが爆散した後に被害者が無事残ってるって描写は出来ないのかなぁ。そんなことコドモは気にしないのかなぁ。

 とにかく来週もみますが、感想は書きにくいです。
ジェンダーフリーかと思ったら、お茶くみは女だよ「ナイトレイダー」!とか。
出動の戦闘機は1人一台らしくて、主人公も3週間の訓練後、自分で操縦して出撃するのにびっくり!とか。
 どうでもいいことを誰かと語りたい土曜の朝でした。

「大奥 第一章」1 ☆☆☆

 豪華絢爛!!着物が綺麗♪ 大奥ってこんななの、ふーん、へー。

 「負け犬」だの離縁が差し障りないだの、妙に現代女性に媚びている気がするのですが、まあいろんな人に見てもらおうと番組も必死なんでしょう。
 女の戦いを横で見ていた若い女中(星野真里)が過去を振り返る構成なので、時々小娘のつたないナレーションが入って気が抜けますが、それもまた一興。

 私みたいに簡単な視聴者は、赤ちゃんが出ておっぱい飲むだけでもうメロメロ。兄の千熊(凄い名前)くんも弟もイイコじゃないのっ。 なのに離縁って!
「母上はもう死にました。そう思って生きていきなさい」
ここで泣く子供達が、もう可哀想で。

 でも、だからこそ将軍家が捜している、
”身分ある武家の出の教養ある奥方で、乳が出るのに夫コドモと別れて奉公”
という無茶な乳母の条件に叶うわけですよ。
 ・・・あの募集、主人公(松下由樹)の他に候補はいたのやら(ついでに、赤ん坊だけでなく、授乳する胸元まで撮影可な親子はどこから連れてくるの。ま、いいけど)

 産んだ奥方様(高嶋礼子)が、ちょと夢に見そうなぐらいこーわーいー。ニッコリ笑っててもこーわーいー。

 「お世継ぎ様」は産後すぐに乳母に託され、実の母は抱くことも出来なかった。政治システムとしては分かりますが(世継ぎの権威と、母親を切り離すためかな)、出産直後しか出せない、免疫たっぷりの初乳をみすみす飲ませ逃すとは・・・だから坊ちゃんはひ弱に育つわけですよ。
 そして、逆恨みな実母と乳母の闘いがこれから繰りひろげられるわけですね??うひょ。

 父:家康(藤田まこと)のいいなりの2代目将軍秀忠(渡辺いっけい)もいい感じに腰抜けで、楽しめそうです。
そうそう、「だぎゃ」とか言ってる家康を初めてみました(笑)あの年でも名古屋弁丸出しだったの?

「めだか」1 ☆☆

 傘買いなよ、雨なのに。
で、ずぶ濡れのまま学校戻って病院行って校庭で立ちつくしてたら風邪ぐらいひいてください。

 実にオーソドックスな教員ものです。
なんとなく教師になっちゃって、生徒との距離を測れず、辞めようと思った時に恩師の一言で目覚め、一皮むけて教壇に・・・・・。ありがちありがち。
 定時制なのも別に新しくないし。
 だんまりの生徒はそのうち心を開き、嘘つき娘は泣きながら謝ってくることでしょう。

 でもミムラちゃんは可愛いよね♪
 なんでも笑ってやりすごし、非道い目にあったのに怒る前に笑ってしまう。そんなメダカをつい応援したくなるのはミムラちゃんだから♪
 定時制らしく生徒の中に元同級生がいる、という気まずさや突然のキスなどと、ちょっと気になる要素もあるかなー。山崎樹範と須藤バツイチ子持ち嬢の生徒っぷりもちょっと楽しみ。

 教師生活16年、夜間クラスも受け持つツレが、嫌がるか興味をもつかが運命の分かれ道〜。

 ただ、ひとつ気になったのがモノローグの時制です。
「あの時、あの門をくぐらなかったら・・・・・」
と言っているメダカちゃんは、どの未来のメダカちゃん??

 オレンジデイズの冒頭なら、もう社会人のカイが学生時代を懐かしんでいて、この日々は終わるんだという予感を漂わせるというはっきりした効果が(最終回の頃には忘れられてたけど)あったじゃないですか。
 それに比べると効果不鮮明で、未来の声、要らなかったのでは。

 それと、病院や職員室や校庭にいるのが「何時なのか」が分からなくてイライラ。
合コンの開始は11時がいい、なんて時間を気にさせるフラグを立てておいて、お見舞する時には時間を気にしないなんて。雰囲気は悪くないけど細部が適当です。

「マザー&ラヴァー」1 ☆☆

 ターゲットは「お母さん」でしょ?
 坂口くんがお母さん(松坂慶子)を想い、気遣い、大事にする度に
「ああー、こんな息子が欲しいわぁ(うっとり)」でしょ?

 かくいう私も似たようなもので、篠原が「きゅん」とするのと同じタイミングで、なにやら来るものがありました。坂口くん、可愛い!お金がないところがますますいい!!時々吠えるのもいい!!

 ・・・でも、だからってこの先の物語はどうなるっていうの?
 金子くんや篠原といった芸達者にウケてもらって、場面場面では坂口くんのキャラが活きてるけれど、劇団の場面や酔って1人で長セリフになると・・・・・見ているの辛いし。
 これをピアニスト美人母でなく、八百屋の肝っ玉母さんでやってくれたら、もちょっと違ったのになー。

「きゅん」の理解できないツレには、まったく意味のない1時間だったようでした。

「ウルトラマン ネクサス」1 ☆☆

 ネクサス・・・車の名前みたい。どういう意味なんでしょう。

 特撮ね、と構えて見てたのにフツーに面白くて逆にびっくり。

 あれ、主人公は『巨人』にならないんだ??
 主人公、熱血じゃないんだ?? 恋人がいるよ?コドモのヒーローなのに??
(あ、そうかまだ導入で戦闘シーンがないからドラマの部分が多かったのね)

 人助けを志してなったレスキュー隊員から、ヒミツ組織に配属替えさせられた主人公。
 新任地に赴く途中、怪獣に襲われあわや・・・というところで突然現れ。怪獣をコブシで叩きつぶして消える『巨人』。

 怪獣もその掃討組織も公式には存在しない世界で、更に『巨人』の存在もまた知られていない・・・。
 この組織がね、もしかして「悪の」かもしれないと思うぐらい変!面接は改造手術並に強引だし、部屋は薄暗いし、先輩隊員は態度悪い。
 そして呆然と立ちつくすだけの主人公(^^;;;)

 これがどうなったらヒーローものに化けるのか、ちょっと楽しみに見守っていこうかと思います。着ぐるみじゃなくCGだった怪獣もちょっと新鮮。
 ただし途中のCMが靴だおもちゃだソーセージだと商魂丸出しで辟易なので、トバして見られる録画の方がいいかも。土曜の朝7時半って忙しいし。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ