ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

お知らせ!

ブログホスト:マイプロフィールが8月25日AM3:00?5:00の間、システムメンテナンスのためサービスを停止いたします。 その後は「ドリコムBlog」として生まれ変わるそうで
http://www.myprofile.ne.jp/pon_drama+blog

http://blog.drecom.jp/pon_drama

と、URLが変更となります。
もちろん、従来のアドレスにアクセスされた場合は自動的に新しいアドレスに遷移するそうですが、ありがたくもお気に入り登録やリンクなどしてくださっておられます方々には、ご面倒ですが変更をよろしくお願いいたします

「世にも奇妙な物語」

 過去と会話する日記の話を、途中から観ました。(ハリーポッターのトム・リドルの日記みたいよね。あれは悪意の魔法の産物ですが)

 信じても励ましても、3年後の未来=現在に彼女はいない。この喪失感。
「20才の君に会ったよ、とっても元気そうで」
と書くウソに、涙が落ちて滲む。
 ・・・・・うううう(涙)

 日記に置く手と手が重なり、一瞬だけ時を超えて2人が出会う場面は感動的でした。
それだけに!!
 本の出版はいいんですけどね、ラストの謎の女は蛇足ではないかと。
それとも、本の世界にのめりこんで「あれは私です」と会いに来る、電波な女が絶えないというオチならば本当に怖いのですが。
 感動はぶち壊し。

(追記)すっかり「世にも怖い話」だったと思いこんで↑とオチつけた(?)のですが、あどさんに御指摘いただいた通り、タイトル違っておりました〜(^^;;;)

僕生きとセカチューsp

 小2の娘がひとり旅というのに、新幹線口まで来ず、トイレに行きやすい席もとってやらない母親。また娘を置き去りに失踪してやしないでしょうか。
「僕生きsp」
 途中から「エンタの神様」みちゃったんで、そこだけが心配です。

 久しぶりに見る「はい!」は可愛かっった〜!
 でも、回想が長いんですよ。
 録画だったら思いっきり早送りして撮り下ろしだけを見ますよね。そしたら10分?20分?いっそ再放送でいいのに。
 いきなりみどり銀行時代を見せられると、うちのツレの様に
「え?復職したの??」
とか言い出す人がいるんですってば。

 そしてセカチュー!!
 最終回の翌週に畳みかけるように、何故?? 
どんなにいい場面でも、コマギレで見せられたら冷静に観れちゃうんですよ。おいおい泣いた記憶も新しいうちにみせられると、これで泣いていた自分が気恥ずかしいじゃないですか。
 ラスト10分?卒業式からだけうっかり視聴。
亜姫さんHP「画面に向かって裏拳で突っ込む」御指摘の、スケちゃんの件、確かに確かに。

 どちらも本編は大好きなのですが・・・・・こういう、総集編紹介の為のスペシャルはどうにも苦手です。

「逃亡者」10 ☆☆☆

 「そういうことか・・・・」
って峰島っ何??何なの???(後でわかります)

 ホテルには先回り、指紋データのすり替え。
警察側の、あからさまなもみ消しが出てきたと思ったら
「**のお父さんは警視総監なんだよっ」
 病院側でも、隠し事がただの医療ミスどころじゃなくて、違法な生体間移植とかいうえぐい疑惑が噴出です。
 やっと面白くなってきた?!!(って、最終回一回前なのに^^;;;)

 実際問題、警視総監ごときがそんなに偉いのか?って気はします。
しかも本人でなく娘。病院が法を犯すリスクを負うには、あまりに間尺に合わないですよね。

 移植が事実なら、これからの一生を免疫抑制剤と共に生きることになった娘。手術跡もさぞ目立つ身体で、夏の花:ひまわりと抱き合わせで春売ってるそうですひまわり
 自暴自棄になるのは分かる気もする。

 あと一回で、ピースがどれだけはまっていくのか楽しみになりました。
とにかく、りくくんが無事でありますように。

 そうそう、田所の身辺調査があくまで「永井の被害者」として行われているところがツボでした。するってーと、田所邸の銃器は?? 永井が持ち込んだことになるのかなー。
 宿泊者死亡の場合、宿泊代は踏み倒しになるのか遺品の通帳からハラってもらえるのかも気になるところです。

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;) 陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と、後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ