ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「めだか」1 ☆☆

 傘買いなよ、雨なのに。
で、ずぶ濡れのまま学校戻って病院行って校庭で立ちつくしてたら風邪ぐらいひいてください。

 実にオーソドックスな教員ものです。
なんとなく教師になっちゃって、生徒との距離を測れず、辞めようと思った時に恩師の一言で目覚め、一皮むけて教壇に・・・・・。ありがちありがち。
 定時制なのも別に新しくないし。
 だんまりの生徒はそのうち心を開き、嘘つき娘は泣きながら謝ってくることでしょう。

 でもミムラちゃんは可愛いよね♪
 なんでも笑ってやりすごし、非道い目にあったのに怒る前に笑ってしまう。そんなメダカをつい応援したくなるのはミムラちゃんだから♪
 定時制らしく生徒の中に元同級生がいる、という気まずさや突然のキスなどと、ちょっと気になる要素もあるかなー。山崎樹範と須藤バツイチ子持ち嬢の生徒っぷりもちょっと楽しみ。

 教師生活16年、夜間クラスも受け持つツレが、嫌がるか興味をもつかが運命の分かれ道〜。

 ただ、ひとつ気になったのがモノローグの時制です。
「あの時、あの門をくぐらなかったら・・・・・」
と言っているメダカちゃんは、どの未来のメダカちゃん??

 オレンジデイズの冒頭なら、もう社会人のカイが学生時代を懐かしんでいて、この日々は終わるんだという予感を漂わせるというはっきりした効果が(最終回の頃には忘れられてたけど)あったじゃないですか。
 それに比べると効果不鮮明で、未来の声、要らなかったのでは。

 それと、病院や職員室や校庭にいるのが「何時なのか」が分からなくてイライラ。
合コンの開始は11時がいい、なんて時間を気にさせるフラグを立てておいて、お見舞する時には時間を気にしないなんて。雰囲気は悪くないけど細部が適当です。

「マザー&ラヴァー」1 ☆☆

 ターゲットは「お母さん」でしょ?
 坂口くんがお母さん(松坂慶子)を想い、気遣い、大事にする度に
「ああー、こんな息子が欲しいわぁ(うっとり)」でしょ?

 かくいう私も似たようなもので、篠原が「きゅん」とするのと同じタイミングで、なにやら来るものがありました。坂口くん、可愛い!お金がないところがますますいい!!時々吠えるのもいい!!

 ・・・でも、だからってこの先の物語はどうなるっていうの?
 金子くんや篠原といった芸達者にウケてもらって、場面場面では坂口くんのキャラが活きてるけれど、劇団の場面や酔って1人で長セリフになると・・・・・見ているの辛いし。
 これをピアニスト美人母でなく、八百屋の肝っ玉母さんでやってくれたら、もちょっと違ったのになー。

「きゅん」の理解できないツレには、まったく意味のない1時間だったようでした。

「ウルトラマン ネクサス」1 ☆☆

 ネクサス・・・車の名前みたい。どういう意味なんでしょう。

 特撮ね、と構えて見てたのにフツーに面白くて逆にびっくり。

 あれ、主人公は『巨人』にならないんだ??
 主人公、熱血じゃないんだ?? 恋人がいるよ?コドモのヒーローなのに??
(あ、そうかまだ導入で戦闘シーンがないからドラマの部分が多かったのね)

 人助けを志してなったレスキュー隊員から、ヒミツ組織に配属替えさせられた主人公。
 新任地に赴く途中、怪獣に襲われあわや・・・というところで突然現れ。怪獣をコブシで叩きつぶして消える『巨人』。

 怪獣もその掃討組織も公式には存在しない世界で、更に『巨人』の存在もまた知られていない・・・。
 この組織がね、もしかして「悪の」かもしれないと思うぐらい変!面接は改造手術並に強引だし、部屋は薄暗いし、先輩隊員は態度悪い。
 そして呆然と立ちつくすだけの主人公(^^;;;)

 これがどうなったらヒーローものに化けるのか、ちょっと楽しみに見守っていこうかと思います。着ぐるみじゃなくCGだった怪獣もちょっと新鮮。
 ただし途中のCMが靴だおもちゃだソーセージだと商魂丸出しで辟易なので、トバして見られる録画の方がいいかも。土曜の朝7時半って忙しいし。

「新選組!」10/3 ☆


 釈然としないわっ。

 これで周平を処罰しないなら、大倉の死が無駄になるじゃないですか!!
「今、いい勘定方がいない」
のは、殺したからでしょう????
 なんですかこの、山南さんの時との響きの違いは。これが、歯車が狂っちゃってるっていうことなんでしょうか。

 周平の弱虫っ!!優香も、どこが悪いか知らないけど命を賭けて屯所まで走るぐらいなら、あの場で植え込みかき分けて飛び出してやったらいいのにさ。

 沖田がやたらイライラしていて、おまけに哀しげなのも辛いんです。
幸せな佐之助に、自分には手に入らなかったものを見せつけられちゃったんだろうな。
 祝言、「やっちゃったの???」も「源さんはいいとして」も、さんざ「行かない」と言っておきながら結局来ている副長も可笑しかったけど、ツボだったのは迎える永倉はウェルカムで副長だけが同席をためらっているところ。
 意見が違うことと、人間を嫌うことがイコールじゃない人間もいるんですよ・・・。

 そして捨助。
 あれだけ使えない奴なのに、なんの因果か「顔が広い」ことでちゃっかり売り込んでますよっ(^^;;;)

「エースをねらえ! sp」 ☆☆

 きゃー、ギャラリーに囲まれながら抱きあっちゃって!!いいのっひろみ?藤堂さん??
そうか、既に故宗方コーチからお許しでてましたね。

 連ドラから半年。録画で見ちゃったのは・・・かなり辛かったです。
なかなかあの世界に入れず。葬式、遺影でよりによって「セカチュー」を思い出してしまって(また、ひろみパパ高橋克実が朔のパパなんだもん) 見終わるまで何度も中断しました(^^;;;)

 大事なコーチが、自分の知らない間に亡くなっていた。そりゃ、ショックですよ。
その後17年も毎朝泣けとは言いませんが、訃報を知ったその晩ぐらい、雨の中で泣きたいなら泣かせておけばいいじゃないですか。叫びたいなら叫んで、壊したいなら壊して。
 その点ほったらかされていた蘭子(酒井彩名)の様な放心状態な日々が、ヒロミには全くなかったので・・・・さっさとお寺に連れて行かれちゃってね。皆が気にかけているというよりは、ひろみの喪の仕事のジャマをしているかの様で逆に心配になってしまって。
「逃げるな」だのと説教されていても、全然ピンと来ませんでしたよ。

 まあ、そこを除けば『ひろみが優勝するために全てが動いている』エースわーるど全開。

 決勝戦を闘う2人が、「優勝か、それとも日本ユース除名か」というのは非道すぎますよ。勝つのは絶対にひろみだし(^^;;;)
 でも、最後のヤング戦にかぶせて海外で練習を始めた蘭子を描いてくれたのは良かったです。
 ・・・・続編があるのでしょうか??

 バナナ喰ってた尾崎くん。ウェアやシューズのメーカーと契約できるプロになったんですね。良かった良かった(藤堂は??)
 そうそう、後半は蘭子のコーチになっちゃって影の薄かった桂コーチ(寺脇康文)
 酒好きのカレが、原作では仁の死後ヒロミ復活まではずっと水を飲んでいたんですよね。そのエピソードは入れて欲しかったな。
  
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ