ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「愛し君へ」4 ☆☆

 150万円のバッグをもちながら、婚約指輪を露店でねだる女。可愛いなぁ。
「仕事半分、恋愛半分」
と悪ぶっていた安曇(藤木)さんでしたけど、本人目の前にその言葉で四季に紹介するところなんて、気持ちの通じ合う素敵なカップルに見えました。
 なのに、失明する、と聞くとやはり後ずさってしまうのね彼女(涙)
「しょせん、そんな(金や地位で男を選ぶ)女なのかな」
と自虐する彼女も苦しんだとは思うのですが・・・
 後悔するぞーっ。
他の”有望で健康な”男と結婚したところで、その人が未来永劫五体満足な保証なんてないのだから。

 賑やかな四季の家を訪ねる安曇さん。さぞ救いになったコトでしょう。でもさ、若いのみんな病気のこと知ってたんだよ?? もっと遠い仲ならともかく・・・面識あるじゃん。誰だか分かる形で話すだなんて、守秘義務はどうしたの四季!?

 せっかく強がって全て黙っていた安曇さん、四季が病状を知っていたと分かって激怒(ここ、カッコ良かったわ・・・・)そりゃそうですよぉ・・・。

 とはいえ。
時任先生には、失明の話してましたよね。廊下で。

 四季先生だけ知ってちゃいけないのは何故だ。 友人sに話していて怒るなら(その為に、特に必要もないのにバラしたのかと思った)ともかく。

 ああ。そういう細かいこと気にせずにドラマに没頭したい。雨の中のフジっきーは美しかったです。でも気になる・・・・。

「菊亭八百膳の人々」6☆☆☆

 借金が一千万??

 現代でも大金なのに、昭和30年頃の一千万だなんて目玉が飛び出ます。頼むよ若旦那、素人が相場に手を出すと火傷するってば(TT)
 でも若旦那福治郎も「八百膳の味を日本中に」広めようと、真剣に考えた結果なんだよね。
 張り倒された後、汀子さんの胸で泣く福治郎・・・・。襖の向こう、立ち去る小鈴・・・。

 実は冒頭5分見逃してしまいまして!!!
 前回の告白(?)がどうなったのか、気になっていました。するとこの場面、若旦那と汀子さん夫婦の絆をみせつけられ、傷心で立ち去る小鈴・・・と見えるのですが、違いましたね。

 新妻みどりさんも、小鈴が店に泊まり込んでまで料理に没頭し、家に戻らないのは汀子さんの為と思いこんで家出までしてしまうのですが。実は!!
「若旦那のためだ」
なんと!!
 恩返しの為だったなんて。そして、今の自分の心には
「お前だけだ」
だなんてっっ!!普段の無口がどうしたことか、ぐっとくる名台詞並べるじゃないですか、小鈴さん!!
差し出されたハンカチごと、小鈴の手を握り寄せて泣くみどりさん。その手にまた、もう片方の手が重なって産まれる新しい夫婦の絆・・・・。

 なんともムードのある名場面ですが、覗く福治郎と汀子がコミックリリーフ(^^)v
神社の石段で高笑う場面といい、この2人面白いよね。そして夫婦ってしみじみいいものです。

 しかし、好事魔多し。

 握り会う小鈴の手に巻かれた包帯、指の傷。
調理場で1人涙を流す小鈴の指は、どうなるの??
 そしてどうなるの八百膳、来週で終わりだなんて早すぎる

「オレンジデイズ」5☆

「暗くて手話が見えないよ」
って、暗くなって困るのはむしろ読唇のできなくなる沙絵だと思います。

 キャンプですよ、キャンプ!青春だね!!
 貧しい翔平は、これに参加するためにまたホテル行ったのかとか。チェアからクーラーボッククスからテーブルから、一式揃ったキャンプ道具は誰のだとか、高い自転車なら持ってくるなよ沙絵とか、いろいろツッコミつつも。
 青春の缶蹴りはいいですよねー。
確かに『こういうとき便利』ですよね、離れて隠れながら相談のできる手話って。 『これって私のため??』なんて気を回している沙絵も可愛い。

 暗闇の中、翔平と茜は手をつなぎ、カイと沙絵の仲も一歩前進。オバサンは嬉しいわっ。知らずに恋文書いてるイイヒト君は、ネット上か文通サークルで恋人探した方がいいと思います(^^;;;)

 泣き顔みられて開き直るカイと、狼狽えちゃう沙絵も良かったなぁ。
 真帆姉ちゃんとも別れて、なんの障害もなくなったカイと沙絵なのに・・・つきあうって言葉が賭けのタネの冗談みたいにしか出てこないところが、また胸キュン(死語?)ですよね。
 しかし、自転車に2人乗りする沙絵の独白。やっぱり声に違和感です(いまだトヨエツにも、喋られると慣れていない私^^;;;) いっそ独白も字幕にしましょうよ。

 それから先週の携帯投げ。
「メールしろ」とドラマ内でも言われてました。ホントだよ。 その前のカイの『君を救う」もそうだったし、
”素敵だけどチョイ待て”
な場面にはこうしてフォローを入れていく方針なんでしょうか??

「オレンジデイズ」4☆☆

 茜の文章に共感ゼロ。こちとら学生時代いつだって燃えてたもん。文系なら学園祭、体育会なら全国大会だっ炎 これに共感する人って、サークルも入ってなかったわけかい?

 で、あのオレンジノート(げげっ)の文章、カイじゃなくて翔平ですよね??
チャラ男と思いきや、実は・・・・これ、少女漫画の鉄則ですから! 優等生の茜ちゃんが、反撥しながら惹かれて行くのも鉄則ですね!!
 しかし、就活していたホテルで「まだ寝ない」だの大声でいうの、止めなさい(^^;;;)

 白石美帆、嫌いじゃないんですけど・・・喧嘩を売るのにいちいちアゴあげて”つーん”って効果音つきそうな演技には大笑いでした。この2人の恋がメインだったら、見ているの辛いでしょうねぇ。でも脇のアクセントとしては楽しませてもらってます。誤解の解ける日が楽しみだ!

 で、カイ君ですよ。
『何かを捨てる覚悟じゃなきゃ、言っちゃダメ』と、
先日の『君を救う』発言に早速クギ刺されてました。そうだよね。

 もう沙絵が切なくて、可愛くて。 そのうえピアノまで弾けちゃってもいいや、許す。
 カイへの恋心自覚してて、でも卒業したら別れるんだからとただの友達でいるつもり。そんな沙絵なのに・・・『僕のこと好きなわけ?』じゃないぞ、カイの莫迦!!

 しかも、彼女に振られるなんて晴天の霹靂みたいな顔してますよ。原因は自分でしょうに。

「24 TWENTY FOUR」5 ☆☆

 今回はとにかく、衛星で追跡ですよ!!何それ!!

 技術的に出来るのは知ってましたけどね、こ、こんなコトのために電話一本で利用して費用はどのくらい??
 娘もこれで探してもらいなさいバウワー!!

(うちの徘徊する要介護人も探してもらえたら、警察さんに通わなくて済むのにー)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ