ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「大奥 第一章」2 ☆☆

 夜なべで他人の流産を祈る女・・・・怖すぎる(^^;;;)

 しかし、国松君と御台さまのバカ母子ぶりは、だから乳母が必要なのね、と思わせるのに充分でありました。 武士の頂点に立つ将軍と、現代の優等生に必要な資質は違うのでしょうが、どう考えてもあの次男坊はろくな男に育たないぞ。
 あんな女でも母と慕う竹千代(須賀健太)君が不憫で不憫で。でも将来将軍になるのは君だからね!

 来週はおふくが、御台さまのバカっぷりをはるばる秀吉にまでちくりにいくそうですが・・・その間に若君がまた虐められるんじゃないかと心配ですよっ

 そうそう、おふくに置いていかれた長男、千熊も立派な若武者になって若君の遊び相手に。でも、もう母でも子でもないっと言い渡すおふく。うなづく息子。ここも泣かせるわ。

 あまりに時代劇らしくないので、こっちも硬いこといわずに気楽に見ています。

「ラストクリスマス」2 ☆☆

 手を出す気はない。全くない。でも君の力になりたい。
そんな展開を、いっそ10代のヒロインと足長オジサン織田ちゃんの話だったらなと思いながら見ていました。恋愛感情ゼロで振り回される設定が、それなら納得いくじゃないですか。例のビデオも、実は女優を夢見ていろんな設定で撮影してあるとか(笑)

 妄想はさておき、場面場面は楽しいでーす。
 お風呂借りる矢田ちゃんが、シャンプーは自分の!!だったり(^^;;;) MEGUMIに捕まってる未来君はかわいいし。
 納品の手違いは、職場モノではお約束。何故かモデルの代わりをさせられる織田ちゃんと矢田ちゃん!!エッチ直前で逃げられてやけ酒の次期社長(笑)

 ・・・でも、時々ハッと我に返っちゃう瞬間があるんですよ。こいつら何才だ?って。特に正論吐く織田ちゃんがもーカマトト。それが死語だったらナイーブ(^^;;;)可愛いけどね。

 ちょうど歯医者でみたAERAがそんな特集でしたよ。普通にカッコイイのに恋愛に臆病な30代の男たち。女の子に夢があって、幻滅したくない。職場や合コンでは楽しくやっても、深いつきあいを避ける。・・・ってことは、このキャラクターわざとなの??
 さんざん前フリがあってりょうに告白されて、『びっくり』するなよー。
 矢田ちゃんにだって、枯れてもホモでも童貞でもないなら、ちょっとはその気になったっていいじゃないの?。もちろん、そのうち恋愛になるんでしょうが今の関係がなんだか高校生みたいで、ちっともドキドキしないんだもん。

 ・・・あ。「絶対恋愛関係になる」という保証はないのか。これが月9幻想??

 どうでもいいですが、 あのウェアとボード、フジTVのサイトで売ってるんでしょうか。・・・スキーウェアにスキー靴はいて海に落ちたら絶対溺れるわー。

「一番大切な人は誰ですか」1 ☆

 朝のNHKドラマみたい・・・・。

 足音がセットなだけでなく、小芝居の落としどころがベタベタでびっくりです。主役の岸谷さんをはじめ、路地で立ち話の主婦から同期の警部補から。
 宮沢りえが出てきても、眼が覚めるほど良くなるわけでもなくて。
 何が悪いワケじゃないです。娘は可愛かったけど。ゴメン、もうみません。

「新選組」10/17 ☆☆


 観柳斎ゴメン!『そこまでクズ』だとばかり思ってた。
ていうか、あそこで斬られなかったら行ってたかもしれないじゃん(^^;;;)

 今度は『かんぱにい』を作って『びじねす』を始めたという龍馬。資本はどかから出ているの?それは、普段の彼の生活もそうよね。
 脱藩して以来の自由人。才覚があったらこの時代、本当に金は天下の回りモノだったのかしら。
そろそろ薩摩にもジャマにされ始めた様子で・・・・ドキドキ。

 でもね、三谷には慣れてますから。
龍馬とカシ太郎の会見をみせながら、新選組幹部がひしめいていても
「あー、おゆきの妹かぁ」と、バレバレですよぉ。

 今回の〆は、生き写しの妹、おこうを目にして驚天動地の近藤勇(笑)
連れてきた面々が手柄顔なんですか、そうかしら。近藤は嬉しいのかしら??
ヘタに瓜二つなだけに、自分に向ける瞳に愛情がないなんて哀しすぎませんか。(と、萩尾望都「A?A’」を思い出すわけです。)

 来週は・・・龍馬を守って平助と沖田が渡り合うのでしょうか??そこに漁夫の利で捨助か??

「黒革の手帖」1 ☆☆☆

「カルネ。フランス語で手帖っていう意味なの」
スペイン語では『肉』ですが。

 そんなわけで、横領した一億二千万円を元手に銀座にバー「カルネ」を構えることになった米倉涼子。
 その横領が罪に問われないのは、黒革の手帖・・・ 銀行員時代に盗み見た秘密、脱税用架空口座を書き記したもの・・・を握っているからです。
(支店長に渡していたのに、やはりもう一冊持っていたよね)

 元から、ホステスのバイトはしていた様でしたが・・・昼の顔を捨て、銀座で生きる決意をするヒロイン。逞しいよね。元上司に脅しをかける立場で 銀行に乗り込んでくる場面なんてスッとしました。

 銀座も脱税も不倫も念書も、全然縁のない世界ですから、ふ〜ん、へ〜え、ほうほうってなもんで楽しく見られました。

 それに、米倉涼子が思いの外良かったわ。
本来ツンとすました美人型の彼女。キャーキャー騒ぐ明るい役よりも似合っているのでは。キッと睨む目の下のクマも陰気でいい感じ♪ 服がどんなに派手でも「銀座のママ」なら当たり前だしー。

 脇役の男性陣も豪華で、エロ院長、ギバ校長、仲村議員秘書がこれからどう絡んでくるのか楽しみです。
 釈由美子のエセ大阪弁はご愛敬かな。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ