ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「世界の中心で、愛をさけぶ」1 ☆☆☆

 うわー、しまった、これも見たら面白かった(^^;;;)

 原作を読んで、正直琴線に何も触れなかったわけですが・・・映像&演出が入ると違いますねー。
例えば投書。
 病名のところで絶妙に雑音が入りました(笑) ナイス。
例えば役者。
 ”ガムのおもちゃにひっかかる””いつも鍵がない”そんなもさっとした山田君、ナイス!!
ヒロインの綾瀬なんとかも可愛いじゃん。

 ラジオを聴いて翌日怒るところに周囲の反応をいれたのも納得いったし、ハガキを書くところを見ていた・・・という告白の伏線にもなっていましたよね。

 その山田君が成長して、現代の緒形直人になってまで泣いたりしていると(「幸せの王子」思い出しちゃいましたよ)ひきまくりなので・・・・・現代話が多くなってきたら見続ける自信がないのですが。
 とりあえず今週は面白かったでーす。

「新選組!」6/28 ☆☆☆

 やればできるんじゃないの三谷さん?!

 大河らしくないと叩かれ続けた日々。お笑いを封じて第一回からコレをしていれば、うるさいこといわれずに済んだんじゃないですか。
・・・とはいっても勿論、多摩から続いた馴れ合いがあってこそ、今回のピリピリした空気の変化が生きるのですよね。

「俺は鬼になった」
周りの意見に押され流され、守られているだけだった近藤が初めて自分の意志で清濁併せ飲む道を選んだのでした。なんだか逆にホッとしたりして。
 いつも、文句を言うクセに言いくるめられる近藤がイヤだったんですよー。いうなら言い通せ!出来ないなら黙ってろ!・・・って。
 それがやっと鬼になってくれたそうです。

 全て察して、刺客の到着を待っていた鴨。自分の投げた酒瓶に足を取られて命取りになるなんて、皮肉で尚更泣けました。

・・・ただね、野口くん田舎に帰って道場開く・・・・のは、脱隊で切腹じゃないんですか?

 それから本筋にまったく関係なく、箱枕が気になりました。日本髪で寝るのにいるんだよね。クビ痛くなりそう・・・・。

「ああ探偵事務所」1 ☆

 安い!
 そんなこと百も承知で見ているというのに、辛くなってくるほど全てが安い!! 

 「砂の器」「只野係長」ではあんなに後輩オーラの出ていた永井大くんなのに、単体だとでっかくて偉そうになっちゃうのも敗因かな?
 酒井若菜に助けられてます。・・・・ま、たまに呑みながら見るのにはいっか?

「バツ彼」1 ☆☆☆

 しまった・・・面白かったっ(何だか口惜しい)

 主演:高橋克典の女にだらしないっぷりは相変わらずですが、対する腐れ縁高嶋弟の堅ブツっぷりも常軌を逸しているので・・・・2人のテンポいい口喧嘩が楽しい♪

 「妻だって1人の女」という高橋(でも、浮気で離婚されたばかり)
 「とにかく子供のために母親が」という高嶋弟(5年前に死別)
2人とも間違っちゃいないんですけどねー。

 ラスト、ご近所の女性が泣きながら語る結婚観には「はぁ??」だったので・・・どうせならこのまま愛だ恋だにならずに、ずっと男2人でケンカしまくってて欲しいぐらいです。
 それと、高嶋家のマンションの間取りが面白いんです。中庭があるのかな?

「丹下左膳」 ☆

 「姓は丹波、名は左膳」かっこい〜獅童くん!
 でも、”My name is SazenTange"と英訳が入るのはいかがなモノかと。

 なんかアレですね。白黒の画面で知らない俳優さんが時代劇してると疑問わかないのですが、和装のともさかりえに
「おぉう、ばっさり斬ってくんな!」
と啖呵切られるとおかしくって。おまけに、ひとつひとつの掛け合いが無駄に長いんですよ。
 その点、いっけいさん演じる小者は何故か安心して見ていられました。
 走り出す前にぴょんと上に飛んだり、手を揉んだりする動きの様式美!(笑)

 主役は確かに丹下左膳ですが、出ずっぱりのいっけいさんが実は座長なのかも。
 時代劇好きだったお爺ちゃんの感想を聞きたかったです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ