ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「バツ彼」1 ☆☆☆

 しまった・・・面白かったっ(何だか口惜しい)

 主演:高橋克典の女にだらしないっぷりは相変わらずですが、対する腐れ縁高嶋弟の堅ブツっぷりも常軌を逸しているので・・・・2人のテンポいい口喧嘩が楽しい♪

 「妻だって1人の女」という高橋(でも、浮気で離婚されたばかり)
 「とにかく子供のために母親が」という高嶋弟(5年前に死別)
2人とも間違っちゃいないんですけどねー。

 ラスト、ご近所の女性が泣きながら語る結婚観には「はぁ??」だったので・・・どうせならこのまま愛だ恋だにならずに、ずっと男2人でケンカしまくってて欲しいぐらいです。
 それと、高嶋家のマンションの間取りが面白いんです。中庭があるのかな?

「丹下左膳」 ☆

 「姓は丹波、名は左膳」かっこい〜獅童くん!
 でも、”My name is SazenTange"と英訳が入るのはいかがなモノかと。

 なんかアレですね。白黒の画面で知らない俳優さんが時代劇してると疑問わかないのですが、和装のともさかりえに
「おぉう、ばっさり斬ってくんな!」
と啖呵切られるとおかしくって。おまけに、ひとつひとつの掛け合いが無駄に長いんですよ。
 その点、いっけいさん演じる小者は何故か安心して見ていられました。
 走り出す前にぴょんと上に飛んだり、手を揉んだりする動きの様式美!(笑)

 主役は確かに丹下左膳ですが、出ずっぱりのいっけいさんが実は座長なのかも。
 時代劇好きだったお爺ちゃんの感想を聞きたかったです。

「ワンダフルライフ」最終回 ☆☆☆

 見事、復帰を果たした桐島。恋人未満ならしいみずきと去っていく長い廊下。
・・いや〜ほのぼのっっと締まりのない、このドラマらしいラストシーンでした(褒めてます ^^;;;)

 前半はひたすら妻坂さんの事情。
かなめママと「偶然」スーパーで会ってる様子も、あのイヤな実家も楽しいんですけど…だから何なのと思っていたら、その妻坂の決意が、桐島の現役復帰への背中を押すことに。成る程!
 ヒロインみずきの「好きにすれば?」だけじゃ弱かった。やっぱり男の友情だね(??)

 監督就任を断って、手術して・・・・また龍苑に居候。
そこで、みずきからの手紙に礼をいう場面にドキドキしたのですが、そのまま愛の告白にならなくてホッとしました。今更キスシーンなんか入れなくても、とっくに夫婦漫才ですから。
 周りもね、もう2人の仲を認めているんだろうなって思えるじゃないですか。(おじちゃんだけは、まだ面白くなさそうでしたけど・・・笑)

 で、商店街の景気はどうなの?みずきの司法試験は? 元奥さんや息子、野球番組司会の先輩、真哉君のお父さんはどうしてる??
 そんな細かいことは忘れないといけません。

なにしろ最後は「できちゃったの♪」でしたから!!

京極堂シリーズ映画化!!

 いやー、好きなんですよ京極夏彦。

「どすこい(仮)」から「嗤う伊右衛門」まで、どんとこいです。
 で、初めて読んだ「姑獲鳥の夏」はやはり思い出深くトラウマになる感じで(笑)本棚にあるけどあまり読み返したくありません。
 しかも映画って映像でしょう???
 事件そのものは観たくない?。でももちろん、古書店京極堂に集う面々には興味津々なわけですよ!!

 京極堂が堤真一ですってよ?!!そして榎木津さまが阿部寛!!大笑い。違うだろうそれって?!!ヒゲの濃いビスクドールって何よ?。

 でもじゃあ、「私が神だっ」を藤木直人(友人の脳内キャスティングより)がテンション高く演じられるかというと多分無理なわけで。

 要の主役、超絶長セリフになるに決まってる京極堂だって、”誰が似合うか”よりも”誰なら出来るのか”と思うと・・・結構納得のキャスティングでございます。

 楽しみ楽しみ。

(実は右下に、気になるニュースをとりあげるコーナー”クリップ”があります。この話題もハジメはそこに貼ったのですが、あんなとこまで誰も観ていない気がしたのでまた書いてみました)

「愛し君へ」最終回 ☆☆

 ああ、ラストシーンに泣かされてしまいました・・・・。

 途中長崎まで時任先生がやってきたのにはびっくりで、また「私が口出しするコトじゃないかも」って”あんたが後押しして縁組みしたクセに”とツッコミをいれたり。
 自分だったら未婚の流産なんて絶対に家族&上司には知られたくないなぁと思ったり。

 完全ツレのお付き合いでみていた最終回でしたのに、視力が失われるその時、四季を観ていようとする安曇さんと、半べそながら笑おうとしている四季ちゃんには負けました。これが泣かずにいられましょうか。
 続くラストシーン、家族写真で幸せな生活を描いたのも説明しすぎなくて良かったです。

 もちろん、赤ちゃん=幸せってのも安易な話で・・・・途中の流産だの紆余曲折は要らなかった気もします。2時間ぐらいでも良かった話かも。
 そうか、映画観たらいいんだわ電球
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ