ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「タイガー&ドラゴン」1 芝浜 ☆☆☆

着てたシャツまで脱いで、2代目銀次(塚本高史)に買い取らせる店長竜二。ここでハートの刺青が・・・
「え? リーゼントと服屋がデキてんの?」と同居人。違うって(涙)

 もちろんデキているのは伊藤美咲と、です!
銀次も竜二も、恋の刺青が自分だけとじゃない、騙されていた、とはっきり悟る場面なわけです。
 冒頭のまとめもめぐみちゃん(伊藤美咲)がらみの回想も、いい感じだったと思うんですがやっぱり、新春SPを見てない同居人はいろいろピンと来ないんですよ。並んで見ていて温度差激しいです。

 横に分かってない人がいると、質問されたり↑類の発言に疲れたりで今ひとつのめりこめません。2,3回みたら馴染んでくれるでしょうか。

 期待通りに、メッチャ面白いんだけどなー。竜(岡田准一)の落語も、虎(長瀬智也)のヤクザも大熱演。
特に今回虎が、屋台ひっくりがえして暴れるところはヤクザの本領発揮。ソコマデヤルカ!と仰天しましたよ。 舌べろべろで道行く人に避けられてるのも面白かったなぁ。

 でもそんな、キャラクターの面白さよりも今回は物語の作り方、納め方の巧さに感心。
あれでしょ、どうせ落語と現実が同じ落ちになるんでしょ、・・・と思わせておきながらも意表をつくって並大抵じゃありませんですよ。
 金じゃないんだ。男と会ったことが夢になるんだぁ(尚かつ、”男を見る目がない”彼女が惚れるんだからギンギンってダメかも!というところも笑えるよね)

 でも、クドカンらしいかというと 良く分からない。
 「マンラブ」や「僕の魔法使い」みたいな、粗筋が下らない代わりのパワーはないかも。
『落語に出会って、笑顔を取り戻した』
『親に死なれ親分に拾われ、ヤクザになるしかなかった』
そんな経歴もspでは笑う場面になっていたのに、今回夕焼けをバックに西田敏行のセリフじゃ、剛速球で人情ものじゃないですかぁ。こっぱずかしいったら。

 もっと阿部サダヲさんはじけるところも見たいです。それはまた来週かな?

**新春sp 三枚起請の巻 はこちら**

ついでに、「マンハッタン・ラブストーリー」と「僕の魔法使い」もよろしく♪

「anego」1 ☆☆

 『若い女子』と『おばさん』との間で揺れる、ヒロイン(篠原涼子)がアネゴと呼ばれるまで、の第1話。

 導入は突然、視聴者に向けての自己紹介。
 合コンでは心の声が丸わかりの字幕!!妄想も来たよ!
・・・・・斬新系のオープニングでどうなることか、『恋は闘い』路線か?と思ったのですが、だんだんと落ち着いて会社ドラマになっていきました。新入社員の頃と変わらず咲き誇る、11回目の桜に涙するエンディングはしっとり。

 ヒロインがちゃんと大人で、派遣社員とも安易に対立せず慕われているところにも好感度大。
部下のミスを指導しても、学生気分の新人男子相手にも、ぐっとこらえて笑顔で応対。きちんと仕事してますよね。
 なのに満たされない、女だからと違う物差しで測られる理不尽がけっこう胸に迫りました。
どの位って、並んで見てるツレとつい口論になるぐらいにー。向こうも、派遣社員はすぐ結婚して辞めて迷惑だの何だのと仕事上の不愉快を思い出すらしい、ある意味すっごく危険なドラマかもane(^^;;;)

 『結局、女の夢は結婚退職でMBAか社長な男ゲットかよ』と、ツレおかんむり。君が怒ることないじゃないかぁ。
 来週は、寿退社:夫は社長:ともさかりえが、不倫されてると激白らしいし。むしろ結婚相手だけで人生すごろくあがりっていう尺度を否定する方に話が進むんだと思うんだけど。

 原作があって、しかも林真理子だったのにびっくり。なるほどです。

「曲がり角の彼女」1 ×

 10代なら駅まで10分で走れた。20代なら階段を駆け上がれた。ああそうですか。
まずハイヒール脱いだらいいのに。その素敵なお尻で贅肉がどうとかって、もうそれは見てるこちらにケンカ売ってるのかと(^^;;;)

 仕事が大事なら、親の死に目に逢えなかろうと立派にパーティ取り仕切ったらいい。親が大事で駆けつけたなら、ゆっくり泊まってきたらいい。中途半端なんだよっ

 そんなわけで、つきあいきれないのでリタイヤでーす。

「離婚弁護士2 ハンサムウーマン」1 ☆☆

 戸田恵子、うるさい!!
 いやー、好きなんですけどね戸田さん。賑やかでちっちゃくて可愛くて。でも、ひたすら天海姐さんがみたいのに他で時間喰われるのが苦痛。

 紋切り型のライバル女弁護士も要らないよぉ。無理に低い声で喋っちゃって。
いっそ、戸田恵子や乙葉みたいな娘がにこやかに現れて、実は食わせ者・・・・という人物配置はなかったんでしょうか。

 それでも、充分面白く仕上がっちゃってますけどね。元の通りで大好きだった身には、気に入った変更は「刺身しか出ない小料理屋」だけかなっ ここの大将はいいですよー。天下の間宮貴子さん相手に、音楽が鳴りました!!よし、応援しちゃう!!

 本筋ゲストは、変形デート商法のエサにされたOL。
握りしめるハンカチを捨て、「騙された可哀想な私」から、「くだらない男を捨てた私」に脱皮でした。
 ・・・・この脱皮を引き出したのは確かに間宮貴子で、依頼人が200万円損するのをくい止めたのも間宮貴子。その点ではいい仕事したんですけどね。
 本来、弁護士に金払ったりしなくたってそのぐらいの踏ん切りは自分でつけろよ、と思ってしまって爽快感不足でした。

 そうそう、それまでスゴんでた男が「sexが良くなかった」と言われたとたんに狼狽えてうつむくのにチョイ受け(^^;;;) 君のアイデンティティはそこにあるのね(そういうヤツは、女弁護士に依頼したりしない気がするのも、ライバル設定に気が乗らない理由かも)

「雨と夢のあとに」1 ☆

 娘の名前が「雨」ってセンスに仰天。

 で、父1人子1人で暮らしてるって言うのに、趣味の台湾旅行中にパパはうっかり死んでしまって、娘の待つ東京に幽霊になって戻ってきました♪  ええー。

 いっそコメディなら笑ってやるけれども。中途半端にホラーだったり親子の情愛ものだったり。
第一、戻ってきたパパ(沢村一樹)がちゃんと娘や親友と話が出来て、外出して電話にも出ちゃうんですよ。

『俺も、死んだら戻ってきたいなぁ』
なんてツレに真顔で言われたら、金曜深夜のバカドラマタイムがしんみりしちゃったじゃないですかぁ!

 つまらないワケじゃないんだけど・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ