ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「ラストクリスマス」9 ☆

 うっわー。守秘義務ぶっちぎり。

 口止めまでされていたプライバシーを言いますか医者がっ! 実際問題ドラマとしてだって、医者からより、彼女の口からの告白を聞きたいじゃないですか。

 おまけに再発ですよっマジですかー(涙)

 実は妊娠検査じゃないかとか、最終回の雪山の場面も実は
「1人じゃありません・・・・3人です!(妊婦のユキちゃんはロッジで待機)」
などというベタ甘じゃないかとか、勝手に期待していたのにな

 予告ではもう泣いてるし、容態悪そうな手を握りしめてるし。ズンドコ盛り下がりです。

 勝手な期待といえば、
「今年初めての雪」というのも、本当に降り始めのひとひら目をいうのかと思っていました。それを捕まえるって、結構確率低いし。
でも画面でみると既に降っていて、そこでわざわざ掴むかどうかだけだなんて、別にどーでもいい感じ(^^;;;)

 テンション低い一時間でした。

 パーティーの後、一言だけ出てきた千里子でそういえば思い出しちゃったのが『2人でいるところを目撃された』エピソード! その後全然活かされずにほったらかしでしたね(まあ、2人もオープンにつき合ってるけどね)

 そうそうゴロちゃん。既成事実ってなら入籍すりゃいいじゃない。いい年こいて「パパ」の許可はいらんよ、入籍には!

「相棒3」6 ☆☆☆

 えーっ「彼」と暮らしてるの?美和子ちゃん・・・・。

 ホントにお仕事で張り込み中なのに、
「私の家が気になって見に来たんでしょ」
とか決めつけられて、亀山くんカワイソウです(^^;;;) それにしても、亀ちゃんの家から出て即、2人暮らしなのかぁ・・・(なにげにダメージ大です)

 事件はいい感じに1話完結でしたっ!
同情の余地もない犯人に、右京さんの激昂炸裂♪
 ダメ元の張り込みが別の殺人事件を解決してしまう・・・そんなありえないっぷりも「相棒」ですからねっ さじ加減の良いミスリードでした。
(この辺に関しては、はてなダイアリー - 1クールドラマとミステリが好きさんの考察
>>今回の犯人設定は、明らかに「『相棒』を見るような視聴者」を念頭に置いて作られている
に同意であります)
 新人君は、元捜査一課一係。
つまり、給与計算とかしてる経理畑(「サラリーマン刑事」!)のくせに、逮捕がしたくて2度も誤認逮捕している強者っちゅーかお莫迦さん。
 ・・・ある意味似たもの同士の亀ちゃんとは、長くつき合えば仲良くなれそうだと思うんですけどねー。2人揃うと、レベルの低い口喧嘩が延々続くんですから右京さんも大変・・・・と、思ったら結構楽しそうですよ??
 運転席と助手席ではりあう小学生兄弟を、後部座席からおっとり見守るお母さんみたいでしたっ

 尾行のノウハウに指紋の取り方。いつもならダメダメ役をさせられる亀ちゃんが、ちゃーんと『経験豊かな先輩』だったのが嬉しいじゃないですか。(でも階級は格下、とちゃーんと笑いもおさえてます ^^;;;)

 結局経理に戻された陣川:新人さん。
 これからもどんどん手配写真を誤認して、対象に惚れたあげくにフラれちゃって下さいませ!!

 シリーズ物も長くなると、いつまでもレギュラーにダメ役を振るわけに行かなくて難しくなるんだなぁ。そして鑑識さんが、どんどんと出前の便利屋さんに・・・・。

「黒革の手帖」6 ☆☆☆

 母親らしき人、京都で重態。
「ご家族の方でしょう?」って、「ロダン」に電話してきた病院の人。どこで電話調べたんでしょう。ある意味無言電話より怖いかも。

 「ロダン」は順調、「カルネ」は売れたし、ギバちゃんから巻き上げた料亭の権利手続きもして、この世は私を中心に廻っているのよ、ホホホホホーッ
 ・・・状態だった元子ですが、その土地の登記手続きするのに自分側の法律専門家を立ち会わせないなんて。甘いっ甘すぎる!!!
 案の定、上手いこと契約反古にされてしまいます。

 そしたらもう。砂上の楼閣でアッという間にボロボロ。

 だいたい自転車操業で、自己資金が全然ないのに億の買い物なんてするから。
「私はどうなるの」
ってさぁ。東西南北、全方位で
「あの女が堕ちていくのが見たい」
といわれる程あくどいことしてきたくせに被害者ヅラはいただけません。

 それでも8千万の違約金ですから。
 返そうと思ったら、ギバちゃんの薦める様にソープで稼ぐか・・・・この際、ドン:津川雅彦と一晩つきあってチャラになるならそれでもいいかぁ?・・・と、見ているこっちが勝手に決心しそうになりましたが。さすが元子。
 そんな提案を伝えに来た原嶋に、平手打ちですよ!
 すかさずBGM、アンダルシア!!
そして、秋の京都で抱きあう2人の美しい逢瀬の思い出がぐるぐると廻るのでした。

 今回、ドンの側近の描き方がツボでした。
 ドンが手を差し出すと、タバコをくわえて火までつけてから指にはさむ! 側近っぷりを描くと同時に、後で『黒革の手帖』を盗みに家捜しする場面で、誰の手先かすぐわかるの。

 えーっ、もう来週最終回??早すぎるー(>_<)!

「新選組!」11/28  ☆☆


 洋装の土方!!
「これは釦といってな。こうやって、こう・・・」
と、用の足し方を解説する場面で大笑い。私が裃の着付けやちょんまげの仕組みをみてほうほうと唸っていた様なものですな!( また、目を背ける近藤が可笑しくて?)

 しかし、多摩で大接待を受け持ち上げられても、体よく江戸を追い払われたことには変わりません・・・・。
 勝海舟も、よくもまぁあれだけ口からでまかせを言うこと(^^;;;)

 雨の中、多勢に無勢でボロ負けし、更には永倉やさのすけまで離れていってしまう展開のもの悲しいったら。

 もう来年の桜は見られない、と告げた総司。聞き入れない姉。
「なにさ、偉そうに血なんか吐いちゃって!」
これも、笑ったけどやっぱり哀しいです。

「黒革の手帖」5  ☆☆☆

 いやー、今回もアンダルシアなBGMと共に盛り上がる盛り上がる。
ギバちゃんをまんまと強請った元子。ホントにそのうち、後ろから刺されるよ。

 ただ、ウソ情報を『知ってました』の理由が、目撃・・・って少々がっかり。
あらゆる可能性を考えて第2の手をうっているならカッコイイのにさぁ。

 例の若い娘、ギバちゃんと元子の両方からもらうもの貰って、地味に丸儲けです。
「これからの女は○○よ」
「はい!」
と凛ちゃんみたいな返事してたけど、影で黒い舌だしているのかもしれません。もしや楢崎脱税の告発は・・・なんて、深読みしすぎかな。

 ロダンを手に入れた元子ママですが・・・。
店の女の子だって、別に恩義があるわけでなし。

 婦長さんから返された一千万円も楢崎さんに返す・・・筈ないし。4千万円上積みしてふんだくったのもばれちゃいましたよ。

 エロ院長とギバちゃんの被害者同士、同盟も結ばれつつあるようで・・・
正に、三界に味方無しの元子! 真っ逆様に落ちていく時は、未来の仲村議員を道連れでしょうか?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ