ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「エンジン」2 ☆☆

「父ちゃんも母ちゃんも兄ちゃんも死んじゃって」
うわ、来たよ。

 ”空気が読めない”小雪先生と、”するっととけ込んだ”次郎。
2人の対比をいい感じに描いた第2回だったのに、次郎が孤児だったとなったらその差は個人の資質じゃなくて育ちの差になってしまうじゃないですかー。

 もっとも
「可能性はゼロじゃない」
という言葉を届けるためには、”なんちゃって優等生”ちゃんに共感を抱かせる必要もあったわけで・・・・わかるんだけどなぁ。がっかり。
 そういうことってセリフのみじゃなくて、写真をみつけてとか、それなりのエピソードをきっかけにしてほしかったです。

 そこを棚上げすれば、必死になるほど空回りの小雪ははまり役。堺さんもいい感じにちょっと嫌なヤツ。
自分のことだけ必死な次郎がまわりの空気を変えていく様子は、ドラマの王道ですよね。子供と共演するキムタクって光ってます。
 バスの修理場面、なにしてるか全然わからないんだけどあれは、「恋におちたら」でクサナギ君がみるみるウィルス退治しちゃうみたいな、”うわー、すごーい”って場面なんですよね??

 そしてそしてウフフ。西村さんが社長だったわ。次郎の元パトロン♪
「個人的に応援」
ということは、もうレースに会社の金を使ってくれないんでしょう。出番はこの先なさそうで残念でっす。

「アタックNo1」2 ×

 「ローカは走らない」
ええーっこれ笑うところ??

 先週録画をミスり、今度こそはと結構楽しみに見始めた第2話。世間様の評判は悪くない様ですが・・・違うっ違うわ。私が見たいのはこれではないわ。
 求めたのは「エースをねらえ!」テイスト。言ってることは正しいのに何故か笑いを呼んでしまうお蝶夫人。折り目正しいが故に高校生ばなれした藤堂さん。何者だ宗方コーチ。その他大勢。等々だったのですが。

 原作への思い入れがそもそも違いますが、それを差し引いてもあまりにも殺伐としていませんか「アタックNo1」。
 そして、真正面からスポーツを見せたいなら、あまりにお粗末じゃありませんか全日本代表プレイ。

 ・・・・CGの『竜巻落とし』に未練残しつつ、来週はもう見ないかも。

「汚れた舌」2 ☆☆☆

 うひー、社長自爆!!

 だいたい妻との外出をドタキャンして逢い引きだっちゅーのに、いきつけの店に行くなよー。ドレスアップした妻がそのまま家に戻るわけないじゃんっっ!!戻ろうとしたって あの恐ろしい”おっかさん”が無理矢理 社長の居そうなところに連れて行くにきまってます♪
 女と会えるように仕組んだのも彼女なんだから。 怖っ

 しかし、そうしたくなるほど怒らせた牧瀬嫁も、天然じゃ許されないボケっぷりですよ。
「途中で辞めたらカッコワルイ」
と子供に教えるのに、家族それぞれの挫折を教えるっちゅーのもワケわかりませんが(自分たちみたいになるなといいたいのか?)、生活苦故の高校中退と、海外留学断念が一緒ですか??
 ある意味、差別してないともいえますが…。いっそ謝らないほど悪意満々の方が、まだましかもしれないです。
 その場で怒らずに、周到に周到に張り巡らす復讐の罠・・・・・。

 それにしても、まだ寝てもいないのに疑われるってたまりませんね。

 前半、金沢での愛の逢瀬やパパ自殺の事情なんて結構どうでもよくて、5年前の融資の時まで本当に白川を憎んでいたのにはちょっとしらけたりしてました。
 そうそう、社長の正体を知ったからってイキナリ、勝手な妄想で怒鳴り込みに行くのもどうかと思ったわ。

 それが、ママが絡むと俄然面白いです。
大学通いはウソだけど、先輩と不倫だったから・・・・なんて言い訳、騙されないし(笑) とうとう孫が居る妄想まで来て、配達忘れましたよー。どうなるのこれはー。

 不愉快エンターテイメント。来週が待ち遠しい!

「タイガー&ドラゴン」1 芝浜 ☆☆☆

着てたシャツまで脱いで、2代目銀次(塚本高史)に買い取らせる店長竜二。ここでハートの刺青が・・・
「え? リーゼントと服屋がデキてんの?」と同居人。違うって(涙)

 もちろんデキているのは伊藤美咲と、です!
銀次も竜二も、恋の刺青が自分だけとじゃない、騙されていた、とはっきり悟る場面なわけです。
 冒頭のまとめもめぐみちゃん(伊藤美咲)がらみの回想も、いい感じだったと思うんですがやっぱり、新春SPを見てない同居人はいろいろピンと来ないんですよ。並んで見ていて温度差激しいです。

 横に分かってない人がいると、質問されたり↑類の発言に疲れたりで今ひとつのめりこめません。2,3回みたら馴染んでくれるでしょうか。

 期待通りに、メッチャ面白いんだけどなー。竜(岡田准一)の落語も、虎(長瀬智也)のヤクザも大熱演。
特に今回虎が、屋台ひっくりがえして暴れるところはヤクザの本領発揮。ソコマデヤルカ!と仰天しましたよ。 舌べろべろで道行く人に避けられてるのも面白かったなぁ。

 でもそんな、キャラクターの面白さよりも今回は物語の作り方、納め方の巧さに感心。
あれでしょ、どうせ落語と現実が同じ落ちになるんでしょ、・・・と思わせておきながらも意表をつくって並大抵じゃありませんですよ。
 金じゃないんだ。男と会ったことが夢になるんだぁ(尚かつ、”男を見る目がない”彼女が惚れるんだからギンギンってダメかも!というところも笑えるよね)

 でも、クドカンらしいかというと 良く分からない。
 「マンラブ」や「僕の魔法使い」みたいな、粗筋が下らない代わりのパワーはないかも。
『落語に出会って、笑顔を取り戻した』
『親に死なれ親分に拾われ、ヤクザになるしかなかった』
そんな経歴もspでは笑う場面になっていたのに、今回夕焼けをバックに西田敏行のセリフじゃ、剛速球で人情ものじゃないですかぁ。こっぱずかしいったら。

 もっと阿部サダヲさんはじけるところも見たいです。それはまた来週かな?

**新春sp 三枚起請の巻 はこちら**

ついでに、「マンハッタン・ラブストーリー」と「僕の魔法使い」もよろしく♪

「anego」1 ☆☆

 『若い女子』と『おばさん』との間で揺れる、ヒロイン(篠原涼子)がアネゴと呼ばれるまで、の第1話。

 導入は突然、視聴者に向けての自己紹介。
 合コンでは心の声が丸わかりの字幕!!妄想も来たよ!
・・・・・斬新系のオープニングでどうなることか、『恋は闘い』路線か?と思ったのですが、だんだんと落ち着いて会社ドラマになっていきました。新入社員の頃と変わらず咲き誇る、11回目の桜に涙するエンディングはしっとり。

 ヒロインがちゃんと大人で、派遣社員とも安易に対立せず慕われているところにも好感度大。
部下のミスを指導しても、学生気分の新人男子相手にも、ぐっとこらえて笑顔で応対。きちんと仕事してますよね。
 なのに満たされない、女だからと違う物差しで測られる理不尽がけっこう胸に迫りました。
どの位って、並んで見てるツレとつい口論になるぐらいにー。向こうも、派遣社員はすぐ結婚して辞めて迷惑だの何だのと仕事上の不愉快を思い出すらしい、ある意味すっごく危険なドラマかもane(^^;;;)

 『結局、女の夢は結婚退職でMBAか社長な男ゲットかよ』と、ツレおかんむり。君が怒ることないじゃないかぁ。
 来週は、寿退社:夫は社長:ともさかりえが、不倫されてると激白らしいし。むしろ結婚相手だけで人生すごろくあがりっていう尺度を否定する方に話が進むんだと思うんだけど。

 原作があって、しかも林真理子だったのにびっくり。なるほどです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ