ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「新選組!」最終回 ☆☆☆☆

 「ほら、みんな分かってるじゃない!」
と捨助を怒る野際陽子に笑ってしまいました。既に半べそなのに笑わされちゃう。三谷さん、ひどいよっ

 先週も出てきたコルク、壁の落書き、親の敵探し、今までの一年が走馬燈のように蘇る蘇る。
捨助がまっすぐ莫迦な以外、何もかも変わってしまった。みんな沖田に会いに来る、別れを言いに。土方の言葉とは裏腹に、散り散りになってしまっている新撰組。

 ろくな合議もなく、幕府からの助けもなく決まる近藤の斬首。
まるで見殺しですが、勝によるとこれ以上のものはないそうです。
 恨みを一心に受けて近藤が処刑されることで数多くの命が救われる、それが出来るのは近藤しかいない、と。そういう考え方もあるのかとため息が出ました。

 会津の殿は殿で、「余に出来ることはもう何もない」 こ、この殿様は、もうっ
でも、さらし首を取ってこいと斉藤に命じてくれたのにはホッとしました。

 刑場に引き出され、そろそろか・・・と思えば髭をそったり、いよいよか・・・と思ったら各地の各人が描写され、もう終わっちゃったのか・・・??と思えばこれからだったりして。
 後半は息を詰めて翻弄されっぱなし。

 捨助には、ああ見えてもうっかり生き残っていて欲しいです。
 新婚さんの様だった沖田が、何もかも本当に失って血溜まりのアリを救ってやる場面には胸がつまりました。
「蟻なんて生き物じゃない」って言ってなかったっけ?

 そして近藤。幕末を駆け抜けた男の最後の一言は。



「完」

 ・・・の字の直後から始まったエンディングに綴る名場面、若い面々に、涙は思わずひっこんで頬が乾いてしまいましたが、見届けたこの一年を振り返って感慨深い見事なエンディングでした。
 隊士のその後が延々連なるよりも、輝いた日々をまた追想する方が、確かに新選組にふさわしかったです。

 素晴らしい最終回、素晴らしい一年をありがとう。


*******************
 「余談のsma?station」
 前日に見ちゃいました、テレ朝の「スマステイション」特別企画。
 香取くん=近藤勇ってすっかり忘れていたので、思い出しちゃってショックでしたけど。隊士のその後を分かって見ると、最終回の照瑛や永倉はますます味わい深かったです。
 それにね。
 出世してないじゃない、みんな。
藩のエリートだった人達は要職で明治政府を動かしていったのに、新選組の生き残りは皆、警備だの警察官だのよ?近藤も生きていたらどうなったことやら。
 駆け抜けたからこそ鮮烈に記憶に残ったのだなと、再確認。

 それから京都の香取くん。
 橋の上からどどっと見守るファンの視線を、「近藤のさらし首もきっとこんな風に」と捉えるあたりに脱帽でした。
 アイドルが大河の主役かと、さんざん言われたモノでしたがアイドルだからこそ重ねられる体験もあったんですね!!

 もう一年一話から見たいなぁ・・・・・(笑)

☆代わりにに弊レビューまとめをどうぞ☆
 多摩編 ・ 鴨編 ・ 風雲編 ・ 落日編 

「ウルトラマンネクサス」10,11 ☆


 映画ウルトラマン、絶賛公開中!! ・・・って、あれ?ネクサスじゃないのぉ??
毎週放映中ぐらいは統一してくれなくっちゃ困ります。

 で、先週は戦闘中にリコを想う孤門に大爆笑しちゃって(男の方がロマンチストね)困りましたが、今週はついに来た、来ましたよー!!
リコ崩壊っ

 あの嘘臭い家族は本当にウソで、リコの1人芝居だったんですね。
どうやらビーストに襲われて生き残ったらしくて・・・・。その辛い記憶から逃避するための幻覚なのか?初めから狙って襲われているのか? 孤門に近づいた時にはどうだったのか?
 出会った当時まだ、孤門君は一般人でしたよねー?

 いいところで宅急便届いたもので一部不明ですが、年内にはリコ問題に白黒つきそうでいい感じです。

 みぞろぎとかなんとか、新しいイケメンが出てきたのはどうでもいいなぁ。
(ドッグタグって、遺体の身元判断に使うんじゃないんですか?交換しちゃダメじゃん)

 ていうかやっぱり、主人公が変身しないのはまどろっこしいです。こういうところは斬新じゃなくっていいのに。身の回りで初めてみつけたネクサス視聴者(4才児のお母さん)曰く
「見る方は入れ替わってんやから、ずっと同じの放送しとったらええやん」

 アイタタタ、それはいわない約束でしょ(^^;;;)

「3番テーブルの客」#6 

A 鈴木雅之カントク(白井晃 とよた真帆 吹越満 )
B 岡村俊一カントク(柳葉敏郎 藤谷美和子 )

 あまりの衝撃にまとまらなくて。見てからずいぶん経ってしまいました。

 まずはA、手堅くまとめて良かったですよ。
白井さんと吹越ウェイターのコンビもオッケー。芸達者な2人のくるくる変わる表情を、目元をとらえる大UPできっちり映してくれていました。
とよた真帆も文句無く。

 ・・・でも、印象薄くて。だってBがハチャメチャ問題作なんですよ!!

 突然ギバちゃん、外回り。ネクタイスーツで家庭訪問してコンドーム売ってますよ??
お得意セールストークが「青春は必ず戻ってくる!」
 なんなのこれ、どーしちゃったの??と困っていたら喫茶店で一息入れてくれました(^^;;;)そこに、居たんですね元奥さんが。

 その先がやっと「3番テーブルの客」で。
元役者だったギバちゃんは、偶然持っていたロケ台本を見せて、主役のフリを始めます。まさか表紙のヒロイン名:ビビ萩原が目の前の元奥さんだと思わずに。
 同行の先輩には”ナンパ中”と仕事を押しつけ、途中入場のバンドマン・・・ならぬロケのチンピラ役を丸め込み、アクションスター:岡田真澄に元奥さんが手渡したのは、ギバちゃんの商売モノのコンドーム。うひー。
 その合間にもこまめにセールストーク「青春は必ず戻ってくる!」をちりばめて、ドタバタは忙しく展開していきますっ
 そしてラスト、諦めていた夢を思い出した主人公ギバちゃんは、今でも出来るかな・・・と見事成功させるんです。 バック宙を! セピア!!

 なんだかなー、こんなにいじってしまっていいのでしょうか。
確かに同じ台詞はあるし、ウソを並べて切り抜けるコメディとしてはきちんとポイントおさえてます。面白かったですよ。
 でも、足されたセールストークやラストが強く打ち出す「夢をあきらめるな、君はまだやれる」というメッセージ、これって元の脚本では全然登場しなかったものじゃないですか。いくら8割の台詞が同じでも、なんだか印象は全然違う作品なんですー。

 それこそが監督の醍醐味なんでしょうか。

 さて、いい加減当初の目的だった西村さん登場の回が見たいのですが、まだ届きません・・・お姉ちゃんお願い早く・・・・。

「めだか」9.10 ☆☆☆

「結婚しよう」「うん」 即答に笑ったって!

 お酒も入る修学(慰安?)旅行だった9話は、一回休みな感じ。
その中で最大のエピソードは、プロポーズですよね!

 小山田と須藤姐さんをくっつけようと目論むめだか達。
 ほーんと余計なおせっかいだし、 ほんとありがちな展開なのですが、ツボなのは”めだかが嬉しそう”ということですね!デジカメに旅の栞揃えて、夜眠れないぐらい楽しみーと叫ぶあのほっぺた♪
 あの満面の笑顔で計画されたら私だって手伝うよっ・・・でも、どうせするならもちょっと上手くやらないと。
 バレバレな裏工作に姐さんはカンカンで、せっかく小山田と2人きりなのに怒りっぱなし・・・逆効果だったよダメだよーと、思わせておいてのプロポーズ→即答OKだったので、ホッとするやら嬉しいやらですよ!
(でもねぇ。まだ手も握ってなかったんじゃないの?? ^^;;;)
息子も快諾してくれて、良かった良かった。・・・と、思ったら10話の予告で大喧嘩してましたけど。さて?

 で、本筋。9話で失職した桜木瑛太。10話では母親が入院し家計がますます重く肩にのしかかります。受験どころじゃないってば。
 頑張って、夢を捨てないで、と励ますめだかに「ずっと頑張ってきたよ」これ以上どうしろっていうんだと叫ぶ桜木君。いつもクールな彼が見せた初めての動揺でした。

 一方で9話で元の学校から戻らないかと誘いを受け、転職をほとんど心に決めている椎名先生。
「辞めないでください」もっと一緒にいて教えて下さい、と懇願するめだか。

 このどちらの話も、一歩踏み出せば恋愛に。逆に言うと恋人でもないなら黙ってろな状況。
 もちろん、誰にだってそこまでのおせっかいを言ってきたのが今までのめだかですが。9話で瑛太からめだかにはっきりと「椎名先生が好きなんだろ?」と言わせた後ですから。オクテなりにそろそろ心決めるのかとハラハラ見守って・・・・・。
 でも全然色っぽくならなかったのでホッとしました(なんだそりゃ)

 荒れる桜木君に
「夢のある貴方はうらやましい、自分にはなにもない」
と吐露し、帰りの夜道で泣くめだか。しみじみ、無力を感じたんだろうなぁ。

 でも、翌日何かふっきれたらしい桜木君、そのきっかけをくれたのはめだかの励ましだよね。まずお母さんに正直にクビになったことを告げるところは爽やかでした。
 ウソを辞めるだけで、きっとずいぶん楽になったよね。

 椎名先生は「君は大丈夫」と太鼓判を押して、めだかを残して去っていくようですが。そのきっかけをくれたのもやっぱりめだか。あー、爽やかだわ(そうなると、やっぱり恋愛模様がまた気になる!どうなるの〜)

 しかし桜木君、「受験どころじゃない」と「東名大志望」の間に、「建築科があればどこでもいい」という選択肢があるはずで、どうしても東名大がいい理由を・・・多分国立だから「安い」かな。本人の口から訊きたかったんですけど。
 模試受験代だって無料じゃないのに。 ・・・まあそこは、もう支払い済みだったとかですかねぇ。

 個人授業チームが組まれ、クラスメートは差し入れし、とうとう国見先生までやってきて模試の成績は大UP。
 甘いなぁ。でも国見先生のアニマル消しゴムに免じて許しましょう(^^;;;)
 まさか合格しちゃったらどうしましょ。先生達で独立して塾開けますよー

「新選組!」12/6 ☆☆☆☆


「加納君、お久しぶりです」
ああ、言っちゃった、言っちゃったよ局長!!

 これがカシ太郎なら、平然とシラを切り通しただろうし弟子もそんな先生だと呼ばれる前から思っているよね。
 これが観柳斎なら、「この男です!」と言われてまで必死でウソついてますます男を下げるんだろうし。
なのに我らが局長は、相手の名を呼んでしまう人なんですよ。
今の立場との板挟みで、目の泳いでいる昔の部下に『もういいんだよ』と挨拶をしてしまうんですよ。

 分け隔てなく人と接してきた、バカ正直に描かれてきた今までの場面全てが、この近藤のためにあったかと思ってしまいました。
 だって全然驚かなかったもん。命がかかった首改めだというのにね。ああ、近藤だなぁと。

 それをいったら捨助も!
 獅子カツラの古田新太が見聞にきていたあのタイミングで、「かっちゃ?ん」と捨助が現れたとき、NHK観てた人はみんな『来るなー』と心の中で絶叫しましたよ!
 なんか言うに決まってる。
 登場以来ずっとそういう人だったじゃないですか。今回に限ってお利口だったけど(^^;;;)

 時刻表や小道具や台詞の端々みたいな断片でない、こういうのも伏線というのでしょうか。それともキャラが立っているというだけのことなのでしょうか。

 切腹か斬首か。
現代人の私にとっては、痛いコワイとほぼ同列なこの2つですが。武士近藤勇なら間違いなく切腹の方が好ましいわけですよね。
 なのに斬首を覚悟での挨拶が出来るなんて。

「いつ死ぬんだ?」と沖田に訊く斉藤も、やはり死と近いところで生きてきた人なわけで。

 遠くて近くてやっぱり遠かった江戸との毎週のお付き合いも、あと一回です。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ