ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「87%」8 ☆☆☆☆

 ああ。ケンケン(渡辺いっけい)に謝れ、柏原弟!!

 だって・・・だってせっかくのプロポーズですよ?
 職場で部下に惚れながら、周囲に気取られもせず、かといって助けるところは助けてきたわけじゃないですか、ケンケン! しかも、晶子の退職に際して「結婚でもされたらどうですか」と言ってみたのが、イヤミでもセクハラでもなく、相手に自分を想定しての限りなく本音だったなんてーっ けなげー!!
 時間をおいてから訊ねてくるところも好感度高です!!

 なのに!!!

 話を前に戻して。
職探しを続けるもなかなか上手く行かない晶子。切ないです。

 でも、黒木義母にかかったら晶子さんは家政婦さん(笑)

 ソウ太くんを自分の孫と思いこんで、じゃあ実の母の晶子のことはどうなってるかと思ったら・・・担任の先生から、家政婦さんにチェンジ!休日にお弁当作ってついてきても無理のない設定です(^^;;;)
 でも、息子連れて行かれたうえに仕事いいつけられちゃ、晶子にはたまったものじゃないです。いっそ本当に雇ってください。息子は相変わらずあれを、晶子ママと黒木先生が結婚しそうだから・・・・だと思っているんでしょうか?4年生じゃまだそんなものかなぁ。

 その、息子不在の間に起こるさまざまな出来事が上手い上手い!

 黒木家の食卓で
「ここで食べる食事は 味なんてしない」
という黒木先生(彼もちゃんと気まずかったんだー。)

 で、家に戻れば前述のプロポーズ。

 そこに杉田かおる達あらわれて盛り上がってたのに、かおりちゃんの死を知らせてくる柏原先生からの電話。
 これはどうかと思うよね!自分も平静を保つのがやっとな中、葬儀の連絡をして『きちんとした』つもりなんだろうけど、看護婦に知らせるのと、同じ患者の晶子に知らせるのって意味が違うじゃないですか!!

 そしてそれ以上に!
 晶子の「今日の出来事」ランキング中の「プロポーズ」が、香織ちゃん訃報のせいでトップから一気に転落。代わりにランクインするのが、駆けつけてくれる黒木先生でしょう???
 それも全部あんたの電話のせいですって。
ケンケンに謝れ、柏原弟!!

 そうだ忘れてた、週刊誌記者。
よくある医療モノのように独自でかぎつけたわけじゃなく、宇月医院の娘が黒木先生を心配するあまりにキャンキャンしたせいで・・・・という経緯が、皮肉で面白いなぁと思いました。
 まったく、あんな話どこそこ大声でするもんじゃないよね。

「Mの悲劇」8 亘を刺した男  ☆☆☆

 救急車〜っ早く、救急車〜!!

 警備員くんが、残念なことに本当にいい人ならしく。
また安藤くんが、『事件で一番得をした人は誰か』というセオリーをものともしない間抜けないい人で。
 2人ともマリーシア・・・だっけ? 日本のサッカーに足りないと言うずる賢さをちょっとは蔵之介くんに見習ったらどうなんですか!!

 そんなわけで、全ての元凶は マモルをずーっとずーっと恨んでいたらしいアキラ(佐々木蔵之介)でしたよ

 「真実を知りたい」と、また連絡をとるようになる安藤と美沙。
もしや2人が結ばれる最終回もあり?と先週思って以来、続きを見る気なかったのですが・・・・先にラスト5分だけみた同居人が
「凄いから!」としつこく勧誘。いやホントに凄かったです。

ていうか、いっそ死体だった方が安藤に濡れ衣もきせやすいのに。あそこまでやって、どうして生かしておいたんでしょう。
この先、安藤と美沙を殺さずに彼が切り抜ける方法って??
・・・そこまで強気にズルイヤツなら、怪文書ぐらいじゃ脅せないよ部下くん・・・。いっそ君のせいにされちゃうぞ。

と、蔵之介周辺を楽しんでいる間に、美沙の借金を払ってくれる足長オジサンの件もカタチになってくるのでしょうか。
 ここからどう、社会的地位を守るんでしょう蔵之介。安藤に罪をきせるんですか?
結構ワクワクしてきましたよっ

 それにしても管理人さん、昔泊まってたからって簡単に鍵なんか開けてやっちゃダメよ!!昨日は新しい人が泊まってたっちゅーの(違)

「富豪刑事」 射的大会! ☆

 小学生が一億円ゲット!!御両親気絶したりしなくていいんですか(笑)

 議員と同じく、私もライフル射撃部出身なんですよー。いくらマイナー競技だからって射的と同じにされちゃ涙でるんですけどっ「射撃大会」じゃ人来ないしねー画面が面白いからいいか…(耐)

 そもそも、議員バッチより靴跡の方が動かぬ証拠っ硝煙反応はどうでしょう。
ライフルなんて特殊なもの使うより階段から突き落とせって話ですが・・・・・。
最後、神戸巡査を殺そうとしているところを『貴方を守るため』に来た警官に目撃されちゃったりする皮肉でチャラにしておきましょう。

 なんたって目玉は、射的大会を宣伝&司会するラブリー深キョン!
不審な人物が・・・『あの人よ!』なヤクザ刑事さん!決勝にのりこんだくせに外す鎌倉警部! つまりは小ネタですね(^^;;;)

 孫娘の大活躍に、今度は茶碗壊しちゃってる筒井御大。
あの秘書、やっぱり大事なモノ持ってる時を狙って報告しているとしか思えなくて笑える・・・。

 議員が古田新太、その妻に濱田マリ、射撃部の後輩に大倉孝二と豪華ゲストでしたっ特に大倉くんの使い方がもったいなかったわ。

「相棒3」 人間爆弾 ☆☆☆

 なんてマヌケ(笑)

 爆弾を巻き付けて逃げる犯人(でも被害者)を遠巻きに、でも追わないわけにもいかない刑事達がゾロゾロと・・・。みんな腰が引けてるよ!!

 童話の一場面みたいなのんびりした捕り物にはTVみながら笑っちゃいました。よくもまぁ、こんな事件を思いつくものです。
 北海道から来た、元チンピラ栄一と薫ちゃんとのやりとりも軽妙でしたよねー。
 でも、ラストは慟哭。

 元々、爆弾で脅されている犯人(=被害者)がおおっぴらに犯行に及んで、おおっぴらに逃げているのに 金を入手できる可能性なんてほぼゼロじゃないですか。
 真犯人は何がしたいんだろうと思ったら復讐でしたよ。

 3人目の被害者には強盗の強要はせずに冬の池に飛び込めという。
心臓が悪いなら、その状況だけで既に発作モノ! ちゃんと間に合った亀ちゃん、右京さんと一緒に被害者の側を離れず、自分の身体を張って犯行を止めようとする栄一。

「関係のない友人まで殺せるのですか」
と言い放つ右京さんがわずかに微笑んでいる?横で、鼻息荒く憤っている薫ちゃん。この2人が好きだよー!!
 被害者がいかに悪人だったとしても犯罪は犯罪。
 今回誰も死なせることなく話を作る「相棒」スタッフの見識も好きです。

 そうそう、美和子ちゃんもいい感じに捜査協力&栄一と再会で、
「どうして分かれたんですか?」
と詮索されてごまかす感じ、良かったわ?。
 事件解決後、その男を殴りに・・・とか盛り上がってるところに登場して場の空気が固まるところもね(^^;;;)
美和子には妙に愚痴こぼされるよりこういう、悪意ない感じをお願いします。嫌いで分かれたわけじゃないんだし・・・・。ああ、微妙。
 最終回には鹿手袋さん再登場だそうで、トライアングルに決着がつくのでしょうか?

 それにしても栄一、子供に薫ちゃんから一字もらって命名したのね。将来大丈夫かしら「薫子」ちゃん・・・・(^^;;;)

「救命病棟24時(3)」8 ☆☆

 寺泉議員は早く娘を引き取ってください。妻の実家とか無いの?
喘息の子は同じパジャマを着たっきりです!!
京野ことみはすっかり看護士してますが、小学校の校医としての仕事はないのでしょうか。

 ・・・震災直後ならともかくも、25日目、と言われれるといろいろ気になりますよね。

 そこで緩んだ気持ちを引き締めろ、と促す進藤先生なわけですが、どうにも・・・1人で何カリカリしてるんでしょう?

 低体温で心停止は、つい先日本当に霊安室で蘇生したケースが報道されたところでタイムリー。
 死に慣れるな、命を諦めるな、常に全力で・・・ってごもっとも、でもつい同じ職場にいる人達に同情してしまいます。(自分には出来ないからっ!)
 医局長が出来た人だからいいようなものの。
 進藤先生がアフリカに戻ったなら戻ったなりに、東都中央病院はまわっていくんじゃないでしょうか・・・・。代わりにアフリカで助けられる命もあるじゃない。

 その前向きな情熱が患者を助け、家出人だったおっちゃん達を故郷に戻らせ、さあみんなで生きていこうっというメッセージは分かります。そしてまんまと涙ぐんじゃったりしてるんですよ。でもっ
 前シリーズからの思い入れがない身には、完璧すぎてつきあいきれません、進藤先生。

 次回、研修医の失敗が描かれる様ですが 進藤先生の失敗の方がみたいかも。
(ゴッドハンドファンの方々、すみません・・・・)

 リンク:「トオボエ改めドラマ三昧」さま
 震災を描くのに、病棟が舞台なら予算が少なくていいから「救命」で?という着眼に膝をポン。
 そして、「あの親子、あの場所にいらねー」に激しく賛成ですっ
その後の、蘇生を反対した相手から花を贈られて戸惑うヒゲメガネ先生は面白かったのですが・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ