ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「人間の証明」1 ☆☆☆

 面白かった・・・・。ひと安心。 裏の「バツ彼」に負けていたらどうしようか、なんて不安は杞憂でした。(と、言い切るにはまだ早いけど ^^;;;)

 とにかく目玉は竹野内 セクシー・癒しボイス・豊!
 異動したての新人なのに、もう10年は捜査一課にいる様じゃないですか。途中で出てきた夏川結衣が、昔の女じゃなく本当に「おさななじみ」らしいのには驚きましたけど、そこでかいま見せた素顔もいいです。
 過去に、辛い体験がありそう。愛に飢える切れ者。ステキ〜!!

 そして、意外に早くたどり着きました「ストーハ=Straw hat(麦藁帽子)」
・・・あの観覧車、普段からあんな電飾してるんですか??

 その昔の、角川映画のCMは記憶にあるので(映画も原作も見た気がするけれどあやふや)今後重要になりそうなキーワードはちらほら浮かぶんです。XXXX Do you remenber〜♪ ですよ。でも、現代に会わせて脚色も入るらしいし。ここは頭を空っぽにして見守りたいと思います。

 ただ一つ、心残りは・・・・せっかく外人さんもちゃんと使ってロケしたのなら、殺された黒人役の人の英語台詞だけは、吹き替えて欲しかったです?。
 それとも、英語が下手なのも**の伏線なんでしょうか?(笑)

 若い竹野内くんにつき合ってよれよれの大杉漣さんも美味しかったですが、隅っこの山崎樹範くんにも期待しています♪
 ・・・・そのうちに役名も覚えてくることでしょう。

「南くんの恋人」1 ???

 うっわ〜どうしよう。1時間、別の世界に連れて行かれちゃう。

 深キョン&二宮くん。主役の2人が高校生に見えるのか、という心配はまったく無理なくクリアー。
 また、2人とも集団からはみ出した感じが共通で、どんなにいちゃついていようが周囲もどうでもいいんだと思うよ(謎の女はいるけど ^^;;;) 
 それでも南くん(二宮)は ちよみ(深キョン)を、ちよみは南くんを、すっごくステキで自分にはもったいないぐらいだとか思っていそう。
 だからだよね。「大事な話があるの」で、別れ話かと思っちゃうなんて。不安なのよ。
 ハタからみると割れ鍋に綴じ蓋、頼むからそこでまとまってて他に迷惑かけないでくれ、というお似合いのカップルなのに。

 えー、そんなわけでちよみは小さくなっちゃいまして。南くんが部屋で飼うことになりました(端折りすぎ??)それを見届けるまでは、と思いながらも途中気が遠くなりましたよ。
 だって〜、間に合わせのハンカチ(?)ドレスったらロングなのよ。こういう時は普通ミニでしょミニ怒!!

 ちよみのお爺ちゃんも、掌中の玉の孫娘が帰ってこないなら大騒ぎして欲しかったけどなー。 ”南ベーカリー”のシャッターをガンガン叩いて、「ちよみを返せー」とか。それとも朝、教室まで来てやっぱりいないので南くんを締めあげるとか。

 ともあれ、ここまで確認しておけば途中がどうなろうと、最終回で戻るところも想像できて安心です。っていうかコレ、毎週観るだけの話があるんですか??
 さすが特撮の技術は自然ですが、それだけで楽しめないしー。コメディじゃない(食中毒ネタをあんな上品に済ませるか普通?)しー、深キョンのコスプレが売りなら、出し惜しみせずにもっと!(って、なんで私がそんなお願いを)

 目当ての西村さんはパン屋のオヤジさんです♪スリムで口うるさいオヤジさん♪
長男が高3で、末娘が幼児。離れてるなーと思ったら、来週それで大騒ぎらしいです。・・・・ど、どうしよう。

「新選組!」7/4 ☆

 お手紙の回。とんとんと進んでなんだか印象薄いわー。
 奥さんがくんくん文を嗅いでいましたが、(女の残り香ってこと?)当時京から江戸まで何日かかることやら。飛脚の汗の匂いだったり、一緒に運んでた干物の匂いだったりしないもんでしょうか(^?^)

 沖田を真似て、米粒をつけてみたのに「あ?ん」してもらえない平助は可哀想でした。私は彼の方が好きなんだけどな、にぶちんの沖田より。
 甘味処をクビになって、ちゃっかり偉いさんの従者に雇われてる捨助。凄い。強運!!

 あとは、えーっと。
 「顔を覚えてもらえない男」を密偵に採用!はいいんですけど、彼が1人で調べてきたことをいきなり信じたり、すぐ脅したりって信じられない。
 取引材料にするにしたって、もちょっと上手くやれば斉藤も非道い目に遭わなかったのにさー。それで仕返しの様に斬りに行くって、血の気が多くて困ります。

「君が思い出になる前に」1 ☆☆+☆

 観月ありさがジャマじゃなかった。

 デキル女な描写でも、恋人とじゃれてる時も、大好きな姉の訃報に駆けつけ生き残ってしまった義兄を責める時にも、そして「私がひきとって治してあげます」とか言い出したときにも。
 いつもの小うるさいデカイ女じゃなくて、普通の女の子がそこにいました。

 ・・・もっともその分、別の女優さんがやったって良いような気にもなります。 (深津絵里だったらああかなー、仲間由紀恵だったらこうかなー♪)
 いやまてよ、亡き姉の夫とはいえ記憶喪失中の男性と一緒に暮らすだなんて、キケーン。
 実はやっぱり、観月の体格が必要なのかもしれません・・・・。もし倒れても、椎名キッペイぐらいなら背負えそうです。

 「離婚弁護士」では情けなかった玉鉄くんが、恋人のエリート社員の役。これもいいじゃないですか。
 この先、玉鉄と椎名キッペイの間で揺れることになるんでしょうか・・・・! 地味に贅沢な感じ。

 そんなわけで、これも見続ける組。
 実は姉がいますので・・・・妹役にすんなり感情移入できる分、☆ひとつプラスなのかもしれません。あんなカッコイイ義兄でなくて残念??

「3番テーブルの客」#1

 #1 A:河野圭太カントク(生瀬勝久 鳥越まり )
    B:小田切成明カントク(桑名正博 かたせ梨乃)

 凄い人選。ずっと三谷とコンビを組んでるA:河野カントク、いわば”これぞ三谷”な人と、TV局設立時から居る大長老B!
 見事に雰囲気違いました。

 まず店構えは
A:町中のおしゃれなカフェ(結構流行ってる!)そして外は雨。
B;TV局内、吹き抜けに面しテーブルが一列に並ぶだけの余地しかない細長い喫茶店。

 ロケ場所はカントク決定・・・ですよね?
だとしたら、局内の茶店はいかがなものかとB。また仕事できて会っちゃうかもしれないのに。

 更に失礼ながら、B長老分かってないと思ったのは、コーヒーオーダーの場面。
 ウェイターなのは内緒なんですから、元妻には自分が注文してるふり。同僚には客のオーダーを通しているふり、ですよ? なのに普通に「この御婦人にコーヒーを」(妻にも聞こえてるっ)って。
 ・・・これじゃ、後で来たコーヒーが元妻の前に置かれるってギャグが台無し!!
(#1#2の他3作では、席から遠ざかって小声。#1Aの「この御婦人に」までをひそめて「コーヒーを」は大声で彼女に聞かせてるの、秀逸)
 その他、カメラは常にUPぎみで、主人公がしょっちゅう立ち上がる理由=同僚が来た、ことがはっきり分からなかったり。

 その点、Aは見事に三谷です。
 元妻をみつけた主人公が、一旦外に出て店に入ってくるのナイス!
店員の『いらっしゃいませ〜』の声で(その後『なぁんだ』っていってますが)目を上げて彼をみつける元妻。故意か偶然か、ウェイターじゃないって言いやすい。
 主人公が生瀬さんなのも大きいかな。昔出してたCDのタイトルを聞かれて、むげに「忘れた」でなく、答えようと口を開いたのに思い直して「忘れた」と言う細かいお芝居。この辺、順通り初回にコレをみていたら気づかなかったかもですね。
 そして同僚ウェイターが若きビスクドール藤木直人!!見事に先輩と下っ端で、無理なオーダーしようが挙動不審だろうが文句いえない説得力がありますよ?(^^)

 AB共通で#2と違うのは、バンドマンお会計の時に
「ボクってバンドマスターに似てますか?」
とわざわざ訊ねるところ。おそらく脚本にはあって、#2の監督さん達は蛇足だと削ったんでしょう。

 Bでは更にその上、ビビとアンドリュー出演のTV番組まで大サービス。帰宅途中の主人公が、街頭で流れるその番組に気づかずに通り過ぎる場面までついて「おわり」マークでありました・・・。
 かたせ梨乃のずれたカジュアルウェアといい、脇を固めるスタッフも皆さん長老なのかなーと思いますがどうなんでしょう。

 同じ脚本なのに、これだけ違っちゃうんだとしみじみでした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ