ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「救命病棟24時(3)」6 ☆☆

「霊安室がいっぱいなんです。」
これがひっかかって。

 まず、そんなにあの病院で死んだ人がいるとは思ってなかったです。
 そして婚約者石黒を別室に安置することで、そのたくさんの死と「楓先生の婚約者の死」が分かれてしまいましたよね。

 もちろん、楓先生には泣かされましたよ。
 人前では泣けずに気丈に仕事を続けていたのに、遺体を搬送する救急車の中で、恋人の頬に触れながら号泣するくだりではもう一緒に泣いちゃって。
 でもこれは、前後なくても泣ける場面だから。

 親しい人が死ぬ。哀しいです。そりゃ辛いです。
でも、そこを描けば描くほど、じゃあ親しくなかったらどうでもいいのかと。
例えば”死者2000人”と発表される無機質な数字にも、どれだけのドラマがつまっているか描くかと当初思っていたのに、これじゃ数字はただの数字じゃないですか。

 空になったベッド。
「あの時私が動いていれば・・」と後悔を口にする寺泉。
 そのどれもが、他の見知らぬ患者さんだったらどーでもよかったのか?という疑問を呼んでしまいました・・・・。
 ひねてますかね、私。

 楓先生の戦線離脱には賛成です。ゆっくり養生して戻ってきてください!!

 ボランティアリーダーの弟と、メガネのお医者さん。
スーパードクター進藤先生の説教よりも、今はこの人の一言のほうが素直に聞けそうです(^^)

「不機嫌なジーン」5 ☆☆☆

 「僕とテントウムシのどっちが大事なんだ?」
それを口にした瞬間からテントウムシ!!

 ていうか、寒空に屋外で待ち合わせが一番いけないと思います。ゆっくりお茶して本でも読みながら待てるところにしなさいよ。

 この「どっちが大事?」選択を、とうとう男もいう時代かと思うと感慨深いです。

 ムシオ君、相手が人間なら、例えば仁子の仕事が看護婦で待たされるなら我慢するんだろうか。でも結局、自分を一番にしてくれって要求だもんね。赤ちゃんが泣いてるのと一緒だ。
 自分より赤ん坊の世話を焼く妻に怒るような旦那になりそうで、もう絶対イヤこいつ(^^;;;)

 のんきな同居人は「理系を希望する女の子が増えるんじゃないか」なんて言ってますが逆だよねぇ。
 理系の女は変で我が侭でイヤだっと全国的に発表しているドラマじゃないんですか。
 今回はテンポよくて面白かったけど、理系女としてそういう部分だけは素直に楽しめない。まあ、仁子がやり方下手なんだけどねー。
 あんな遠くから謝らずに、まずは抱きついとけって!!

 山での虫狩りも意味不明。
 本来虫ってのは、都会の地面でも1M四方掘り返せばうじゃうじゃいるもんです。ええ、地面に升目書いてほじくり返して数えたことありますから!
 あんだけ集めてきて飼育してどうするんでしょう。それともあれ、フクロモモンガの生エサ??(きゃー)

 それと仁子ちゃん23才になったそうです。
するってぇと・・・ええー、教授とロンドン&オーストラリアで同棲していた頃は20〜21才!! それって教授、教育者として倫理的に深刻に問題ありますから。離婚して独身でもダメ(^^;;;) せめて大学は卒業してなきゃダメ。

 そんなこんないいつつ、久しぶりに一時間楽しくて、唐突に入るアニメも心の声も、短めに抑えていい感じでした。
あとは、やっと出たオダジョーは抑えずに・・・もっと出してー。

「富豪刑事」 誘拐、ヤクザ ☆☆

「ヤクザのみなさーん、こちらでぇーす」
と、バスガイドの様にホテル内を連れ回す神戸深キョン♪メイクが濃いわっでも可愛いっ♪

 これで、この行動がヤクザ二組を鉢合わせさせないためとか、意味があると尚良いのですが・・・宿泊部屋忘れてますから!! ん、もぉ。 ただのバカ娘にはしないでよぉぉぉ

 誘拐の回では逆に、父親が札をつめるなり「(カバンが)新品ですよ?」と一言。
一見するどいツッコミですが・・・違うわっ
『庶民の気持ちになって考えてみる』までは、そんなみみっちいことどうでもいいでしょう。 たかが一千万円、庶民にはとっておきのグッチにでもぐいぐい詰めちゃって下さいよ。

 お気楽極楽バカドラマ・・・だからこそ、枝葉には充分気を遣ってほしいのになぁ・・「只野仁」に負けるなっ! ゲストガッツ石松の「OK牧場」のノリで行くのか、誘拐で息子の暗躍をほのめかしたダークなムードで行くのか、ブレブレですがなぁ。

 とうとう原作ネタ尽きて、次回からどうなっちゃうのか不安でたまりまへん(^^;;;)
 
 相変わらず、お爺さま登場の場面だけは完璧です!

「87%」3,4,5 ☆☆☆

 手術してから・・・とか思ってたら、うっかり3回も過ぎちゃったぞ!!
その間、中尊寺えつこが発病からわずか半年で亡くなったり、悲劇のサーファーの闘病ドキュメント見ちゃったり。心配です、早く手術して。

 でも、先立つものは要るし、病院にも麻酔医は要るし、あれもこれもしなくちゃだし、手術はやはり不安だし。
 そうか、温泉で傷は目立つよね・・・・見られる方が特に気になるでしょう。

 そんな色々を、真剣に、でも時に楽しく描いてくれて本当に安心して見ていられます。
入院準備に息子の食事をタッパーに詰めて、土曜日の夕飯・・・なんてシールを貼りながら、お母さん嬉しそうなんだもん。子供がいて良かった、と思う瞬間瞬間なのでしょうか。

 ガン保険の規約説明を忘れたくだり。
本人が咎められるのは当然ですが、きっと息子も責められて、バレエの発表会に来るなだの、学校で虐められるだの、いろいろありそう……なんて思っていたら大ハズレ。ちゃんとそこは分けた大人な対応でした。
 ソウ太にと、突然の引越を告げる女の子からの電話。翌日の出発もちゃんと母子で見送れたましたよー!

 ・・・それだけに、「ウソをついてました」なんてこと、せめて奥さんには聞かせないであげてと思いましたよー。言った本人はスッとするかもしれないけど、言われた方はまたムカムカしちゃうじゃないっ。 どうせ旦那が「分かってました」即答なら、やはりこの告白は奥さんとお嬢さんが出発してから2人の間でだけにしてほしかったです。

 でもその後、一度は断った200万円を『カッコ悪く』頭下げて念書書いてもらい受け・・・・て、まさか山分けに行くとは思いませんでした!!

 何かしたい。
 全額渡せたら『カッコイイ』んだけどそれも出来ない。
5年生存率7%。でも、ゼロからそこまで上がった数字。そんな旦那さんに勇気をもらったという主人公。
「拾ったんです」と繰り返しながら半分を旦那さんの手に握らせるくだりは本当に涙が出ました。

 そうそう、黒木先生変な人。
新幹線の駅までわざわざ送迎にって。ずっと見ていれば『そんなに手術が大事なんだー』と思うわけですが、普通そりゃ間違えるって。惚れてるのかと!
「母さんに本気なんだな」って確認に行くソウ太君(笑)
先生の返事がトンチンカンなのに、分からないのはまだまだ若いぞ。

 さて、次回はいよいよ手術でしょうか。あの女子高生、何??まだまだ謎が多いです。

「H2 君といた日々」4,5 

 キスシーンでこんなに笑ったのは初めてだわ!
可愛いっ 鈍くさいマネージャーが、可愛い!!!

 鈍くさいけど、奥手じゃないんだよね。
押しの一手でデートにこぎつけるほど、好きって気持ちは隠してない。「勝ったお祝いにキス♪」・・・してもいいですか?なんて訊ねるだけでも結構スゴくない??
 で、ほっぺに、と了承したヒロなのに、人が来たからとあせったはずみでチュ(><)

 また、目撃者がよりによってひかりだよ!!

 で、その時は平然と『やったねヒロ!』みたいなvサインで余裕カマしてたひかるなのに、段々と心ゆらしている様子でした。おや?
 実はヒロの方が好きなのか??それとも単に、子分だったヒロが自分の方を向いていないのが気に入らないのかしら。どっちにしても、ヒデちゃんが可哀想だ。

 まぁひかりはいいや。はるかちゃんはるかちゃん。

 熱をおしてデートに来て、倒れるはるかちゃん。
ヒロに背負ってもらったら、記念写真を撮りたがるはるかちゃん。
壁にぶつかり、土手で転んで、おにぎりぶちまけるはるかちゃん!
ヒロのポケットに自分の作ったお守りを見つけて「ありがとう!」と笑顔になるはるかちゃん。

 もう「H2」は、健気で可愛いはるかちゃんで和むために見ています。その気持ちを、ヒロがちゃんと受け止めてくれているので嬉しくて。可愛い2人だよね♪

 ダークな伏線も進行中の模様ですが・・・さて?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ