ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「君が思い出になる前に」3 ☆

 だからさ。何がしたいの??

 「スタイリストは人に夢を与える仕事だ」って言われたってさ。別に自分の仕事がイヤだったり、辞めようとしていたわけじゃないじゃない。義兄さんさえいなけりゃ、ちゃんと新曲のテープだって聴いてたでしょうが。

 どうしてスタイリストなのかな。OLじゃいけないのかな。
普通のOLが、親族の世話に巻き込まれて仕事もイヤで腐ってたところで、もっと何気ない一言で眼が覚める・・・んなら素直に聞けると思うのですが。
 一般的にはお気軽コメディとされる「ウォーターボーイズ2」さえ、立ち聞きした会話を自分の問題に重ねるなど基本テクニックを見せてくれてますよ。なのに・・・・椎名キッペイを擁しながらコレかい??

 そう、キッペイちゃんは悪くないのよ?。そのうち記憶を取り戻して、別人に変貌するキッペイちゃんは是非見たいのよ?。

 来週どうしよう。
 恋人玉鉄の浮気も予告でみせられてテンション下がりまくり。親族亡くしたばかりの恋人が、たかが何週間か(しかも明白な理由で)多忙にしただけで浮気するような男、三角関係に参加する資格無いじゃん。

「WATER BOYS 2」3 ☆☆

泳ぐ泳ぐ泳ぐ泳ぐ
 あー、面白かった。

 恋の告白と進路面談を、「言わなきゃきっと後悔する」「やるだけやってから悩め」と重ねて描くのもいい感じ。
 それになにより、3回目にしてもう結構シンクロしていて嬉しいです。
 去年のシリーズの今頃って、まだメンバー集めとかなづち対策だったよね?やっぱりシンクロは泳いでなんぼでしょう。

 と、楽しんでみてるのに☆2つきりなのは、脇キャラが薄いせいです。
 もっと思いっきり、漫画ちっくに見せて欲しいなぁ。こデブの双子(どこから連れてきたの?芸人?)が妙に印象的ですが、それより大事な脇がいるでしょう???

 生徒会の腰巾着、ガンちゃん(小池徹平) 下着を洗わせても気にならない男、学校一女らしい男。……あれが?? 顔は綺麗ですけどね。
早乙女先生を見習って、ひとめで納得の異質なキャラに演じて欲しいです。
 とりまき連れてる男子生徒のボスもそう。ひとめ見たら忘れられない子、いなかったのかなー。

 ま、今更変えられないことなので・・・・あとは、お話し的に気持ちよくガンちゃんと大場カヨ(『ばかよって呼ばないで下さい』の駄目押し、良かった!!)がくっついて、ヒロインがパパを見直して、主人公も父親に上手く話をできたらいいよね!

泳ぐ泳ぐ泳ぐ泳ぐ

「世界の中心で、愛をさけぶ」3 ☆☆☆☆

クローバークローバークローバー
 現実・・・というか未来の朔と、過去・・・というか物語の中心の朔との切り替わりにちょっと動揺。
 でも、アキがどんなに(あり得ないほど)イイ子かと見せつけられ、また大好きだったお爺ちゃんの死後すぐに泣けない朔の姿に、これなら長引いちゃっても仕方がないのかと思ってきたりして・・・・。

 どの場面をとっても、みどり美しくセミの声が郷愁をそそり、日本って美しいと思います。そして青春は美しい。

 子供を連れて現れた、17年後の第2のアキさん(桜井幸子)
お母さんがその子を「朔との・・・・?」なんて訊ねる場面が悲しくも優しかったです。
「あの子はずっと独りだと思ってたから」

 そういえば。
お爺ちゃん(仲代達矢)の死に涙する朔を、抱き留めるのはもうお母さんじゃなくてアキなんだよね。ある年齢を超えたら、もう親はどんなに子を思ってもその傷を癒す力にはなれないのかしら・・・・・。
 親って哀しいなぁ。

 娘の勉強部屋に顔を出して、とんちんかんなコトを言って去る三浦友和も。
親って哀しい。
クローバークローバークローバー

「人間の証明」2 ☆☆

観覧車観覧車観覧車帽子帽子帽子
 美声揃いの捜査一課。普段なら聞き惚れる大杉漣のイイ声が普通に聞こえちゃう程ですよ。そしてダントツ竹野内ボイス!

 被害者の足取りが判明し、ムネスエ君がますます喰えない奴なことが判明し(ツレとたまたま寄っただけって ^^;;;)、選挙にでたマダムはやましい過去があるらしい。
 どれも、一話に描かれたことの掘り下げで新しいことは一つもありませんでした。だからってつまらないわかじゃないですが、一話も抜かせない?という緊迫感には欠けますねぇ??

 とりあえずまた来週。

(追加)
施設育ち、肉親の死のトラウマによる過剰な暴力。
・・・。なにか思い出すと思ったら「顔」でした。オダジョー演じる西島刑事とムネスエの類似。
原作の時代からして「顔」の西島がムネスエからの派生型でしょうか。それともああいうキャラって、刑事ものにはよくいるのかな。
観覧車観覧車観覧車帽子帽子帽子

「逃亡者」1 ☆☆☆

走る走る走る走る
 空撮、爆発、力入ってますね???

 江口洋介は保護観察官。
「俺は君を信じる!」なんていう暑ッ苦しい台詞がこんなに似合う人もいません(^^;;;) でも、どうやら大がかりに罠にはめられて居るようで、担当の子供にも裏切られてますよ?
 
 愛する妻が殺され、一度は助かった子供の生命維持装置がいじられ、凶器には自分の指紋、保険金は増額されて離婚届けに記名捺印!
 世間的にはどうみたって江口が犯人でしょう。

 外科医の奥さんは、大病院の跡取りだった様ですから職業・家柄とも不釣り合いと言えば言えます。
 容疑者でもないころから「お前が死なせたんだ」と江口を非難してくる義父=院長先生。孫は可愛くてもムコは嫌いだった様で、この辺の確執につけこんだ犯罪なんでしょうか?
(原作映画はみたんだけどな、犯人の肉体的特徴しか覚えてなくて。あと、ダムへのダイブ!これは来週ですね)
 可愛い子供、幸せな日々の金色の浜辺の記憶。
 もちろん視聴者は本当の犯人も観ているわけで、頭っから江口の話を信じない警察の態度も含め、完全に心情は江口よりです。逃げろ〜、真犯人を追いつめろ〜(でも、どうやって??)

 所轄の水野美紀vs警視庁のデカイの阿部寛。
このなわばり争いも見所??

 音楽が鳴りすぎ、特にアンダルシアなギターがうるさくて、阿部ちゃんの低音が聞き取れないのには閉口しますが来週に期待をつなげるには充分でした。
  「人間の証明」がなんだかとっても地味に思えてきました。
走る走る走る走る
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ