ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「特命係長 只野仁」15、16☆☆

 えー、とうとう秘書嬢が係長の正体に気がつく??

 新シリーズになってからエスカレートする一方のおふざけ。
お約束のサウナでも、モザイクかけまくりで只野の巨大さと永井くんの小ささを強調してくれてますよ(^^;;;) どっちも、なにもそこまで・・・・・なネタなんですけど、笑えるからいいかっ。

 で、ニセ只野登場!の回では、「人まねなんて小さい男のすること」・・・と言った途端に、ニセ只野がでっかいモザイクで現れて永井くんショボーン。
 ホストの回では、女を口説く方をやりたいっという永井くんが、やっぱり小さいネタでショボーン。
 これって定番になるんでしょうか(^^;;;)

 とにかく毎回、連載ギャグ漫画の定番みたいなゲストキャラの登場で盛り上がります。
そのうち未来から只野の子孫がやってきたり、「貴方の赤ちゃんよ」と押しつけられた子を子守をしながら事件解決したり、しても不思議じゃなくて怖いです!

 ただ、ニセモノ只野役の原口あきまさ、可哀想だった!
「モノマネしろ」と言われる場面では笑ったけど、結局そこで何も出来ない男の役でしょ。見せ場がないじゃない。モテてる場面もありません。
 本人ちょこっと期待して来たと思うのに(^^;;;)、コンパ芸の披露ぐらいさせてあげてー。

 ホストの只野さんはさすが!はまり役!
でも逆に普段のまんまですよー。結局目指す女を口説けない役回りなんだから、永井くんのホスト役も見たかったナー。

 などなどいいつつも楽しんでます。

 そして、まさかの正体バレがやってくる??
まずはニセモノ只野に、後を付けられて変身を目撃され!
お次は同じ匂いがする、と秘書嬢に係長バージョンを連想されっ!

 声が同じでも、色の黒さ同じでも、『別人に見える』という設定だけが頼りだったのに(^^;;;) このシリーズ中に正体ばらしてしまうつもりなんでしょうか??
 そしたらシリーズ3はどうなるの??

「救命病棟24時(3)」5 ☆☆

 今日は親子の絆の回。

 町医者のダメ次男は1年、医療事故の京野ことみは2年、父親と口をきいてないんですってよ!
父親というのは損な役回りですねぇ。育ててやって心配してるのに。

 でもまぁ、進路や生活習慣への口出しなら過干渉とも受け取る青年期ですが、こと命のかかった震災後ですから。
 いったんは冷たく別れたものの、171災害伝言ダイヤルに延々のこる両親の声に泣き崩れ、自分も伝言で「ごめんなさい」と返す京野ことみには泣かされました。ガラスの向こうに父(渡辺哲)は居るのに、直接言えないところも含め。
 娘の無事を祝われて泣き笑いするお父さんも!!
 医者の次男もね。
「父さんが死んだら泣くと思う」
本当に死なれる前に気がつけて良かったよね。

 しかし、プライベートな会話が階段や倉庫やらで交わされる分、病院ガラガラで暇そうにみえてしまいます・・・。食料がないだけって感じ。
 それもことみのお父さんの料理で解決だよ!・・・って、福岡からいったい水と野菜どれだけ持ってきたの、お父さん(^^;;;)

 そして帰るときには、転院の町医者さんと看護婦さんを乗せて静岡まで。
え、付き添って静岡へって、看護婦さん?先週マンション買ったばっかりだったんでしょう?(レイコさんの感想読んでいて思い出しました!)
 うちのボケてるツレなんてこっちが奥さんだと思いこんでる程院長とセットだった看護婦さんですが、そこまで尽くすかって感じです。一言、見に行ってきたら半壊だったとかなんとかいれませんか。

 ことみを探し回るお父さんの場面では、瓦礫の山なのに・・・どうにも病院だけ異世界です。

 そうそう、避難所にやっと食料を運んできた寺泉さん。カメラと一緒。
「とにかく区役所へ」というトラックと揉めているのに、TVが来た途端笑顔でとりつくろう姿が見事にギャグでした。
 でも、子供達は嬉しいと思うよ。上手く立ち回れないお父さんでも病院に居てくれる方が、大臣になって遠いサロンにいるよりも。
 あれれ・・・そうだ子供。マダム寺泉も静岡なら、娘は院長と一緒に静岡行ったら良かったんじゃないですか??

 そんなわけで端々とっちらかりつつも、今週はのんびりしてたなーと思ったら、最後の最後で楓のフィアンセ急変!!

 どうせ予告ではピンピン・・・してないし! 来週死なせるための、先週今週のあっさり回復だったんですか?? 解せないわ。
 ここで死なせるのなら、瓦礫の街で人知れず死んで何故いけなかったの?

「不機嫌なジーン」4 ☆

 憎みきれない♪ろくでなしぃぃぃぃ♪
教授のココとココとココとココが嫌い・・・だけど愛おしいって、うひー痒いっ
 あれ、普通のラブコメみたい?

 アニメないし教授は元気ないし仁子も騒がないし、健一くんも怒らないし。
嵐の前の静けさ・・・とはいえ、ずっとこのぐらいがいいなぁ。

 恩師(伊東四朗)の手前別れたといえない仁子と教授が、仲のいいフリをする・・・・・のとフクロモモンガが今日のメインかな。

 イイコの健一くんがなんと言おうと、仁子と教授はくっついちゃうんじゃないの?今更オダジョーが出てきてもどうなるものでもないような。
 それとも、本気で小林聡美を口説いてくれますか、オダジョー??

 モモンガの捕獲、小動物を素手で掴もうなんて無茶ですがな。初めからカゴ使ってください。

「タイガー&ドラゴン」sp ☆☆☆☆

 やっと見ました。面白かったーっ!!
 落語のドラマ化ってのが、まさか主人公と一緒に古典をかみ砕く話だったとは。考えてます。

 でもやっぱとっつきにくいのかも。
こんなに面白いのにっ。落語知らなくても大丈夫に作ってあるのにっ。「ナン」でもう、同居人どっかに行ってしまいました。

 楽しむには「予備知識が必要」という古典落語への師匠の言葉が、そのままクドカンドラマの解説に聞こえますです。でもでも「誰でも知っている話を、自分しかできない面白い話に」するのが落語・・・って、やっぱりそれもこのドラマのことだよねぇ。(^^;;;)


 ヤクザな長瀬クン、暗いわ重いわ滑舌悪いわ。でも、だんだんそれが笑えてきます。弟子なのに偉そうだったり、台車だったり。
「無理だわ」
「えーーーーーーーーっ」
って、暗い生い立ちがギャグになるとは(^^;;;)
 死にそうで叫ぶ「かぁちゃーん」が「(お前の)かぁちゃーん」だなんて告白、お調子者に言われたって笑えないモンね。スゴイや。

 西田敏行もいいし、岡田くんもいいし。
小虎(長瀬智也)のクソつまんない初落語からめぐみちゃん(伊東美咲)登場のあたりとか。すっごく引き込まれました。

 もちろん、古典の「三枚起請」をキャバクラ嬢と刺青で再構築してどうだっと突きつけられるメインの展開も快感♪
「お前花魁にあったことあんのかよ」
なんていう、ジュゲムすら知らない小虎の視点がすっごく新鮮。

 連ドラになるそうで、すっごく楽しみです。
でも、・・・・コレを10回続けて&シリーズ全体を通しての起承転結なんてどうなるんでしょうか(^^;;;) 想像もつかないでっす。
 落語界のうけとり方にも興味津々!
 さてさて・・・・。

「Mの悲劇」4 ☆☆☆

 うっわー、一時間前のめり。目が離せない。
燃えた札は銀行で替えてくれるのに!安藤!!

 謎が謎呼ぶ・・・のは、1話以降見るのを止めて丸々2話あいていたせいでもあるわけですが。

 一話ではひたすら理不尽だった主人公への攻撃が、彼自身に非があるらしいとみているとたいして可哀想じゃないんですね(^^;;;)
 ギターをもって暴れていた予告映像、ケンカに巻き込まれた怪我で弾けなくなった=逆恨みかと思いきや・・・・連絡をくれるはずの安藤クン=目撃者 がその後失念という罪だったのねー。
(よくもまあ、あんな非日常を忘れたね・笑)

 だんだんと思い出す安藤君の前に、過去の自分が活きて動く映像が美しかったです。

 そして、一年ぶりに手にした”恩人の連絡先”に電話をしてみると着信音・・・幻のデビュー曲・・・が間近に聞こえてミサ登場。 盛り上がるじゃないですかー。

 大したことなかった地位と名誉と恋人と金、全てを奪っておいてまだ、ミサの復讐継続宣言!!
ここも、叫ばずに淡々と丁寧語で語りかけるからこそ良かったですよー。
 さて、この先何をする気なんでしょう。ワクワク。

 ツッコミどころとしては、あれかなー。
本来は、「処分してくれ」と言われた服をクリーニングして(でもメモはポケットに戻して)保存しておく店・・・なのかもしれませんが、それ以上に、安藤の顔を覚えている店員!! 接客業の鏡!!
 ミサもですよ。私なら絶対に忘れてます!!・・・自慢にならんけど。

 なので、当初は全部人違いだとスゴイなと思ってました。
最悪のタイミングで、同じように「助けてください」と言ってしまっただけの、通りすがりの男に身代わりの復讐。ね、理不尽で怖いでしょう??
 でもそれだとやっぱり「世にも不思議な」か「本当に怖い」な世界かな。

 ああ、あとウェディングドレス。彼のお母さんも着たものなんだよね?亡き人の想いを抱きしめて慟哭する、感動の場面でしたが。
・・・・・ハセキョー着られるんだ、デッカイのに・・・とつぶやく、小学生サイズの私・・・。 特殊なサイズ着ていると気になるんだー、こういう時のサイズ設定。別にいいけど。ツンツルテンでも幸せだっただろうから。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ