ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「白い巨塔」カルトクイズに参加?

『この度「白い巨塔」再放送にあたり、特番でカルトクイズを行うことになりました』
との参加者募集メールを先ほどいただきました。仰天です。

 「白い巨塔」はそりゃ見ましたよ。好きですよ。
しかしカルトクイズ番組に出演って、そんな。  
 モニタの前でオロオロしてしまいました(^^;;;)あちこちのドラマサイト管理人さんに声かけていらっしゃるんでしょうか??
 一番に考えたのはイタズラじゃないかということですが・・・ネットで捜したら、同様の接触からあの「TVチャンピオン」にご出場になった方の体験記がヒットしちゃったりして・・・・・うひゃ。ほ、本当に?

 どちらにしても大阪在住ですから。おそらく東京で平日に行われる収録になんていかれませんよね。

 我こそはっと興味がおありな方。ご紹介いたしますよ?。

「ウルトラマンネクサス」8 ☆☆

 やっとの思いで助け出した少女と子犬。でも後に再会した少女は、孤門のことを覚えてはいなかった!!
って、えーっ、記憶操作のこと知らなかったの?孤門くん(いや、バス事故の時に説明された筈^^;;;)
 このご時世、犬を囮に少女に話しかけるお兄さんなんて危なくって仕方ありません。お母さんも、1人にしちゃダメでしょう、可愛い娘を!

 新米が何を言おうと、
「覚えていない方が幸せ」
と、ピカッと一発”処置”してくれるメモリーポリス。病室で逃げまどう、ビースト遭遇が心的障害になった患者さんにもピカッ。お子さまにも分かり易いだろう展開でした。
 記憶のことがそれだけ解明されているのだとしたら、それこそ人気番組やCMの最中でピカッと記憶書き換えるぐらいのことも出来ますか?
 ここから、何が現実か分からなくなるような記憶のリセットに継ぐリセットといった「イノセンス」みたいな展開には・・・ならないんでしょうねぇ。惜しいなぁ。

 孤門くんの彼女に忍び寄る影!!
なにやら電波を受けた彼女です。さあ、ついに来週・・・彼女が・・・??ドキドキ

NHK「輝く湖にて」 ☆☆☆

舞台は、秋の中善寺湖畔。
別荘でくつろぐ老夫婦の元に一人娘が恋人を連れて現れます。
おまけに、婚前旅行に行くからと彼の13才の息子を置いていってしまいます。とまどう夫婦。
それでもだんだんと歩み寄り、3人の暮らしに馴れた頃、1人帰ってきた娘は・・・。

 美しくも優しい小品でした。
悠々自適のリタイヤ生活・・・に忍びよる、老いと死。突然現れて、静かな生活をかき回す娘。
「私たちだって、もう若くないのよ!」
と叫びながらも、やっぱり娘は可愛い娘で許されちゃう日々の暮らし。もう少しこのまま、幸せが続きますように・・・・。

 冒頭、心臓発作で倒れたことがあるらしいお父さん(杉浦直樹)は、二言目には「来年はいないかもしれない」。何をするでなく家でごろごろ。
 それが13才の未来の孫といるうちに釣りを教えたり、魚を捌いたり、人生の先輩として生きる張りを取り戻していきます。・・・いいじゃない!
 今から赤ん坊の孫を待つより、一番年若い友人が出来る連れ子っていいのかもと思ったり。
「老いぼれ」呼ばわりにはきっぱり怒る、お母さん(八千草薫)も可愛くて素敵なの。

 ところが娘(真矢みき)のシャキッとしないことときたら。

 確かにお父さんの口の悪さも相当です。娘が結婚式をドタキャンすれば
「丁度いい、その日は車を洗いたかった」・・・って、パパ!!(^^;;;)

 でも、父なりの優しさを受け取れずに「パパは私が嫌い」と思いこんで、このいい年まで育つ娘も娘。逆にさっさと親になっておけば、父親の気持ちも分かったんでしょうに。自分に自信がもてずに、ずるずる来ているわけですね。演じるのが颯爽とした真矢さんだけに、内面とのギャップに苦悩が感じられました。

 西村さんは、その恋人。
女物のスカーフを首に巻いて現れます!虫さされが、場所が場所だから恥ずかしくてって、いや〜ん。不器用で真面目そうで可愛いヒトです。
 なのに、旅行先のミャンマーに置き去りにされて・・・・最後までそのまま出てきませんでしたよ!!

「やっぱりダメ」と帰ってきて、
「やっぱり彼と頑張ってみる」と出ていく勝手な娘。
 その彼が、怒ってないといいんですけどねぇ・・・。ベタ惚れみたいでしたから。謝られたら許しちゃうんでしょうねぇ。お幸せに。

 中盤からは、いつお父さんが発作で倒れるか、いつ死んじゃうかとハラハラし通しで。でもそうなってもこの夫婦は幸せかも、と思える一時間でした。
 思わず久しぶりに実家の両親に電話をしてしまいましたよ。原作の映画「黄昏」も観てみたいですね。

「めだか」7 ☆☆

「あれはっ愛の告白だろう?」
ええっ????結婚止めただけで?あれで伝わったつもりだったのかい?小山田くんっそりゃ無理だっ

 でも、もう諦めて身を引くつもりの小山田くん。プロポーズ男に会っても、息子の友達だと強調して「なんでもありませんから」って、つらい台詞だよ、よく言ったよ。
 しかし、いい年して小学生のお友達ってそれも無理でしょう(^^;;;)

 まあ、念願の小山田エピソードが、ちゃんとプロポーズ断るカタチで描かれていたし。彼女が小山田が眼中に無い理由も
「若いのに、バツイチ子持ち相手なんて可哀想」
なんであって小山田のため。甲斐性がないからじゃなかったしね。満足・・・・だよね。

 ラブの方も、めだかのお泊まりを知った瑛太くんが椎名先生にガンつけたり!めだかに皮肉を言ってみたり。『誤解』じゃなくて、本当のことを知った上でそれでも心中穏やかじゃない男心を描いて楽しかったですよ。やっぱり満足・・・だよね。

 本筋の泉谷おやじ娘の結婚話もすっごくよかったのよ!
良縁だからこそ、こんなおやじが顔を出しちゃ娘に悪いと気が引けてしまうコンプレックス。そんなおやじさんを、そのまま愛して自慢している娘。2人が羨ましい、という美男子婚約者くん。
 また、おやじさんがちゃーんと会食に来るのか見守りにくるクラスメイト♪

 良い話じゃーん。いいドラマじゃーん。
なのにどうして、先週の免職とイジメの話が「椎名先生とやけ酒した理由」でしか出てこないの〜。国見先生もただの謎のヒトに逆戻り。
 なにかエピソードの順番が間違っていた気がします。ひしひしとします。もったいない(涙)

 小山田がまた職を代わっていたのと、小学生にまで「小山田」呼ばわりだったのが笑えました。ほんっと甲斐性ないんだよね。いい人なんだけどねー。
 来週は、元熱血教師・椎名先生の過去。

「ラストクリスマス」6 ☆

 新谷さんに首絞められてる新入社員。
「俺・・俺・・・」

「ずっと取締役が好きでした!」・・・と、アフレコをして遊んでみる(笑)

いやー、MEGUMIが好きだといいだすかと思ったら、応援するんですか、それは意外でした。

 今回も決め台詞てんこ盛りの「ラストクリスマス」です。
でも、決め台詞ってここぞと言うときに使うから決まるんであって、何かを狙った手の込んだ会話ばかりずらずら並べられても・・・お腹いっぱい(^^;;;)

 それに、観たいのはメインカップルのラブラブなんであって、お母さんの同級生捏造とか、玉木くんの思い出のツリーとか、どうでもいいし!!
 同窓会、ホントに詐欺だったの? 替え玉立てるにしろ、ただ「**クンに会いたい」と言い出すだけじゃダメ??
 絵描きカップルの方は、指輪といいNYといい、エピソード凝り過ぎ。4年4年って。だったらそっちメインで別のドラマ作ればいいじゃないのさー!!

 今週も、チケット買って嬉しそうな春木くんとか。ハートのトーストとか!織田ちゃん絡みの場面はキャーキャーいいながら観てました(^^;;;)
 地図がいつの間にか春木側に貼られて、ピンは2つ並んでイエローナイフに!!キャーッ♪
エレベータの2人なんて、つきあい始めの初々しい感じがむんむん♪ 「5股の1人は春木か」と言われていた先週の疑惑を、思いっきり会社中に裏付けてますよねぇ。
 こういうのをもっともっと観たいわけですよっ!!

 しかし、そうなると半同居の設定がかえってジャマかも。
「一緒に部屋にいる」ことが日常でドキドキしないもん。

 家にいる2人、所帯じみてますよね。どーんと安定して。
だって、2人で招く相手が 元セフレって!!
ちょとは気にするでしょ、つき合いの浅いカップルだったらっ。特に春木の方はっっ。
招かれた玉木くんの方も、春木が自分と青井の関係を知ってるかぐらい確認しろよっ

 元カノに誘われてもほだされず、「何いってんだ」と背中を向ける春木さん。怒ってすらいない吹っ切れっぷりが盤石です。
 青井もそう・・・だよねぇ?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ