ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「恋におちたら」4 ×

 ゲリラ青空コンサート。ネット配信はどうした。

「情よりも仕事:社長」vs「仕事を捨てて情:島男」だよね!それは分かります。
不機嫌なシンガーもそのハートで説得ってことになるに決まってます。でもでもそれだけに、島男の情の魅せ方をもうちょっと、納得出来るものにして欲しかったんですよ。

 会議中の着信に応対したあげくに理由も言わずに退席って!!コラ!
恋する魚屋から連絡ならまかせておけばいいのに。兄貴気が利かなさすぎだぞ♪

 ていうか、かおりさんを担当にしなかった理由を知りたいわ。

 社長も父親を亡くしたりと過去に何かあったらしいほのめかし。不器用な島男にその当時の自分を重ねている・・・のでしょうか。

「エンジン」3,4 ☆

 前回は「逃げるな」今回は「行動しろ」??

 子供の問題と次郎の問題が直接リンクするのは面白いのですが、ビミョーに間違っている気がしないでもないです。

 だって前回、遅刻だよ??
あのデブちゃんの逃避につきあって、来ない父親に無理矢理会わせるために・・・遅刻だよ??
 それって勝負以前じゃない!

 それよりも闘う背中を見せて欲しかった。
送らなきゃっていう小雪先生を後目にレースに連れて来ちゃって、準備だの集中だの全力で立ち向かうところを見て『僕もう逃げない!』ってなる方が爽快では。いっそ負けたっていいよね。

 それなのに、自分の頼んだ勝負に遅刻する様なヤツがまたチャンスもらって、下準備ゼロで相手に勝っちゃうだなんてー。どんだけ甘いんだよー。

 今回の子供だって
「僕は可哀想じゃない」
はいいんだけどさ、養子縁組を断るようなことか? 時間をかけて慣れていけばいいだけじゃない。
 あそこは逆に、
「そんなにイヤなら断ろう」と言っていた大人を後目に、隠れ場所から出ていって、養父母の手をとってみる方向だっていいじゃない。次郎はメカニックしてみるんだぞ?

 文句全開ですみませんねぇ。
あの「白い巨塔」の脚本家さんだって聞いたから、もっと面白いものが見られると思ってたの。

 まー、謎の食堂美人が”子供を手放してしまった側”だと分かったり、堺雅人先生は「プロとして」次郎とはっきり対立してみたり。その辺はつまらないわけじゃないです。

「タイガー&ドラゴン(&シルバー)」4 権助提灯 ☆☆☆☆

 提灯=カーナビって、上手すぎるよ!

 今回もまぁ、ややっこしい話を上手く納めたこと。
女同士のヤキモチ・見栄っ張り合戦を『どん太師匠のかみさんと愛人』でそのままするかと見せかけて・・・・『どん兵衛師匠と組長と初恋の人』の話に!
「実名だよ〜」
って、舞台袖でどん兵衛が嘆くところに大受け。だよねー。小虎の話は毎回実話ってばれたら最後、どれも人物丸わかりだもの(笑)

 学生時代のどん兵衛師匠と組長を、岡田くんと長瀬が!!特に組長、息子のギンギンじゃなくてどうして長瀬??でも、物真似が似てるんだよっ!!
 そしてマドンナ(森下愛子)の若き日はめぐみちゃん(^^;;;)

 で、鏡になる現在での人間関係はどうなんでしょう。
同棲してるけどヤッてない虎とめぐみちゃん(^^;;;) いちおう竜二とデートはしてくれるけど・・・。
このままめぐみちゃん、女落語家に??ってウソウソ。
「俺の落語は、上手いけど心が入ってない」
と自分で語る竜二。この辺に彼が高座を下りちゃった理由があるんでしょうか。

 家族の前でお互いの刺青を見せるめぐみと竜二。
実は他に何人もMの刺青入れてるなんて知らないもんね。まるで本気の仲みたいにみえるじゃないですか。・・・でも、じゃあなんで虎と暮らしてるのかってツッコンで欲しいんだけど。

「汚れた舌」4 ☆☆☆

 おいおいーっ 花屋でサカリ始めましたけど、外から丸見えじゃないんですかっ!!

 ”結婚より仕事”と言うくせに、その仕事をホイホイ投げ出してデートしている千夏、でも白川もちゃんとダメだと思ってたのねー。
 仕事のミスを花屋社長に救ってもらう千夏。
 恋人の家から、自分に気がある男に電話して『助けてお願い』ってアンタそれどういう了見だよって話ですけどねぇ。器の広い3代目、お願い聞いてあげちゃうんですもん。
 好感度UP・・・・なのはいいけど、お礼に(?)寝るなーっ

 その他、母と白川や社長夫人は次回の騒ぎへの布石だけでちょっと地味。

 義母ヒロコの不幸語りは今回も健在ですね。
 今は良い服着て豪邸住んでるんですよ。ピアノは息子にさせるなりして昇華すりゃあいいものを。いつまでもくすぶっています。これが生きるエネルギーなのかしら・・・。息子はあの話、もう何度も何度も聞かされてるんじゃないでしょか・・・・(^^;;;)
 室内3重奏を背に、てっきり鬼の形相で出ていくと思ったらはりついた笑顔だったのが怖いやら笑えるやら。

「瑠璃の島」3,4 ☆☆☆☆

 ウミガメは産卵するけど、ハブはいない鳩海島。

 瑠璃ちゃんがイイコで、島に養父母に馴染んできていて、海はエメラルドで、毎回見終わってとっても幸せであんまりかくことがありません・・・。

 突っ込むなら、石垣から来た子供達の色白さ??
その中の1人が鳩海島生まれで、自分が離され、結果祖父が孤独に死んだ島に居る瑠璃にむかついた・・・という告白はナルホドなのですが。
 書類を見て「おや、この子は・・・」とか、通りすがりに誰か「**の倅に似ている」とか、そんな伏線はナシですか? 当時はもっと人口多かったのかなー。サスガに全員顔見知りじゃあないくらいには。

 で、夜中島を抜け出そうとする坊主ども。
小西先生には迷惑をかけずに、自分で納めようとする瑠璃。
 でも知らせるべきだった・・・。

 落ちた穴から救出後、「そんなに私が嫌いなの」と見当外れなことを言いだす小西先生。こじれたらどうしようかと思ったのですが・・・抱擁。うんうん、言葉より行動。
 心配したから怒っているんだ、と瑠璃にもちゃんと分かりましたよね。

 小出しな川島情報では、車椅子だった本家川島氏:死にたがっていた模様。
ニセ川島氏が殺したワケでなく、自殺幇助か助けられなかったか、そんなところでしょうか・・・・。

 用務員夫婦に子作り強要の一方で、プーの彼女がつわり。・・・来週は、妊娠や不妊の話になるのでしょうか。
捨てられても同然で育ってきた瑠璃にとって、それってどんな意味をもつのでしょうか。

 瑠璃のお母さんも新しい男の子供を妊娠してたよね。
新しい結婚、新しい出産を前に、瑠璃の籍をぬいて、なかったことにしてしまおうとしていたバカ母。
「私だってお母さんの子なんだよ?」
と一旦は縋りついたのに、結局は笑顔でおめでとうって別れてしまう瑠璃。
 自分のことでは泣けないんだから。
誰かの為に思い切り泣いて取り乱してみたっていいんじゃないかしら。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ