ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「黒革の手帖」4 ☆☆☆

 出た!3冊目の黒革の手帖!! ギバちゃん’s。
このドラマも、西部劇みたいなBGMで展開分かり易!

 元子甘いよー、甘すぎるよー。
 まずね、大義名分があった楢林と違って、上客のギバちゃんをまっこうから強請るなんて、そんな店誰も来なくなって商売上がったりなわけだし。もちょっと裏から手を回すと思ったのに。

 店の娘も、百歩譲って金で抱かれてくれたとしてさ、「手帖はどうでしょう♪」なんて、犯罪の片棒を簡単に担いでくれる女が都合良く転がってるわけないじゃないの!!

 よしんば共犯じゃなくても。
別の女を気に入っちゃったら、ギバちゃんが買った「ロダン」のママはその小娘ってことだってありえるのにさ。変なところで性善説なんだから。
 ・・・・しかし、おかげで物語は更に盛り上がるわけだ!!ジャジャジャーン、オ・レ!!

 一枚上手のギバちゃん相手に、どう切り抜けるか楽しみ?。
 一晩の遊びで終われない、 意外にウブだった安島さんも、どう出てくるか楽しみ。
釈の、いっけいさんのリベンジはあるのか??あー、来週が待ち遠しい!

「大奥 第一章」6 ☆☆

 BGM分かり易すぎ(笑)

 笛吹:金子君とお万の君の不倫が観られるかと思いきや、立ち話をしただけの清い仲でとりあえず終わりでした。 まあ、自分より先にお手つきかも知れない男はちょっと・・・・ウソウソ(^^;;;)

 世のため人のため、と春日の局に言いくるめられ、自分が最後の犠牲になって『世継ぎを産む女』になろうと心に決める慈悲の人、お万の方様。
 お堅く育った人が、自分から誘うようなことまでするんですから粘っこく描いていただけたらさぞや・・・でしたが。まあ、そこはサラッと。
なにしろ、震えていたら「嫌がるおなごを無理強いなど」って家光殿、帰っちゃいそうなんですけど。絶対あれ口実だもん(^^;;;)

 しかし、そーなったらなったでジャマにはいる春日。
今度は町娘を拐かすつもりらしいですよ。 えー、お世継ぎ産むのに、京野ことみで、もとい町娘でいいの??

 拉致監禁のスリルがクセになったとしか思えませんよ、お局様・・・・・

「相棒3」4 ☆☆


 10年も籍を入れずに暮らしていた男と女・・・・つまり「内縁関係」の破局! 亀山クン、君のとこもじゃん!

 なるほどー。カメちゃんと美和子の関係を壊したことが、こういうところで効いてくるんですね。女優が、「紙切れ一枚で変わる関係なんて・・・」と言って、亀山に同意を求める辺り、観ているこっちがハラハラ。
 「花の里」で美和子ちゃんに出くわしても、カメちゃんだけが気まずそうで、可哀想です・・・・。小野田じゃないけど、彼はいつでも一生懸命だから応援したくなるのよっ。

 クビになった右京さん、家に帰るでもなく図書館でレクチャー受けてます。どこまで捜査が好きなんでしょう・・・。
 図書館で大声で。誰か記者でも聞いてたらどうなるの、鑑識さんお仕事は?と、これもまたハラハラ。
 それにしても、荷造りしたチェスだって、普通は家に置いておくものじゃないですか? 一話冒頭、なんだって深夜に職場でチェス?右京さんは警察署に住んでいる気がしてなりません・・・・・。

 でも、「特命係」は復活! ショカツで!! ええ????
 海音字さん・・・「世のため人のため」とかいいながら、絶対自分が楽しいだけでしょ(^^;;;) 相変わらず濃い竹中直人が、ぎりぎり相棒ワールドに収まってくれてます。

 そんなわけで、事件は脚本家旦那の構想通りに、本人を殺した女優とマネージャー。
 内縁なんだから、イヤなら別れりゃ良いだけなのに。殺さねばならない何が2人にあったのか。どうやってきりぬけるつもりなのか。
 その辺が来週・・・じゃなかった、再来週(涙)のお楽しみですね。

「新選組!」11/7 ☆☆

 朝鮮人参があんなに!!
よく瓶の中で液体に浸かっているけど生はみたことないですねぇ。

 近藤も土方も斉藤も、病人に見舞いだというと、処方も分からないのにとりあえず朝鮮人参(笑)それだけ当時ポピュラーな漢方で、かつ新選組のみんな直参でお金持ちになったってことですね。

 自分たちを見下す水戸藩家老を怒鳴りつけ、新選組が命を賭けてきた5年、貴公は何をなさっていたのかと問う近藤。後ろに控える仲間達。
 胸のすく啖呵でした。貫禄も付いて近藤絶好調。
 ・・・・なのにここで、撃たれてしまうんですね。出る杭は撃たれ・・もとい打たれる。龍馬しかり。

 沖田だって、療養中だのに命を狙われているそうです。
「いざというときの抜け道」を、ちゃーんと用意しているお考ちゃん、偉いじゃん!でも、その穴に病人突き落としちゃ駄目だし。 おまけに、自分が蒲団かぶって沖田のおとりになっちゃますます駄目ですよっ。蒲団ごととりあえず斬られてたら、どうするんですかー。

 出来るだけ、楽しいことを考えようとしていますね私(^^;;;)

「貴方のようになりたかった」と、もう過去形で語る沖田が哀しいです。受ける斉藤の台詞も素敵だった。三谷さん筆が走ってますね!

「ミステリー民俗学者 八雲樹」4 ☆

 うっそー、また死んじゃったよぉ。しかも動機が勘違いの犬死(涙)

 TVのミステリーには、『この人がちょい役な筈がない』と、配役で犯人が当たってしまうという哀しい宿命が御座います(^^;;;) それもあってまあ、興味は八雲の謎解きと犯人の追いつめ方だったわけで・・・・・・・。
 冒頭の猟銃、あれを誰が構えていたのか見せたシーンはショッキングでした。(そりゃー、記憶も無くすわ)ああいう事故は、いくら銃と弾丸は別に保管しろと指導しても実際なくならないし。

 しかし、そこに至る八雲の思考は、推理というより妄想じゃないですか。・・・当たっちゃってたけど(^^;;;)

 まずは森の小屋で、槍の行方をご披露。
 このトリックが実行可能かどうかよりも、その小屋から次の解説会場:牛車前まで、犯人が逃げたり刺したり暴れたりせず、黙ってついて来てるのが変すぎますって。

 それに、彼が立ち聞きしてしまった悲劇の瞬間・・・・あれ、八雲とラブラブだったんですが、そこはスルー? バレたかどうかの方が大事だった??

 実は、一番の誤算は彼女、かぐや姫さんが本当に純真無垢な天女だったことでした!
 八雲への好意、ああもあからさまにみせられたら、何か企んでると思うじゃないですか?。ああ、私汚れてるのね(^^;;;)

 友情がウソだった、と知らずに死んだ彼女は幸せだった・・・・のかしら。激しく後味悪いです(涙)
 クールに見えたのに、最後泣き崩れる八雲は可愛かったのですが・・・・。
八雲が身代わりでかぐや姫の仮装をして、最後の殺人を防ぐ ぐらいお気楽じゃ駄目なんでしょうか?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ