ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「南くんの恋人」9 ☆☆

 わーい、やっぱり悲鳴でパパとんできたよ(笑)

 野村さん、ちよみをペット扱い(それとも虫? ^^;;;)
 そんな姿で気を引くなんてずるい、とか言ってましたけど。別にちよみが計画してそうなったわけじゃないんですってば。
置き去りにしようとする場面では、久しぶりに脆い存在なちよみに見えました。南くんといる普段は、小さくても女王様だもんね。

 夜の公園(?)、同じ大きさになった影で遊ぶ南くんとちよみは可愛かったです♪こういう切なくて可愛い場面をもっと入れて欲しいし・・・・それこそ、誰か通りかかって
「今ここにちよみちゃんが」
って発展してほしいんですけど。
 マフラーの柄で色めき立つ先生。昔ちよみが編んでたのと同じ柄だ・・・って、無理あるもん。覚えてる先生のちよみマニア魂(TVチャンピオン並)にも脱帽だし、ちよみはちよみで芸ないぞ。

 南パパは相変わらず奥さんラブラブ、恥ずかしいぐらいです。
あれみて思春期のむすこが「結婚しない」とか言い出すのは、かえって分かる気がするんですが、ダメですか。
 で、なんでもお見通しのスーパーママさん。南くんの机の上に、ちよみの使えるものをこっそり置いていってくれると面白いのにな。リカちゃんの新しい服とか。食器に使えそうな要らないものとか。(「床下の小人たち」みたいに!)

 来週(あ、もう今週)、ついにおじいちゃんとご対面か??

「バツ彼」9,10話 ☆☆☆

「章子が好きなのは、アナタよ恭介さん」
カラーンと、なにか取り落とす音(笑)
だから、聞かれちゃマズイ話は玄関先でしないでって(^^;;;)

 子供をダシにされ、気乗り薄でデート(デートか?スイミングスクール見学が??)していた章子もさすがにキッパリとお断り。
 だよねー。
 章子の行きたいところに連れていこうって姿勢がかけらもないもん。それを言ったら、4人とも行動範囲はメッチャ狭いんですけど。

 子育てを意識したとたん、陽平がいい感じに見えてきたらしい真矢ねえさん。”会社のただの後輩”も積極的に迫ってきます!!なのになー陽平ったらなー。
「昔からあいつは。自分を好きになる女には興味がないんだ」
そして、恭介を好きになる人ばかり好きになる(^^;;;)難儀な人です。

 逆ギレ陽平に殴られても難癖つけられても、ひたすら耐える恭介。
そりゃ、まともに話し合える状況じゃありませんから、上がりこんでくる方が間違ってます。
「お前と友達になったのが間違いだった」
とまで言われた恭介の哀しそうな顔ったら。ダメだよ、また絶交してもお互い友達は他に天野っちしかいないんだからー。

 「人間の証明」より一週早く始まって一週遅く、12話あった「バツ彼」。
来週、陽平と後輩さんがどうにかなった挙げ句にどこに着地するんでしょう??
離婚した男の女性遍歴よりも、男同士の盤石の友情に焦点があったような気がするんですけど??

「逃亡者」8★

 あんたたち、喋りすぎ!!
倉庫につくなり長電話。それも過去バナシかいっ

「息子はどこだ??」
が、第一声のセオリーってもんじゃないですか。
それがりく君のコトはほったらかしで、いかにも”峰島が本ボシでした?”な流れ。危なくテレビ消しちゃうとこでしたよ(^^;;;)

 峰島の、永井への恨みがつのる過程はなるほどでした。
当時りく君が一才。その息子が殺されても犯人を許せるか?と訊かれて
「出来ます」
って、ええええええ???もっと悩めよぉ。その前の、電話に向かっての
「彼は死ぬほど悔やんでいた」
も、言葉の選択がメッチャ不注意・・・・・・。
 それに、いくら保護観察期間が終わったからって、少年に翌日電話して、会見の首尾を訊くぐらいのことは出来たのでは。結構イヤな奴で無責任だぞ永井。

 さておき、そんな2人が罠に気づき、協力しあうまでの過程もぜーんぶ会話。どんどんと説明台詞。
もちょっと、沈黙と背中で語っておくれ・・・・。
 本筋じゃない峰島家の悲劇なんか、じっくり描かなくていいんだから・・りく君がかすんじゃったじゃないですか。 もとい! もの凄く重い問題なのに、ペラッペラ語られると、かえって軽くなっちゃいませんか?
 峰島と永井の確執は、これだけで別のドラマにして、よそでゆっくり解決して欲しいと思いました。

 今はもう、人の親になっていた元加害者少年。峰島が、自分でなく永井に復讐を計っていると知った心境はいかばかりか。
 彼が今度こそ罪に向き合って。峰島に謝罪に行く・・・・そこまで描いてくれるならいいのですが、本筋から更に外れちゃうしねぇ。

 さーて来週が最終回か・・・・
(追記: ↑って書いたんですが、全然違いましたよっまだあと3回もあります!!)

「人間の証明」9 ☆☆☆

「お前はいつも五月蠅い!」には拍手喝采(^^;;;)

でも、棟居の父が殺されるきっかけを作った女=こおり恭子だった! ・・・は、やりすぎでしょう?!!どんだけ世間狭いんですか??

 ただ救いは、刺青男の時もそうですが裏付けがないことです。棟居独りの思いこみとしてなら、そう見えるのはアリかと思います。(次回冒頭のナレーションではきっと断定口調だとしても)

 恭子の娘の言葉「おかあさんを助けて」から、ジョニーの行動を考え直す棟居。
刺されてるのに・・・・お母さんを守るために必死で遠くに逃げて、必死でパスポートを捨てて。ジョニーったらなんていい子なの(><)
バカ息子や棟居には「心がない」と言われている母なのに、不思議に慕われていますね。どうしてなんでしょう。

 多分、実の母も火事で殺しているこおり恭子。ついに逮捕でしたっ。
金田一ものだったら最後に毒あおりそうな堂々たる悪女ぶり。さて、どんなラストに締めくくってくれるんでしょうか・・・・。
 棟居くんは、本読んで可愛い奥さんと暮らせるようになるんでしょうか??
 愛人と本夫コンビの行く末も気になります!!

「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」 ☆☆☆

 いや〜気軽に面白かったです!
 でっかい忍者のほっぺのうず巻きも
変な言葉遣いも大量宣伝で慣れちゃったでござるよっ

 小学生ケンイチの家に居候を決め込み、こっそり食事をしようとするハットリ君。
「ごはんはどこでござるか?」
炊飯器なんてみたことないもんね(笑) 挙げ句、家電があっちでピーこっちでカタカタいう度に大騒ぎ。こういうゆる〜いギャグを、ちゃんとオーバーアクションで盛り上げてくれる香取ハットリ君でした。

 ケンイチ君の家って、お母さん(戸田恵子)はずっとビーズ細工(^^;;;)しながら長電話、パパ(浅野@「HR」鰐淵さん)はお仕事、会話ないんですよ・・・。そして友達もいないの。
 そこに現れて「ずっと一緒に居てくれる」ハットリ君ってとても大きな存在かもと思うのですが・・・ま、そんなシリアスには当然描写されてません。

 忍者マニアの東幹久刑事が面白かった・・・けど、別に捜査には役立たなかったよね、あの知識。

 ケムマキ先生も格好良かったよ?ん(中身はゴリエなのに?っ)
 ただ、彼自身も黒忍者のターゲット”元甲賀忍者”なんだから・・・・・似顔絵で納得するんじゃなく、友人の元忍者が襲われて気づく、とかして欲しかったんです。子供には、あの似顔絵の方が分かり易かったのかなー。
 目の見えないお姉さんの描く似顔絵って何かな。そういうところは突っ込んじゃいけないのかな。

 西村さんは、汗っかきの捜査本部長さん♪少ない出番のなかでフル稼働ですよっ
 驚いたのはクサナギくんの役どころでした。あれ、あのサラリーマン『社会にとけ込んでる」っていいますかっ、メッチャ浮いてませんかっ(文字通り ^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ