ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「愛し君へ」 ☆

「眼科の先生から連絡が」って、時任先生。貴方は安曇さんの何?実は家族??(笑)

 お茶の間でも、あいかわらず声高に失明話。もちょっと四季の家族に気をつかえっちゅーの。でも逆に、幼児の前で不用意に失明の話をしてしまう・・・のは、リアルなのかも。
 そして安曇さんの事情を知ってしまう子供達。
「見えなくても伝わるお礼」に、唄を選ぶなんて配慮、病棟の子供ならではよね・・・・と泣けそうなのですが、季節外れの「さくら」しかも直太郎バージョンはいかがなものかと。ここは可愛く童謡にして欲しかったなぁ。

 それより何より、元カノ来たわ!!
「別れたことを後悔してるの」
「私だけが貴方を支えられる」
私としては結構やったーって場面だったのですが、安曇さんたら応対が冷たいの。動揺もせずに冷笑。そこまで四季にぞっこんだとは知りませんでしたよ。というか、結構恨んでるのかしら・・・(^^;;;)

 彼女の物言いも良くないです。
仕事辞めるから24時間一緒・・・はいいとして、パパに養ってもらいましょう♪なんて提案は大人として変すぎる。

 でもそれをいうなら、安曇が失明=四季が医者を辞める と言い出す周囲も変すぎる。
家計を支えるために結婚退職が出来ない・・・んじゃないのかい。

 今ひとつ、安曇の心の揺れが分からないまま、予告では元カノとよりを戻してしまいそう。それならそれでいいじゃんって 気がします。

 結局一番泣かせてくれるのは、亡き妻を想い愛娘の幸せを願う、米屋パパ。

「離婚弁護士」8 ☆☆☆

 今回も堪能。

 娘が不倫?と聞いて、即座に全面否定できるってお父さん凄い。
「そんな娘じゃないんです」
その信頼だけで泣けてきました。娘の立場だったら困り果てるのも分かるんだけど。(だから内緒にしてたのに。誰だよファイル本棚に入れたのはっ!)

 そんなわけで、心は上司を想っていても離婚成立までお泊まりしなかった娘さん、偉い!パチパチパチ なのに「した」ことより「しなかった」ことを証明する方が難しいのが不貞疑惑。
 何月何日に何したとか家にいたとか、よくもまぁきっちり覚えてますよね。それに、証拠になるレシートをいちいち宿泊からレストランから持って帰って、妻にみつかっている上司さんも上司さんですよー。

 アリバイのずれに、だんだんと他の女の存在が匂い初め・・・・職場に殴り込んできた奥さんに、他の女がいきなり頭さげちゃうところ秀逸♪

この辺の苦しい女心を戸田菜穂が、娘可愛さに証拠を探して
「行ったのは他の女だよー!!」と、喜々として地雷を踏んじゃう父親を津川さんが好演でしたわ?。
 新幹線での父娘の心の交流もステキ。

 それなのに、あのラストの爆発は謎です。窓ガラス割る位じゃダメなほど、親子愛描くのは恥ずかしかったんでしょうか?。

「ワンダフルライフ」 8☆☆

 いやんこれ、反則(><)!

 ホントにホントに真也くんが死んじゃったよ〜ぉぉぉ
最後のおねだりがバットですよ。
ビデオに残ってた挨拶が「来年はバッターボックスに立ちます!」ですよ。
 更には遺品になったバットを持って
「真也も試合に連れていってやって下さい」と頼むお父さん。
試合後の記念写真に、そのバットを持って映る翔平くん。
 どれもこれも、泣かないわけないでしょう〜ぅぅぅ。

 体力資本の桐島、他人の健康を気遣うのは得意じゃないようで・・・・死なれた今になって真也くんに無理させてたことに思い至ります。
 そういえば怪我じゃないのに車椅子、”そうか歩く体力もない病人だったのか”と私も今更気づきました。だって元気そうだったもん。

 別に死なせなくても、危篤でいいのに。
 ICUで意識のない真也くんに、地区大会優勝を誓う子供達・・・・でいいじゃないですか。
真也くんが生きていてこそ『勝ち進めば真也が応援に来られる』ってがんばれるのになぁ。お父さんも『真也が来年はここで』と思えばこそ開発を止められるのになぁ。

 本大会一回戦ジャガーズの大ピンチ!客席から野次が飛んだと思うとそこには、回復した真也くんの姿・・・は無理か。
 じゃあ、意識の戻ってきた真也くんのうわごとの通りに、奇跡の名プレーを繰りひろげるジャガーズ達!!ってのはどうでしょう?。もち、スローモーションで!泣けますよ!(私が・笑)

 帰ってきて真也くんに報告。負けててもいいよね。
「ダメだなぁ、僕が居ないと」って真也くんの棒読みな減らず口が聞けるから。

 妄想大爆発です。死ななかったことにしたい。
来週がまた、成績がどうとかの、どうでもいい話になりそうなだけに。落ち込み

「愛し君へ」 7☆

 前回、空港で初めて抱き合って。・・・で、結婚??
さすが、大人の恋愛は決断が早いわーと、「オレンジデイズ」と並んでみてるからよけいに思います(^^;;;)

 ていうか、”支える=結婚”なんですね。
 病気云々は脇に置いて、一緒に暮らすって言うのは愛とは違うものさしが必要だったりするんですけど、その辺『愛は盲目』?(ハイ、座布団一枚取って?)

 東京で、引き払った筈のマンションに戻ってきている安曇さん。
 同じベーチェット病の患者さんに会って、帰り道ずっと目をつぶって四季を頼りに家にたどり着く、という場面はとても美しかったのですが、そこがあのマンションだなんて。
 いつ元カノがヨリを戻しに合い鍵で入ってくるのか、ハラハラしちゃいましたよ。・・・考え過ぎですねぇ。
(それから四季ちゃん、階段では手すりにつかまらせてあげてね。)

 お父さんに会って、結構気に入られて、病気のこと言おうとしたのに言えなくて。
伊藤美咲と娘が、このジャマの為にだけ居たのか?と思うとなんですが、お父さんが自分から調べて病気のことを知るという展開はやっぱり盛り上がるモンねー。
 良く病名覚えてました。お父さんエライ!!

 そして・・・いいなー。小児科医と同居の子育て。

「新選組!」5/30 ☆☆

 わー、竹なんだ。(隊旗の竿)

 浅黄色の隊服と並んで印象深い「誠」の旗。これがまさか試衛館の「試」に似てるから、だったなんて(笑)
 方向音痴キャラ照英の
「(腹痛の時は)食べたモンを思い出して、一番先に浮かんだのが・・・」
と並んで、三谷さんらしいくすぐりだな?と笑って見てました。
 あとツボは、本当にメチャクチャ肌が美しい土方さん(エステ行ってる??)と、ヤクザに「いっしょに行って・・・謝ってやる」と言い切るぐっさん。

 で、相撲取りと喧嘩ですよ鴨さん。道をふさいだぐらいで殺し合いって、もう殿方にはつきあいきれませんわ・・・・。
 せっかくの、「小兵ながら技が面白い」まさに舞の海な関取だったのに(^^;;;)
それにデブ斬ると、脂肪で刀が鈍るとかいいませんか。

 初めて人を斬って、なんだか嬉しげな沖田は怖かったです。
近藤の初めての時とは大違い。
相撲取りの通夜に行こう、という姿勢も流石、真っ直ぐな近藤です。・・・それがいつどこで変わるのか、真っ直ぐなまま逸れていくのか、見たいような見たくないような。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ