ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

映画「いま、会いにゆきます」 ☆☆

 ・・・悪い女に騙されている様にもみえる(^^;;;)

 やっと見ました映画版(2005/12)
これをきっかけに結婚する主演ふたりと美しいひまわり畑。うーんロマンチック。

 2時間にぎゅっと凝縮されて、時間軸のほころびは変わらないものの分かり易さ入り易さではなるほど、こちらの方が上かも知れません……という具合に、どうしたってドラマと比べて見てしまいます。
 澪の母が出てこないことと、診療所の先生(小日向文世)は映画の方がしっくり来ましたが、澪が後を託すのはドラマ版の様に、親友にの方が自然かなぁ。

  ドラマの巧@成宮くんの中性的でいかにも無害な見かけと比べると、映画の巧@中村獅童はそりゃ、男臭くて挙動不審。いくら子供もいて2人きりじゃないとはいえ、記憶のないまま泊めてもらうなんて結構勇気いるかも。
 そして気の強そうになった澪@竹内結子(笑)。
ちゃんと回想シーンの少女も似たタイプになっていて
『いつも何かに怒っているような』
の解説に大ウケ! だよね、だよね~。

子役とのキャスト入れ替わりのタイミングも違っていて、初々しい初めてのデート、ポケットの中で手を重ねる同じあの場面が……映画では20代後半の人達でだったのは困りましたよ~。2人とも、そんなことでためらう風に見えないのよーっ

  でもその分キスにはドキドキしたし、6週間の再会の間にちゃんと2人、結ばれているんですよね~キャーっうん、これはポイント大きいかもしれない。


 そして帰還後、自信満々であいお君を呼び出す澪。ぷるぷると震える、子ネズミみたいになってる巧(^^;;;) 

下世話な話、この時点でキスもしてないハズの2人。巧君童貞だろーなとか思うと、いかにも世慣れた竹内結子に見事はめられた気がしてしまいます。

 8年後可哀想にも死んじゃうのはそりゃ澪だけどさ、コブ付で配偶者に先立たれる巧君の運命もやっぱり可哀想で、しかも彼には選択の機会が無い!!


  ゆうじが大人になって届く、多分澪からの最後の誕生日ケーキ。

和やかな食卓を準備する2人。素敵なラストでしたけど・・・20才の澪が別の選択をしていたら、別のお母さんと3人でいられたのかもしれない。

こんな、ドラマ版で思わなかったひどいことを考えてしまうのは何故でしょう~。


 初めてのデート後のやりとりが少なくて、都会の大学で暮らす澪@竹内結子が、田舎でくすぶるあいお君を好きでいるとは全然思えなかった為でしょうか~。


「相棒4」 拉致監禁 ☆☆

「荒唐無稽だけれど、面白い」 右京少年の小説 そのまんまですね(^^;;;)

 拉致監禁される亀山クン。
何事かと見守る間に出てくるカード出てくるカード、ありえないこと甚だしくて・・・嬉しくなっちゃいました!!
 死体ゴロゴロ転がってるし。
亀ちゃんが誘拐されたの、右京さんのウソのせいだし(笑)
地下の金庫を暗号解いて開けたら、金塊だってよ!! ゲラゲラゲラ
で、そっちのウソも右京さんのせいってどれだけ偶然ですか!!

その他、女子中学生と歓談する右京さんもレアなら、右京さんの物真似する亀ちゃんもレア。

 今日初めて観た人は呆然だろうけど、ファンにはこの嘘臭さ、たまりません(^^;;;)
それでいて、犯人を特定していく過程は地味なのよねー。指紋、赤土、通り雨。『インテリ(1名除く)失踪事件』。捜査一課、鑑識さんとのいつものやりとりも大満足でした。

 特命係=杉下右京 と報道されてむくれていた亀山クン。そういえば、彼は結構手柄志向だったんだっけ。
「ふたりで特命係ですよ」
となだめられていましたが、ここは、右京さんが和製ホームズなら亀山クンはワトスンくんじゃないんでしょうか??
 自ら巻き込まれて大事件を解決する、それも天分ですよねー(イヤでも、間違われたのは絶対右京さんのせいなのに!黙ってるつもりだよ、腹黒いですねー)

 カネを愛するいかれた女を、いつも厚化粧サトエリが好演。
そして、人を殺せるほど惚れた女より ファン魂優先なキューピーくんも素敵なキャラでした。

「1リットルの涙」8 ☆

 この展開、口惜しい。
 亜也の演説、意地悪してたヤツらの心にはきっとちっとも届いてない。
今日明日に事故にでも遭えば、自分だって移動に介護が必要になる。そんな視点を是非入れて、我が身の事としてガツンと反省させてもらいたかったのに!

 セオリー通りにお涙ちょうだいで。新学期からは邪魔な亜也ちゃんは過去の人 ・・・これのどこが自発的な選択なんですか!

 とうとう来ちゃいましたよ、お友達が音を上げる日が。ああ、見たくなかった。
それと同じぐらい亜也の立派な演説なんか聞きたくなかったし、唐突な歌声にはゴメン、吹き出してしまいました。麻生くんはともかく、他のクラスメートは追い出したも同然なのに唄うか?

 でも土台、毎日同じ友人が介護するのが無理無理。
亜湖が、来年入学できたら自分が・・・・と申し出る場面は素敵でしたけど、結局家族友人だけに負担がかかるのは同じじゃないの(そして、何もしないヤツらが何故か文句をいうのよね)
 舞台を現代に移したんだから、支援費制度を利用して週に一度でも二度でも、せめて学外の模試の時ぐらいガイド(外出)ヘルパーがつきそうなり!障害者手帳については福祉法まで暗唱したママが、公的支援をきちんと利用しなくてどうするんですかー。タクシー割引だけじゃないよ福祉は。

 もちろん、麻生くんの
「おまえらズルイ」もイイ場面で、彼が自分こそズルイのだと吐露するのには、不幸でまっすぐな若者達をなぐさめてやりたくなりましたが・・・・。もっと早くそれを言わなくちゃ。
 まさかこの後、麻生君は登場しないのでしょうか。

 ラストの、日記の言葉
「いかないでって引きとめて欲しかった」
円満な優しさに包まれて、でも誰も行かないでと言ってくれない・・・・その哀しさの方が、長いホームルームや演説よりもずっと心に残りました。

「あいのうた」6,7 ☆☆☆

 愛の告白と一緒に余命の告白 片岡さん。 愛ちゃんじゃなくても イヤだぁ ありえない(><)

 生まれて初めて、幸せ なのに。
生まれて初めて、こんなに誰かを好きになったのに。長くはないなんて。

「笑顔を見せて」と言われて逃げる愛ちゃんでしたけど、戻ってきた最後には笑顔で、それも今作中では初めて見せるピカピカの笑顔だったのでまた泣けました。

 えーと明るい話をしようっと。
 柳沼君と相談娘!
ちょいキャラだと思ってたお姉さんが、どんどん膨らんでいい感じですよね。切ない片思い。でも好きな人が幸せそうなら、まぁいいか・・・・・って愛ですから!
 似合いの2人って気がしてきました。

 房子さんの場面も毎回ほんっと好きです。
「気を引くために家出して・・云々な 愛ちゃ〜ん」って丸ごとあらすじ説明台詞なハズなのに、アリだよね!食事の場面も大好き。大事なお友達。
「ドラマなら」
片岡さんが好きになるのは、ナルホド亡き妻の親友って定番なのにね。
で、柳沼くん狙いなわけですが・・・・意外なもう1人小日向さんとくっつくってラインもありか(笑) 

 その小日向さんも毎回笑いどころのハズですが・・・今回は落とし物から病名を知ってしまったらしいです。でもだからって、どうしてこういう時だけ
「知ってるのボクだけ」
を楽しまずに皆に教えちゃうかな。その上で知らんぷりして笑おうって、無理すぎますよ。

 それに。
クスリ返そうよ!アイタタタ(><)

「熟年離婚」6,7 ☆☆

 正式に離婚して、主人公の生活やっとカタがついたと思ったら・・・・長女夫婦の騒動です。

 自分たちが離婚してるのに、オマエはするなってそりゃ、説得力ゼロ。
かといって、さあしろすぐしろな松坂ママにも首を捻りました(あそこまで強く言われるとかえってひるむ、という計算ならさすが母親??)

 そんなわけで、善三さん浮気。
 西村さんは素敵だから、若い娘が惚れたのはわかるし(^^) 家庭での尻に敷かれっぷりも見事でしたので、浮気の動機もまぁわかります(^^;;;)
でもてっきり一回の火遊びを、これからするのかと思っていたのに・・・深い仲になって結構長い様でした。おやおや。

 妻の両親が離婚バトルで、女性問題があるなし言ってた時の善三さんはどうしてましたっけ?不倫してたなら精算するタイミングじゃないですか。それがウキウキと密会って。
 この辺の無神経さや、『妻のボロ鞄』『愛人に新品』という露骨な対比、堂々事務所に迎えにきてバレるという粗雑さは品が無くてどうかと思います。・・・・女が奥さんとバトル希望だとしても、そう決心したきっかけぐらい欲しいじゃないですか(普通は妊娠だけど、そのカードは次女で使っちゃってるしね)

 で、バレたら即お別れしたのに、押し掛けてくる浮気相手。
いくら西村さんが素敵でも(大事なので2回いいました ^^;;;)、ここは渡パパにアタックの真中瞳と同じくらい思ってしまうのが
「どうしてこの人なの??」

 ついでに善三さんの叫ぶ
「お前じゃなきゃダメなんだ」も、軽いわー。
普段ボロクソ言われてたけど、お弁当にはいつも気遣う手紙が添えられてたとか、靴だけはピカピカに磨いてくれてたとか、何か、何かないんですか、愛が!!!

 役者萌えでスミマセン(^^;;;)
でも、こういうところを細かく描いてこそ、不倫は無くても壊れてしまった親夫婦のありかたが見えてくるんじゃないでしょうか。子供が泣いたから復縁、じゃそれこそ成人したら離婚じゃん。

 見ていてつまらないわけじゃないんですよー。身近でも結構話題になってます。
でも、高視聴率のワケはドリームですよね?

 お仕事順調な松坂ママ。留学を勧められたけどお断り!!
義母の入院先まで追いかけてきて、君には才能がとか口説いてる社長!
そんなわけあるかい、とついツッコミたくなるんです。でも仕方がないか、離婚の理由だけじゃなく現在までリアルだったらお茶の間で見られないですものね。

 長男長女の家庭が治まって、来週からやっと次女問題本腰の様です。
その順番もおかしいと思うわ。妊娠ってもっと大騒ぎじゃないの??
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ