ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「エンジン」8 ☆☆

 風の丘ホーム、涙の解散・・・・かと思ったら、子供達泣きません。

 ずっと泣き虫だった小雪先生も、
「一番泣きたいのは子供達なのに」と過去の自分を反省。別れじゃなくて出発なんだから・・・と涙を封印して笑ってお別れです。

 でもね。それで本当にいいの?・・・とばかりに、次郎が泣きましたよ!

「子供なんだから泣けっそんなに早く大人になるな」
いやもう、次郎にしか言えない台詞です。イイ奴だなぁ。

 小雪や堺雅人じゃ引き出せないモノを次郎なら子供達から解き放てるんですねぇ。だって先生じゃないから。

 全体を見ると、ホーム存続に手を尽くしたとは全く思えないし、監督との会食は夕飯にしてもらえば充分間にあったし、穴だらけなんですけど、まぁいいです。
 次郎の涙にはカタルシスがありました。

 直球で皮肉いいまくって去った堺雅人も良かったなぁ。
 終盤、
「大事なことには最後に気付く」
という小雪のセリフ。最終回で恋に気付くような伏線でしょうか??地味だけど、ひっかかるセリフだったので深読みです。

「球根」 ☆☆☆☆

 またまたインパルスのライブ♪
立て続けに2回見ちゃいました。思わず声出して笑っちゃったりして、いや?楽しかったです。

 9個のコントで9コン=球根。このひねくれ具合も嬉しいコント集。中身もいい感じにひねくれてます(^^;;;)
 「エンタの神様」で見てたネタも半分あるのに、そういうことは全然気になりませんでしたね。そっか、面白かったらいいんだ、何度見ても。(それとも、違いが際だたないほど同じだった?)

 コントとコントをつなぐブリッジ映像は、もちょっと短くしてほしいです。

 以下、思いつくままそれぞれについて。
続きを読む

「汚れた舌」7,8 ☆☆☆

 心筋梗塞の原因は「過大なストレス」って・・・あの食事会だよ(笑)

 夫婦親子不倫の恋人、勢揃いしてるその席順がまた修羅場で
「ヒトを呪った一生でしたから」
なんて言ってた人がその晩急死よ?驚くより納得しちゃいそうです。ああ、刺されたんだなって(自然死なほうがびっくり・笑)
 いやー、今回凄かったわ。

 千夏のウソがお母さんにチョンばれた前回も凄かったんですけどねー。どうも、杏梨で冷めてしまって。だって、自己分析してるんだもん。
「千夏さんの服についた血の染みが、苺の形をしてたの。だから苺は見たくない」

普通、”どうしてそうなのかわからないのに止められない”ものじゃないかなぁ。
分かってるならヤメロってば(^^;;;)
 それにネットの中傷で客激減て(笑)
大手の「富士」は、ああいうところチェックしてても理解できるけど、ご近所で花買おうってひとは見ないよそんなもーん。

 でもソレを言ったら今回も、5秒前まで唄ってたヒトが心停止しても、電気ショックでもマッサージでもなく「ご臨終です」な医者、ありえないんですけど…。

 まぁ。いいや。
だって葬式での鉢合わせが待ち遠しかったんだもーン!白川殴るわ、杏梨が不作法だわ、期待通りでしたよーん!

 そして、葬式の手配から出棺まで、親戚でもない副社長に手伝ってもらってたくせに、一夜明けたら結婚を思いついて白川の元へ走る千夏。
 断られていーい気味だぁ!!(鬼)

 そうそう、糸切りバサミに自分の舌を挟む千夏。
あれって、握ったら切れちゃうんですよ?なのにタックルかます耕平に仰天でした。キケンだろ!!撮影用は刃を潰してあったんでしょうか(^^;;;)

「離婚弁護士2」8 ☆☆☆

 ガチャガチャ欲しいなら秋葉原行って、箱買いでも不要キャラ引き取りでもなんでもしてもらって!!
でも、それぞれ似たキャラひいて来てるのは可笑しかったです(^^)みんな何度も試すのよね、あのドス効かせた声の佐伯弁護士の為に!優しいよね。

 子供の絵、母親の佐伯が何を言おうと、一瞬たりとも彼女を描いた様には見えませんでしたよ。だってダークスーツじゃないんだもん(爆) なのに決め手がね、「時計が左手」??自分の右手も左手もわかってない保育園児が、そんなこと気にして描いてるもんかーい!

 とりあえず、親権取り返しは断念したものの、面会は確保できて良かった良かった。「鬼の涙」で1人泣けて、良かった。いつもすいてる店だよね。
 娘さんも無事、大好きな動物園にいけて良かった良かった。

・・・・そうか・・・子供が3人いる家は動物園なのか・・・ひとりっこ家庭の寂しさが身に染みる表現でした!

「空中ブランコ」 ☆☆☆

 阿部ちゃん、貴方がそれで幸せなら。

 デビュー当時の美形大根っぷりはどこへやら。今や変人=阿部寛という安定感すら漂わせる、阿部ちゃんの変態医者っぷりでした。よっお見事!

 大病院の跡継ぎなのに、モテない色ボケ精神科医伊良部一郎。

「世界中の男が私を狙っている!」と自称女優が言えば
   「そうだねぇ、可愛いモンねぇ」とブランド品を買い与え

「あいつがワザと俺を落とすんだ」とプランコ乗りが言えば
   「わーい、僕もやりたい!」と空中ブランコを始め

どうみても被害妄想だろう?なんて無粋なことは言わないわけです。
後半、ちゃんとわかっててコレをしている様なセリフもあってちょっとがっかり。全部天然ボケの結果だったらもっと素敵なのに!
・・・・ただ、本当の患者さんの手前、本当の治療効果は気になりますが・・・原作が直木賞とってるぐらいだからその辺は大丈夫、なのかな? 

 無駄に色っぽい看護婦:釈由美子。孤立するブランコ乗り:堺雅人。
先端恐怖症のヤクザ:遠藤憲一 に依存症のヤクザに・・・・ストーカー対策にがに股で歩いて鼻ほじっちゃう女優:佐藤仁美もいい感じ。脇がかっちりいいお仕事してました。

 オチは、絶対こうなるぞ!を見事にそのまんま。
 新たな驚きはなにもないけれど安心して楽しめる2時間でした。連ドラになっても不思議じゃないですね。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ