ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「カラフラブル ジェンダーレス男子に愛されてます」1 ☆☆

 無理無理〜!とツッコミ入れながら、1話ぐらい最後まで見るかと耐えていたら案外楽しくなってきましたw  原作の力なのかな。

 ヒロイン和子(わこ、吉川愛)は、とにかく美形が好き!美しい(=女性のような)男性に見つめられたい!でもマンガ編集者の仕事では、一般ウケやセオリー優先にすべし!と指導されてモヤモヤ。
 そんなある日、高校の後輩周(めぐる、板垣李光人)に再会。いじめられっ子が美少年スタイリストになっていた上に、和子を熱愛??

 高校時代、揶揄われる周を和子だけは「可愛い!」と褒めてくれて今の自分がある、と。化粧もレディス服も堂々と着こなし、裁縫も上手な周に、和子は女子力で完敗ですorz それでいて「和子さんは僕のヒーロー☆」と持ち上げられて、現在の我を曲げている自分との差に戸惑い…。
 ついに会議で『いろんな漫画があっていい』と発言した和子は、以前没にした漫画家にも謝罪。美形だらけで意味不明(上司談)な作品が好きだった!と毅然と告げます。

そして周にも「同担に」「顔新規です」とオタ用語で告白?? 訳すと、顔から好きになったので
「もっと周くんのことが知りたいです!」
ですって!良いじゃ〜ん!
「ラブコメの掟」と同じく漫画関係、交際お試し期間でも、こっちはちゃんと恋が始まってますよ!!

 冒頭、「美しすぎる〜」の連呼に
ほぼ女=美しい  も
板垣李光人=美しい も
共感できずに困っていたのですが、それが性癖という多様性の話なら納得!全女性が男は身長180cm以上じゃないとだの、身長差は13cmがピッタリ☆だの言ってるわけじゃないんですよ!
キラキラ少女漫画の作者が、小太りで普通の男性なのもナイス多様性。少し前なら、漫画家も周も美形ゲイ設定になったのでは…。いや、そうなるとBLでジャンル違いになるのかな??

 脇で、俺様人気モデルキラ(桐山漣)も恋?
キラのワガママに苦言を呈した編集長(水野美紀)45才に壁ドンで迫ったら、腹に拳ぶち込まれて拒否w「面白い女だな…」って古いぞw

 ちなみに雑誌で撮影され、グッズが和子の部屋を埋め尽くすのは「有吉の壁」KOUGU維新! 刀剣男士みたいな扱いで笑いましたw
編集部の嫌な上司にはおいでやす小田、キャスティングわかってますね!

 ヒロインどこかで見た…と思ったら、成長した吉田里琴ちゃんでしたよ!頑張れ!

「ラブコメの掟 こじらせ女子と年下男子」1☆

 確かにあふれる少女マンガ感!これで原作なしオリジナルドラマとはびっくり&栗山千明は美しいですけども💦 な〜んかマンガとマンガ好きがバカにされてる気がする…。

 美人で有能、パーフェクトな九条瑠璃(栗山千明)は、恋愛相談でも頼られまくりの恋愛マスター! その実はキスも知らずに、大好きな少女マンガの知識を答えているだけなのでしたorz
 それが後輩のパーフェクト男子間宮亮(小関裕太)にバレたのかも。周囲にもバラす?脅される?とガクブルで呼び出されてみたら、恋愛相談。すぐフラれる僕の何が悪いのでしょう…
 だったら守備範囲、と気持ちよく語って酔い潰れた瑠璃w  目覚めたら年下くんが部屋にいて!お付き合いして『教えてあげる』ことになっていました〜!

 ああ、はいはいw 
人呼んで瑠璃姫、だのw 試しに付き合ってみる、だのとテンプレ満載!内心は無理でもつい、髪をかきあげる余裕のポーズで「良いわよ」と答えてしまうお約束も段々に笑えてきて、原作がないとはびっくりの少女漫画感!よく出来てはいます。
でもだからこそ、別媒体のドラマで言わせちゃディスりになってしまいますよね。参考にするのは恋愛ドラマで良かったのに。今やサプスクで、昔のトレンディドラマだって海外の恋愛ドラマだって沢山見られるじゃないですか!

 さてセオリーだと、そのうちお互いを好きになる頃に、当初目的だった相手ともいい感じになるのでは。そこでやっと本当の自分の気持ちに気づいたり、『無理しなくて良いよ』と相手から別れてくれたりするんでしようねえ…。 あるある展開を確認するために見るのか、私w  でも 間宮兄役に吉沢悠!当て馬キャラが豪華ですよ!

(瑠璃のファッションがイケテナイ気がするのてますが。あれで良いの?流行りなの?)

「イチケイのカラス」1 ☆☆☆

 山積みの公判を、予定数以上こなせれば黒字。こなせなければ赤字。裁判所にもそんな収支の概念があるとは。そこはキャッチーでしたが、 型破り裁判官と優等生のコンビ自体はセオリーですね!

 ぶっちぎりで赤字の「東京地方裁判所第三支部第一刑事部」=イチケイに赴任してきたエリート坂間千鶴(黒木華)     さっさと数をこなして赤字を解消したいのに、不必要に思える合議制の裁判に関わることに。
 被告の青年長岡誠(萩原利久)  は、暴行の現行犯。この程度なら3人で合議せず、パパッと一年半求刑して終わりなのに!とイラつく千鶴と違い、入間裁判官(竹野内豊)は
「あなたの話を聞きます」
と切り出し「殴りかかられて応戦しただけ」と新証言を引き出します。その上、青年が殴った相手江波議員(勝村政信)の秘書をしていた父親(松澤一之)が、自殺したとされる全く別の事件を調べ始めて、異例の現場検証まで。それも2回も⁉︎
 ちなみに入間裁判官は高校中退で、最終学歴中卒ですって。へえ、そこから弁護士→裁判官になれるんだ。

 ドラマですからね『聞こえたはず』と自殺断定なら、聞こえなかったんですよねえ。2度目はもちろん、事故と同じ時間でしょ?『2度の現場検証は不必要』と前夜に分厚いレポートを書いた千鶴でしたが、むしろ初回から同時刻、車両も同程度交通量の五十日(ごとおび)にしておけと指摘しろって話ですよw
 目撃証言にあたり直す頃には、さすがの千鶴も協力的に。そしてシングルマザーの目撃者(松本若菜)に江波議員が解雇や取引停止の圧力をかけていたことと、長岡父は目撃者の娘を助けて踏切に飛び込んだことが判明するのですよ…。
 そこで「許せない」と江波への義憤を募らせる千鶴。法廷では「恥を知りなさい!」と立ち上がって叫ぶまでに…となるよりも、そんな事実を自分の効率主義は埋もれさせただろうことを。今までにも実際に見過ごしてきた悪事があったかもしれないことに慄いて欲しかったのですが。そこは無しで終わりでしたよねえ。ちょっと残念。

 そういえば、江波議員の口利きで大手企業に転職していたシングルマザーさん。江波を告発で失職しませんか??  被告の青年も新社会人。せっかく父が祝ってくれるはずだった就職先、大丈夫?(就職祝いを、江波が隠匿でなく目撃者宅で2ヶ月保管も怖い怖い。せめて警察に届けましょうよ)
 俳優も脚本も上手いだけにサラサラ〜っと流れがちですが、これは深く考えてはいけないドラマなのかも。 そう思うと、東大vs中卒も気になります。型破りは常に雑草育ちって、それこそガチガチの決めつけじゃないですか。
 見やすくて面白いんですけどね。視聴者に未来の裁判官がいて欲しいかな。

 弁護士時代の入間に、苦い過去あり。その当時の裁判官(草刈民代)がラスボスでしょうか。
 傍聴席の入間ファンに、チョコレートプラネットの2人w

「監察医朝顔(2)」〜最終回 ☆☆

 一家惨殺犯、捕まらず!
逮捕された男(EXITりんたろー)は模倣犯でした。真犯人は、犯行を自慢げに酒飲み話にしているそうですよ…天罰がくだりますように(でも、そう上手くいかないのがこの「監察医朝顔」orz)

 当時のノートと共に、事件捜査に協力したジィジ(時任三郎)、そんな時は大丈夫でも日常の食い違いは日に日に大きくなり。ついにつぐみちゃんの存在を忘れることも……(涙)  
そのためもあってか、今更ながらの結婚式に踏み切る朝顔夫婦。桑原父も、ジィジも立派にスピーチをこなし、良い友人に囲まれて。つぐみちゃんのドレス姿も可愛くて、幸せな1日になりました。

 正直、毎回事件の方が取ってつけた様で、普通の共働き夫婦ホームドラマで良かったのにと思います。事務やパートじゃ介護で朝顔(上野樹里)が退職しちゃうじゃないかというなら、せめて普通の勤務医では?
 第二子が生まれてのシリーズ3はあるのかしら。お母さん(石田ひかり)の遺骨も見つかって、結婚式で大団円。もう続かなくていいのかな。

「2021年冬ドラマ 総括」

 今期もどんどんと最終回、もう春の新ドラマが始まっています。早いわあ……。去年の今頃のコロナ撮休はどこへやら。普通に撮影、芸能人感染の報と聞かなくなりましたね。現場の対策が正解なのなら嬉しいです。

 さて視聴完走したのは
「俺の家の話」
「天国と地獄 サイコな2人」
「東京怪奇酒」
「おじさまと猫」
「書けないッ⁉︎ 脚本家吉丸圭佑の筋書きのない生活」
「監察医朝顔(2)」
「カンパニー 逆転のスワン」
「ミヤコが京都にやってきた!」
の8本でした!少ないw   
「オー!マイ・ボス」「バイプレイヤーズ」も中盤まで見てたんですけどねえ。まあ趣味なので無理せずいきます。

 恒例勝手にランキング〜🎊
1位「俺の家の話」圧倒的完成度!疲れるけど
2位「天国と地獄」毎週楽しみでリアタイ🌸
3位「書けないッ⁉︎」愉快な良い話

5位「カンパニー」バレエ本格的でした!
6位「ミヤコが京都にやってきた」京都旅行気分

9位「監察医朝顔(2)」解剖部分が添え物に
10位「おじさまと猫」毒にも薬にも
11位「東京怪奇酒」杉野遥亮が心配w

主演男優賞 長瀬智也「俺の家の話」寿一
       これで俳優廃業とは悲しい…
助演男優賞 宮尾俊太郎「カンパニー」高野
       まさしくこの人しか出来ない!
      林康文「天国と地獄」鑑識さん
       他の作品ででも、また見たいw
主演女優賞 綾瀬はるか&高橋一生
      「天国と地獄」望月彩子
        2人で1人w
助演女優賞 戸田恵梨香「俺の家の話」さくら
        魔性の後妻業!
声優賞 神木隆之介「おじさまと猫」フクマル
        可愛かったのにゃ〜
新人賞? 長井短「書けないッ⁉︎」AD 
  「江戸モアゼル」マリーアントワネット
     印象的でした。これからも注目
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ