ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「ルパンの娘」~5 ☆☆☆☆

 泣かないで、和くん!
 毎回面白くて仕方ない、ルパンの娘。泥棒一家と警察一家のおつきあいの中、虚々実々なりに時に本当のことを告げる割合がスリリングです。

 例えば警察一家両親の馴れ初めは、現場検証の刑事と新人鑑識。検体をとりあげようと伸ばした手と手が、重なってキュンw
って、手袋してるのに!
とツッコミ入れてたら、なんと泥棒一家の両親の馴れ初めも同じく「職場」で「新米と」w 新人泥棒のママが宝石を盗ろうと伸ばした手に、それを盗ろうとしたパパの手が……
だから手袋(^^;;;;;)
泥棒なことが外に内緒なのはともかく、和くん一家が警察なことも泥棒両親には内緒で、おばあちゃんの協力を得て華は必死に隠し続けているわけですが。さすがに父(渡部篤郎)は気づいているんじゃないのかな。

 さて毎回、盗むのは悪い奴らから。義賊なLの一族です。
今回は、色気で男をおびき寄せ誘拐、マタンゴ共和国とやらの採掘場に送り込んでいた女盗賊(田中みな実)とその宝石がターゲットでっす。うっかり眠らされてしまったパパと、これまたハニートラップで警察手帳盗られた先輩(加藤諒)の代わりに女盗賊と交渉し捕まった和くんを助けに向かう女達!でもアジトには鉄壁な守りが……と、そこに出てくるのはいつも歌って踊ってるあの円成寺(大貫勇輔)くん!
前半で、子供の水鉄砲を華麗に踊りながら避け続ける場面の過剰さに笑いころげましたけど、ここでそれが「あいつなら!」となる伏線だったとは! そして見事に華麗なダンスで、死の警報システムをくぐり抜けてくれましたよ! おバカドラマにだって、否おバカドラマだからこそ、核になる大嘘設定以外でのこういう矛盾のなさって大切です。

 で、華たちが忍び込んだころにはメカテントウムシで自力脱出し、宝石を盗んでいたパパさん。杖を駆使した殺陣がかっちょいい!外の鉄壁警備を抜けるのが面倒だから、色仕掛けにのって内部に運ばせる計画通りですってよ。 そして手に入れた『ロミオとジュリエット』永遠の愛を象徴する宝石を、華への結婚祝いにするんですって、妻にでなく(僕たちの愛は、これがなくっても永遠だから☆ ってやかましいわw)
しかし華が救出に向かった和くんは、いままでのあれこれから既にLの一族=華が自分を助けにくるとほぼ確信。ついに現れた泥棒装束の華に
「来てほしくなかった」

と手放しで泣き濡れるのでした。うううう、みだれ髪と相まって、泣き顔も可愛すぎです。
和くんが目指す出世を助け、ひいては華との結婚を認めてもらおうとあれこれ、華とおばあちゃんが画策した結果、確かにやたらLの一族事件に和くんが関わっていましたからね。それを『自分の周りでばかり…』と冷静に分析できる和くん、おバカドラマの相手役としてはめちゃ有能です。可愛い上に有能、身内から何度も「つまらない男」扱いされている意味がわかりません(^^;;;;;;)

 さて、走り去った華はどうするの?世間から一旦姿を消すのでしょうか。
和くんの見合い相手だった警視総監令嬢(岸井ゆきの)も、一度は「お友達」になったものの、ふたりが破局したならまた、恋愛戦線に復帰するのでは?(中の人、「まんぷく」で瀬戸康史と夫婦役でしたし!)
楽しすぎて文句なさすぎて、感想書きにくいです!

「2019年夏ドラマの展望」

 そろそろ出揃いました夏ドラマ。ハナちゃんが3人いますね!

 今のところ観続けているのが
「監察医朝顔」         「TWO WEEKS」
「Heaven? ご苦楽レストラン」  「ルパンの娘」
「これは経費で落ちません!」  「警視庁ゼロ係(4)」
「凪のお暇」          「セミオトコ」
「Iターン」           「べしゃり暮らし」
「だから私は推しました」    「ノーサイドゲーム」
「時空探偵おゆう」       「まどろみバーメイド」
「ポイズンドーター・ホーリーマザー」    と15本!!

既にリタイアが
「リーガルハート」     「偽装不倫」  「サイン」
「わたし旦那をシェアしてた」「サ道」    「ボイス」
「ベビーシッターギン」   「潤一」「ランウェイ24」

 わー、今期がんばってます!

 で、「ルパンの娘」の深キョン、「TWO WEEKS」の娘、「だから私は推しました」の地下アイドルと3人がハナちゃんです。ドラマの役名ってやはり流行りをリサーチするのか、放映時期が同じドラマで同名って結構あるあるなのですが、全員が、可愛いか弱い守るべき存在(Lの一族深キョンは実は強いけどw)として描かれているの面白いですね。
 韓国ドラマリメイクが3作「TWO WEEKS」「サイン」「ボイス」どれもタイトルが冴えないのは、ただ直訳しちゃってるのかな。犯罪捜査ものは、法律や捜査法が違うせいか違和感を覚えてばかりなわけで「サイン」「ボイス」はリタイアですが、逃げてる犯罪者の側に立ってなら楽しめるのかもと「TWO WEEKS」で思いました。毎回の引きが強い!

 恋愛ものが少なくて「偽装不倫」……だけ? あ、「凪のお暇」もですが歪んでる。それなら「だから私は推しました」「ポイズンドーター・ホーリーマザー」の歪んだ愛も、恋愛ドラマに入ってしまいそうです。肉体関係だけで通り過ぎていく「潤一」もそうかな? いっそ「セミオトコ」だけがピュアラブ☆

 その意味では、お仕事ものだけどしっかり恋愛ドラマなのが「監察医朝顔」「ルパンの娘」ですね。「時空探偵おゆう」もw
「ノーサイドゲーム」「まどろみバーメイド」「ランウェイ24」は、お仕事ドラマだけれどそれぞれ、ラグビーを、カクテルを、ピーチ航空をアピールしたい感。それ考えると「サ道」と「べしゃり暮らし」も仕事してないけど同じ分類かもw
そして残ったいわゆるお仕事ドラマが「Heaven?」「警視庁ゼロ係」「これは経費では落ちません」「Iターン」「リーガルハート」「ベビーシッターギン」ですね。わあ、エキスパート揃いの中で「Iターン」が不憫w

 「わたし旦那をシェアしてた」だけが、仲間がいませんでしたw 何ドラマなのかしらあれw

 観続けているドラマはどれも面白いですが、今期ダントツお気に入りは「ルパンの娘」です。楽しい。メインテーマ口ずさみながらあの一歩ずつくねる歩き方真似して廊下歩いてますw 特に不満がないので書くことがありませんw
「凪のお暇」は評判上々なようですが、凪のスローライフも高橋一生も中村倫也も上のおばあちゃんも特に好きになれず突っ込みどころもなく……うーん。旦那が見続けるか次第ですねえ。「Iターン」も旦那主導で見ています。
「それは経費で落ちません!」は、いつも事務の人に酷い目にあってると旦那の長い長い愚痴が始まるのですが、逆に経理側の理屈が分かって面白いのは面白いそう。一人で見たいよー(^^;;;;;)


「監察医朝顔」3、4 ☆☆

 お姫様抱っこ! からの、朝顔ご懐妊~☆
こう並べるとラブラブですが、違いますからw 平父さんが酔いつぶれた桑原くん(ランニング&パンイチw)をお姫様だっこ! しかも映像は出し惜しみ! そして朝顔の妊娠が嬉しくて、何故かお父さんの方に抱きついちゃう桑原くんw 凹んでも喜んでも可愛いw このドラマのヒロイン、上野樹里でなく風間俊介なのでは……w

 そんなわけで、毎回大量に人が死ぬのに何故か後味がほのぼのな珍しい解剖ドラマです。
3話は火事(京アニの事件とかぶって、放送延期に)
焼死体の中、ひとつだけ刺殺されてから焼かれた遺体が。火傷の治療でマークされ捕まった犯人は、その遺体の弟で……目の前で兄が殺された報復に、やくざもんの事務所に火を放ったのでした。
4話は相次ぐ青酸カリ自殺。そして公園で首を切って死んだ男の内臓に、詰め込まれた大量の青酸カリカプセル。自殺用の薬を売るサイト管理人が、解剖医を巻き込もうと自殺したとみられます。

 3話は、違う保険証が出てきた時点でなりすましだの身代わり殺人だのを想定したのに、お互いを思い合う兄弟の話でしたよ!
4話だって、連続猟奇殺人にも出来たのに地味でしたよね。解剖中に、青酸ガスで解剖医が倒れる……そんなシナリオを想定したのなら、生きて結果を見たくないですか? なのに自分の遺体で実行しちゃうんですよ。真面目な。 しかし朝顔の機転で皆助かります。正確には、スマホを取りに戻ったバイト嬢のせいで朝顔だけが倒れてしまいますが……治療の結果問題ないそうで。むしろ、その入院で妊娠が発覚。急転直下の結婚本決まりに、お父さんはどう反応するのか!見てるこっちがドキドキしましたよw 殴ったりしなくて良かったw

 福島でのお母さん捜索は、副産物で他の人の遺品をみつけて喜ばれることもあり、あてつけがましいと嫌がられることもあり。娘朝顔の妊娠、結婚で益々、ああお母さんが居たら…と思うことが増えてまた切ないでしょうねえ。
 ところで、妊婦となると解剖は、今回のような危険や感染症リスクもあってNGだとか。え、主人公のメイン活動が封じ手にw そこも異色。認定医試験の勉強をするそうで、そこにまた別のアプローチがあるのかな? 他の解剖スタッフの役割が大きくなりそうです。
毎回、連ドラでなく2時間ドラマ連作をみている感で、クセになりますねえ。

「べしゃり暮らし」2 ☆☆

 矢本悠馬が居る意味!あれかな、喋らせすぎると愛嬌が溢れちゃうからかなw

 文化祭の漫才は大成功だったものの、芸人を目指すより蕎麦屋を継ぐつもりの圭右。焦れた辻本は、刺激になるかと人気芸人「デジタル金魚」の楽屋に圭右を連れて行きますが、はしゃいで失礼なことばかり。そこに辻本の相方が現れて、別れるの別れないのと更に揉め、本当に辻本が言うように「もう先がない」のか見てもらうと、本番前の舞台の上で最後の漫才をすることに。

 いや、台詞にも何度も出てくるけど本番前w はしゃぐ素人も後輩コンビの揉め事も、どっちも迷惑すぎるー。
中でも、俺オモロイでしょうホラ!と黙らない圭右に本気でイラつきます。余談ですが吉本のお笑いスクールNSCでも『普通に挨拶できて遅刻しない』ことの方が、履歴書や面接でウケようと馬鹿騒ぎすることより大事なんだそうですよ(だから小粒、といわれようと悪めだちで収録ぶち壊したり遅刻しそうな奴いらないですよね)で、先輩金本(駿河太郎)の手前、本気でただ静かにさせたい辻本と延々とぶつかるだけ。その横で全く台詞もなく、ただ見守ってる子安くん(矢本悠馬)
デジタル金魚大好き~とついてきただけで、紹介されるわけでもない子安くんですが、ほんのひと月前に出会った辻本と違って、つきあいが長い圭右の操縦法をちょっとは知ってるんじゃないの?ここでちょっとは静かにさせられるか、出来ないまでも辻本が抑えてくれと頼むぐらいの関係性はないんですかね。
 そして相方静代(小芝風花)との漫才は、台本もテンポもばっちり☆(むしろ、久しぶりに合わせるにしては出来てすぎw)
実は、好きになっちゃったから……。このまま仕事を続けて、いがみあうデジタル金魚の二人みたいになりたくない、んだそうで、ふざけてんのかと。そんな理由で彼女のお笑い芸人人生の邪魔をするの? こちらに圭右がいるように、彼女にも新相方候補はいると描かれてますけど、そういう話じゃないだろー!また圭右がわかった風に
「辻本が楽しんでない」
と評してて、こんな奴に相方ゆずるの腹たつよねえ……。

 それでもプロ芸人になにがしか刺激になったようで、スタッフが驚くほどの久し~ぶりにネタ合わせを始めたデジタル金魚のふたり。迎えた本番は、キレッキレです! うわーベタw
そうそう、持って来た台本を金本にボロクソけなされて凹む圭右でしたが、むしろ最後まで読んだ、適当に褒めずに駄目出ししたと金本の相方藤川(尾上寛之)にフォローされて復活w ここもベタベタw ベタ故の安定感はあるものの、1話のいきなり店がらーんや、今回の子安の扱いのような端の雑さが気になって。

 とりあえずはまだ見ます。来週は圭右がやっと虚勢をやめて、きちんとお笑いに向き合ってくれる……のかな? そして舞台でまた、元相方やデジタル金魚さんと絡むことになるんでしょうか。ラストにでてきたポスターのコンテストが最終回の会場かな!
デジタル金魚の構成作家に波岡一喜でした。

「だから私は推しました」1、2 ☆☆

 どん底で見出した光、それは地下アイドル。

 女が女性アイドルを熱烈応援ってことだってありますよねえ。出会いもそれぞれ。なので、ヒロイン愛(桜井ユキ)が、そのダメさ故にハナ(白石聖)に思い入れて行くのも全然あり。

エリート彼氏に捨てられ、携帯落とし、と泣きっ面に蜂の愛は、重い前髪で顔を隠して踊りもできずステージでもたもたするハナに……まずはイラついて、大声でディスってしまうのですがw 翌日謝りに行けば、なんと
『すぐ出来ることは、しようと……』
と、ハナったら前髪を切って現れるんですよ! しかもセルフカットというダサさw そのいじらしさにグッときて、もう毎日来る!めちゃ応援する!と宣言する愛って……まっすぐに愛せる人なんですね。

 しかし挿入される事情聴取の場面。『◯◯さんを突き落とし』いやあ、それがハナの苗字なのかとw 応援しすぎて愛憎もつれちゃったかと肝が冷えましたよ~。なんだ、それってハナのトップオタ野郎の名前だったとは。それなら良…くはないか。

 アイドルの世界は全く未知で、コール&レスポンスやサイリウムの使い方を愛と一緒にお勉強。終演後にはチェキ代とやらを払えば、1枚につき1分そのアイドルと話せてツーショット写真撮ってもらえるんですね。
あのハナにもちゃんとファンはいて、なんとチェキ60枚分(6万円!)を毎回買い占めてしまう太い=金払いのいい客! でも他のファンは増えないし、そのトップオタ瓜田(笠原秀幸)からは『自分の支払いで暮らしてる女』扱いでバカ呼ばわりされるんじゃ、たまったもんじゃありませんって。運営はそういう輩から守ってくれないの?
 可哀想なハナを救う!と、ハラスメントや業界のことを猛然と調べ始めた愛さん。具体的に何をどう思いついたのか、今まで他の誰かが思いつかない様なことなのかはわかりませんが、とにかく。古参ファンの助言でサニーサイドアップのセンター嬢も巻き込んで運営を説得。以降チェキは『グループ共通券』を買う仕組みに。独占はできないことになりました。
でもそれで収まるわけもなく、ハナに嫌味かました挙句、並び直してる間に暴れ出す瓜田。
「俺が買った洗濯機は~?」
いや、さすがにこの距離感は気持ち悪くて、やっぱりこいつ突き落としてもいいかもと思えてきたり……(^^;;;;;)

 刑事役にハライチ澤部。
 大阪NHK制作なので、エキストラ応募したんですよ。落ちましたけど。番組みながら、確かにこの会場には場違いだったと納得ですw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ