ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

今更2005冬クールまとめ

 地味なクールでした〜。

じゃすみん的ランキングはというと
1:「87%」     
2:「特命係長只野仁」
3:
4:「Mの悲劇」「ごくせん」
5:
6:「富豪刑事」
7:「救命病棟24時」

ランク外特別賞:「相棒3」
 途中リタイヤ:「H2」「不機嫌なジーン」
(ちなみに初回みての感想はこちら

 「H2」は悪くなかったのにな、どうにも忙しい季節で時間が無くて。
かと思うと2話でやめてた「Mの悲劇」は途中から復活してラスト3話の楽しかったこと。適当な視聴者ですねー(^^;;;)

 1位「87%」 ほら地味だ(^^;;;)
でも泣かせ笑わせ、堅実な中に意外性のある脚本で、本当に面白かったです。受け身で変人モッくんってたまらなく可愛い。
 2位は強力エンターテイメント「特命係長」!
裸だけが取り柄の前シリーズ(見てたけど)から一皮むけて普通に面白かったんですよ。いいかげんな連ドラはこれを見習えって感じ。

 で、そのいいかげんな・・・の代表?(^^;;;)「救命病棟24時」
タイムリーに地震を取り上げ鳴り物入りで始まったわりに尻窄み。ひっそりと最終回を迎えた気がします。(「富豪刑事」は同じ加減でも、B級狙いだから罪が軽い。)

 それでも好きだから一生懸命ドラマ見てますけど、周囲で「見た?」って話題に本当にならない3ヶ月でした。「金八」「月9」すら。普通もっと、なんとなく見てる人がいると思うのにな。「金八」「月9」なんだから。

 そんな中、高視聴率が伝えられた「ごくせん」
私もレビューしないまでも毎回見てました。ヤンクミいいこと言うよね!
でも、毎回話は同じなんだから対抗馬があったらそっち観るという人も多かろうかと。
お茶の間で安心して見られる・・・からうけたのなら、やはり8時代からのドラマを復活させればいいのにと思いましたです。
「アタックNO1」とか??

さて来シーズンはどうでしょう。そして「只野3」「ごくせん3」「相棒4」は今年中にあるのか?

「救命病棟24時(3)」最終回  ☆☆

 あ、そういえば観たんだっけ。

 22時間ぶっ続け勤務がいつ終わるとも知れぬ東都中央病院。そ、そんな病院イヤだーっ。
しかも原因が食中毒によるスタッフ不足。更にイヤーん(^^;;;)
 で、政治家に頼んでも埒のあかない応援部隊。
 てっきり国際人道支援なんたら・・・・あの進藤先生によく電話かけてくる元の職場から団体で乗り込んでくるかと。
 それとも静岡に療養に行ってた院長&看護婦さんや、石黒賢が抜け出した病院だの救命旧シリーズの登場人物だのドクター孤島だの、いっそ「白い巨塔」の財前教授でも里見先生でも、どどーんと感動的に押し寄せてくれるんだろうとワクワク待っていましたよ。
(大好きな西村さんも、きっとそのメンバーで出演なんだろうと。)
 ところがどっこい、誰が来るかはどうでも良かったんですね。
 嬉しそうに電話してくる寺泉が、どうやってメンバーを集めたのかも以前のヘリコプター調達同様不明な上に、倒れていたスタッフ快復して、もう応援あんまり要らないじゃないですか。
 そんなこんなで、終わってみたら印象のとっても薄い最終回でした。

 見事復興した神戸に励まされるスタッフ達。それ自体は感動的な場面だったんですけどねー。

 ラストは2年後、ボランティア弟が研修医になって戻ってきた!
うんうん、良かったよ。1話で落ちこぼれ医学生だった時点で、誰もが思い描いた成長じゃないですか!

 後はせっかくなら、1話と同様辺境にいる進藤先生とか、楓先生は亡くなったフィアンセと行くはずだったサンフランシスコ(だっけ?)で救命医してるとか、東京を離れずに元気になった省吾くんとかを観たかったです。
 どれもお約束な未来ですが、でもこのドラマずっとその「お約束」を描いてきたんじゃないですか。だったらとことん「お約束」を貫くのもサービスでしょう?!!

 ドラマにウソはあっていいと思うんです。(だって、大震災という前提が既にウソ。)
その代わり、勢いと必要のあるウソであってくれなくちゃ。ぐちぐち拘ってたICUの子供達も、『そりゃ、要るねぇ』という気にさせてくれないから言いたくなるんですよ。
 最後、”寺泉寄贈”と額装された絵で、ちょっとそんな気になりましたが・・・遅いのよー。

 そんなこんな、主人公の進藤&楓先生よりも日比谷先生が印象深かったりもして、とても中途半端な気持ちになった番組でした。でも意欲作だったことは間違いない。

シリーズ続きがあるのならみたいです。
 

「相棒3」最終回 ☆☆+☆

出家って、戸籍名が変わるんだ??

 そして今回のなにより目玉っ 悔しがる右京さん!!
幽霊を観た、という薫ちゃんを”嫉妬”ですよ。 そこをまたわざと「私も見ました」と刺激する元奥さんっ あの場面は何度観てもたまりません。(何度も観ましたよ ^^;;;)

 てっきり巨悪を暴く最終回かと思ったら、死体遺棄(時効3年)と公文書改竄なんちゃら(同5年)ですよ。どうせ捜査一課も尼寺までたどり着いたし。特命が出てこなくても・・・な事件だったわけですが、そこはそれ。
右京「尼寺にいるからといって簡単に女性と決めつけては」
亀山「決めつけますよ普通!!」
な2人のやりとりがあれば満足です。
ラストに至っては偏執狂的に真実を知りたがる右京と、見かねて止めようとする亀ちゃん。2人とも逮捕とか捜査はどうでもいいんだから、もう(^^;;;)

 あまりの最終回らしくなさ、同居人はだれていましたが私は幸せ。
『もっとこう、デカイのが事件を解決して右京さんを助けるとか』と同居人。
おお、そりゃ私も見てみたいですよ。ていうか、亀ちゃんは『デカイの』なのに『右京さん』って呼ぶんだ(笑)
ついでにいうと同居人は、同性愛も性同一障害もひとからげ変態扱いだったのですが、「相棒」で啓蒙されてきています。つくづく妙な番組(^^;;;)

 そしてそして、鹿手袋さん!!ついにプロポーズ!
でも、亀山薫を美和子の中から消せだなんて・・・・無茶な条件で器の小ささを露呈っ。おまけに生き霊で源氏物語って??
 ラストでは逆に呼び出され、
「丸ごとひっくるめて美和子だ」
と格好良く決めた亀ちゃんに殴られちゃって・・・呆然と座り続けていたのは何でしょう?? 美和子の「ごめんね」は元カレが殴ってごめんね?それとも分かれちゃうの?

 こりゃ、4thに続かないと締まらない終わり方ですよ。

 最後に、どーしても気になったこと。
死体は腐乱ガスが出たら浮くでしょ。重りの石なんて入れたって浮くし、袋破れたなら尚更っ。それが沈んだまま白骨化なんて、すぐ捨てずにしばらく遺体と暮らしていた・・・という意味の「半年」かと思ったんですよ??そうじゃないのかなぁ。

「気にしなくていいのよ」と枕元に立つお姉さんは、恨み言をいわれるよりもツライ幽霊だったと思います。

「Mの悲劇」最終回 ☆☆☆

 ・・・・ギャグ??

 ”振り出しに戻る”ラストシーン、固まる衛(^^;;;)もう思いっきり笑って終わりでした!!
ここで、間髪いれずに助けに行かれれば爽やか・・・だったかな?
今度は衛が刺されれば悲劇・・・だったかな?
 最終回って難しいですね。

 蔵之介=松本明のパートは素晴らしい熱演でしたっ
「お前を殺すしかないのかな?」
って、この期に及んで自制している明。
 元々が逆恨みと自業自得にしろ、20年ぶりに巡り会ってしまった安藤衛が憎むに充分な天然無神経だった様子が察するに余りまるので、不憫で。
 かぶった灯油が引火しないで済んでホッとしましたよ。命を賭ける相手じゃないよ、だってまた忘れられちゃうよ?

 しかし、事件が一段落して美沙と衛のその後に来たらツッコミ所が増える増える。
「もう逢うのも最後ですね」って何度も念を押す美沙。こらっ君は借金を返すんじゃないのかい。
そして転居・・・って、あれれ、変ですね。
幽霊ですら現れる前に携帯に電話してくるらしい昨今、携帯の番号を美沙が変えていないなら連絡とるのには充分なハズ。衛ったら、電話もせずに美沙の家に直接会いに行ったって事ですよ!!
なにを恋人気取りなんだか・・・・。
しかも美沙もまんざらじゃないって、亘が可哀想よーっ

 もっとも、この手の作品の王道で行けば衛と美沙が結ばれてラブラブで終わっても不思議じゃないので抑えた表現にはなっていたとおもいます。それでもねぇ。
”私を守ってくれた人”が、警備員くんだったり、部長さんだったり、何かとっても間違っていっそ明だったりしてくれたらいいのに。美沙と明、お似合いじゃないですか共通点も多くて。

 あのいたたまれなかった1話。今みたらきっと衛の不幸に溜飲下がることでしょう。(^^;;;) そういった意味では再放送が待ち遠しいかな?
 楽しませてもらいました。

「富豪刑事」最終回 ☆☆♪

 風に舞う大量のお札が、渋谷に銀座に、自由の女神に凱旋門に降り注ぐ・・・・・って、どんな強風なのっどんな札の量なの!!
「世界中が迷惑してるぞっ」( ^0^ 爆笑っ)

 中途半端だった美和子の恋は、いっそほったらかしで大正解。
 分かり易いトリック、「愛のメモリー」唄っちゃう松崎しげるとミッチー、もうホントにどうでもいい展開なのに嬉しくなっちゃうのは何故でしょう?。最終回までこのドラマ見続けてる人なら、何しても許してくれるだろうと思ったのかも(そしてそれは正解かも ^^;;;)

 ついに明かされた瀬崎さまとお祖父様の因縁も、美和子の祖母を争ったかと思ったらそこまでも行かない仲の娘の話っ(回想シーンでの若き日のお祖父様が、やっぱり片メガネで笑ったわー)

 前半、原作をいじっては壊している様子にイライラしたものですが後半になってからは慣れたのか楽しくなってきました。推理関係なくひたすらくだらなく成金でいてくれるとスッとしますっ
「特命係長 只野仁」の様に、くだらなさにこだわってレベルアップして戻ってきて欲しいです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ