ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「エンジン」7 ☆☆

 クビだクビ、次郎のヤツ!

 傷害事件を起こした子供が、次郎1人で来て欲しいと願う。それは、分かります。彼は説教しないだろうから。

 その後逃げるのを追いかけ、父親と話したいと言われれば一緒に待ち、相手にされなくて泣く姿を黙ってみていてやる。その過程で相手の心を捕らえていく様子は小気味よくて、こちらもどんどん次郎のペースに載せられていきます!
 格好悪いけどカッコイイよね!

 ・・・でもコイツ、無断欠勤だよ?
それもコンビニのバイトじゃないよ、苦労して得たレーサーの座への足がかりなのに、行ってないんだよ? 台無しじゃん。
 言い訳しない潔さ、もあるとは思います。
思いますがやはり、必要な物をもったまま出勤してこないヤツと仕事をしたくないです。それも紙一枚だよ?ファックスしろよー。

 これが初めてなら、次郎本人は気付かなくても『コドモの方が大事』になってきた証と思っておきますが・・・・前ッからなんだもーん。

「言って下さいよ!怒った私がバカみたいじゃないですか!」
と小雪が言うように、普段から言葉足りないヤツだけどね。

 これで、例の元カノが次郎遅刻の事情を知って見直すようなベタな展開がなかっただけマシなんでしょうか。

 閉園の話は唐突。
子供の行く先もそうだけど、小雪や堺雅人も高嶋礼子も失職しちゃうのに。
いきりたつ次郎ですが、キミが役に立てるのはテストドライバーになって2千万円もらってくることぐらいでしょう?でも今更無理な話だよね。

 最後、次郎が園長になって終わったらどうしよう。

「瑠璃の島」7  ☆☆☆

 いっちゃん、どこかで見たと思ったの。そうか、紀宮さまに似てる!

 ・・・とでも誤魔化さないと、やりきれない展開でした。ショウメイさんが死んじゃったよ!島の人なら慣れっこだろう台風で、あっけなく!!

 人の死って確かにそういうものかもしれません。
 また、そのあっけなくという部分が瑠璃ちゃんに与える衝撃を描いていたのでヨシとしなくてはならないのでしょうが やっぱり哀しいわ。

 一緒に島で暮らしたい、といういっちゃんの手紙。
東京で顔をあわせた瑠璃ちゃんこそ、知ったら一番に喜んでくれる相手だったのにどうして子供達には手紙をみせずに、かくしちゃったんだろうショウメイさん。
 驚かせたかったのかしら。

 通夜に現れて泣くいっちゃんと、その席から逃げ出す瑠璃ちゃん。
大事な人と何もつながっていない哀しさ、もあるのかな。でも「お父さん」とは呼んでも、この6年会っていなかったいっちゃんよりも、瑠璃の方がたくさん最近のショウメイさんを知っていたでしょう?
 瑠璃ちゃんの好きだったショウメイさんを、いっちゃんに伝えてあげてほしいです。

「生徒が3人いたら中学校再開」。いっちゃんは戻ってきてくれるのかな。

 でも、「アレのコレ」を知らずに育てさせられていた給食のおばちゃん(市毛良枝)は、頭に来るあまり不倫逃避行に走りそうです。えーっ。
あんな小さな、しかも虚弱な子を預けるなら、一緒に来るなり電話ででも諸注意さずけるなりするのが普通でしょう。その連絡がないなら、愛人とやらは亡くなっているのかと思っていたのですが・・・。まぁどっちにしろ、旦那が何も言わなかったってことが問題なのね。

ムカツク雑誌記者のせいで、来週もなにか起こりそうです。あの人、島に恨みでもあるんでしょうか?

「タイガー&ドラゴン」猫の皿 ☆☆☆☆

 竜二が・・・もとい、小竜(コタツ)が座った!!
追いつめられて付け焼き刃の一発芸を捨てたとき、彼に残るのはやっぱり落語なわけですよ。ここ、ドキドキしましたっ!小虎、GJ!

 表題「猫の皿」が軽い小品だというのに、この話と来たら実は人情話で、あちこち笑いながら泣かされちゃいました。無駄な場面が1つもない、濃密な展開が凄い。

 竜二を戻すために自分が家を出る、と提案し「お前さんは家族だ」と怒られる小虎。天涯孤独の彼に、この上なく暖かい言葉ですよね。さゆりちゃんが「そのうち泣く」に笑っちゃいながらもしんみり。
 小竜破門のいきさつも、熱くて哀しいです。
真打ち目前の独演会が大失敗。そーか。そうだったのか!早熟小僧が天狗になって辞めたわけじゃなかったんだ!
それも、失敗そのものじゃなくて小しん(小日向文世)師匠vsどん兵衛師匠、芸術vs娯楽みたいな対立のなかで父親の芸を支持した故の破門ですよ。なるほど、店の資金ぐらい出してやっても甘やかしじゃないかも。

・・・でも、小しん師匠の真意も気になります。本当にただのイジワルだった?それとも、「猫の皿」が出来てこその「子別れ」というなにかがあったんでしょうか。
「子別れを教えてやる」
って今更、ケンカ売ってんのかって感じですが。本気みたいだったし(^^;;;)

 そんなわけで、竜二もギンちゃんもソバ屋のオヤジまで参加していた素人タレントスカウトキャラバン(笑)
 竜二ったら3位のビンテージジーンズが欲しかったのに、うっかり優勝して大島紬ゲットです。若者を集めたいのに一位が大島紬っていう時代錯誤。最高です。

 本当を言うと、「元天才」小竜の落語がもうちょっと上手いと良かったんですけど。ブランクがあるからかな(笑) そこいくと西田敏行さんはサスガ、普通に落語でしたよね「猫の皿」!!

 小ネタに再登場のデス・キヨシ!(しかも作り話かい!)
ビジュアル系に中央で参加してるジャンプ亭ジャンプ!
 あと、デート中ずっとめぐみちゃんを笑わせようと必死な竜二。両手にネタ書き込んで真っ黒だし!笑う度にキスのおねだりで、しかも断られるし!!
 案外、女性経験なしですか竜二くん・・・・(^^;;;)

 来週はなんと、鶴瓶師匠が高座に上がってましたよ!本職に大期待!!

「はねるのトびら」DVD3

 うわ、見たことあるある!
鴨フラ(笑)柄のウオッシュレットも、チューリップの鉢巻きも!!
陰気な新入生歓迎会なんて、最後につかまっちゃった気の弱そうな先輩に同情した覚えまでありますよーっ!!それが板倉さんと虻ちゃんだったわけだ。
 塚地さんしか個体認識してませんでした(^^;;;)

 後半でも、弟に居候されてる虻ちゃんは見てたなー。そして毎回あまりに理不尽で笑えないっていう(^^;;;) 

 そんなわけでパート3で好きなのは
「こちら裏原宿派出所」
「歓迎されない新入生」(板倉先輩?喰われちゃう?っ)
「バカタレ!」    (居るよこんなヤツ、な梶原 涙)

そしてそして「澪美」!! すっごいわこのキャラは。
板倉くん絡みばっかりですみません(^^;;;)


軽く「メアド変更」「座頭板」も笑ったわ。
「哲哉とお父さん」、秋山くんの子供っぷりが滅茶リアルです。子供いるんじゃないのってぐらい(^^;;;)ああいう会話あるある?ムカツク?。
「エンタの貧乏神様」西野くんのツッコミってそのまんまじゃーん。
ボクサー堤下さん、先週の全裸と比べるとお腹まわりがまだすっきりしてる?

「二月三日節分」「居酒屋黒兵衛」も楽しかったかな。
「ほんとにあった噛み合わない話」 は襟元のチーフに目が釘付け!
・・・って、また気がつくと板倉くん絡みばかり・・・。

でも実は、パート3で一番ぐっときた板倉くんは「恋愛男塾」の眼帯つけてる人。なんでしょう私の好みって。(次点は普通に?「斬鉄剣」)

逆にがっかりは
「注文(オーダー)の多い料理店」物足りない。
「黒族」も、パート2で大好きだった分なにか違うっ
虻ちゃんが余計かな?美容院とコンビニだと、客と店員の力関係が違うからかも。
「ピンクハレルヤ」本当に演奏したんですね!!でも、「黒族」の3人の方がノリが良くて上手いゾ(笑)あれって・・・・最初から何曲も作詞作曲してあってコント始めたんでしょうか??凄!

「THE MACHORIX」は、一回みればいいかもしれない。ていうか正視できないというか笑い

DVD3としてまとめて書きましたけど、実際はパート1,2に別れた1の方が楽しめて、2は一回通してみたらわざわざ見返したいものがほとんどなくてちょっとショックでした。どれも長いってのもあるかな。
セル版だと特典映像もボリュームあるので視聴後感が違いそうです。

*DVD1*
*DVD2*
*映画「怨霊」*

映画「交渉人 真下正義」 ☆☆☆

 いやー、面白かったです!
 柳の下を狙ってスピンオフ、しかも主役がユースケかいっ ・・・と思ったら。確かにユースケ「主演」で物語の中心にはいるけれど「主役」じゃない(^^;;;)
 「主役」なのは 地上を走り回るたたき上げ刑事 寺島さん(「富豪刑事」の役そのまんま!)だったり、地下鉄管理センター主任の 國村さん だったり、 現場の職人さん達なんですよー。
 オヤジ好きにはたまりません♪

 ああ、それと携帯電話も影の主役!
犯罪・捜査 双方で、投げようが外走ろうが地下もぐろうが、繋がりまくりな携帯電話。本当にそこまで技術が向上したのか、宣伝なのか(笑)

 事件は、のっとられたハイテク車両が地下鉄を大暴走。過密ダイヤの間隙を縫って各路線に神出鬼没・・・・・追突は免れるのか? 地下道からどこへ消えてしまうのか?
 真下にクイズを挑む犯人の、真の目的は何なのか??

 作中で語られる「東京都下の謎の空間」は、最近深夜番組で連続して特集されていたのをみたところなので、すんなり納得でした。ミステリー♪

 そんな中、地味な真下くんのお仕事は、各情報の集中管理でしょう。それと文句の受け流し(笑)
「交渉人」として煽ったり怒ったりというテクニックもたまに披露しますが、効果のほどは良く分かりません。

ていうか一番の仕事は、『犯人をその気にさせてしまった』こと?
2年も前、レインボーブリッジ事件の取材を受けたところで無自覚に大仕事終えてしまっていましたね。

 折から脱線事故の報道をたっぷり見ているところでの地下鉄暴走。被害が想像出来てしまって無闇に怖かったです。
 でも、管理センターの真下くんが映ると脱力。アリキリ石井さんでもっと脱力(^^;;;)

 個人的にとても嬉しかったのが西村さんの出演!
真下と雪乃がデートするはずだったコンサート”ラヴェルのボレロの夕べ”を指揮する、お髭のマエストロ様なんですよ〜きゃ〜!!
 背筋のピンと伸びた指揮姿に画面が引き締まります。うふふ。
 西村雅彦=今泉、というイメージは一般に根強い様ですが、こういう出演でシリアスな西村さんにも慣れて欲しいですね♪ また、作中で映るコンサートポスターに昔の指揮姿も載っていましてね、増毛して撮影したんじゃありませんよー。昔の番組でもマエストロしてるんです♪ 密かに年期はいってます。

 そんなわけで、進行上、演奏初めから終了までがっつりボレロ演奏を楽しめちゃいます。サスペンスアクション(?)見に行ってコンサートも楽しめちゃう、なんてお得なんでしょう。

 事件解決には文句ありますが、映画自体のラストシーンは気になったことが解決してハッピーでした!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ