ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「人間の証明」9 ☆☆☆

「お前はいつも五月蠅い!」には拍手喝采(^^;;;)

でも、棟居の父が殺されるきっかけを作った女=こおり恭子だった! ・・・は、やりすぎでしょう?!!どんだけ世間狭いんですか??

 ただ救いは、刺青男の時もそうですが裏付けがないことです。棟居独りの思いこみとしてなら、そう見えるのはアリかと思います。(次回冒頭のナレーションではきっと断定口調だとしても)

 恭子の娘の言葉「おかあさんを助けて」から、ジョニーの行動を考え直す棟居。
刺されてるのに・・・・お母さんを守るために必死で遠くに逃げて、必死でパスポートを捨てて。ジョニーったらなんていい子なの(><)
バカ息子や棟居には「心がない」と言われている母なのに、不思議に慕われていますね。どうしてなんでしょう。

 多分、実の母も火事で殺しているこおり恭子。ついに逮捕でしたっ。
金田一ものだったら最後に毒あおりそうな堂々たる悪女ぶり。さて、どんなラストに締めくくってくれるんでしょうか・・・・。
 棟居くんは、本読んで可愛い奥さんと暮らせるようになるんでしょうか??
 愛人と本夫コンビの行く末も気になります!!

「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」 ☆☆☆

 いや〜気軽に面白かったです!
 でっかい忍者のほっぺのうず巻きも
変な言葉遣いも大量宣伝で慣れちゃったでござるよっ

 小学生ケンイチの家に居候を決め込み、こっそり食事をしようとするハットリ君。
「ごはんはどこでござるか?」
炊飯器なんてみたことないもんね(笑) 挙げ句、家電があっちでピーこっちでカタカタいう度に大騒ぎ。こういうゆる〜いギャグを、ちゃんとオーバーアクションで盛り上げてくれる香取ハットリ君でした。

 ケンイチ君の家って、お母さん(戸田恵子)はずっとビーズ細工(^^;;;)しながら長電話、パパ(浅野@「HR」鰐淵さん)はお仕事、会話ないんですよ・・・。そして友達もいないの。
 そこに現れて「ずっと一緒に居てくれる」ハットリ君ってとても大きな存在かもと思うのですが・・・ま、そんなシリアスには当然描写されてません。

 忍者マニアの東幹久刑事が面白かった・・・けど、別に捜査には役立たなかったよね、あの知識。

 ケムマキ先生も格好良かったよ?ん(中身はゴリエなのに?っ)
 ただ、彼自身も黒忍者のターゲット”元甲賀忍者”なんだから・・・・・似顔絵で納得するんじゃなく、友人の元忍者が襲われて気づく、とかして欲しかったんです。子供には、あの似顔絵の方が分かり易かったのかなー。
 目の見えないお姉さんの描く似顔絵って何かな。そういうところは突っ込んじゃいけないのかな。

 西村さんは、汗っかきの捜査本部長さん♪少ない出番のなかでフル稼働ですよっ
 驚いたのはクサナギくんの役どころでした。あれ、あのサラリーマン『社会にとけ込んでる」っていいますかっ、メッチャ浮いてませんかっ(文字通り ^^;;;)

「新選組!」8/29 ☆☆☆

 いや?笑った。笑ったけどフクザツ。やりすぎだよぉ三谷さんっ。

 愛人と待ち合わせの宿に、江戸にいるはずの妻が!!
 双方顔を合わせないように・・・なんてドタバタはあるかと思って見ていましたが、まさか
「身請けしたのは源さんどす」
「こっ、この年になって初めて恋を知りましたぁ」
と大芝居が始まったうえに、更に場をぶちこわして土方乱入だとは!そこまでしますかっ。

 またね、HRでは天性の嘘つきだった香取くんなのですが、ここの近藤は自らウソはつかないんだよね。困った顔をしてうつむいている。周りが上手に嘘をついたって、近藤の顔をみりゃ分かるよ状態。
 おかげで居心地の悪さ倍増です(^^;;;)

 そして女の闘いはじっくり静かに・・・・。
京都にいる間だけ、勇を頼みます、と涙を流すおつねさんは美しかったです。

 饅頭、借りていた5両、最初から見ていたら「ああ!」と思うところが随所にあるのも嬉しいですね。
 江戸組を迎える試衛館組、おみつさんにみつかる桂先生と捨助(^^)、と笑わせつつちゃんと、山南さんのことも一言挟むのを忘れない。
 甘味処でのやりとり、山南さんと明里に触発されて(?)所帯持つのが隊で流行るって(^^;;;) 嬉しいんだか哀しいんだか分からないまま、過ぎていった回でした。

 ところで「身請けってなに?」「お金って誰に払うの」と、同居人の質問がとんでも低レベルで泣きます。そういえば「利家とまつ」見てたときにも「しんがりってなに?」って聞いたよね。おいおい・・・・・。

「南くんの恋人」8 ☆☆

 ラスト、ついにちよみと対峙して
「きゃぁぁぁ」
って野村さん。そんな声をパパが聞いたら、息子が襲ってるに違いないと泣きながら止めに来ちゃいますよ。
足跡
足跡和紙にのこるちよみちゃんの小さな足跡?ぺたぺた。
足跡可愛い?!!
足跡この足跡が、小さいちよみちゃん発見の証拠になったりしないのね。ゆるいわ?(^^;;;)
「記念にとっておこうかな?」
って大原くん。君、マニアなんだね??

 ポケットの中身を察しつつも、生身をみる勇気がないまま守ってくれてる大原君。イイコです。そしてお母さんに麗花さんっと。さーあ、知ってる人が増えちゃったぞ?。

 いつもどっしり構えていたお母さん。なんと、知ってたからだったのね・・・。その洞察力普通じゃありません。
 小さな手形が服についてるのを、洗濯するお母さんだけが見ていたとか?
 それとも・・・・お母さんも昔同じ経験があったりして(笑)
 あの、喜怒哀楽の丸々表に出る南パパが、挙動不審丸出しで恋人を守っている姿はそりゃあ笑えるでしょうが・・・心労で倒れちゃうって。無理か?。

 今回も、ちよみちゃんお着替えしまくりで眼福でした♪共布のヘアバンドも可愛い♪

 それだけに、回想シーンの2人だとちよみがデッカク見えるのですが・・・・だからこそ、華奢な南くんの横にいて似合う、小さな女の子になりたい・・・と思ったことがあったら面白かったのにな。
 で、麗花さんはちっちゃくて華奢な子にしてみるとか。ま、いいんですけどね今の巨乳ちゃんでもゴーインな感じで。

「逃亡者」7 ☆

 アブラゼミのUP。
大阪市内ではクマゼミ主流、違うのね・・・・そのセミも足元に転がり、永井は長袖になって季節が代わろうとしています(^^;;;)

 永井、挙動不審すぎ(笑)
あれじゃ、指名手配知らなくても呼び止めたくなりますって。髪を切る気がないのなら、いっそ派手なアロハでも着てねーちゃん冷やかしながら歩いてみなさいって。

 水野刑事は新聞記事から、永井はやっと呼び起こした記憶からたどりついたもう1人の義手の男、田代。哀しいぐらい直接関係ありました。
 そして実行犯だと告白!がーんっ
 彼と阿部ちゃんがイカニモ関係ありそうに描いてありますが、「頼まれた」とは言っても「峰島に」とは言ってないしetc、いかにもひっかけ臭いなぁとか、一応習性で考えてしまうのですが・・・もうダメ、マジメに考えちゃ。

 だって、危険人物宅にのこのこ単独で乗り込む刑事も刑事(それで電動義手だったら、逮捕する気だったんかいっ募金頼むフリでも出来ないのっ)ですが、その後明白に監禁・暴行を受けているのに
「私の証言じゃきっと採用されない」
からって、逃げた男は野放しですよ??解決しないように頑張りすぎだっ
永井の事件どうこうじゃないでしょっあんたの傷はどうなのっっ市民が危険じゃないのっっ!!!

 虐待のカルテ云々から、改竄などの不正を告発しようとして奥さんは殺されたカナーと、またまた習性で考えてしまいました。入院少女のコマとか・・・ああ、考えちゃダメ。

 昔世話になった刑事さんの演技とか、義手の男がピアノ弾いてたらしい(それは辛いよね)演出とか、いいところもあるんだけどなー。
 それと地下室のネズミ!!これはハムちゃん再登場への伏線か??
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ