ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「オレンジデイズ」 8☆☆

 体育の代返は無茶でしょう?。
『2人とも単位停止だ!』と、体育教師のツレが横で怒っております(^^;;;)
 それでなくともこのドラマ、授業って相談事やおしゃべりの背景としてしか出てこないよね。それをみて沙絵が怒る・・・んじゃなく沙絵も手話で私語してるし。世の大学生ってこんなものってこと?

 ともかく。
「いつかカイ君に嫌われるなら、今,酷いこと言って自分から嫌われたい」
という、複雑骨折な心の持ち主:沙絵ちゃん。
 彼女に腹を立てていたカイ君ですが、こんなこと聞かされちゃ怒ったままでいられないよねぇ。まんまとはめられて海へ。そして愛の大告白ですよー。
(手話を笑われてる、っていってた時には居たでしょう親子連れも。なのに押し倒してキスですかい!!百倍恥ずかしいって?)

 そんなわけで無事結ばれちゃって(きゃ?)るし、2人をはめようと協力した茜と翔平もいい感じになってきたし。ラブラブです。
 よーく考えると、永井大とのコトを誰も気にしてないのかとか、先生地獄耳とか、年上の元彼女とは学内ですれ違うこともないのかとか、耳のデカイ子可哀想とか、海にまで自転車持っていくのかよとか、気になることはたくさんあるんだけど、ラブラブです。

 ・・・・なのに、突然のめまいに襲われる沙絵。

 たーのーむーかーらー、この上事故で指がとか、死んだとか、そう言うのやめて下さいね落ち込み

「離婚弁護士」7 ☆☆☆!

「結婚する前に、コーヒー煎れてくれる?」
「恋ですよ! あの眉間のしわは!」
「恋じゃなくて」「見合いしてたのかー!!」

 冒頭で撮影してた天海の見合い写真、大活躍。ラストシーンまであれでひっぱるとは!

 今回の依頼は、30年来の内縁関係を入籍で終わらせるか否か。
 遺産狙いだと決めつける前妻の娘は辛辣で、病院では死にそうだし、どう考えても深刻な内容なのに見事にエンターテイメントでした。
事務所の面々がキャラ立ってましたよね。
遺産遺留分の説明を、シュークリームでする場面も秀逸。もちろん、依頼のカップルがおヒョイさんと吉田日出子だったのも大きいです。

 タイトル通りに、離婚問題のドロドロばかり扱うかと思っていたのですが案外こういう、結婚ってシステムもいいものじゃないって話もあってほのぼのさせられます。
 主人公の雨宮(天海)がぜんぜん結婚する気ないだけに、この経験から結婚観が変わっていったりしたら楽しいナーと思いました。

 アメリカの連ドラみたいに、だらだらずーっとやってくれたらなぁ。そのうちに、雨宮が依頼人の男性に惚れちゃったり!と思ったら裏切られたり!立ち直ったり!いろいろ妄想しだしたら楽しそうです笑顔

「新選組!」5/23 ☆☆☆

 え、赤穂浪士のコスプレ??

 浅黄色だ、隊服だ!!
 新選組、といえばやっぱコレでしょう。やぁっっっっとここまで来たかと感激もひとしおのダンダラ羽織なわけですが・・・・・。
「やぼったい」の?
 お梅ねえさんのイケズなの??
浅黄が「武士の覚悟の色」だというのは初耳でいい感じですが、決して当時の最新流行だったわけではなさそうですね。・・・この後名をあげれば、評価も上がるってことでしょうか。

 このところ幅をきかせてきた鴨さんが、とうとう主役かという勢いの回でした。
偉そうに手下を従えていても、突かれると弱い恥部がある。
またそこを、容赦なくえぐるんだ桂が(TT)大人げない・・・・。
 鴨を泣かすな(^^;;;)

「愛し君へ」6☆

 追いかけて長崎。でもがっかり。

「***(死んだ弟)に会いに来てくれたと?」
 四季を見てのお母さんの一言。ご、ごめんなさい、違うんです。生きてる人に会いに来たんです。
そう考えると、失明したって命さえあればいいやって気に・・・・。

 そして安曇家に泊まる四季ちゃん。
・・・医者だから?
夜にはお母さんと床を並べていてびっくり。 あんた安曇家の何?
 安曇兄がベーチェット病を母上に告げる、そんな大事な日に居合わせること自体がどうにも無神経な気がしてなりません。

 ・・・バスケの試合を見て、息子の墓に結果を報告してあげるお母さん。
「丈夫に産んでやれなくて、済まなかった」だなんて!(号泣)
 お母さんがらみの場面はきちんと涙腺を刺激してくれるのですが、主人公が何を考えているのかさっぱり分からなくて感動が薄れます。
 ラスト突然抱きしめてましたけど、ねぇ。別れた彼女のことはもういいんだ?

 四季の家族側も、受けた電話でいきなり
「失明する奴と」って・・・。
 弟に交際を反対させるにしたって、もうちょっと聞かせ方があったと思うのよ。

「オレンジデイズ」7 ☆☆

 カイって下僕。

 姫の暴力に耐え、勝手な呼び出しに息を切らして駆けつけてくる下僕。
しかも、他に恋人ができそうだと身を引く。
『近すぎて』カイが好きかどうか分からないという沙絵ちゃんですが、幼なじみでもあるまいし?
 ここまで書いていて「春琴抄」を思い出してしまいましたよ。
(そうかー、その昔から障害は恋愛を盛り上げて来てたんだ?)

 そんなわけで、永井先輩との恋は砕け散り、傷心の沙絵が打つメール。翔平を呼べばいい、と思ったのですが。
 なぐさめに一晩抱いてくれたりして(^^;;;)
『好きでもない男取り合って喧嘩するのよそうよ』
どころじゃなく、揉めますよ?。

 でも、純愛路線日9ドラマでは下僕君が駆けつけて来るのでした。

(右手に握った恋が空だったのなら)
「左手を開いてみて・・・そこに僕はいない?」

 うおー、見てるるこっちもこっぱずかしい?!!!
カイ君たら、妹の少女漫画でも読んで育ったんでしょうか?
いいからさっさとつき合っちゃいなさいって!!
(このセリフまで、恋愛抜き発言だったら怒るゾ)

 予告の、海辺の告白が楽しみです。ワクワク笑い
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ