ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「バツ彼」11 ☆☆☆

 うわー、「会社のただの後輩」ちゃん、送り羊!!

 いい年した男の朝帰りなんて、ホントはどうでもいい話なのに可笑しい(^^;;;)
聞いてる恭介がメッチャ嬉しそうなのと、聞かれるままに答えてる陽平の狼狽ぶりがいいんですよ。

 でもねー。 笑いながら見てるんですけどねー。
どういう女がいいのかっていう基準が結局は、料理上手やボタン付けなんだよね。そこのところは、がっかり。
 家事も仕事もできなくて、気も合わないけど、身体の相性だけはバッチリ!なんて女じゃやっぱりだめなのね。せっかく(?)関係もっても、毎回記憶がないんだもん。男性陣いい加減にして下さい。

 酒飲み、仕事好き、ゴミの分別適当、な真矢ねえさんのキャラは面白いナーって思ってたのに、妊娠であっさり恋愛戦線離脱。この辺、もったいないです。
 それとも、あと一回でどっちかとどうにか・・・今更なられても困るか。

 ラスト、高校時代に好きな娘にふられた、と告白する恭介。えー。
初体験は中一です、とでもいいそうな男が高校でそんなにウブかったですか??なーんかとってつけたようです。
 叱ってくれる人=好き なら陽平でいいじゃん、もう。って毎回書いてる気がする。

 シンガポールに引っ越す元奥さん。顔が出ません。無駄にキャラが増えないところ、好きですね。

「逃亡者」9 ☆

 永井、散らかしすぎだっ他人の家だと思って。

 田所が戻らないのをいいことに、やりたい放題永井くん。
レコード店の包みに目を留めたときには、思わず聞き始めちゃうかと思いました。(ほら、大掃除の途中に本を読み始めちゃうみたいな・・・^^;;;) もういっそ、ゆっくり風呂入って着替えればいいのに。田所の服なら着られそうだよね。
 おまけに、水野刑事登場。監禁暴行されたばかりの家にまた侵入って、びっくりです。
海外物なら、主人公と女刑事。ここでちょいと濡れ場でもありそうな・・・?

 そうそう、朝日新聞のコラムで島崎今日子さんも書いてますが、これのどこが「逃亡者」なのかと。下手に原作のイメージでいろいろ期待するからがっかりするんですよね。
 始まりがちょっと同じなだけなら、”原案”と断りをいれて別のタイトルにしてくれたらそのつもりで見ていたのに。(ほら、「東京湾景」もそうですよ・笑)

 ともかく、拳銃持って助手席乗ってるんなら行き先は警察だ!!
すんなり送り届けてどうするんですか、水野刑事。永井も、銃で脅すとか、走ってる車から飛び降りて画面を盛り上げるとか、もちょっとお互いの立場に気を遣ってくれないと(^^;;;)

 峰島と永井の対決が、先週の和解の後なのでハラハラしないのは「第四の欲求」でカオスさんも書かれているとおりです。

 どこかにいるりく君。
枕元でお母さんの死や、犯人は父親だなんてニュース流れているじゃないですか。聞かせないで、あんなこと〜っっ!! 最後、りく君の目の前で誰か怪我したり死んだりするのもやめてよねっ。
 犯人探しよりももう、りく君が傷つかずに日常の生活に戻って行かれる最終回だったらいいと願うばかりです。

「新選組!」9/5 ☆☆

 捨助・・・文盲??

 あのハタキが密書なのは、びっしり文字が書いた紙なんだからわかりそうなものです。 ・・・っていうか、リサイクル都市お江戸では、反古の紙でハタキ自作って日常的なことだったのかしらん。
 まー、そこが捨ちゃんの捨てちゃんたる魅力で(^^;;;) かえって、新品のハタキ届けりゃいいってもんじゃなかったと気づいたコトが”らしく”ない(笑)
 後、新選組と鉢合わせしたのに隊士が捨助だって気づかない。そっか、昔からのメンバーじゃないんだね、っとしみじみしました。
(「できる・・・!」はお約束 ^^;;;)

 先週リアルタイムでみたのに、台風だ地震だ最終回2つだで、すっとんでしまっていました。新選組。
 後はなんだっけー。
 近藤が妾かこってる(んだよねー?まさか清くはないよねー?)というのに、妙にさばさばと「奥方様」と紹介したり呑み会に連れてこいとかいってる男ども、当時はこんなもんなんでしょうか。どっかむずむずします。
 妾なら妾で、いっそ鴨とお梅みたいな方が納得いくのに?。

 総司とひでちゃんの別れは切なかった・・・!!
いくらでも会えるのに、お互いの為にもう会わない。ああ、そんな愛の形・・・・!!(でも、総司がひでちゃんと同じくらい本気だったとは全然思えないんだけどな??)

 そんなわけで、多摩での勇夫婦や山南と明里みたいな結びつきや、いっそ鴨とお梅までいった関係には文句ないのですが「恋愛」になるとなんだか納得がいかない「新選組!」でした。
 先週の「おりょうさんをくれ!」といいだす捨助も突然だったしね。

「世界の中心で、愛をさけぶ」10、最終話 ☆☆☆☆

 「がんばって」

 アキの絵本。ああ・・・コレをきちんと受け取っていたら。灰をまけていたら。葬儀に参列できていたら。死に目に立ち会えたら。 こんなにも長く現実から目を背け続けることもなかったのかもしれないのに。
 でも、浮上しつつあるその時にアキのお父さんにきちんと会えて「もう充分だ」と言ってもらえたことはとても大事だったかも。・・・自分でも薄れつつある娘の記憶を、抱いてくれた人がいたことを知ったお父さんにとっても。

 いやー、泣いちゃいました。
 死ぬのは分かっているので気が進まなくてビデオ溜めていて。でも結局この見方は正解だったようです。最後、幸せそうに生活する朔やその後のみんなの姿や・・・・一番幸せだった時のアキと朔を見て終わりに出来たので。  ああ、思い出すと鼻水が。

 実は、恋物語、として見るには気持ちが寄り添えません。
あまりに完璧なアキ。取り乱したのなんてホンの一瞬。先生に、友人に、お別れの言葉を残して笑って死んでいくなんて!旅支度の為に朔が忍び込んだアキの部屋の、なんと整然と整っていることか!
 空港でだって、『あー、車椅子が借りられるのに朔』とイライラ見ていましたが、あそこまで体力消耗しちゃったのが「朔に迷惑かけられない」からって この重病人が!!

 でも、2人をとりまく両親同士のやりとりなどに泣けちゃうんですよ?。

 結婚衣装の写真を、アキの祖父母も欲しいという。
そうだよね、朔に大好きなおじいちゃんがいたように、アキにだって親戚がいて、可愛がられて育っているんです。朔だってアキを愛しているだろうけど、それとは違う愛がもっと長く続いてきた愛があちらこちらにあるんです。
 人が死ぬと、周りの人間は哀しい。恋人や友人だけじゃなく親や親戚も哀しい。
 このあったりまえのコト、でも原作ではポッカリ欠けていコトがきちんと描かれていて、ぐっとドラマに集中できました。

 そりゃ主人公は朔で、彼が廃人から回復していくのは嬉しかったのですが、やっぱりどんなに泣いても悲惨でも「自分のために泣いているだけ」という朔パパの言葉は的を射ていると思ってしまいます。
 きみは東京に逃げたじゃない。
 でも、アキの御両親は、娘が好きだったクリームコロッケを、その娘が居なくなっても2人きりで食べ続け、カーテンも家具もそのままに娘の居なくなった家に住み続けていたのよ。

 ・・・これってババ臭い見方なのかしら・・・。

 話数を確認するために公式サイトを覗いてビックリ。
来週またスペシャルがあるんですって?えええ〜、そういうのは要らないよ。先週泣いた自分がハズカシくなっちゃうじゃない。

「南くんの恋人」10 ☆☆☆

ちよみとおじいちゃんとご対面?!!! やったーっ

「私の恋人の南くんです」と紹介して、プロポーズもして、ちゃんと認められた仲になりましたよ2人!!やったー!
 ウェディングドレスも着て見せました♪
かえって「思い残すことはない」なんて言われて逆効果だったかな??

 細かいツッコミはまあ、いいや。
それでもひとつ、ひとつだけ・・・・。ウェディングドレスなんて大事なもののデザインを、本人抜きで決めるのは非道くないですかっ??(仮縫いもせずに?!!)
 結局気に入ってたからいいけど。それって、手伝った妹の腕?それとも南くんが服飾の道に進む伏線なんでしょうか(^^;;;) 浴衣も縫えるしねって??

 ちよみを目撃しちゃった南パパ!!
ありえない顔で固まってるの、サイコー!!素敵?!!

 昼間っから酔っぱらいな田辺先生。天国からのちよみママの声でいきなり”身近な人”に目を向けたのには笑ってしまいました。「セカチュー」の朔にも誰かしてあげれば良かったのに。

 泣き顔の写真撮っちゃ、ダメですよ。
メッチャ笑顔の写真なのに「実はその後」と、哀しい泉の話をされて居心地の悪い南くん・・・ってどうでしょう。

 来週は奇跡の泉です。元に戻るよね??
(葬式は、お母さんのお友達夫婦のだとみたっ)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ