ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「愛し君へ」 7☆

 前回、空港で初めて抱き合って。・・・で、結婚??
さすが、大人の恋愛は決断が早いわーと、「オレンジデイズ」と並んでみてるからよけいに思います(^^;;;)

 ていうか、”支える=結婚”なんですね。
 病気云々は脇に置いて、一緒に暮らすって言うのは愛とは違うものさしが必要だったりするんですけど、その辺『愛は盲目』?(ハイ、座布団一枚取って?)

 東京で、引き払った筈のマンションに戻ってきている安曇さん。
 同じベーチェット病の患者さんに会って、帰り道ずっと目をつぶって四季を頼りに家にたどり着く、という場面はとても美しかったのですが、そこがあのマンションだなんて。
 いつ元カノがヨリを戻しに合い鍵で入ってくるのか、ハラハラしちゃいましたよ。・・・考え過ぎですねぇ。
(それから四季ちゃん、階段では手すりにつかまらせてあげてね。)

 お父さんに会って、結構気に入られて、病気のこと言おうとしたのに言えなくて。
伊藤美咲と娘が、このジャマの為にだけ居たのか?と思うとなんですが、お父さんが自分から調べて病気のことを知るという展開はやっぱり盛り上がるモンねー。
 良く病名覚えてました。お父さんエライ!!

 そして・・・いいなー。小児科医と同居の子育て。

「新選組!」5/30 ☆☆

 わー、竹なんだ。(隊旗の竿)

 浅黄色の隊服と並んで印象深い「誠」の旗。これがまさか試衛館の「試」に似てるから、だったなんて(笑)
 方向音痴キャラ照英の
「(腹痛の時は)食べたモンを思い出して、一番先に浮かんだのが・・・」
と並んで、三谷さんらしいくすぐりだな?と笑って見てました。
 あとツボは、本当にメチャクチャ肌が美しい土方さん(エステ行ってる??)と、ヤクザに「いっしょに行って・・・謝ってやる」と言い切るぐっさん。

 で、相撲取りと喧嘩ですよ鴨さん。道をふさいだぐらいで殺し合いって、もう殿方にはつきあいきれませんわ・・・・。
 せっかくの、「小兵ながら技が面白い」まさに舞の海な関取だったのに(^^;;;)
それにデブ斬ると、脂肪で刀が鈍るとかいいませんか。

 初めて人を斬って、なんだか嬉しげな沖田は怖かったです。
近藤の初めての時とは大違い。
相撲取りの通夜に行こう、という姿勢も流石、真っ直ぐな近藤です。・・・それがいつどこで変わるのか、真っ直ぐなまま逸れていくのか、見たいような見たくないような。

「ワンダフルライフ」 7☆☆

 出た〜桐島2号!! そして、それじゃダメなんだと諭す桐島!!

 子供がホームランを喜ぶのって当たり前で、褒めもせずにバントしろしろ強制するのも無茶なんですが、それを桐島が言うのがミソです。
 子供もそこで唐突に「八百長したくせに」じゃなくて(^^;;;)
「監督だってバントなんかしなかった」ってまず言って欲しかったんですが、しょうがないや。

 今明かされる、5年前の八百長疑惑!!
「金に汚い」ってそのことだったんですね。大人にはちょっと前、でも子供には大昔の出来事。

 その辺の経緯を、TV生放送中に語り出す桐島です。
 ホームランしか眼中になかった自分の我が侭で、チームメイトに迷惑をかけたと。
公共の電波で懺悔って大げさですが、目の前で語られるより子供も素直に聞けて、しかも”とても大変なこと”って気になりますよね。
 「本当の英雄ってのは」と、ずっと地味な存在だった元チームメイトを賞賛できる、桐島も大人になったじゃないですか!!(3千万円を棒にふるってのは、どうかと思うんだけど?)

 おまけに、問題の子がバントをしての初・逆転勝利!!
スローモーションになるだけで涙がこみあげてくる、ノセられやすい観客です私(^^;;;)

 そして今回のツボは、まるで夫婦な2人。
呑みにつき合い、TV局にも付き添い、居間でTV見てくつろぐ桐島とみずきちゃん。めっきり家族ですよ。
 この回から観た人はフツーに、小学生の子供のいる夫婦がおじさんの焼肉屋に間借りしてると思うのでは??(やっぱり居候、妻坂・笑)

 こーんな感じにわかりやすくほのぼの路線がいいんですけどねえ???予告が不吉で不安です。
実は拾った猫が死んだ、とかじゃなくて??なくて??困った

「オレンジデイズ」 8☆☆

 体育の代返は無茶でしょう?。
『2人とも単位停止だ!』と、体育教師のツレが横で怒っております(^^;;;)
 それでなくともこのドラマ、授業って相談事やおしゃべりの背景としてしか出てこないよね。それをみて沙絵が怒る・・・んじゃなく沙絵も手話で私語してるし。世の大学生ってこんなものってこと?

 ともかく。
「いつかカイ君に嫌われるなら、今,酷いこと言って自分から嫌われたい」
という、複雑骨折な心の持ち主:沙絵ちゃん。
 彼女に腹を立てていたカイ君ですが、こんなこと聞かされちゃ怒ったままでいられないよねぇ。まんまとはめられて海へ。そして愛の大告白ですよー。
(手話を笑われてる、っていってた時には居たでしょう親子連れも。なのに押し倒してキスですかい!!百倍恥ずかしいって?)

 そんなわけで無事結ばれちゃって(きゃ?)るし、2人をはめようと協力した茜と翔平もいい感じになってきたし。ラブラブです。
 よーく考えると、永井大とのコトを誰も気にしてないのかとか、先生地獄耳とか、年上の元彼女とは学内ですれ違うこともないのかとか、耳のデカイ子可哀想とか、海にまで自転車持っていくのかよとか、気になることはたくさんあるんだけど、ラブラブです。

 ・・・・なのに、突然のめまいに襲われる沙絵。

 たーのーむーかーらー、この上事故で指がとか、死んだとか、そう言うのやめて下さいね落ち込み

「離婚弁護士」7 ☆☆☆!

「結婚する前に、コーヒー煎れてくれる?」
「恋ですよ! あの眉間のしわは!」
「恋じゃなくて」「見合いしてたのかー!!」

 冒頭で撮影してた天海の見合い写真、大活躍。ラストシーンまであれでひっぱるとは!

 今回の依頼は、30年来の内縁関係を入籍で終わらせるか否か。
 遺産狙いだと決めつける前妻の娘は辛辣で、病院では死にそうだし、どう考えても深刻な内容なのに見事にエンターテイメントでした。
事務所の面々がキャラ立ってましたよね。
遺産遺留分の説明を、シュークリームでする場面も秀逸。もちろん、依頼のカップルがおヒョイさんと吉田日出子だったのも大きいです。

 タイトル通りに、離婚問題のドロドロばかり扱うかと思っていたのですが案外こういう、結婚ってシステムもいいものじゃないって話もあってほのぼのさせられます。
 主人公の雨宮(天海)がぜんぜん結婚する気ないだけに、この経験から結婚観が変わっていったりしたら楽しいナーと思いました。

 アメリカの連ドラみたいに、だらだらずーっとやってくれたらなぁ。そのうちに、雨宮が依頼人の男性に惚れちゃったり!と思ったら裏切られたり!立ち直ったり!いろいろ妄想しだしたら楽しそうです笑顔
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ