ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「オレンジデイズ」6 ☆☆

 何様だこの女。

 いえ、沙絵は可愛いですよ。
恋文男の『俺、どうかな』に返答に困るの、可愛かったわ?。
 同じラウンジでピアノ弾くなら、絶対こんなカワイコちゃんですよ。女の私だってそう思いますよ。クロゼットにごっそり、デートにだって凄すぎるだろうってドレスが並んでいたって(ステージ衣装?)似合うからいいですよ。

 でも、平穏な夕焼けを健康に見上げる幸せを莫迦にしちゃいけません。
カイ君も『君は特別』みたいに肯定しちゃいけませんって。
(若い子はこういう存在に憧れるんでしょうか。私は平凡な日常の幸せがいい。)

 主人公2人が微妙な距離のままライバル?永井大登場!の間に、別の恋はメチャ進行しましたよ?

「私が好きなのはあなたなの」
茜から告白するんかーい!!
「マクドナルドのシェイクみたいに人の心かき回して」
爆笑。翔平のこの台詞は格好いいんですか??
 その前に、即答で誰かフラれてましたけどまあいいや。

「君があんまり可愛くて、手話みてなかった」
そんな天然コロシ文句に同意しながらも・・・ねぇねぇ、沙絵の授業って誰かサポート入ってるんですか?実はまだ真帆さんが横でワープロ打ってくれてたりしたら怖いです(笑)

「新選組!」5/9 ☆☆

 沖田失恋。

 おみつさーん、離れてる間に弟が生意気になってますよ?。
「俺に気があるんじゃないかな」ですって(笑) 自信満々は姉ゆずり??
 それが、梅さんと鴨のしっぽりいい場面に出くわしてプシューっと萎むところは見物でした(^^;;;)
 その梅さん追放会議に乱入、さらっていく鴨さんも・・・お梅ネエさんに転がされている様にみえますよ?京女は恐ろしい!!

 そんな間も、偉い人達は政治に余念がないわけです。
まずい仕事はシッポの壬生浪士組にまかせちまおうだの、組は組で組長を2人にしようだの役職はどうだこうだの内輪もめ。

 ここでの出色はやはり山南さんですよねー♪
「局長というのはどうでしょう」
って、”誰がそれになるか”で揉めてんですよ、呼び方なんか提案している場合ですか!!
 国際政治(って、大和の国々の力関係ね)分析には目端がきいても、身近な権力にはとんと興味がないって・・・・超越してます。
 ヒラ組員が源さん一人に、というのはお約束

 オダジョーの過去もちょっと明らかに・・・・。
 親睦相撲会で、なかなか脱がない斉藤ハジメ。刺青か?もアリですが、私はもの凄い刀傷があるのかと思ってました。で、昔の切腹傷を自慢していた山本が
「負けた・・・」
って言うのかナーって。考えすぎでした(^^;;;)

「ワンダフルライフ」5 ☆☆☆

 桐島「元、スーパースターの桐島だ」
みずき「今は落ちぶれて、少年野球の監督やってるのよ♪」
夫婦漫才でも始めるんでしょうか(^^) 

 今まで夜逃げしていったお店の人達は、みんな同じ銀行からお金を借りていた!!
ショッピングモール拡大を狙う銀行側と、商店街の対決が、なぜか野球で行われることに・・・。


 みんながお金の話で揉めている間も、全く興味なく食事している桐島。その辺、変に熱く首つっこまない人です。
 なのに、副社長の病弱な息子を挟んでの売り言葉に買い言葉から、乗り出してくる桐島。勝負事には敏感なのよね(^^;;;)

 でもさー、いくら甲子園予選で対決した仲の副社長とはいえ、ついこの間まで現役だったプロと素人の対決って?と思っていたら、一球目から肩を押さえて転がる桐島。
「やっぱり借金の当事者が対決するべきだろう」
と、ボールは八百屋さんりんご(田口)へ!!

 ここで、初めからそのつもりで勝負吹っかけて肩痛はウソなのか、本当に投げられなくての苦肉の策なのか、判断不能な桐島のキャラクターが生きていますね♪

 マウンドに立つ八百屋さんの向こう、外野には、父親を”負け犬”呼ばわりした息子が!!
逃げない背中を見せてやる、それが父親の仕事なんでしょうか?。(そして、次回の別れた妻再登場に繋がるのかな??)
 親子の共同作業でアウトになった時には、思わず涙ぐんでしまいましたよ。こういうの弱いんです。

 更に今回も西村さんは大活躍!
親父セーターでショッピングモールを歩き、副社長に詰め寄り、終いにはキャッチャーミットもかぶってくれましたっ(御本人の公式サイトに、収録風景が出てましたよ)

 欲を言えば、みずきと桐島のやりとりはもっともっと面白く出来ると思うのですが・・・ま、いいや。ジャガーズにも新メンバーが加わって、満足でーす。

「愛し君へ」4 ☆☆

 150万円のバッグをもちながら、婚約指輪を露店でねだる女。可愛いなぁ。
「仕事半分、恋愛半分」
と悪ぶっていた安曇(藤木)さんでしたけど、本人目の前にその言葉で四季に紹介するところなんて、気持ちの通じ合う素敵なカップルに見えました。
 なのに、失明する、と聞くとやはり後ずさってしまうのね彼女(涙)
「しょせん、そんな(金や地位で男を選ぶ)女なのかな」
と自虐する彼女も苦しんだとは思うのですが・・・
 後悔するぞーっ。
他の”有望で健康な”男と結婚したところで、その人が未来永劫五体満足な保証なんてないのだから。

 賑やかな四季の家を訪ねる安曇さん。さぞ救いになったコトでしょう。
でもさ、若いのみんな病気のこと知ってたんだよ??
もっと遠い仲ならともかく・・・面識あるじゃん。誰だか分かる形で話すだなんて、四季!ダメだぞ!!守秘義務はどうした??

 せっかく強がって全て黙っていた安曇さん、四季が病状を知っていたと分かって激怒。(ここ、カッコ良かったわ・・・・)そりゃそうですよぉ・・・。

 とはいえ。
時任先生には、失明の話してましたよね。廊下で。

 四季先生だけ知ってちゃいけないのは何故だ。 友人sに話していて怒るなら(その為に、特に必要もないのにバラしたのかと思った)ともかく。

 ああ。そういうこと気づかずにドラマに没頭したい。雨の中のフジっきーは美しかったです。でも気になる・・・・。

「菊亭八百膳の人々」6☆☆☆

 借金が一千万??

 現代でも大金なのに、昭和30年頃の一千万だなんて目玉が飛び出ます。頼むよ若旦那、素人が相場に手を出すと火傷するってば?(TT)
 でも若旦那福治郎も「八百膳の味を日本中に」広めようと、真剣に考えた結果なんだよね。
 張り倒された後、汀子さんの胸で泣く福治郎・・・・。襖の向こう、立ち去る小鈴・・・。

 実は冒頭5分見逃してしまいまして!!!
 前回の告白(?)がどうなったのか、気になっていました。するとこの場面、若旦那と汀子さん夫婦の絆をみせつけられ、傷心で立ち去る小鈴・・・と見えるのですが、違いましたね。

 新妻みどりさんも、小鈴が店に泊まり込んでまで料理に没頭し、家に戻らないのは汀子さんの為と思いこんで家出までしてしまうのですが。実は!!
「若旦那のためだ」
なんと?!!
 恩返しの為だったなんて。そして、今の自分の心には
「お前だけだ」
だなんてっっ!!普段の無口がどうしたことか、ぐっとくる名台詞並べるじゃないですか、小鈴さん?!!
差し出されたハンカチごと、小鈴の手を握り寄せて泣くみどりさん。その手にまた、もう片方の手が重なって産まれる新しい夫婦の絆・・・・。

 なんともムードのある名場面ですが、覗く福治郎と汀子がコミックリリーフ(^^)v
神社の石段で高笑う場面といい、この2人面白いよね。そして夫婦ってしみじみいいものです。

 しかし、好事魔多し。

 握り会う小鈴の手に巻かれた包帯、指の傷。
調理場で1人涙を流す小鈴の指は、どうなるの??
 そしてどうなるの八百膳?、来週で終わりだなんて早すぎる
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ