ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「エンジン」1 ☆☆☆

「貴方はもう終わったのよ」
面と向かってなんてことを。・・と思ったらどうやら昔の女。「貴方とは」という意味もあったのでしょうか。キスを2度試みるもいなされるキムタク(^^;;;)
 こういうカッコ悪い場面でも、惨めにならない持ち味がキュートでした。

 というわけで、フツーに面白くみちゃいましたよ?

 海外で活躍するレーサーと日本の児童施設。どうやったら接点あるんだよと思ったら、シンプルに家族でしたか!参りました!
 ボクサーだって野球選手だって、所属先がなくなってもトレーニングは出来るだろうけど、レーサーだけはそういえば、マシンをもらえなかったら ただの人 なわけですね。
「まだ走れる」
のに行き場がない次郎(キムタク)が、小学生の自転車勝負みてまで辛そう!

で、子供達ですが。
”親に捨てられた子供”
”どれだけ必死に探すか試している”
 なんていう切り口は、「瑠璃の島」と重なるしで正直デジャビュ。また今回メインの子役が可愛げなくて辛いんですが、仕方ない。可愛くないから戻されてきた子なんだもんなー。
(いやでも制度として、そんなこと可能なワケないと思うんだけど??)

 この先、子供達一人一人にスポットが当たったりしてめんどくさくならなかったらいいなぁ。ただ、どの場面でも次郎が口を開くと場が和らぐのよね。

 賢くてマジメで空気の読めない小雪vsムードメーカー次郎くん。恋には全然ならなくていいから、掛け合い漫才をもっと見せて欲しいですね♪

 終盤の高嶋礼子のセリフ
「ここの子供達は早く大人になろうとしている。子供のままの次郎の様な人が必要」(大意)
で、次郎のキャラや、彼がココに来た意味がメッチャ生きてきたと思います。うーん、職人だわ井上由美子。

 さて。いい味だしてるベテラン、お姉さん(松下由樹)お父さん(原田芳雄)に囲まれて期待の堺雅人はどうなるんでしょう。

 久しぶりで月9がちょっと楽しみです♪

「汚れた舌」1  ☆☆☆

 オープニングから大受け(^^;;;) あれは笑わせようとしてるんでしょうか、どこをとっても濃い濃い。

 とりあえず、ヒロイン千夏(飯島直子)が父親を死に追い込んだ男(藤竜也)を憎んではおらず、逆に恋愛関係にある、と確認できてホッとしたりして。これで母親の教えるまま『会ったら必ず殺す』なんて思ってる方が怖いよね。

 千夏と出会って、不倫を夢見ちゃってる3代目社長(極楽とんぼ加藤)
 彼と同い年で、亡くなった先代に19才で後妻として嫁いだ”おっかさん”こと森口瑤子。この2人にも肉体関係はあるのかないのか。どっちにしろ3代目の揺れる心を逐一見抜いてする嫌がらせが楽しすぎます(笑)
 そして、ジジイへの色仕掛けで貧乏からはい上がってきた、と明け透けに聞かされて育った息子(=色仕掛けの結果誕生)が可哀想すぎ。でも、すごいなぁと感心したのはそういう母を息子が嫌っていないこと。
 過去の屈辱をあげつらい、狂気を滲ませてくる母親を置いて部屋を出るのではなくて・・・寄り添って手を握ってくれるんですよっ

 そういえば千夏も、明らかに常軌を逸している母の相手をちゃーんとしてあげているよね(騙してはいるけど)
 色恋に狂っても、親子の情は別 という話なのでしょうか(違)
 共感できる人は1人もいないけど、着地点が不明でワクワクします。

「恋におちたら」1 ☆☆

 システムダウンの原因を瞬時に分析、いとも簡単に復旧してみせる・・・・のに、『ウィルス仕掛けた本人かも』とは疑わないのね会社の人(^^;;;)

 父親の零細ネジ工場を継ぎ、彼女いない歴更新中の主人公、鈴木島男「アイランドの島に男です!」君(草なぎ)
ガツガツと働くよりも、身の丈に合った幸せがあれば・・・派。そのつましさ、人の良さ、ダマされ易さは記念物ものです(「いいひと。」思い出したわっ)

 ワイハ旅行も母親連れだよ。
そこで出会ったIT社長と美人秘書が、彼の人生を変えていくのか・・・という1話。

 シャンパングラス片手に会社発展の展望を語るIT社長。末はハリウッドですかぁー。思わず惚れそうでした。呆然とみつめる島男くんの胸中やいかに(笑)

 冒頭、工場家族の食卓後ろ、TVの中でIT社長(堤真一)が演説カマしていて内容がいちいち島男くんの発言と対立しているのが芸が細かくて笑えました。
 直前見ていた「夢で逢いましょう」のIT社長が、前フリもなく出てきたのとは大違いですよ。

 そして、ハッピー旅行から帰るなり工場は倒産、お母さん急逝、警備に就職と人生怒濤の急展開。
 お母さんの病名や、金持ちと貧乏人の棲み分け・・・を説くのが何故給仕のサトエリ?とか、ツッコミたい部分もその分増えますが連ドラらしいワクワク感は嬉しいところです。

 今は貧乏人島男くんも、その昔は新聞に載るような・・・そして、IT社長がその切り抜きを大事にとっておくような人だったんですってよ。
 その辺、次で語られるんでしょうか。

「夢で逢いましょう」1 ×

 ぬるい。ゆるい。たるい。

 笑うに笑えない、かといって文句をつける要素もないまったりとした時間が流れていきます。中高年がターゲットなんでしょうか?
 今時、ぶつかって本を取り落としてボーイミーツガールだなんて!しかも幼馴染みかい!
 IT御曹司の出現にまるで伏線無し。取り合い無し。

『ここ、笑うところかなぁ?』
『この人、カッコイイの??』 疑問だらけよっ

 父(長塚京三)と娘(矢田亜希子)のすれ違い、お互いに偽装恋人を連れてくる顛末やら、売り言葉に買い言葉で
「結婚してやるー!!」
と引っ込み付かなくなってしまういきさつは楽しいンですよ。
 でもそれを、のんべんだらりと見せられても。

 脳裏にずっと”笑わせたかったらこう来るでしょう〜??”という代案がぐるぐる渦を巻いてしまいました。
 キラリーンと効果音&CG光背負って登場する御曹司!「私が玉の輿にのるのよ」とヒロインを押しのける猫背椿(出てないけど)

 でもまぁ、なんでも笑いたがる私がいけないのかもしれません。リリカルなホームドラマを楽しみたい人と長塚ファンの方にはきっとおすすめ。

旧作レビューまとめを本館にUP

新ドラ続々始まりましたね?♪<br><br>
それはさておき、旧ドラマレビューいろいろまとめて MENUにUPしました♪


世界の中心で愛を叫ぶ
相棒3
南くんの恋人
乱歩R
離婚弁護士
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ