ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「バツ彼」5、6話 ☆☆☆☆

 ベッドシーン(ていうか翌朝)でこんなに笑ったの初めて。
毎回毎回、ヤッタかどうか相手に聞かなきゃわからないってこの男は?(^^;;;)
 更には、こっそり帰ろうとして陽平と鉢合わせしたときの声にならない声!!
ほらほらまた絶交されちゃうよ??

 その絶交もね、なんなんですかこの腐れ縁な男2人は(笑)
 別々のデートで、相手を褒めたり昔の話を延々・・・・って、もうあんた達でつき合っちゃえばって気になりつつも(^^;;;) 可愛いなぁ。

 このドラマ、主人公恭介がモテモテなのは分かるけど、対比としてダメダメに描かれてる陽平くんが、決して相手に嫌われているわけじゃない・・・・「本当にいい人」で主人公も含めみんなに好かれているのが味わい深いんですよね?。
 ”真逆な2人”だけなら良くある設定ですが、電車内の姿勢ひとつとっても、すっごく丁寧にありえなく真逆で好きよー。
 で、「ただの会社の後輩」が、ついに参戦してきましたよ?、ナントカかぼちゃ持って!!

 自分が好かれていたと知って驚くにぶちんな陽介。
でも、章子さんだってデートの前、陽平が本気だと聞いてあせってたし(笑) 自分への視線に気づかないというのが、恋愛下手の原因なのでしょうか。
 はっ私も誰かの熱い想いを見過ごしてるとか????

 事前情報では、「高橋克典がもてまくり」と聞いて見るはずなかったドラマなのに。今や我が家でイチオシはこれです(^^;;;) 病気も苦悩もなくて、お気楽だし〜。
 芸達者が揃って、かぼちゃの名前ギャグまできっちり落としてくれます。最終回もあせらずにまとめてほしいなー。いっそ、どのカップルも上手くいかずに初回にもどったっていいんだし。

「人間の証明」5 ☆☆

「絶対結婚させてやる!」と上司(笑)

この前は小説を読ませてやりたくて、こんどは嫁!
青二才の家族論なんか黙って語らせてやって、本当に優しい上司ですよね。そして棟居に「人間」になれと言ってくれているわけですよ。
(・・・・え、まさかタイトルってそういうこと??)

 記憶にも靄をかけて、見ないように行かないようにしていた横須賀。捜査で訪ねた裏路地は、まさに棟居の父が殺された場所だった!
 この辺、日時も年頃も確認せずリンチ殺人=「俺の父だ」となってしまうのは謎なのですが、戦後もずいぶんたった設定で、そんなことが年に何件も起きるモノではないぞってことなのでしょうか。
 また、個人的にはリンチの詳細なんかより、『子供が泣いていたわ』って記憶を語って欲しいのですが・・・その辺はしょうがないか。

 現場ではかなり錯乱していた棟居ですが、逃げていた過去と向き合った事実は彼を大きくしたようです。幼なじみに「行って来たよ」と語る顔は暗くなかったものね。
 自分をしっかり持つためには、辛い記憶も捨てちゃダメってことでしょうか。
 それが、どうやら過去を捨てたらしい知事候補マダムにリンクしていくのでしょうか。

 もうひとつ、清涼剤は中年連盟です。
 どうせ家出して愛人と一緒だよと毒づく刑事に、キッパリと否定。
「私がその愛人ですから」
 更には、セックスのこと聞かれてバカ正直に答えて怒られてる(笑)

 風間杜夫の愛人さん、見て見ぬフリのできない人らしいから・・・事件が解決してもなにくれ、足りないモノはないかとか様子を見に来る仲になりそうです(それでまた、ケンカするんですよ・笑)
 

「せかちゅー」6補足 こんな女子高生はいるのか??

 無人島から無菌室へ。
一気に針がシリアスに振り切れたので忘れていましたが・・・・あの夜、果たして2人は結ばれたのか??

 ドラマとして、その辺ぼかしてあるのは正解だと思います。
 心情としても、清いまま(^^;;;)でいて欲しくはあります。

 しっかし、どこの清純乙女が 見せつけるように水着に なったり、わざわざスカートまくり上げて 私の美脚で男なんてイチコロよ♪ な行動をしたりするんでしょうか??
 そうやって若者の劣情を刺激したくせに、2人きりになるとはぐらかすなんて おばさんの匂いがプンプンするのよ。無意識だとしても、「めぞん一刻」の管理人さん(古?)ぐらい タチが悪い。

 加えて、料理上手で尽くし上手。君の転勤先にはボクが仕事辞めてついていくよ、な朔ちゃん。
多分男の人からみたら彼だって、ありえない高校生なんだと思います。
(そういえば、アキちゃんって料理下手すぎ。あの家で育った完璧主義な一人娘としてはあり得なさすぎる。家庭科だって成績悪いと偏差値下がるんだぞ)

 2人のありえなさが、共にドラマのファンタジーを盛り上げてるから結構なお話しですが。

 作る側としては、じゃあ誰を喜ばせたかったんでしょう。仕事を持ってて誰かに料理してほしい、17年前に女子高生だった人達かしら・・・・・・・・。

「世界の中心で、愛をさけぶ」5,6 ☆☆☆

 のんびりとハッピーだった無人島。
なんの野望も目標もない、でも結婚だけはする気満々の朔に
『アキが生きてたら、絶対捨てられてたよね・・・・』
などと笑って見ていられた先週は幸せでした。

 今週、残されたテープを聴きながら。
「こんな男(自分)にしか出会う機会がなかった」と、自虐で彼女の夭逝を嘆かれちゃツッコミ様がないですよ。

 白血病を「再生不良性貧血」と偽られたまま、夏休み終わっても入院のアキ。本人が例によって”頑張って”治ろうとしているから見ていて辛くて。
 そして御両親も不憫で。

「ボクに何か出来ることがあれば」という朔に、声を荒げるお母さん。「何か」があるなら自分が真っ先にしている!!・・・・んだよね。
 そして、「君は悪くないけれど、だからこそ君を憎まないと立っていられない」などと淡々と非道いことをいうお父さん。アキの病名も即答だったしね!

 朔も自分を責めているけど、親にしたらそんなここ数ヶ月のことなんか へ でもなく、そんな身体に生んでしまっただの、かんだの悩みぬくわけで、なのに当の娘は朔にばっかり会いたがる。
 そして、「あちらの御両親に申し訳ない」という朔の両親。
 この辺、当然で必然で、なのに原作には欠けていた視点で、とてもいい感じにドラマをふくらませてくれたと思います。うん。

 ロミジュリが相撲部ホモになっちゃったのはつまんなーいんですが、学芸会だからそんなものかしら。でも、それを病室で、しかも御両親居合わせるままアキに見せるのはたまりませんでした(^^;;;)新手の拷問かもっ  お父さん途中で席立っちゃうし(><;;;)

「南ちゃんの恋人」5 ☆☆☆

 二ノ宮くん、脇毛ない?

 ・・・はさておき、可愛さにくらくら。もーなんですか。
「母さんは腰抜かすほどキレイだったんだから!!」ってお父さん可愛い?(><;;;)
 もとい。
百面相のちよみちゃん!浴衣のちよみちゃん!去年のデートの南くん!可愛いぞ?!!

 体調の悪いお爺ちゃんについ、「お祭りには帰る」と言ってしまったちよみちゃん。でも謎の中国人ラーメンはバカンス中!?
 ビデオやテレビ中継で誤魔化そうとする2人ですが・・・・??

「協力者が欲しい」と言い出すから、ビデオ小僧の彼にはヒミツを打ち明けるのかと思っちゃいましたよ?。何も教えないままなんだ。
 彼がちよみちゃんを好きだった、というエピソードは別にあってもなくてもいいけど、切なさはアップかも。

 ちよみちゃん母のビデオを持ってくる陸上部の先生。「偽物はいらん」とお爺ちゃんに断わられます。これは逆に、切なさダウンかも。
 だって、先生だってお墓の前で号泣するほどちよみ母が好きだったのに・・・。”死んだ人が映像の中で生きている哀しさ”を知らないはずはないのに。

 で、不審な点は数あれどとにかく、お爺ちゃんに想い出の浴衣姿を見せてあげられて良かったぞ。
ラストお爺ちゃんが倒れて、小さいちよみ1人では電話にも手が届かない展開にハラハラしましたが・・・予告では大丈夫そうでホッ♪(こういう予告って、いいのか悪いのか)

 南くんの部屋で、ちよみが居る棚から床までに日用品で階段が作ってあるのに和みました。必要だよね?(^^)

 <今週の南くんパパ>
 屋台でお好み焼く姿もステキ!!
手放しでママにでれでれ↑かと思いきや・・・・
「お前も本当にキレイだよ」と、娘の浴衣もちゃんと褒めてました。きゃ?っ渋い声?っドキドキ大
こういうこと、照れずにちゃんと言ってくれるところで美人のママをゲット出来たんでしょうか??
例の麗花さんが南くんにご執心な理由と共に、この夫婦の馴れ初めが相変わらず気になる私です。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ