ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「きらきらひかる」3 ☆☆☆☆

 地上げ、幼児虐待と目を引くキーワードを散りばめながら、一筋縄ではいかない流石のシリーズ。再放送を見ました。
 4人娘(?)の会食に始まって会食に終わる、きっちり連ドラの枠を守って、キャラも通ってる。本当に安心してみられる良作でした。

「君は間違ってる」
 これが、愛の言葉として描かれてしまうとは、なんて大人なの(笑)

 また、幼児虐待の捉え方も等身大。
 直接の死因が虐待でなければそれでいいのか、と。叩いたことがあった。仕事を優先して幼子を顧みなかったことがあった。取り返しのつかなくなった今となっては、そんな日々ばかり思い出されて哀しい。
 また子供がね。お母さんが大好きだったと分かって更に哀しい。
 誰だって覚えがある程度、本当に躾の範囲かもしれない程度の手のあげ方なだけに身に染みて哀しいです。

 シリーズ、この先はあったんでしょうか?月山の恋はどこへ行く??
(森田のシークレットシューズ・笑)
 そうそう、アリバイ崩しの鍵を握ったハエJrちゃん。 アニメで可愛く描かれてましたね?。それでもイヤな人はイヤだと思うけど、苦肉の策で評価!

「新選組!」 4/25☆

 手紙です?、京に上った旦那様から、やっと近藤家にお手紙ですよ。みんな嬉しそう♪ 電話があるわけじゃない時代ですものねぇ。
 家族への私信だというのに、”ござ候”文なのがなんだか愉快です。言文不一致だぁ。

 上様ご上洛でかかった
「よ、征夷大将軍!」の声に色めき立つ一同。
実はコレの理由が、真剣に分かりませんでした。え?間違ってないよね??そっか?、気軽に声をかけたこと自体が失礼なのね。役者じゃあるまいし、か。

「斬りますか?」の斉藤、格好良かった?♪
そして、”増えてます!!”・・ねぇ?あんないい男、いるのに気づかないわけないものね(笑)

 人数も増えての滞在延長。お金はどうなるかなーと思ってたんですよ。やはり八木家が持つんですか!可哀想に?。
「むしろ喜んでください」なんて、非道いぞ土方。その返事が
「ええ、嬉しおすっ」 だったのを、まさか近藤、鵜呑みにしてないよね(笑)

 そしてお殿様へのお目通り。多摩の百姓の出が大出世ですよね!!

 そうそう、家紋の揃いを気にしているのも可笑しかったです。(関西の貸し衣装なら五三の桐かな?)今どき家紋背負うなんて冠婚葬祭、それも丸がついてりゃいいや位の扱いじゃないですか。この時代にはもっと役割が大きかったんだろうなぁ。
 ぽ?っとして何も言えない勇、きっちり口上を返す鴨。格が違うよねぇ・・・・。

 人が集うと、いつか起きる仲違いが怖いのだと諭される。
「決してそのようなことは」と、前回に続いて明言する近藤なのですが。史実は全然そうじゃないって知ってて見てるんだから歴史物って変だよねぇ。ああ?、心配。

「24」3,4 ☆☆☆

 見てます。でも、これでまだまだ起承転結の起かと思うと何をいっていいのやら。
大阪では週に1時間で24回、見終わるのに半年かかると気づいて気が遠くなったりして。このペースだと、脇役の名前なんて覚えてませんよ。
 それでも、れいこさんbaddreamfancydresserの「24 twenty four日本版キャスティング」には大笑い。濱田マリ!!確かに!!

 それに、舞台も日本だと思うと途端に緊迫感が7割減ですよね(笑)
 娘達が荒らした店でクスリをみつけて、マリファナ?コカイン?とにかく即座に種類を見分けるお母さん。・・・ってことは、自分も経験あるってことじゃないですか。日本でだったらありえない、ありえない!!

「愛し君へ」2 ☆

”人は今日という駅で、昨日という電車から明日という電車に・・云々”
この、格言(?)が毎回何種類も入るのはお約束??
息抜きのお笑い場面からシリアスに入る警告音みたいなものでしょうか。

いつどこを観ても、映像が美しいです。
ヒロインの実家での騒ぎは楽しいです。
ヒロインと主人公の恋愛観の違いは、アルコールもなしで話すことですかっとは思いますが今後生きてくるでしょうから、大事ですね。

そんなわけで、不可はなく出来ていると思うのですがググっと胸に迫るモノは特にないです。
小児病棟での撮影を
「金にならない」「くだらない」
と悪い子ぶる藤木くんですが、『・・・と思わせておいていい人』をもう2回もやってるじゃないですか。
「あの人はそんな人じゃない」
とか、ヒロインももう言ってるもん。この誤解もそのうち解けるでしょう??

”失明したら収まる”
”20年かかる人もいるけれど、あなたは3ヶ月”
というとんでもない病気ベーチェット病が、実在するということがドラマの筋立てよりも印象的なのかも。

「オレンジデイズ」3 ☆☆☆

「風の音を忘れてしまった」
と独白する聞き慣れない声。あ、柴咲コウの声忘れてた(笑)

 いやもう、今回も画面に釘付け。だって、字幕読まなくちゃだもん(^^;;;) 出ましたね?。中途失聴なのに喋らないわけ。
 ラスト、カイの胸で泣きながら《変な声で泣いてない?》ですからね。”笑われた”という変哲もない理由を見事に料理してくれました。

 沙絵ったら可愛いのよ。おおっぴらにはカイの悪口を並べ立てているのに。 背を向けたカイを見つめながら
「でも、好き」と手話で繰り返す・・・きゃ?。
 対するカイは・・・ヘレン・ケラーとサリヴァン先生のつもり。ってまずいよ??
「僕が 君を 音の闇から 救う」
だなんて、恋故じゃなかったら傲慢じゃない??

 つまりは真帆さんもカイ君も、大して違わないよね。沙絵が本人を好きか嫌いかが分かれ道なだけ。(わー、セクハラかどうかと一緒じゃんそれ。)

 もちろん、バイオリンを売った意味を考えずに安物を用意し、喋らない意味を考えずに
「喋ってみれば?」
と言ってみる真帆さんも、かなり不用意なんですが・・・・。
 だからって、
「どうして貴方が行くの??」
まったくです。でもそれ以上に変なのは、プレイボーイ君に渡すノート。どうして白石美帆に頼むのよ(笑)また白石も頼まれてるし(「ああ、あのボーっとした」人だから・笑)

 更にもう一つの「どうして」は、割れた鉢の片付けしてるカイ君(^^;;;)
 そりゃ、カイ君が帰っちゃってたらラブシーンも名台詞もなくなっちゃいますけどね?。 初対面のお客さんにそんなコト頼んで、お母さん!!!
 
 ・・・で、カイを止められなかった傷心を他の男で埋める真帆さん。
 そっちの方がお似合い・・・とかは置いといて(っていう手話は、ジェスチャーゲームのと同じなんだウインク
 3年もつき合ってたら、成宮くん言うところの相性とかなんとか、そっちの絆があるじゃないですか?。どうしても行くっていうなら沙絵の家までカイ君送っていって、その後朝まで過ごすとか、あるでしょう。色々。
 ”色気担当”成宮くん以外は、お付き合いしていても清いのかしらウインク
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ