ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「君が思い出になる前に」1 ☆☆+☆

 観月ありさがジャマじゃなかった。

 デキル女な描写でも、恋人とじゃれてる時も、大好きな姉の訃報に駆けつけ生き残ってしまった義兄を責める時にも、そして「私がひきとって治してあげます」とか言い出したときにも。
 いつもの小うるさいデカイ女じゃなくて、普通の女の子がそこにいました。

 ・・・もっともその分、別の女優さんがやったって良いような気にもなります。 (深津絵里だったらああかなー、仲間由紀恵だったらこうかなー♪)
 いやまてよ、亡き姉の夫とはいえ記憶喪失中の男性と一緒に暮らすだなんて、キケーン。
 実はやっぱり、観月の体格が必要なのかもしれません・・・・。もし倒れても、椎名キッペイぐらいなら背負えそうです。

 「離婚弁護士」では情けなかった玉鉄くんが、恋人のエリート社員の役。これもいいじゃないですか。
 この先、玉鉄と椎名キッペイの間で揺れることになるんでしょうか・・・・! 地味に贅沢な感じ。

 そんなわけで、これも見続ける組。
 実は姉がいますので・・・・妹役にすんなり感情移入できる分、☆ひとつプラスなのかもしれません。あんなカッコイイ義兄でなくて残念??

「三番テーブルの客」#1

 #1 A:河野圭太カントク(生瀬勝久 鳥越まり )
    B:小田切成明カントク(桑名正博 かたせ梨乃)

 凄い人選。ずっと三谷とコンビを組んでるA:河野カントク、いわば”これぞ三谷”な人と、TV局設立時から居る大長老B!
 見事に雰囲気違いました?。

 まず店構えは
A:町中のおしゃれなカフェ(結構流行ってる!)そして外は雨。
B;TV局内、吹き抜けに面しテーブルが一列に並ぶだけの余地しかない細長い喫茶店。

 ロケ場所はカントク決定・・・ですよね?
だとしたら、局内の茶店はいかがなものかとB。また仕事できて会っちゃうかもしれないのに。

 更に失礼ながら、B長老分かってないと思ったのは、コーヒーオーダーの場面。
 ウェイターなのは内緒なんですから、元妻には自分が注文してるふり。同僚には客のオーダーを通しているふり、ですよ? なのに普通に「この御婦人にコーヒーを」(妻にも聞こえてるっ)って。
 ・・・これじゃ、後で来たコーヒーが元妻の前に置かれるってギャグが台無し!!
(#1#2の他3作では、席から遠ざかって小声。#1Aの「この御婦人に」までをひそめて「コーヒーを」は大声で彼女に聞かせてるの、秀逸)
 その他、カメラは常にUPぎみで、主人公がしょっちゅう立ち上がる理由=同僚が来た、ことがはっきり分からなかったり。

 その点、Aは見事に三谷です。
 元妻をみつけた主人公が、一旦外に出て店に入ってくるのナイス!
店員の『いらっしゃいませ?』の声で(その後『なんだ』っていってますが)目を上げて彼をみつける元妻。故意か偶然か、ウェイターじゃないって言いやすい。
 主人公が生瀬さんなのも大きいかな?。昔出してたCDのタイトルを聞かれて、むげに「忘れた」でなく、答えようと口を開いたのに思い直して「忘れた」と言う細かいお芝居。この辺、順通り初回にコレをみていたら気づかなかったかもですね。
 そして同僚ウェイターが若きビスクドール藤木直人!!見事に先輩と下っ端で、無理なオーダーしようが挙動不審だろうが文句いえない説得力がありますよ?(^^)

 AB共通で#2と違うのは、バンドマンお会計の時に
「ボクってバンドマスターに似てますか?」
とわざわざ訊ねるところ。おそらく脚本にはあって、#2の監督さん達は蛇足だと削ったんでしょう。

 Bでは更にその上、ビビとアンドリュー出演のTV番組まで大サービス。帰宅途中の主人公が、街頭で流れるその番組に気づかずに通り過ぎる場面までついて「おわり」マークでありました・・・。
 かたせ梨乃のずれたカジュアルウェアといい、脇を固めるスタッフも皆さん長老なのかなーと思いますがどうなんでしょう。

 同じ脚本なのに、これだけ違っちゃうんだとしみじみでした。

「東京湾景」1 ★

 うっわー、微妙。

 どのエピソード見ても、順番逆じゃないかと思ってしまいます。
日記を読んだ>>母と同じ台詞を使ってみた>>日記と同じ言葉が返ってきた
 これならハッと心惹かれても分かる気するのですが、普通に出会い系したメールが日記の記述のまんまだったなんてちょっと、ありえね?!!!

 そして母の悲恋。いやそれ、違うって。
 引き裂かれてそれぞれに家庭を持ち、それでも彼を思い続けてこその罪悪感であって、日記を家に置いておけない理由じゃないですか。それが彼氏死亡(絵筆握って・笑)じゃあ・・・・いっそ捨てなさいよ日記は。

 そんな微妙な気分に拍車をかけるのが、微妙な主人公。
「みつけた」
と、あの男に言われて嬉しいのでしょうか。色白でひょろひょろ(涙)判断保留って感じです。

また、事情を知る視聴者ならともかく
「本当の私をみつけて」
だなんて、どこのバカ女の戯言かって思いませんか普通。しかも2,3回のメールで駆けつけてくる女。彼に下心はないのか??

それとも韓国ドラマの文法では、これでOKなのかと不安になりました。 空港で広げる「書」なんて面白かったんですけどねぇ・・・。

「三番テーブルの客」#2

 ご存知??三谷幸喜の脚本を、いろんな監督が競作したという古い深夜番組です。
 
 台詞や話当然大筋で同じわけですが、舞台設定や衣装、ちょっとした変更で全然違うモノになってしまうんですよね。もちろんキャスティングも違います・・・が、全作に同じ役で登場の岡田真澄氏のお陰で、同じ人なのにこんなに違う感も味わえていたれりつくせり。

 #2 A 岩本仁志カントク( 阿南健治 水島かおり)
    B 片岡Kカントク(田口トモロヲ 鈴木保奈美)

 A:岩本カントクの描く世界はオーソドックスで、どこにでもある県庁所在地ホール横喫茶店な感じ。(とか言ってたら、ロケ地が地元の県庁横ホールだったわ。本当に見たことあったのね ^^;;;)
 対する?Bでは、店のつくりも店員の制服もまともじゃなく宇宙船。なんだこの店。

 ・・・というふうに、見た目からガラッと変わってしまう可能性があるわけですね。この二つが、全体に大してどの位の位置なのか、もっと変な店が出てくるのか、楽しみですよ。

 意外だったのは、小さな台詞は結構違うこと。
 最近どうしてるの?と聞かれた、歌手だった元妻が
Aでは「もう全然唄ってない」と答え、
Bでは笑うだけで返事をしない。
 三谷ドラマにウソつきは必須(?)ですが、この2つのウソ全然方向ちがうじゃないですか。こんなところいじっていいんだ?と思いませんか??

 実は元妻は、向かいのホールで今夜コンサートを開く”ビビ萩原”その人で、元夫がスタッフだなんてウソはバレてるわけです。
 しかもウェイターとしての仕事も、ばれないように(ばれてるけど ^^;;;)こなさなくちゃならない。
この辺りABともあっさり過ぎますが、もっとドタバタと笑わせてくれる作品もあるのかも。

 岡田真澄がねー、コンサートのゲスト。ノーメイクのビビ萩原をみつけて挨拶に寄ってくるところ、寸出で
「調子をあわせて」とメモを渡すのに成功します。
 ここは、3人それぞれに戸惑いながらも、笑ってのりきるAが説得力あったかな。で、「俺に似た奴がいるらしい」と思ってる主人公にクスリ。

 あ、Bでは後、一口のんだグラスを客に出すウェイターが印象的でしたよ。
さてさて、他の作品はどうでしょう。

もちろん一番楽しみなのは、西村さん&黒木瞳の回です!!

「世界の中心で、愛をさけぶ」1 ☆☆☆

 うわー、しまった、これも見たら面白かった(^^;;;)

 原作を読んで、正直琴線に何も触れなかったわけですが・・・映像&演出が入ると違いますねー。
例えば投書。
 病名のところで絶妙に雑音が入りました(笑) ナイス。
例えば役者。
 ”ガムのおもちゃにひっかかる””いつも鍵がない”そんなもさっとした山田君、ナイス!!
ヒロインの綾瀬なんとかも可愛いじゃん。

 ラジオを聴いて翌日怒るところに周囲の反応をいれたのも納得いったし、ハガキを書くところを見ていた・・・という告白の伏線にもなっていましたよね。

 その山田君が成長して、現代の緒形直人になってまで泣いたりしていると(「幸せの王子」思い出しちゃいましたよ)ひきまくりなので・・・・・現代話が多くなってきたら見続ける自信がないのですが。
 とりあえず今週は面白かったでーす。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ