ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2005冬ドラマ 初回を見終わって。

 あれ、恋愛ドラマが無いですよ??

 新連ドラの初回、全作見終わりました!!
 2話を見て評価が変わってしまったドラマもないとはいいませんが(涙)、概ねハズレなし。全部見るはめになっちゃって毎日忙しい・・・ドラマ好きには。そんな冬シーズンが始まったんじゃないでしょうか。

 しかし、木金土「富豪刑事」「特命係長只野仁」「ごくせん」のバカドラマ3連ちゃんで身に染みるように、今季はツッコミ無用の”お約束”なお笑いが目立ちます。いっちゃえば「H2」だってあだちワールドな”お約束”ありきなんだし。

「救命病棟24時」パート3は地震災害時の、「87%?私の5年生存率」は乳ガンの、ハウツー情報を盛り込んでの 役に立つドラマ。
そして月9「不機嫌なジーン」もすっかりウンチクコメディ。

えーい、残る「昔はみんな子供だった」と「優しい時間」は、都落ち&田舎暮らしの癒しでくくっちゃえ!

お笑いと癒しと情報ドラマ。
いわゆる惚れたはれただけを描いた「恋愛ドラマ」はもう、韓ドラと昼時間にしか生息していないんでしょうか。

いえ、別にそれで私は構いませんが。恋愛ものってドラマの王道かと思ってたのになぁ。どういうリサーチでそうなっちゃったのか知りたい気がします。
(あ、「Mの悲劇」忘れてた。でもあれも恋愛ものじゃないし。)

「不機嫌なジーン」2 ☆

 日本語で「すみません」でも、英語ではアイムソーリーでなくエクスキューズミーじゃないのかなぁ。いえ、先週のタクシーでの会話の話。

 あれが2007年だったっけと、よそさまのレビューで思い出す間抜けな私なのですが、今回は”3ヶ月後”と始まって、2002年の夏が舞台。えっ現代じゃないの?
 時間軸がややこしいよーこれ。

 そして、本来メインかもしれない恋の話はどうでもいい感じ(^^;;;)
セックスアピールむんむんの南原教授vsあっさりケンイチ君。
 うーん、見てて楽しいのは南原さん(35)ですけど、浮気するからなぁ。

 フナ解剖といい、ヒロイン変人を強調するエピソードが並びます。でもねぇ。
幼馴染みの色っぽい歯医者さん、ムシ専門の仁子より彼女の方が実は、人間様の解剖だのウサギ撲殺して解剖だの、エグイこと沢山してるはずでは?
 でも彼女は、どーせ私は変なのよってひがんでないじゃない!

 仁子の後ろ向きなぼやきにはムカツクことしきり。
 フナ解剖楽しかったよー。バッタのクビ切っておままごとしてましたよー。そう、あんなの料理だから! 自分に引け目を感じるのなら、虫一匹にキャーキャーいってる(それが可愛いと思ってる)バカ女子高生たちと同じじゃん。
 デートでカナブンつかんだぐらいがなんじゃいっ
それで嫌う男ならこっちから願い下げ、ぐらいの気概がないんかっちゅーの!

 ・・と、憤る私の横で「エチブロだー何の実験してるんだ」と、冷静に研究室の仕様を気にするツレ(^^;;;)

 第一回で未来を見せられたわりに、どうそこに着地するのかちっとも見えてこない第2回でした。
小林聡美も、びっくりするぐらい目立ってないよね。ああ『堂々と変』な人が目立つと、主人公のぼやきが陳腐になるからでしょうか・・・??

 は、早くオダジョーを出して?。
 

「3番テーブルの客」#9 ☆☆

A:松岡錠司カントク(筒井道隆 緒川たまき &津川雅彦 )
B: 星 護カントク(草刈正雄 石富由美子& 村井国夫)

 うっひーっミュージカルですよ!Bの星さんのパート!!
厨房でいきなり、後輩ウェイターが歌い出した時にはどうしようかと思いました。

 でもね。Aのインパクトに負けますね。
 Aの松岡さん。「きらきらひかる」の人なんだってーとワクワク見始めて、もう本当にびっくり。画面が白黒だったからじゃないですよ。く、暗いの。
 今まで一番、脚本が違っちゃってると思ったギバちゃんの回だってこれに比べたら忠実です。だってコメディだったもん。だってウソついてるもん。

 松岡さんは、嘘つきが嫌いなんですね?
 舞台は撮影所内の喫茶店。
  主人公:筒井道隆くんがつくウソは最初っからバレバレで、呆れた奥さんの沈黙が重?く重?くのしかかります(^^;;;) わ、笑えない。
 ウェイターじゃないので、当然立ったり座ったりやオーダーをごまかすギャグはありません!

 アンドリュー堺が登場しても目を合わさずにうつむく奥さん。だ、だめじゃん、ごまかしてあげなきゃ・・・と思ったらなんと、
「元の主人よ」と主人公を紹介し、
「今の主人なの」とアンドリューを紹介する奥さん!! 主演女優だとばれずにここに要るための優しいウソ。 主人公のお粗末なウソじゃ、のっかれやしませんから。

 だって・・・今回の主人公、売れない役者で出番待ちのエキストラ。現れた奥さんが、主演女優のビビ萩原ですよ。
「相手役なんだ」
と見栄っ張りなウソをついたところで、撮影始まったらお互い即バレですから!っていうか、同じ業界にいるなら主演女優の顔と出身ぐらいは知ってろよ!!

 その後、自分から「俺、ウソついてたよ。」と告白する展開も初めてなら、『話を合わせて』と書いた紙を主人公がみちゃうのも初めて!
 最後、雪が降る中互いの気持ちを打ち明け合った2人がい抱き合い、ハッピーエンド・・・はいいんですけど、まるっきり別の作品じゃん!!

 私も良くドラマの感想書いていて、ここはこうしたら、いっそあっちはああだったら、と勝手を書きますがそれをどんどん実行するとこうなるわけですね。怖いっ怖すぎるっ
 松岡さんが目指したのはなんでしょう。正直でいることの大切さ?
 同じ台詞がギャグだったり深刻だったり・・・という。「ガラスの仮面」みたいなお遊びをするなら、設定や台詞はあまりいじらずに演出オンリーでやってみてこそ、でしょう。

 えーっと、影の薄くなったBのミュージカルですが。
 村井国夫の美声にびっくり!!
サ店むかいの劇場のポスターに、常に誰かがもたれかかっていてビビの顔が見えない、のには笑いました。
 それ以外は・・・・・唄うと、表情に乏しくなっちゃうというか。同じ30分がめっちゃ退屈に感じてしまいました。
 もうちょっと曲自体が練れてたらよかった・・・のか??

「特命係長只野仁」13 ☆☆

 ついに出た?!! 
ぼーっとしてる只野係長の方を好きな女!!(実は私も・・・^^;;;)
これでますます話がややこしくなってくれると面白いなぁ。

 秘書さんと女子アナが、負け犬同士女の友情を育んで、でも只野が現れると脆くも崩れるところもいい味だしてました?。

 今回の事件はスーパーフリー?
コネ入社のバカ息子社員が、女の子に薬を呑ませてはイタズラし放題。悪い遊びが外部に漏れる前に、ちょっとこらしめてやりましょう・・・と、夜の只野さんが登場です!

 ここで、仕事しないのにクビにならない只野係長本人も
「コネ入社だって噂されてるらしいんですよー」
のには笑いましたー。妙に会長室には出入りしてるしね!

 しかしなぁ、パーティーにも助手の永井大を連れて出席ですが、彼はいつも素顔で社内を動き回ってるじゃないですか。
 パート2になって永井くんの出番が増えて、その辺気になって仕方がないです。他のお約束は棚に上げるとしてっ永井君にはだれかつっこんでよ!!

「相棒3」新春sp ☆☆

 やっと見られました、お正月スペシャル!(2時間って気合いが要るのよ~)

 潜入捜査だそうで、のっけからコスプレです♪ 右京さん:警備員、亀ちゃん:電気屋さん(?)で、ワクワク。
 夜勤からひける右京さんと日勤の亀ちゃんが、朝すれ違ったり昼の公園で情報交換しあったりする様子は新鮮でしたわ。 いっそ普段着も、いつもの紳士なコートとスタジャンを逆にしておけば捜査一課に鉢合わせしても隠れたりせずに済んだのに(笑)

 ついでに好きな場面をも少しあげるなら、美和子を呼び出す伊丹んとか。
電話番号を暗記している右京さんとか。
亀山「鳴ってますよ!」(番号合ってましたね♪)
右京「かけてますから」(↑そんなことは当然) もう大喜び。

 で、事件は公安の潜伏捜査員の失踪。
闇の組織、公安。どうも忍者の如きイメージです。

 どどーんと宅急便で人の腕が届いた映像はショックでつかみはオッケー。
捜査のために、ナンパまで披露しちゃう亀ちゃんにもびっくりで、ホント新春大サービスですよね。

 しかし・・・そうまでしてカラオケに誘った彼女が、結局扼殺死体に。
ここで、もちょっと亀ちゃんには動揺して欲しかったなぁ・・・。
 ショック受けてない薫ちゃんにショック。

 で、社長がどーしたとか、公安の人がこーしたとかは、自殺するようなことには思えないし(彼女もぐるで騙してたんならともかく)、どんどん話が大きくなるのに、みんな喫茶店や地下駐車場のオープンスペースで極秘事項を喋るので心配で心配で(^^;;;)

 そして最後は射殺ですよ!起爆装置握ってる人を!!(爆)

 「相棒」だから、亀ちゃんと右京さんが見られたら半分満足で、鑑識さんも伊丹んも、「ヒマか?」課長も出てたら残り4分の1も満足なのですが・・・
 「相棒」で起きる事件は、もちょっと身近で些細なものの方が好きですねぇ。っていうかやはり新春大サービスは、お正月気分でみるものでした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ