ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「相棒3」1 ☆☆☆☆

 やったー!「特命係」が帰ってきた!!
 事件は伏魔殿:内閣周辺での殺人事件??スーツのオヤジ揃い踏みです!!天国!!
・・・でも亀山君には、地獄の日々の開始??

  人材の墓場「特命係」に配属になって・・・なんと7年ですって。
美和子ちゃんとの同棲も同じかそれぐらい、続いて爛れていたわけですよね?
それが、突然のショカツへの転属(&平然と励ます右京さん)。
そーしーてー、美和子の浮気!

 冒頭でデートしてても、彼への電話に亀ちゃんが出ちゃっても、きっと「勘違いだよーん」で終わるんだと思ってたんですよ。なのに
「あの人とは別れられないっ」って、深刻ですよ美和ちゃんが!!!うっそーっ

 赤ん坊が小学生になるぐらいの長い時間、日常だった絆の崩壊。そりゃートイレにこもりたくもなるってもんです。(竹中直人の変な上司、サイコー)

 首相補佐官の自殺:第1発見者は官房長官、元大臣が殺したと自首。
 そんな魑魅魍魎を1人で追う右京さんも気になるし、職場放棄の亀ちゃんも心配だしで、アッという間の2時間でした!!
 角田課長のいちいち右京さんの真似、、妖しい小野田、伊丹んは早速「ショカツの亀山」だし、右京さんと鑑識さんのドキドキ現場再現?っと、ファンサービスも満点でしたよね!
 「これは今怒ったんです!!」な亀ちゃんや、テーブル踏み越えてやってくる亀ちゃんもツボでしたっ。

 そしてそして・・・・あまりに嬉しすぎてどう書いていいのやら。
美和ちゃんの「恋人」鹿手袋=西村雅彦さん!!うひーっっ
 亀山役の寺脇さんも
「浮気相手がキムタクならともかく、どうして西村雅彦っ」
とおっしゃってたそうで(笑) ハンサム亀山くんの対抗馬にたつには、あまりに額が広いかも??
 でもでも、木村佳乃議員にみせるしたたかさ、直球勝負の亀山くんとは全く違ったマメさで、この半年に何事かあったのねっと思わせる適役じゃなかったですか???<<もう自分では判断不能(^^;;;)
 美和子と分かって電話に出るときの優しい声や、議員の手を握って放さない場面にもう、メロメロり?ん♪(そういえば「相棒」って、女性相手に艶っぽい場面って滅多にないんだわ)

 亀山・美和子に元のサヤに戻ってほしいけど、鹿手袋さんとのラブラブももっと見たい!!ああ、一体どうなっちゃうの???
 事件の真相も。

ちなみに本館の直リン:「相棒」レビュー 1st  2nd

「マザー&ラヴァー」2 ☆☆

 わかった。この男の問題はマザコンじゃなくて・・・莫迦なところ!!!!笑い

 お母さんが好きなのはわかったからさー。いいレストランで食事の途中に、いきなり居なくなるのはやめておくれよー(涙)花なんか、デートの前か終わった後に、それとも明日渡せばいいじゃないのさー。

 でもねぇ。大事なのはこの、一途に一生懸命なところだから。

 自分のことも真っ直ぐに愛してくれると思えば・・・・ああ、莫迦でも許してしまうかも知れないわ、私?(だから、ダメ男に弱いんですって)
 本当言うと、途中で電話ぐらいしろよとか。バイクにぶつかったら病院に行こうねとか。
 親孝行したいなら早く定職につけよっとも思うのですが。仕事で疲れて帰ってきて、あんなお莫迦さんが「ご飯作ったよ!!」と出迎えてくれたらどんなにステキかしら?。うっとり。

 アイロン掛けしながら楽しくみましたわ。見逃しても哀しくないけど、TVついてたら楽しく観れちゃうかんじです。篠原涼子がいいよね!

「めだか」2 ☆☆☆

「大学までいかせてもらって、もったいないよ」

 あイタタタタタ・・・・。
ゴメン、無駄に大学出てて。耳が痛いぞ。

 建築家になりたい、という瑛太。(っていうか、TVに出ている彼らそのものが、若くして夢を叶えている存在なワケで。)まぶしいわ。
私の「本当にしたいこと」って何だろう・・・・。

 さておき、仕事が忙しく夜学も試験もお休みな生徒がいて、このまま追試も受けられなければ留年です。さて、どうする。

*生徒の私生活に立ち入らない、
*規則は規則、
という職員室の方針は、別にイジワルでもなんでもなく、全くしごく真っ当です。生徒の営業成績のために車買ったり、保険入ったり、いちいちしてらんないし、
 でも、切り捨てられないミムラの気持ちもよくわかる。
結局、「もやもやするのよ!!」と瑛太を手伝って追試を受ける時間を作る道を選び、断る瑛太を「私のためにしてるんだからっ」と説き伏せるミムラ:めだかちゃん。

 これが、クラス全員が手伝いに来ちゃったり、めだかの決心が即断だったりすると見ていて困ったと思うので、兼ね合いが上手く出来ているのでは。

 元同級生なのに生徒と先生・・・というわだかまりも、なんだか溶けていい感じ。
工事手伝って、授業して、うそつき娘をサ店で待って、壁紙貼って、授業して、またサ店で待ちぼうけて・・・自分の限界に挑戦だ!!

 結局、追試は無事に受けられるワケなんだけど。
 もしダメでも「もやもや」は消えたと思う、と興奮状態で話し続けるめだかちゃん。うそつき娘も笑うしかないって。さーて、めだかの学校の、明日はどっちだ??

「夫婦。」1 ☆☆

 「3ヶ月後」に挙式。
そりゃ父親は寝耳に水だろうけど、出会って3ヶ月でも妊娠3ヶ月でもないんだから、普通でしょ普通!!

「誰だ、俺の娘とつきあってる男は!」
このネタで、いつまでもひっぱらずにあっさり告白してくれてひとまずホッとしました。相手は、会社をゆずってもいいかという腹心の部下。いいじゃん。

 田村正和の扱いが、ちゃんと年寄りだったのにもホッとしました。
急ぐ女性とぶつかって転倒。これ、ちょっと前だったら気障に抱きかかえたりしたんじゃないですか??
 娘の結婚話も、現実の方でなく、『ある日こんな会話が』と自分で想定していた方を語りながら泣き出すところに大ウケ。年寄りがよくするって。

 ぶつかって知り合った女性が、昔好きだった女性に似てるとか奥さんはヤキモチやきますけどね。もうおじいちゃんじゃない。

 そんな風にまったりと、空回りする黒木瞳にも笑いながら見ていたので・・・・急に離婚話になったラストにびっくり。何ですかあれは。ひっかけ??

 加藤あいと忍ちゃんの姉弟が、よくみると黒木瞳ともそっくりでドラマらしからぬ「家族」な感じを醸し出してくれてます。

 最終回は娘の挙式&弟くんの就職決定かなんかで、子供が巣立つ直前の夫婦の『雨降って地固まる』なドラマになると思ってたんですけど。さて?

「新選組」10/10 ☆☆☆


「来年のお前が羨ましい・・・」

 初めて自分から、と平助に労咳のことを打ち明ける総司。哀しい。
よーく考えると、平助が自分より優れているのは寿命だけ、と言っている気もするのは置いておきましょう。
あの妖しいカシ太郎先生は平助を便利に使っているだけなんじゃないか。誰も否定できないコトなのに、
「それだけ信頼されているって思わないのか」
「いちいち言葉にされないと分からないのか」
と、畳みかけられると納得しちゃったりして。
「何かあったら、近藤さんだって俺の考えを確かめたりしない。だって分かってるから」
そうやって命を預けて死んでいくのね武士は。

 そのカシ太郎一派の離脱。
土方の言うように、「まとめて切腹だぁ!」となっちゃうのかとハラハラしましたが、今度こそ近藤さんは、血を流さずに納めてくれました。
「言いくるめてくれるなら、それでいい」本当だよ。

 おゆきがあっさり死んだのには拍子抜けしましたが、たしか生き写しの妹と二役でキャスティングされていた優香が戻ってくるからそれでいいのか。
 今回も、笑い所はコウモリの様な男、捨助(^^;;;)
それから原田ね。
「なんで俺を呼ばないかナー」なんでだろうねぇ(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ