ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

京極堂シリーズ映画化!!

 いやー、好きなんですよ京極夏彦。

「どすこい(仮)」から「嗤う伊右衛門」まで、どんとこいです。
 で、初めて読んだ「姑獲鳥の夏」はやはり思い出深くトラウマになる感じで(笑)本棚にあるけどあまり読み返したくありません。
 しかも映画って映像でしょう???
 事件そのものは観たくない?。でももちろん、古書店京極堂に集う面々には興味津々なわけですよ!!

 京極堂が堤真一ですってよ?!!そして榎木津さまが阿部寛!!大笑い。違うだろうそれって?!!ヒゲの濃いビスクドールって何よ?。

 でもじゃあ、「私が神だっ」を藤木直人(友人の脳内キャスティングより)がテンション高く演じられるかというと多分無理なわけで。

 要の主役、超絶長セリフになるに決まってる京極堂だって、”誰が似合うか”よりも”誰なら出来るのか”と思うと・・・結構納得のキャスティングでございます。

 楽しみ楽しみ。

(実は右下に、気になるニュースをとりあげるコーナー”クリップ”があります。この話題もハジメはそこに貼ったのですが、あんなとこまで誰も観ていない気がしたのでまた書いてみました)

「愛し君へ」最終回 ☆☆

 ああ、ラストシーンに泣かされてしまいました・・・・。

 途中長崎まで時任先生がやってきたのにはびっくりで、また「私が口出しするコトじゃないかも」って”あんたが後押しして縁組みしたクセに”とツッコミをいれたり。
 自分だったら未婚の流産なんて絶対に家族&上司には知られたくないなぁと思ったり。

 完全ツレのお付き合いでみていた最終回でしたのに、視力が失われるその時、四季を観ていようとする安曇さんと、半べそながら笑おうとしている四季ちゃんには負けました。これが泣かずにいられましょうか。
 続くラストシーン、家族写真で幸せな生活を描いたのも説明しすぎなくて良かったです。

 もちろん、赤ちゃん=幸せってのも安易な話で・・・・途中の流産だの紆余曲折は要らなかった気もします。2時間ぐらいでも良かった話かも。
 そうか、映画観たらいいんだわ電球

「離婚弁護士」最終回 ☆☆☆!

 いや?、見事な最終回でした。

 先週から続いた依頼を、解決するまでの紆余曲折!お約束のハラハラドキドキで見事に見せてくれました。
 その合間にちゃんとラクダ(^^;;;)は戻ってきたし!ミムラちゃんと津川さんの”テレホンショッピングコンビ”もサイコーだったし!敵方についた陣内さんまで啖呵切ってるよと思ったら、やっぱり雨宮事務所に来ちゃうし?(こんなお値段高い人雇っちゃったら、また赤字だよ?っ)
 そうそう、最後の大逆転を導いたのが、ずっと役立たずだったハンサム君の頑張りだったのも嬉しかったですよね?。

 そんなレギュラー陣オールスターキャストでも、我らが雨宮姐さんは負けてない! 額のクリップも麗しく(笑)どーんと構えて主役ですよー。「バイナラ」しててもカッコイイ?!!!

 続編を是非!
巨悪を斬らずに、足元の割れ目を塞いで漁夫の利を得るような事件を引き続き希望です♪

「新選組」 6/20 ☆☆

 新見切腹!! ・・・って、いきなり料亭のその場でですか??

 あれだけの人数しかみていないなら、斬り捨てて口裏合わせても一緒なのに・・・ああ、それがこの前の元使用人さんの事件だったわけか。一応筋を通したのね「壬生浪士組」は(^^;;;)

 「ある人を陥れるため」と正面きって言われて、まさか自分がその「ある人」だとは思わなかった新見さん。土方の腹黒さを舐めていました。
 黙って戻った芹沢が、「次は俺だ」と荒れるのが切なかったです。
 ボコられて投げ飛ばされる総司も、駆け寄るヒデちゃんも、彼女を影からみつめる平助も切ないなぁ。


 今回笑えたのって、ぐっさんのピクピクする大胸筋&オウム(これもぐっさんの声なんですって??)
 そして、いつの間にか甘味処で使いっ走りしている捨助くん。しかも、とことん使い物にならない!!いっそ気持ちのいいぐらい!!
「俺もかっちゃんも、人の上に立つ方だからさ」 多摩に帰れよ(^^;;;)

 しかし、近藤のどこがそんなに人の上に立つべきなのか。山南や源さんがなにに取り憑かれているのか。そこはさっぱり分かりません。

「愛し君へ」 10☆

 やっぱり妊娠だよ?・・・って、四季が?元カノじゃなくて??

 先週、手のひらを返したように結婚をすすめる元カノのパパに、こりゃ娘が妊娠に違いないとかうそぶいていたのですが、まさかの四季ちゃんですかっ。
 将来が不安だとかいいながら、避妊もしないのか安曇さんは!・・・でもまあ、そんな男の様な気はします(^^;;;) また四季ちゃんが拒めなさそうっ 

 今回はもー、携帯電話にイライラしました。
横に人が居ても平気でピ!っとかけ、平気でパ!っと応答。 安曇さんなんか、お日様の下で愛について語ってるんですよ。横のお母さんは手持ちぶさたで可哀想。 日本はいつの間にそんな、ふざけた国になっちゃったんでしょう。
 また、いつ失明するかも知れない人をみんな呼び出す呼び出す。途中で発作(?)が来たらどうするんですか?。

 ひとつひとつの場面は美しいです。子役がグッジョブ!また藤木直人が、何をさせても美しいのです。
でもつなげると結局、本人同士が大して語り合わずに周囲だけが復縁を迫って大騒ぎ。正直うっとうしい。

 パパはともかく、伊藤美咲や、時任先生に至ってはわざわざ破局を知らせることもないでしょうに。そしてお祝いムードのなか周囲に気を遣って笑顔を通す四季・・・の方が切なかったかも。

 最後は気になります。でも、これじゃ泣けない。
「ボクの生きる道」との比較がぐるぐると頭の中で渦を巻くのでした・・・・・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ