ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」8,9,10 ☆☆☆☆

 デートの練習……orz
安達(赤楚衛二)の『初めてのデート』を完璧なものにするべく!それまでのお出かけは練習! 遊園地でいちゃついて楽しくても!居酒屋で嬉しくても!練習だから! 可愛いぞこのやろう!

 そんなややこしいことになったのも、普通に軽くお出かけだった筈の初デートが台無しになったから。アポ無しで人生相談に来た柘植(浅香航大)のせいだよねー(^^;;;;;) でも、当初は紹介を口ごもった黒沢(町田啓太)との関係を
「僕、この人とおつきあいしているから!」
と、きっぱり宣言するまでになれたのもまた、柘植のおかげなのでした。

 正直、安達と黒沢だけで毎回お腹いっぱいで魔法使いの2人目もやり過ぎなら、同性カップル2組目もどうだかと思ってました。黒沢だって、つい先週まで『男の自分に好かれたら迷惑』と思い詰めていたくせに
「柘植さん、湊君のこと好きなんじゃない?」
って!カジュアル過ぎで仰天よ!! (両思いになりたてで花畑だったかなw 「僕の恋人」ポエムをラップでビート刻む程w)

でも湊(ゆうたろう)がオープンゲイだと描かれて、その角度も必要だったかと腑に落ちました。
 湊のダンスに賭ける夢を、決して嗤わないと力強く励ます柘植。さすが自分も才能を評価される自由業、不安や焦りも、馬鹿にされる辛さも良く知っていて、挙動不審なりに格好良かったですよねえ。陰キャのコミュ障なのにダンスサークル見学にまで来れたのは(安達と黒沢の付添ありとはいえw)湊への好意ゆえ。 なのに、男性とキスする湊を目撃してしまい……。
柘植としてはハートブレイク居留守で悶々としてたのに。まさかの『ゲイと知って避けた』と思われていたと知って、全力疾走で駆けつけての……スライディング土下座~!からの、告白~! やっぱりかなり変な人なのに、既に好意を持っていた湊的にはOK☆ 優しいリードで押し倒してくれました~

 その辺、好きになった人が同性だっただけ派かつ周囲に交際内緒の黒沢&安達には分からない世界でしょう。それに「卒業」に至る過程はまだ未履修~w いつかは結ばれて、すると魔法使いじゃなくなるとの柘植先輩情報は有益ですけども……えーっと、黒沢の妄想通り、安達を女の子扱いで関係を持ったとしてそれって童貞じゃなくなったと言え……ます……か??
(柘植と安達がみつめあってフリーズしている『心を読み合う時間』&笑顔で待っている黒沢、が愉快だったので、もう出来なくなったのは残念ですね)

 さておき、黒沢に想いを伝えたり柘植を励ましたりと、段々と自分を表すことが増えている安達くん。社内コンペにも『僕なんて』は封印で、応募を決めます。柘植ののろけに時間を取られ、六角(草川拓弥)の「普通っすね」にくじけ(正直すぎるだろw)、デートも出来ず、あの先輩(鈴之助)が仕事を押しつけてこない=心配されていることに凹み……でもみんな応援してくれているんだ!という気づきから思いついた新しいアイディア『応援シール』って、なるほど安達らしくって良かったですよね(^^) そして常に安達ファーストな黒沢に、それも嬉しいけど黒沢にだって楽しんでいて欲しい!とまで言えるようになって。さあ、どんどん幸せになれ~☆

 なのに立ちこめる不安……。
心を読めるって、フェアじゃないのでは。黒沢だって、心を読まれていたらイヤなのでは。 実際、せっかくのサプライズプラン『クリスマス花火』にうっかり返事。まるで黒沢が口に出しちゃった様になってがっかりさせちゃいましたもんね。でも現状、心を読まないように気をつけるとソーシャルディスタンス取ることになって……黒沢君は不安になるのでは?
 そこを乗り越えての、ラブラブハッピー最終回を待ち望んでいますよん。


「ルパンの娘(2)」~最終回 ☆☆☆☆

 映画になっちゃうのか~w 楽しみでっす。

 美雲(橋本環奈)が和馬(瀬戸康史)に惚れちゃって、そこからLの一族生存がばれて。忘却剤の効果も切れて。なんだかんだハラハラさせつつ、華(深田恭子)と和馬の愛は揺るぐわけもなく、じぃじ(渡部達郎)達はしっかり泥棒しつつも美雲対策も同時にしていたりして、上手いですよね~。また杏ちゃん(小畑乃々)の件も。真っ直ぐに育ち、学芸会のLの一族役すら
「泥棒なんかイヤ」
と泣く子なのも皮肉なら、それでいて盗みの素質ありまくりと分かったのも皮肉~
「Lの呼吸、1の型」
でしたっけ?? 流行の鬼滅の刃にがっつり乗りつつ、無意識にひったくりから盗品を取り返す……鮮やかな手腕を見せてくれましたよ!(また、ミュージカル場面のリフトでは、持ち上げられても揺るがない体幹の強さを披露。さすがですねえ) 一旦は、泥棒一家を離れ桜庭家に預けられましたけど。その間に華が作った杏のL装束は可愛いピンク。あくまで学芸会のためでしたけどね。華の、和馬の危機にはしっかりそれ着て、駆けつけてくれたじゃないですか!
よ、待ってました!

 その危機というのが、Lの一族の命も狙えば、Lの仕業にみせかけて殺人も辞さないシリアス系。しかもそこにはなんと!華も知らない、消えたLの一族『玲』が関わっている上に、美雲が本来恨むべきは、その三雲玲だというんですよ……?? その辺は映画でするのね!(しかし、祖父が美雲に残した書き置きに『令和の』ってありましたけど?? 予言?作品世界が未来?)

 最終回で円城寺父(市村正親)が登場!
華と息子輝(大貫勇輔)の結婚を急かしに来日で、遂には華を賭けてグレース王妃の指輪を奪い合うという泥棒マッチが開催されて(^^;;;;;;) またも華麗に人感センサーを避け銃弾を踊り避ける円城寺さんを堪能しましたけれどね、勝負は、愛する華の笑顔のためにわざと円城寺が負けてくれちゃったんですよ。いつの危機にも駆けつけてくれた円城寺さん いっそ渉(栗原類)と美雲を奪い合えばと思ったりしていましたが、そんなことにならないぐらい、いまだ華を愛していたんですねえ。

なんと悦子(小沢真珠)を巡っても以前同じことが起きたそうで……それもまた円城寺の血でしょうか。

 装束姿で一族が集う場面! 杏ちゃん込みの回も感激でしたけど、円城寺家登場も素敵でしたよねー。  父子デュエットは、ゴージャスの限り♪ 
こんな名場面、映画にとっておかなくて大丈夫でした?

 初回から、ずーっとずーっと隣がうるさかった安アパートw 華と和馬が引っ越した後に美雲と執事サルヒコ(我修院達也)が入居しちゃうのも愉快でしたけど、その隣人夫婦を事件に巻き込み目撃者に仕立てる尊の作戦も痛快でしたよねー。前作で警察を追われた先輩(加藤諒)の使い方といい、細部への気配りに感心しきりでした。
映画化でも、いろいろ細かいところに期待してしまいますね(^^) そして唄って踊って(円城寺さんw)盗んで、キュンキュン&大笑いさせて欲しいです〜

「#リモラブ」7 ☆☆

 濃厚接触の定義orz

 ついにお付き合いスタートの檸檬/青林(松下洸平)と草餅/美々先生(波瑠)、いや美々さんw
朝からモーニングで待ち合わせ☆ 出社前にまで会いたいなんてラブラブだったのにねえ。 おせっかい八木原(高橋優斗)も彼女(福地桃子)と現れて
「美々先生はいちゃコラが嫌い」

と耳打ちです。いや、目の前で君たちがいちゃつくのはイヤでも、恋人が自分に優しいのは別なのでは?? おかげで、妙に距離が縮まらず『……臭い?』などと気をもんでしまったじゃないですか!

 そして青林の大阪出張に伴って、PCR検査。
「この検査が陰性だったら……」
とお互いに思うところがあったわけですが。周囲がこぞって『濃厚接触☆』と茶化すのはいかがなものか。
まず、各種イチャコラ粘膜接触は間違いなく『=濃厚接触』ですが、逆は真で無く。濃厚接触がすなわち性的接触ではないので(マスクをせずに15分以上会話、程度で該当しますよね?)作中で1度ぐらいは『それは違う』と否定する場面があっても良かったのでは。
そしてめでたく青林陰性で(美々先生始め医療職は、以前から定期的に検査されている設定)、大阪に出張に行って、その足で美々先生宅に……来るのー?

 新幹線から送られてくるメッセージ。
もうSNSは卒業したい。写真を見せるので無く、一緒に風景を見たい。それは感動的でしたよ。
『いちゃこら嫌い』の誤解も解けて、どこまで触れて良いかの確認も新鮮w バックハグは『飛沫がかかりにくい姿勢』ってw 笑わせつつもキュンキュンしましたよー。 男だって、肉体的接触ばかり望むわけじゃなく、手を繋いで寝るだけで良かったりするって、この2人とこの場にふさわしい言葉でしたね。

 ……ただ感染症的には、陰性を保証するのは検査の時点まで。大阪に行って帰って来たなら、それなりに感染リスク高めの扱いをしなくちゃいけないのではないかと、そこが気になってしまいましたよ。だってそういうドラマじゃないですか!! うーん。

 さておき、青林くんの『僕が陰性だったら……』に続くお誘いは、濃厚接触☆でなく実家に同伴、親にご挨拶だそうで、一気に結婚が視野に入るのか??

 そんなこんなの間に、朝鳴部長(及川光博)と富近先生(江口のりこ)の仲も進展しているのは素敵。誕生日に年齢分の薔薇!キザ〜w
また、人事部と健康管理室では周知の事実な檸檬と草餅の恋を、
『SNSで社内恋愛はじまったヤツがいるらしい!』
と今更聞き込んで騒ぐ営業くん(渡辺大)もちょっとアクセントで、さて青林のライバルになるのか、それとも我孫子さん(川栄李奈)とでもどうにかなっちゃうのか?

「2020年11月下旬のインパルス」

・今週土曜の「勇者ああああ」に板さん出演!
・毎年恒例、新年「フットンダ」制作発表の時期が参りました!
そしてなんと、審査員! 裏でシークレットにでなくw 井上川島板倉のフットンダ3大将(?)が審査員をすると事前に発表です。それって逆に、羽織袴で出ずっぱり?? それとも舞台裏でわちゃわちゃ布団ボタン押すだけでしょうか?? コロナで帰省も叶わず寝正月ですから!心置きなく夜更かしでリアタイするぞー! 楽しみです。 料理YouTuberつっつんがおせちの差し入れでもしてくれませんかね(^^)
・「有吉の壁」にも年末年始で2回出場のお知らせ!わーい!
若手目当ての家族といつも観ていて、お助けキャラにドラドラや鬼奴あたり出る度にインパルスも是非~と思ってたんですよ! まさかのコンビで出演だったらめちゃ嬉しいですけど、ピンですかねえ。そして前半のボケコント合否判定にだと勝手に思ってましたけど、後半のパーティ(?)に出演な可能性も? 

 「いたくろむらせのオンとオフ」#58
 前回からの続き、上尾レントオール!
さんざ遊び倒した後、借りたのは『たい焼き器』 南条発案で、オリジナルたい焼き作りです。わーそう来たかw 毎度やりがちな割に誰得かよく分からないオリジナル味企画orz

 しかし今回ひと味違うのは、焼くプロが来てくれたこと!
多忙すゑひろがりずとバトンタッチしたのは、おひさしぶりのマリーマリー。その海老原ちゃんの副業がたい焼き屋☆ もう店を1人で任されて一日何百と焼き上げている腕前なのでした。これで大船に乗った気分、生だ焦げたの騒ぎはナシで珍素材を味わえますねw
 さて黒沢案は、リンゴ 納豆 チーかま&マヨ
 さえぴぃ案は、焼きそば うなぎ  え?
 板さんの案は、タイ刺身(たい焼きだけにw)
暖めた機械に水を垂らして蒸発具合で頃合いをみて、具は生地が生のうちに入れるべしw プロの技のお陰で、他はのんびりおしゃべりです。家族思いのグエン増田くん。弟妹のために修学旅行に参加したことがないそうで、じゃあ番組で修学旅行させてあげようよ!といい感じに企画につながりそうですねえ(^^)

 いざ実食、焼きそば、ちーかまは高評価! タイも案外イケる……けど、後から臭みが?そこはチーかまにマヨを足したように、タイにもネギや柚子を加えておくと良かったのかな。ウナギにも専用のタレがあるし(納豆タレは入れ忘れw) リンゴ、我が家は普通にホットケーキやパンにのせて焼くので不評が意外でした。板さんはアップルパイ並の甘さを求めていたので、シナモンシュガーふったぐらいじゃ足りないかも。むしろクリームチーズ&胡椒なら良いかな。
 そして判定は……1位うなぎ! タイや納豆は冒険ポイントを加味しても、及ばずだそうです。 そして最下位タイw 産みの親板さん、冒険ポイントを随分アピールしていましたが残念でした。漬け時間や香辛料を工夫してのリベンジなるか?ならないかw
 マリーマリーを従業員に見立てての板さんの家長コント
「チェックしてくれたまえ!」
「娘も喜んでいたよ」w 
可愛い娘さんですね!!


「いたくろむらせのオンとオフ」#59
 ロケ地は上尾のまま「るーぱん」へ! うわ懐かしい、埼玉県民の心の友チェーン店「るーぱん」ですw それも旦那実家近くの店舗、と喜んだのに、なんと。ロケバス乗りっぱなしで丸1本でしたよorz
 店長おすすめ日陰メニューを5位までを当てよう!
順位ばっちりをヒット、順位違いはボール、の表現でヒントをもらい、回答を探っていく『数当てゲーム』システムです。懐かしの「ヌメロン」に板さんも出てましたよね。なのにゲーム初耳という2人に進行をまかせ、戦略なしに進めた結果はぐだぐだにw 賢いさえぴぃも頑張ってたんですけどねえ。板さんが推した「木こり風」、結局5位内だったのに入れ損なったのも痛かったですね。
早々に諦めた板さんと違って、黒沢さんは最後まで本気です(^^;;;) ついには借りてたメニューに書き込みを始め、普段はそんなこと許さない側だろう~とツッコむ板さんをガン無視! でも当たりませんでしたねえ。5品全部当てるって相当ですよ。 3位か4位、とまで判明していたみそボロネーゼだけでも当てたらワンチャンあったのかな??
店長さんたら板さんをイタッチー呼びw 応えて板さん、お互い辛いもの苦手で酒もゴルフもしない、と共通点を並べ
『同一人物と言っても過言ではない』
とボケていたの、どうでしたかねw 書き込んだメニューに最後サインを加えてプレゼント。店内に飾ってくれたでしょうか。帰省したら見に行きます!(でもこのお正月は無理かなあ……)

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」6,7☆☆☆

 告白!ついに!

 例の元カノ美女は案の定お姉さんでw 安達宅に泊まり込みで看病することになる黒沢(町田啓太)、押し倒せどw襲わず!……良いヤツなんですよ。
おかげで熱も下がり、黒沢が良ければずっと居てもいい……と感謝の意を示す安達(赤楚衛二)ですが黒沢の喜び方は想定以上w 『同棲記念日☆』妄想に怯えた安達は、後輩六角(草刈拓弥)も呼んでしまいます。ヒドい、夕飯の準備も安達の取り合いw しかもそこで、夢を諦めた自分を卑下する六角の心に反応し
「新しい夢をまたみつけてスゴいよ」
と、励ます安達&感激する六角。そんな繋がりを目の当たりにしては……ただでさえ妬いてる自分をみっともないと思ってた黒沢くんの自己嫌悪、大爆発じゃないですか。それに、また俺なんてモードの安達に『君は特別』って伝えたいのにそれも叶わない……。
(六角が諦めたダンスを、続けている同期(ゆうたろう)って小説家(浅香航大)に宅配便届けてますよねw 世間狭いw)

 朝起きると、消えていた黒沢。
また悩んでる?と心配はする安達ですが、連絡がつけばホッとして終わり。昨日どうして『二人きりの夜』を恐れていたか丸っと忘れて、一緒に帰る=黒沢泊まる、と暢気に思ってるんですよね。 看病が嬉しかった、と言っても黒沢がさほど喜ばないことにも『重いのか?』と、非モテで慣れてないからさ~と矮小化。違うんだよ、そのちょっと離れていい友達でいようとする安達くんの距離感が、恋人になりたいのに不可能と思ってる黒沢には辛いのよ……。

 もう泊まりには行かれない、と黒沢。そしてついに告白ですよ。

「俺、お前のこと好きなんだ」

と、言うだけ言って「忘れて!次に会ったら全部元通りに……」と重ねる勝手な気遣いが、マジ黒沢ですw ほら、安達は何も返せず、去っていく黒沢の背中を見送るばかりですよ。……引き留めて、どうする。確かにそうなんですけどね。惚れられているとずーっと知っていてそれってw もし心が読めず寝耳に水だったら……いやその場合、2人の距離が縮まることもなかったのかもですが。
ご丁寧に翌日は黒沢出張。
笑顔で仕事をこなしつつ、回想するのは安達を意識しはじめた日です。終わった恋を葬っているのね……orz 元々男性しか愛せないというわけでもなく、顔だけで女性に好かれてきた黒沢の人生で、何故か初めて心を動かされたのが安達だったと。仕事の失敗も深酔いも非難せず、笑って介抱してくれた目立たない同期。気にしだしたらどんどん特別になって……そうだったのかー。

 一方で、そんなことは知らずとも同じくずっと黒沢のことを考えてしまっている安達……。気付けば黒沢のことを探してる、考えている!

思わず走り出し、出張帰りの黒沢を捕まえてのつたない逆告白ですよ~。 抱きしめる黒沢に応えて、そっと抱き返す安達の手が愛しいですね。そうか、魔法使いになったのはこの、黒沢の想いに応えるためとまで思えたんですね~。

 黒沢はぐいぐい来るぞ、大丈夫か安達! 次回はデートです☆
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ