ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「抱かれたい12人の女たち」6 松本まりか☆☆☆

 恐るべし松本まりか! でもスッと洗脳を解き出す山本耕史も、この人が騙す側にいったら大勢イチコロだろうなと怖くなりますよ。

 アロマオイルを売る女(松本まりか)

大荷物で入店するなり、ドアに挟まる、こけるw 化粧っ気も薄いメガネちゃんで、ああドジっ子なのねえと生暖かい気持ちで見始めたのですが、そのうちアロマオイルを取り出したら! え、宇宙? そして脱衣!

 腕や手のひらでお試しじゃないんですねえ。首から肩から塗りますからと、あっという間にマスターを脱がせて、密着でサワサワw 10万円なのに
「買います!安い!」
と悲鳴をあげるマスターw  ほぼ風俗だそうですw しかも反省会で女優さん曰く、買わない予測でいたので困ったとw

 で、さすがに服を着たら落ちついたマスター。売れたと一旦喜んだ彼女を悲しませるのは本意じゃないけどやはり買えない、「高ーい!」 いやついさっき安いってw
困る、売れないと、となる彼女に、騙されている、原価も安いはず云々と理詰めで行ったかと思いきや「箱を閉めて」←今までの自分もしまってしまおう、という逆マインドコントロールをサクサクと進行。もうすっかり言いなりになった彼女の
「抱いてください」
は、なんだか自然でしたよ~。


 過去を設定しすぎると、説明ゼリフが増えます。マスターに勘違いされることもあり。でも売り物の説明なら当然で、それが浄水器でなくアロマオイルって人物紹介にもなり、スピリチュアル強すぎる説明で怪しさドン!(脱がせて距離も詰めw)高額すぎてさらにドン! 松本まりかの薄い肩と相まって、このマスターなら守ってやろうと説教しますよねえ。
あの手この手、誘惑のタネが尽きずに驚いています。 そろそろひたすら黙ってる客、現れないかなw 


「死亡フラグが立ちました!」1、2 ☆☆

 「このミス」なのにおバカドラマだw
てっきり毎週違う殺人が起きて、謎を解いての繰り返して「死神」に迫っていくのかと思っていたのですが。何もわからないまま続きますw

 都市伝説「死神」、狙われたら24時間以内に殺される!
売れないライター陣内トオル(小関裕太)は、専門雑誌廃刊を阻止せんと、その死神の正体を突き止めることに。ちょうどご近所のヤクザ金融で親分が死神に殺されていて、仇を討つ!と息巻く松重(寺脇康文)の話から判明した死神の手口は、びっくり回りくどいものでした。

 親分が大好きな「赤ちゃん動物映像集!」にビールのサブリミナル映像を仕込む → 見てると喉乾く → ビール取りに行く → バナナの皮で滑る → 床の鉄アレイで頭打つw
 2話で霊媒使って呼び出した別の被害者は
車がパンク → いつになく歩く → 轢かれる

 どれも、外に飲みに行くかも、バナナ踏まないかも、転んでも軽い怪我かも。タクシー呼ぶかも、といった別のことをする可能性があるけれど、もしかしたらその選択肢にも危険が潜むのかも。それほど用意周到に、罠を巡らせるのが死神のスタイルらしいのです。お、おう。
 実はターゲットは自分と知らされた松重。キャンセル制度もあるのに、死神に依頼した子分をあっさり撃ち殺し(^^;;;;;)  道端の子犬にも怯えながらもトオルたちと逃げることに。 しかも、死ぬかもしれないなら思い残すことなく
「世界一の美女にあってチューをする!」
と息巻いてますが、えーっと、ふせえり?

 トオルの先輩本宮に塚地武雅。このルックスで東大出、投資家の大金持ち、モテモテ! そしてヤクザが揉めてチャカ出しても、怖がるどころか大喜び! 本物だーと身を乗り出してキャーキャーはしゃぐと言うゆるキャラ役を好演です。 あと松重の手下に笠原秀幸ね。

「リカ」~4 ☆☆

 第一部、完!

 もう病院関係者死にすぎだし、この世界に警察には鑑識部門が存在していなさそうな死因のスルー具合ですけども、リカ(高岡早紀)が
「28歳です」
と言い切るたびに、もう細かいことがどうでもよくなりますねw

 そんなわけで、意識不明だった看護師長(池谷のぶえ)のみならず、副師長(安藤玉恵)もリカに殺されましたよー。
「責任を取って、師長を殺して私も死にます」
との遺書により、師長の呼吸器を外して自殺したことになりました。いやいや、誰でも飲む詰所のコーヒーに睡眠薬混入なのに、それも副師長がと断定する警察w  監視カメラぐらいチェックしてよ。

 更にはリカにオペミス(捏造)を指摘された大矢先生(小池徹平)、誘惑に負けてうっかり違法オペ。 2人の秘密☆ができて舞い上がるリカですが、証拠の血まみれ鉗子をジップロックして持ち歩くの、脅迫だから!
その合間にも院長(西岡徳馬)に取り入り、大矢先生との交際は院長公認にw  しかし、否定する大矢先生のリカ告発に逆上し「クビだ~」と言い出した途端に院長も哀れリカの犠牲になったのでした。ほら大矢先生の言う通り、人殺しだったじゃーん。

 さあ次に危ないのは婚約者嬢(山谷花純)!
リカが殺人までする女と分かっているなら、実家に隠れる彼女をきちんと送り届ければ良かったのにね…。案の定行方不明になりましたが、実行犯は別の人。なんとリカは医師(西村直人)の娘さんをまず誘拐し、安否と引き換えに大矢の婚約者を狙わせていましたよ。って何故そこで言いなりに。警察連絡一択では(^^;;;;;;;)

 なんだかんだ死んだ大矢、婚約者と医師親子の4遺体を燃やして(すると死因が焼死にw 監察医仕事してw)消えたリカ。
次は誰が惚れられるのー!

「劇団スフィア」1、2 ☆☆

 え?SF?
 豊崎愛生など声優の綺麗どころを集めてバンドドラマというから、興味ないなーと思ってたのですがまさかの展開でびっくりです。

 普段から地下のシェルターでギターの練習をしていたという、ゆき(豊崎愛生) バンド仲間を誘って合宿!音が漏れなくていいですねえ…って、ちょっと待って個人所有? 親や親戚一同で持っててもすごいのにね(カレンダーが2029年。その頃にはシェルター流行ってるのかなw)トイレ、シャワー、冷蔵庫付き、有事に備えて食料と水の備蓄は3ヶ月だけど、そこまで電気が持たないかも、だとか。外を見渡す監視カメラも付いてます

 ところがある夜、衝撃音と共に通信と映像が途絶えて戸惑うメンバー達。そこへ現れたガスマスクの男は、杉並区役所の職員を名乗り人数を確認し、何が起きたかはのらりくらりとごまかしながら
「大変ショッキングなことに」
とだけ伝えて、配給のパンを渡して去っていくのです。備蓄の水をゴックゴク飲んでw 外には水がないのか?
その後、何度か職員さんが来るうちに復活したカメラが写したのは…見渡す限りの、砂漠? 瓦礫すらないの? え、東京どうなっちゃってるの? それまでも、出ようとしては職員に全力で止められていたくるみ(戸松遥)は、ついに職員のガスマスクを盗んで逃亡。戻ってきませんでした。

 いやいやいや。
タイトルも「劇団」入ってるし。いつカットの声が入ってメタ芝居になるのかと思いきや、このSFのまま続くみたいですw マジかw だったら見たいかも(追記:2話ずつ脚本家を変えて別の話になるようです。またスフィア自体は結成10年目なんだとか。別畑のことって知らずにいますねえ~)

<2話>
 新たに、NASAの子会社NASAテック杉並支店の社員を名乗る胡散臭い男来訪。
連合軍の「ああいった」攻撃を受け、「そういった」状態なので。「火星に移住」を最終目標にまずはアメリカ合衆国に移送しようとしているそうです。ちなみに男女カップルを最優先に「健康」「優秀」「美しい」など条件付きの上に有料49万2千円(クレカ受付可w)  払うんだ…(^^;;;;)  それも、あさこはくるみの分まで2人分!
 戻らないくるみが心配でたまらないあさこは、ついに5分で戻る約束で、外へ!

のはずが、やっぱりまた区役所の人に止められるw  詐欺の警告をされるのかと思いきや肯定で
「私とカップルになる人!」
と募集。全力でお断りの3人に暴れ出したところで、飛び蹴り~してきたのは戻ってきたくるみ!遅いよ! なんと外は全く変わらないので、つい自宅まで帰ってきたのだとか。
詐欺男をふん縛り、呼び出させたNASAテック男も捕まえて、さてお金は戻って来るのかな。

 差し入れ袋に『杉並区崩壊しても、ドンキは開店してるんだ…』とツッコむ雪の心の声や、監視カメラに砂漠映像を貼り付けた詐欺手口への仕返しも面白かったです。そして衝撃の?ラストw

 最後には、1、2話の脚本家徳尾浩司とスフィアでのジャージ姿のアフタートークもあり。

「抱かれたい12人の女たち」5 中村ゆりか ☆☆

 血まみれ登場!警察沙汰!

 なんと恋人を刺してきた、殺してしまったと半狂乱の女を演じる中村ゆりか。みんな色々考えるものですねえ。もし万が一設定が似てしまったら、それはスタッフさん教えてくれるのかな(^^;;;;)
そして迎える山本耕史マスター。まずはお客様の怪我を気遣いながらも、他人の血かと察した辺りからは刺激しない様に恐る恐るw こういう瞬発力、さすがですよねえ。途中、警察から電話もかかってきちゃったりして←これは中村ゆりか側から仕込んであった?

貢いでた男に裏切られたと、打ち明け話(せっかく設定考えたんだもんね!)をしながら心の距離を詰め、自首する前に、抱いて!と持ち込む計画だったろう中村を遮って

「罪を償ったら、いつでも戻ってきて」
と美しく収めてしまうマスター。下にはもう警察の車が待ってますって。一枚上手で、決め台詞を言わせてもらえずに終わってしまいましたw (え、待って、下?このバー、ビルの上階にあるの? ずぶ濡れや血まみれで飛び込んで来るんだから出てすぐ外だとばかりw)
開いたドアから一歩出かけて振り向いた時、抱きついて最後のキスぐらいあっても良かったけど。多分戸惑っていたんだろう間に、仕草でまた促されて退出w まあこういう回もあっていいよね。

 口止め料も受け取らない、正しい大人なマスター。特に若い子相手には、説教しがちかなw 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ