ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「抱かれたい12人の女たち」4 筧美和子 ☆☆

 100人斬りの女!
 わざとスマホを店に忘れて、終電がなくなる頃に店に現れる女w 一緒に店に来ていた男は、ふってきたらしいです。 だってマスターの匂いがドンピシャで、もう抱かれたくてたまらなかったから! うわー、ゆるふわ可愛い筧美和子なのに、ど直球で来ましたよ!

「100人目になって」
とまで言われても、一応自分の勘違いかなと応対するマスター。セックスのことですよ!とあっさり言われて動揺w  カウンター内に入ってきた彼女に、抱きつかれ首元の匂いまで嗅がれてまた動揺ですが「大事なところ」が鼻の匂いだったのには「そこなんだ」とw 視聴者も思いましたよ、思わせぶりにw  
で、ほぼ来るもの拒まずのマスターですから、尺足りないけどこのまま押し倒されるのか?と思いきや。彼女をカウンターの外に戻して説教開始です!
 この人!と思った、と言われても。感覚がいかにあてにならないかを教える、とミニゲーム。目をつぶったまま、組んだ指にあたる箸の本数を当てるという普通は距離を縮めるためにすることを、反対の意図ですることってあるんだw 案の定、本数を外した彼女に勝利宣言。自分を大事にしなさい、ですってよー! ヒューヒュー!

 断られることなんてなかっただろう彼女が、べそかいて記録帳も人数もどうでもいいからと
「抱いてください」
と頼んだところでカーット!

 なかなか面白い流れでしたね。一度はお断りしたマスターも、これじゃやっぱり抱いちゃうのかも(^^;;;;;;;) 家に帰って、ぶチューっといく夢をきっと見ると山本耕史w 奥さんに怒られるぞー。

「2019年10月後半のインパルス」

 トリックオアトリート!
ああ明日は朗読会じゃありませんか。行かれない悲しみはウガッティオススメのハイテク節水シャワーヘッドで流してもらいましょうw 次第にタイトルコールまで任されてるウガッティ!人気上昇中?
11/2、3の27時間テレビ、向上委員会枠で出演する様です。11/8アメトーーク社寺仏閣大好き芸人にも!

「いたくろむらせのオンとオフ」#11
 トシコツ…ドジコツだったの回orz
「星野源さんに見てもらう!」を合言葉に、上福岡の屋内サバゲー場に向かった一行。ショッピングモールの4Fにあるんだ。なるほど全天候w
我らがサバゲーマニア板さんは、もちろん自前の、自塗装のスナイパーライフルを持参!弾着を撮影できるようにと、サイト(照準器)にアイカメラも装着!ほーらすごいでしょう~ と、店員さんにまで自慢げで微笑ましかったのですが、なんとトシコツ大ポカをw 装填するマガジンの忘れ物!
「一発ずつ入れたらどうにか…」
と、本来なら案内や解説をするべき人が銃問題にかかりきりでロケ停滞、  
「よーしポテチ食べようぜ!パーティ開きで!」
と、黒沢さんとさえぴぃは待ってるしかないよねえ。ああああ。  

 とりあえず、借りて撃つ! 板さんのこだわりライフルは、上記の事情で一発撃つと終わりで「スポッチャの方が楽しい」扱いw でも借りた銃で連射を始めたら、まずさえぴぃがハマってましたね。ほらほら、射撃って面白いでしょう~! 射撃好きの視聴側としては、もっと標的や弾着をはっきり見たかったです(どのみちスマホの小画面ですが)黒沢さんも楽しめたかな?
☆撃鉄(引き金の「ノ」部分)には、本当に撃つ時以外は指をかけない。板さんからの大事な教えです!


「水曜日のダウンタウン」(10/23)
<火をつけたところで相方が倒れたと知らされて、タバコを吸うのをやめるのか>
 双方喫煙者のインパルス、どっちが仕掛け人かワクワクでしたよね。今回は板さんが「急に胸をおさえて」倒れたことに!事前インタでは、あんだけ迷惑かけて、心配して当然!でなきゃ安楽死!と似合いのワードで煽る板さんです。で、別室モニターで見守る中、喫煙室で報せを受け取った堤下、なんと
「え、俺どうしたらいいですか」
と、腰も浮かさず(^^;;;;)  いや来てください、と促されてやっと行くのかー!出しなに幾度かふかすのを見て、もう板さん笑うしかありませんよねw ←でも審判の時の虚脱微笑と違って、嬉しそうかも?  他のコンビには言った「意識がない」ワードが抜けたのは残念。でも部屋を出てからはダッシュでしたね!
そして廊下で鉢合わせ、つっつん口をあんぐり(^^)
「倒れたんじゃ…」
「倒れたよ!」
深く吸って火種が光ったところまでツッコむ板さんさすがw  以前の敬語からタメ語に戻っていたのもファンには嬉しいポイントでしたよ。何やら堤下非難のネット記事も出てる様ですが、板さんの「車で轢いてやろうかと」発言が記事になったのと同じで、インパルスに興味ない人の取り上げ方ですよね。


「主治医が見つかる診療所 2019秋」(10/24)
<コレステロールコントロール>
 ボクシング! 板さんが週2でボクシング!かっこいいー!
 少ないと老化、多すぎると動脈硬化。落とし穴が続々!だというコレステロール。検証のためにガリガリ3人デブ3人を揃えてみました~。の、ガリに板さんw え、なのにデブに堤下がいませんよorz 長友の腹と塚地の顎に負けたのね。
検査着にスリッパ姿の板さんキュートw 『30過ぎたら太る』と言われてきたのに、40になっても余裕でガリだと体型維持をアピール。デブ連主張の「この体型がベスト」と言ってることは同じですよね。  そして項目ごと、それぞれ違うゲストが引っかかるとは上手く出来てます(候補が何人も検査受けて、都合のいい組み合わせでオンエア組選んでるのかな) スナック菓子の油がイカン、酒がイカン等々。板さんが引っかかった項目にイカンのは「喫煙」、「究極の健康は死」とか、厨二なこと嘯いてw 禁煙する気ゼロですねー。


「いたくろむらせのオンとオフ」#12
 志木駅前で街ブラロケ! 板さんが人生で初めてカツアゲにあった街w  埼玉ってベッドタウンで特に何もないところ多いよねー

テーマ折り紙を探して子供に絡む時間が長かったぞー
<板さんが埼玉出身なことを、県民は知っているのか?>
 ロケ車に隠れ「埼玉県出身の有名人といえば」の回答中に呼ばれたら顔を出そう、ってそれ「モニタリング」の佐藤健ならギャーですけど!むしろずっと名前でないのでは…と思ったら、ちゃんと1インタ目で出ましたよ! 本人も驚いてたw 通りすがりの2インタ目でも「友達がファン」な若者に遭遇。有名人じゃん!さすが地元! 
その勢いで、隣の地元駅に移動してリアル知り合いに遭遇しようと試みますが、え、人見知りのくせにw 案の定、やんちゃな弟さん繋がりで声をかけられることばかりなのはまだ笑えましたが、それを上回る商店街の閑散ぶりにしんみりする一同。さえぴぃに寄ってくる若者もいないぞ! 商店街に保育園って、駅近で濡れずにお散歩できていいんですよねえ。それが可能なほど空き店舗広くて客がいないってことですけどorz
毒舌が消えたさえぴぃに慰められてるオープニングw 寂しいw


 と、ほぼオンがなかった回w これをこのまま流して大丈夫なのかー? 「となりの人間国宝」までの掘り下げは無理にしても、もうちょっと企画でカバーしましょうよ。アルバム写真ぐらい出すとか、いっそ出身小、中まで行っちゃうとか! 「月の炎」みたいに、俊之少年が小銭握りしめてミニ四駆買いに走ってたプラモデル屋とか見たかったぞー

「抱かれたい12人の女たち」3 MEGUMI ☆☆

 今回はMEGUMI。
強烈な印象を残したい、と『元男の同級生』設定にw  微妙に男らしい写真の免許証まで用意してましたよ! こ、この辺の発想は、小料理屋版で怖すぎる顔を整形した回に通じるところがあるかも。それとも、設定が相手に伝わりづらいところは飼い犬の生まれ変わりの回? とにかく、自分の魅力を最大限に引き出すシチェーションを考えるのでなく、物語から固めた他人で勝負するって、案外自信がないのかなあ? それとも、この仕事をバラエティと思うか芝居と思うかの差?

 近所の店に勤めてるの、と既にベロベロでご陽気に現れたMEGUMI。マスターにも振舞って乾杯~! からの、トイレに駆け込んでゲロゲーロw  掃除用具を手に、様子を伺うマスターが
「めんどくせえ客」
と独白w  今まで出さなかった顔を引き出したかも?
 しかしその後の「覚えてる?」から始まる応酬は、手探りすぎるー! 
同級生、と了解したマスターがとっさに「メッちゃん」と呼ぶも、苦笑で「え、そんな呼ばれ方覚えがないw」とMEGUMI。そのお返しか、MEGUMIが合わせてきた「コッちゃん」呼びはマスターが「覚えがない」w   MEGUMIも、もっと男同士っぽい呼ばれ方が欲しかったなら自分から言わなきゃだよね。

 何しろマスターは整形想定で「変わったけど、分かる」路線。確かに綺麗になったけど、昔から片鱗はあったよね、と褒めてくるんです。整形や豊胸ならそれ正解、そして元男でも、当時からちょっと分かりつつ友達だったし現在を受け入れてる大正解なんでしょう。「あの頃から、そう思っててくれたんだ嬉しい」と涙ぐむメッちゃんですが、想定では、免許証バーンで即元男と分かって「全然違う」と言って欲しかったらしいです。
 だったら免許証は権三郎名義、いや高校球児の合成写真で行くべきだったのではー。

 そして告白。
 男のままでは好きになってもらえない、とコッちゃんのためにフル改造し、居るのを知ってて近所に勤め、満を持しての今日で、彼女もいないなら付き合って、だそうですよ。
「正直、イケる」
と間口の広いマスター。いやこの人、お直しせずとも言い寄られたら抱けるんじゃありません? 何なら高校球児のままでもw

 だんだんと逆に、このマスターが無理無理抱けないとなるシチェーションの方が気になってきましたw

「グランメゾン東京」1 ☆☆☆

 ブレーメンの音楽隊みw
信頼を失った天才シェフ、調理を諦めて裏方に回った男、夢と舌はあっても腕がないシェフ。1話ではとりあえず3人が合流しました!
木村拓哉のための、かっこよくてかつ尖った職業ってまだ料理人が残っていたんですね! スーツ着なくても多少常識なくても、天才料理人ならオッケーでしたよ!

 というわけで天才の名をほしいままにし、パリにオープンした店「エスコフィユ」でミシュランの2つ星を取った尾花夏樹(木村拓哉)でしたが、フランス首相の昼食にアレルギー食材ナッツを混入させ日仏首脳会談がパー&取り調べ相手を殴って逮捕。以後「日本の恥」とまで言われ、料理の仕事に就けなくなって四年。偶然、三ツ星レストランで修行したいと懇願する早見倫子(鈴木京香)と知り合います。そこで採用される腕はない彼女の、確かな舌と料理への情熱を知った尾花は
「一緒に新しい店を開いて、星を取ろう」
と提案するのでした。

 ちょっとワクワクするいい話でしょ。でも、いざスタッフを集め出すと、各方位尾花の嫌われっぷりが酷いw なのに
「日本の恥でーす」
と茶化す男では、そりゃ信用していいのか不安にもなりますよね。 金出して本当に大丈夫なのかと(^^;;;;;;)  
特に、「エスコフィユ」で一緒だった京野陸太郎(沢村一樹)はそりゃあ、恨んでましたよ。人生預けて一緒に店開いて、アレルギーと暴力事件で潰されちゃ。しかもその時背負った借金のせいで今は、主義が合わないレストラン「gaku」で働いているわけで。
 でも「どうせくだらない理由で殴ったんだろう」と責められるのだけは、違うのに。アレルゲンの混入を「違法就労移民の仕業」と決めつけられた無礼に、みんなのために怒ったのに(だとしても殴っちゃダメだったけどさー)軽口と悪口は平気でいうくせに、言い訳はしない男で、ちくしょーかっこいいじゃないですか!

 一方みっともないのが、元は尾花や京野と同期だった丹後学(尾上菊五郎)
1つ星レストラン「gaku」のシェフ、尾花に「科学実験」とディスられようと堂々たる人気店なのに。尾花と早見が京野を誘っても、きっぱり断ったと本人が言っているのに。わざわざ、以前から腕を買っていましたと早見をリクルート。ゆくゆくは海外進出の支店を任せてもいい、だなんて心にもない口約束をして、狙いは尾花の開店計画頓挫です。
 褒められて、まんざらでもなさげに返事を保留する倫子さん…。ちょっとは信じていたかしら。信じたかったかしら。
本当はここで、丹後の本心と狙いを倫子が知る段階があると親切ではあるのでしょうが。アラフィフだものね、才能があって若い料理人が他にもゴロゴロいる中で、引き抜かれる価値が自分にあるのかなんて、もう分かっているってことでしょうねえ。

 なので、倫子が賭けた勝負は一千万円で京野の逆引き抜き!
借金さえちゃらになれば。「gaku」を出て尾花と働きたい筈?

 うーん、ここで倫子があの柚子入りのクスクスを。「決して料理を曲げない」と評された尾花が、倫子の意見を入れて作り直した新しい味をひとさじ持ってきていたら!今度の尾花は一味違うぞと、説得材料のある戦いでしたのにね。特に打つ手もなく、よく誘いにきましたよ。「gaku」が、ミシュラン査定が終わると即ワインの質を落とすような店だってことも倫子は知らないのに(^^;;;;;)

 ともあれ、結果オーライ。
色々足りない3人が補い合って、まっさらの新レストランを始めます。その名も「グランメゾン東京」!
「gaku」を筆頭に、尾花の足を引っ張りたい勢や山ほどいる中、取れるのか三つ星は? 


「ミス・ジコチョー 天才・天ノ教授の調査ファイル」1☆☆☆

 いや大学教授に秘書って!普通いませんからね!

 台風の夜、大規模化学工場でタンクが爆発。
「白い鳥が」と言い残し、爆死した部下の責任なのか?事故調査委員会に集められた識者たちが、リスクを避けて無難な説をとる中、大胆な仮説を唱え検証を続けるその人こそが、ミス・ジコチョー。失敗学の権威、東京第一大学工学部教授天ノ真奈子(松雪泰子)なのでした!ジャーン!

 嵐の晩に飛ぶはずがない白い鳥。
そこに現場に燃え残った作業着の切れ端と、ご近所工場での勤務状況を加えて天ノの頭脳が出した答えは。 そちらのボンベが倒れ、干してあった作業着を巻き込んだまま300m飛んでガスタンクにぶつかったはず! って、すごい発想力。 でも台風が近づく南の島でわざわざ再現実験をしたものの、なかなかそこまで飛距離は出ないorz
 そこで来たのが、ドラマ定番。助手(堀井新太)のなんでもない一言ですよ。
爆発したタンクでなく、そこに加熱を抑えるCO2(だっけ?)を送り込んでいたラインが、破損した。実際そっちでは、ご近所由来のボンベ破片も見つかりました。一本足りないことにも気づいてない管理体制、気づいても言えない空気、そもそもの超過労働…。そんな過失が生んだ重大事故として、さて焼け野原になった補償を、あの儲かってなさそうな工場がかぶるんでしょうか!ヤバイ!
しかし、そもそもタンクが暴走しそうだった予備冷却装置の故障。それは報告されていたのに、ラインを止めて修理する余裕がなく上司(升毅)は気づかないふりを指示。1ヶ月後に発見したふりで修理する予定だった、と。だったら化学工場のせいもある?? 天ノは真実にしか興味ありませんが、金のことを考えると責任割合が難しいですね。

 とにかく、亡き部下はミスが多いやつと言われてたけど、むしろ隠さず全て報告していただけでした。
1つの重大事故の陰に、重大にならなかった29の事故が隠れ、その陰には300の事故につながるヒヤリ、ハッとするミスがある…というハインリッヒの法則。だから隠さずミスを共有し、フールプルーフなど現場を整え事故を防ごう、という考え方。働いてた頃講習受けましたわー。実際には面倒だったり隠されたりで、報告改善にに至らないことが多いんでしょうね。

 その失敗学の傍、タイムマシーン開発も目指しているという天ノ。
「最大の失敗を防ぐため」
それってなんですか、と聞けば離婚と絡めて冗談で返しますけどね。どうやらチェルノブイリ、スリーマイルと並んで福島の原発事故を起きなかったことにしたいようです。 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ