ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「アンナチュラル」2、3 ☆☆☆☆

ふーん、練炭自殺の遺体と凍死体って似てるんだ。だからって並べて置いた犯人、大胆w
包丁の刺し傷に残るケイ素。砥石なのかー! 監察医って博識でないといけませんね。

2話では冷凍車に閉じ込められて死にかけ、3話では裁判で証人なってネットを騒がせと、お仕事しながらも毎度違う形で事件に巻き込まれるミコト先生。飽きさせません。しかも3話は、起訴に絡んで「99.9%」のキーワードは出てくるわ、深山ばりに再現実験はするわで「99.9 刑事専門弁護士」を観てる人ならニヤリとしたはず。

実際ドラマ見すぎていると、馴染みの知識ってあって一酸化中毒や凍死でピンクになるのもそれです(同じに見える程とは初耳でしたがw) 捜査中、鍵がかかる場所に全員入っちゃダメってのもあるあるですよね。一人は外で見張りしなきゃ、ホラ犯人に閉じ込められたorz しかしミコトもバイトくんも刑事じゃないし、刑事ドラマ見るタイプでもないと思うと仕方ないですかねえ。

そして車ごと沈められて絶体絶命。でもそこでミコトは胸まで水に浸かりながらも『巻き込んだお詫びに、明日おごる』とバイト君に声かけてみたり、猛然と水の成分分析したり、水没後も息は何分もつ、蘇生の可能性はさらに何分後とデータ並べたり、更には救出された後サラッと日常に戻っていたりと気丈ながらも不思議ちゃんでした。一家心中の生き残り、というバイトくんが知ってしまった身の上がやはり影響しているのでしょうかね。

続く裁判では、既に容疑者有罪のお膳立てが何ヶ月もかけて準備されていて、専門家ミコトがそれに反する『事実』をみつけてしまったことは、厄介者扱い。ああこれも、よく見るやつ!

そしてどちらも、最後は中堂先生がかっさらいます。

2話では走行時間と、ミコトが電話で伝えた水の成分、PH(ペーハー! ミコトがピーエイチと読んでて耳を疑いましたが最近はそうなのかいな。中堂はペーハー読み)分析だけで、見事水没地を言い当てて二人の命を救います。タイムリミットにも負けずにお見事。

3話ではミコトの代わりに裁判の証言台に立って、『これだから女は』とミコトを罠に嵌めた弁護士(吹越満)を、理詰めで完膚無きまでに叩きのめします。職場では、横柄な態度と口汚さがパワハラだと臨床検査技師から訴えられているのですがw ここではその感じ悪さも大活躍。見事誤認逮捕を立証し、『女は信用できない』とミコトの証言を拒否した被告(温水洋一)のことも、叱り倒すのでしたw (そういえば、クソだバカだと言い散らすのは全方位で、女のくせにと言うことはなかったかも)

中堂先生、超優秀〜!でも過去になにかあったらしい??

そもそものUDI、解剖の必要性もひしひし感じられつつしっかり楽しめる脚本で、いろいろ楽しみです。

「BG 身辺警護人」2 ☆☆

今度は裁判官の奥さん(大塚寧々)の警護です。
自宅前で自転車が燃やされ、旦那(田中哲司)には国のSP配備、奥さんには民間警備が。家に嵩高い他人が常時いて眼光鋭いの、そりゃうっとおしいでしょう。居るなら皿洗って玄関掃除してよって、言いたくなる奥さんの気持ちもまあ分からないでもないw 挙句、買い物にも不動産屋との待ち合わせにも一緒なのを嫌がった奥さん、警護をまいて行方不明に……。

せっかくの大塚寧々が地味な格好ね、と思いながら見ておりましたが。まさにそこが問題でしたw 裁判官たるものつつましく、が信条の旦那から『目立たず騒がず着飾らず』と言い付けられていた奥さん。ストレスに耐えかね、履きもしない高価な靴、持ち歩けない高価な鞄を貯めておく2坪の倉庫を借りて避難所にしていたのでした。いとあわれ。

しかし放火の犯人は、実はその倉庫を紹介してくれた不動産屋(石黒英雄)
過去の判決の結果妻を亡くした仕返しに、奥さんを殺そうと近づいたと。……だったらエレベーターをまず落とせばいいのに。律儀に降ろしてから殴りかかってくるから格闘のプロ島崎にやられちゃいましたよ(^^;;;;)   てか、一人でいるときにいくらでも襲えたでしょうに。他に目をむけるための放火で、奥さんにも警護がついちゃったのは計算外でしたね。

警護の仕事前には家を片付けて。
いつ死んでもいい準備をしてるんだと語る島崎。とっくにわかってる、と生意気ざかりな息子。そんなやり取りも面白く見ています。

正直、菜々緒と並ぶとスタイルの良さで負けw 江口洋介と並ぶと軽い。若作りもどこまでと心配になったりしますが、大野智が『不機嫌な主人公』の限りないバリエーションを生み出し続けるようにw 木村拓哉の『大人になりきれない男』のバリエーションもまだまだ先があるようです。


次は西村まさ彦氏がゲスト……!

「2018年1月のインパルス」(2/5追記)

板さん40歳のお誕生日おめでとうございます!
そして小説新刊「月の炎」2/22発売!既刊「蟻地獄」文庫化も、表紙イラストが素敵でいいですよね(^^)
1/31深夜「浜ちゃんが!」は放映後に追加しまーす(2/5追記)

そしてインパルスじゃありませんが、腐れ芸人先駆者の岩井が「忘れてやらねえからな」と歌で毒を吐き始めましたね!いいじゃんいいじゃん、特技のピアノも役立って、なんか嬉しくなっちゃってます。大阪では2月放映かなSP放映されるのかな。


「落ちましておめでとうございます!」(1/1)
落とし穴未経験の芸能人を落とし、落とされたら今度は落とす側に回るという落とし初めリレーw  MCは博多大吉花丸&千鳥が紅白の羽織袴、アナウンサーは振袖というまあ新春早々な番組でした。なんでも制作テレ東が落とし穴に慣れていないそうで、ふっかふか過ぎて落ちた人が隠れちゃう&穴の中の居心地がめちゃいいんだとかw

板さんは、紅蘭の仕掛け人でした。なーんだ落ちるんじゃないのね。
嫌いな人をぶっちゃける、という催眠術にかかったフリをする役目。司会のフジモンに『闇が深そう、嫌いな人が多そう』と指名され術をかけられた板さん、なんと
『堤下の親ですね』
と! そこは「堤下、でええやんか」と司会のフジモンもまとめに困ってましたけどw 『どういう育て方したらあんな』と真顔で言われたら、逆に本当っぽいかなー。
そして次の番の紅蘭、かかったふりで嫌いな人をあげたら落とし穴ですが……「言えない!」と絶叫。うわーいい子だ。しかし、だったらそれで終わりの筈が、間違えて落としてしまうスタッフw すると『床が壊れた!』と斜め上のリアクションでしたw
その紅蘭さんが落ちる時、椅子の上でびくっとする板さんに萌え!

その他とろサーモンでは、落とされた村田が調子に乗ってる、と穴の上から諌める久保田が『車とか乗ってぶつけるなよ』とw つっつんのコトかー! あと小梅太夫がダンサーだったとは知らなくてびっくりでしたね。


「加藤酔ってます」3時間sp (1/11)
なんとミラクルにも、堤下の書類送検の日にabemaTV生放送!
タイトル通り、極楽とんぼ加藤が2時間前から酒入れてスタンバイというとんでもないシリーズ番組ですw 今回のMCというか加藤を抑える係にはパンサー向井と極楽とんぼ山本をつけての、金持ちをどんどん訪ねる正月企画。さて3時間の中で板さんはどれだけ出るの?

<その1>インフルエンサー、姉アゲハモデルやフィットネスモデル、SNSで絶大なフォロー数を誇る美女たちが集まってきゃっきゃ☆ そこに、すでにべろっべろの加藤さん登場ですよ危険だなあw
<その2>年収1000万円超えの20代男子が集うBARへ!
 板さんは<その2>へ移動中の車内に、鼻かみながら登場です。衣装は黒トレーナーに茶ズボン(「フットンダ」と同じかもw)既にハイボール5杯。去年の6月、11月と発狂してから酒が進むようになっちゃって、板さんの新しい相方はハイボールってさ(^^;;;) 
 そこに板倉は才能がある、小説読んだ凄い、とべた褒めの酔っ払い加藤さん、嬉しいお言葉です。思えば相方が謹慎してる辛さを、誰よりも分かってくれる加藤さん。こうやって番組呼んでくれるって励まされますよね。なのに、こんな番組にでちゃダメだ、と言われてもw そして思い出話。2002年、桜美林大学で山本が下半身露出、公然わいせつで捕まった時の次の出番てインパルスだったんだ!堤下も一緒に脱ぎかけてて、もうちょっとで逮捕だったのかー!!
 で、これから会う高収入男子をディスりまくり、クソだゴミだ言いまくりの加藤にシラフの向井がチョーップw その後も進行を止めるとフリップでバーンw それ今しかできないぞ向井w やばいこの番組楽しくなってきた。 
 さて青年実業家たちと合流、ディスりまくりの加藤の横で板さんおねむでしたw
<その3>デリヘル嬢
 移動中にもう一人、元経産官僚 岸博幸が合流。経済の面からデリヘルを語りつつドツボにはまっていきますよw 大丈夫かこれw 『経済は欲望』と岸さん名言! でも誰それ口説いてる様子はただのエロオヤジ、叶ったら不倫ですからねえ。
一方独身の板さんは、この仕事してるって彼氏や将来の夫に言うのかとしきりに気にしては、そんな小さいこと、と加藤さんに一蹴されます。自分は隠されてたら嫌、それを周りに笑われてたらもっと嫌、なんですって。気持ちはわかりますけど、女性不信の根が深いなあ。それこそ若いうちに素性のわかる地元の子と結婚しとけって話かも。そして
「芸人て凄えって思ってたけど、モノ作ってるほうが偉いかもと最近思う」
と、遮られながらも必死で言ってみる板さん。工場の面接コントの頃から、そういう気持ちあったんじゃないかな。
うたた寝したり靴下直したり、そんなオフ状態も映っちゃうところを楽しめる番組でした~。


「浜ちゃんが!」(2/1)
オリナス錦糸町でお買い物ロケ。
諸事情wで「お久しぶりです」な板さん、貴方は悪くないやろ~と慰められたり叩かれたりでロケ開始です。衣装は、最近よくみる丸襟黒トレーナーと茶ズボン。本当にフットンダ時と同じ服じゃないかな……w
まずは女優の松尾薫が、サッカーガチ観戦のための防寒グッズを。
「女の子はお尻が冷えちゃうと、ね」
とわかったようなフォローの板さん、スタジアム観戦なんかしたことないやろと頭叩かれて「僕、人混みNGなんで」さもありなんw
次は相席スタートの二人。コンビで喧嘩は、の話題に
「コンビの不満なんか言える方が幸せよ、言う矛先がない」
とまたまた事件をネタにして浜ちゃんに叩かれる板さんw で「SNSアイコンに見る性格分析」を披露した山崎ケイが、そんな記事を書くための携帯連動Bluetoothキーボードと、飲み会用ソーダマシン。山添は、やっとギャンブルから抜けて人並みの暮らしができるようになったのでと電子レンジを選択。
あと話題のかっさ美容クリームを、松尾が1本ケイちゃんは2本w

と選んだらじゃんけん対決をして、負けた人が支払いだそうで「学園祭も全部なくなった」と絶対払いたくない板さん、必死です。
松尾薫は板さんに負けて3800円を自腹! 合計が40000円超の相席スタートは(ソーダマシンが17000円!)まず山添が
「僕はチョキを出します」
と心理戦に持ち込み、裏を読もうとした板さんが結局パーで負けw ギャンブルマニアに負けました〜 でも山崎ケイには浜ちゃんが買って、こちらもゲスト自腹でした~。

あ、浜ちゃんのおならでケイがマジ怒り「おならが面白いの男子だけだからね!」に同意です。

「女子的生活」~最終回 ☆☆☆

後藤とくっつかなくて、ホッとしたような残念なような。
それでも、無礼な輩には
「大切な友達だ!」
と幹生だろうがミキだろうがかばってくれる、後藤っていい奴だよね。そこが恥ずかしい、と夜の街を走って逃げるミキですが、でもガサツさ故にまた平気で探しに来る、なんて稀有なバランス。ほんと大事な友達ですよ。
ただし、自分の寝るところぐらい自分でキチンとね(不動産屋のミスなら、向こうが部屋をどうにかするべき)


#2  ストレスをぶつけに来た旧友

鬱なんて嘘ばっかり、自分より下の筈の女装野郎を笑いにきていたミニーさん(中島広希) 暴言の数々に切れたミキはついに拳を振りあげ……る代わりになんと、ウィッグと鏡を渡すのでしたw
変身に瞳を輝かせるミニーさん、おせっかい後藤の助言でそのまま街に出るころにはすっかり大人しくなり謝罪もできましたよ、と。小柄なミニーはそれなりに可愛くなりましたけど、ミキとのクオリティー歴然w 膝w ミキが化粧を教わった友との再会エピもあり、美は一朝一夕にしてはならないのだとしみじみ。
『世界一無意味なニーソ』対決、ミニーさんせめてすね毛は剃ろうよw


#3  社用で地元に出張
新作が図らずも盗用デザインと判明。慌てて連絡をとったデザイナー(前田亜希)は、なんとミキの地元香住の人でした。

また幹生時代の知り合いかと思いきや、毒親(山村紅葉)に抑圧された女性。
会社に都合のいい契約書ももらえたし、つい仏心でアドバイスして自分語りもしたのに、返ってきたのは無礼千万な褒め言葉で傷つきイラつくミキ。うわーゴメン、私もやらかしてしまうかも。でも『弱く見えた人が本当に弱いわけでも、弱いからといって正しいわけでもない』のは同意だわ。

そして後半。父親(本田博太郎)と遭遇からの、体裁を気にする兄(鈴木裕樹)に殴られ…たのは、なぜか居た後藤w 姫ポーズで止めるミキに更に激昂する兄への、父の制止
「女性に手を上げてはいかん」
でに一同固まるという複雑な修羅場でしたよ。お兄さん……幹生そっくりな美人といるのは従姉妹と言い張れるけど、店先の大げんかは問答無用でダメでしょう。父の理解、兄の多少の譲歩、結果的には会えて良かった……のかな?
名産のカニを送ってくる兄。ミキの言う通りの嫌味なのか、仲直りなのか(^^;;;)


#4  セレブ合コン

社長の差し金で、セレブの持ち寄りパーティ=合コンに参加させられるミキとかおり。
デート相手は釣れず、主催のお嬢様(土村芳)に気に入られてしまったミキは、ふりまわされて疲労困憊。終いには手料理持って「来ちゃった☆」までやらかすお嬢様と、後藤と、お嬢様の婚約者(山口翔悟)が一同に会してもう大変なことに……!

いやあ婚約者、嫌な奴でしたねえ。なに勝手にミキの家上がりこんで暴言吐いてるの。
お嬢様も確かに困ったちゃんでしたけど(おソロで着る服はせめてミキに選ばせようよ!おソロしたくないけど!)持ってきた食事が本当に美味しかったことで、株は急上昇w パーティではドン引きだった、それぞれ好みの味のオニギリも好感度が上がれば素晴らし配慮に思えてきますよ。そのタイミングで「こいつは迷惑ばかりで」とお嬢全否定にはムッ。だいたい、本当に迷惑なら説教はミキの家の居間でなく、連れ帰ってしろって話ですし。更にはミキにもダメだし。ここで、淡々とミキのために反論できる後藤っていい奴だー! 家はないけど。 
あ、お嬢様もミキのために戦ってくれたんですってよ。幼なじみのダメ婚約者を捨てるも良し、これからは対等なパートナーになれるならそれもまた良しですよね。


ビッチな彼女は、地元の彼と結婚しちゃうの? ミキとするのは違うのね。
『正しい生き方を洗脳されてる』って確かに。普通にその流れで幸せに暮らしてる身ではありますが、同調圧力にはムカつきます。違う生き方を望む人を『違う』というだけで誹らないようにはしたいですよね。

ラスト、髪を切って颯爽と歩く美しいミキ。素敵よ!

「モブサイコ100」1 ☆☆

濱田龍臣くんがイケてない役とか無理無理~と思ってたのに、原作通りのおかっぱで背中丸めてオドオドされたらちゃんとイケてませんでしたw スタイリングって大事ですね。
うさんくさい波岡一喜も最高です。最近肩が重くて……と言う相談者に
「呪いのせいですね!」
パソコン作業は肩が呪われ易いそうですよ、気をつけましょうw


主人公茂夫(濱田龍臣)は強大な超能力者!
でも、もちまえの地味で気弱な性格で人助けも目立たずこっそり。能力のコントロールを教えてやる、と言い張るインチキ除霊師、霊幻(波岡一喜)の助手として搾取される日々です。お前なんか目立たない脇役、と名前をもじってモブと呼ばれる始末。
家でも、つい食事中にスプーン曲げて食べこぼす茂夫はダメな子で、弟の律(望月歩)の方が勉強もスポーツもできる明るいいい子☆の扱い。それでも律が、天狗にならず茂夫にも優しく、お兄ちゃんって凄いのかもと薄々感じてる様子が救いです。 片思いのつぼみちゃん(与田祐希)も律の方が好きそうですけど、これは茂夫がキモいから仕方がないw

そんな自分を変えたい!と「肉体改造部」に入部するも、トレーニングで倒れてしまうモブ。
一方、世界征服をめざす超能力者(鈴之助ら)もいて……モブは己を磨いて戦えるのか?『脳力開発部』部長のトメちゃん(山谷花純)は力になれるのか!霊幻の収入はどうなる!
原作面白いですからね、アクションも気合入りそうで楽しく見られるのでは

 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ