ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「ドリームチーム」1 ☆☆

 心の支えが高校時代の部活って、青春の1ページがキラキラ輝いていた人だなあ。個人的にはピンと来ないです。

 イケメン大学教授(前川泰之)の妻でタワマン住まいの専業主婦香菜(山口紗弥加)は、人もうらやむ素敵主婦……の筈が。旦那の浮気報道でひそひそされる不憫な存在に。しかも実はモラハラな夫。ちょっと花を生けても恩師の葬式(!)に行こうとしても口癖は
「それ、必要??」
いやお前が味噌汁にも煮物にもドバドバかけてる粉チーズの方が無駄無駄、無駄だわ!しかもネチネチと小言ばかりの父と謝ってばかりの母をみて育った娘(根元真陽)には
「お母さんみたいになりたくない!」
とまで言われる始末。浮気の件でも謝罪どころか謎に態度がデカい夫に愛想を尽かし家を出たのもののファミレスで夜を明かすしかなかった上に、暴行事件で逮捕?? 旦那は身元引き受けを拒否??

 仕方なく頼った先は、恩師(伊武雅刀)が遺したバスケ部寮。
今は恩師未亡人(余貴美子)の一人住まい……の筈がそこには、ファミレスで男に迫られて逃げた女茜(桜庭ななみ)と、迫る男にカレーぶっかけて説教して逮捕された香菜と、事件の目撃者&セクハラで部下男子に訴えられて左遷&自慢の年下彼氏には浮気されてた優子(財前直見)と、事件関係者が勢揃い。しかも彼女たちは揃って歴代バスケ部主将、それぞれに栄光の時代があり恩師の言葉を胸に生きてきたのでしたよ。
 それぞれ20代40代50代、香菜の娘が10代で寮長夫人は60代w 男に頼らず、なりたい自分になるって物語? 幅広い年代に訴求するドラマに、さてさてなるのでしょうか。
 1話サブタイトル「あの子になりたい人生だった」に惹かれて観たのですが、誰があの子かはぼんやりでしたねえ。全員それなりに憧れられる時期もあり他が羨ましくもあり。

粉チーズの場面で旦那が微妙にそわそわ。醤油かソースでなら、同じ事してるって気がついた? 私の同窓会を「それ必要?」って言ったこともあるんだぞー覚えてるのかー。

「モコミ 彼女ちょっとヘンだけど」1 ☆☆

 モコミの兄はもこみちかと思ったら違ったw

 物の声が聞こえるモコミ(小柴風花)
それを口に出しては揉め、小学校から不登校のまま育ったモコミも今は工場の検品バイトに能力を活かしている。しかし、工場の窓が汚れて『泣いている』のが気になるモコミは、自分で拭こうとして怪我。
翌日から欠勤のモコミを気に病む母(富田靖子)だが、原因は工場側や怪我でなく
『余計なことをするな』

という母の責め、ひいてはずーーーっと昔にも『物がそう言った』と説明するモコミを信じない母の姿勢なのだが。
「私は嘘つきじゃない」
と、やっと振り絞ったモコミの訴えはもちろん何も通じずに、20才の誕生会の夜は過ぎていく……。

 父(田辺誠一)も何か大事なことを言おう言おうとしているのに、母は口を封じっぱなしw 花屋の兄(工藤阿須加)もやっぱり母に押され気味。でも、突然やってきた母方の祖父(橋爪功)が同居すると言い出すと、母だけがキャンキャン絶縁を叫ぶのに他の家族はウェルカムなんですよ。不思議な力関係ですw
検品のバイトは天職で、お仕事続いて欲しいですね。モコミのぽわんとした幼さも含め「過保護のカホコ」(弊レビューこちら)を思い出します。 あの無自覚に支配的な母から、独立する物語なのでしょう。
 地味ファンタジーなのに配役豪華ですね。 

「ハルとアオのお弁当箱」1 ☆☆

 いやオタクをなんだと思ってるのか(^^;;;;;)

 稼ぎの全てを2次元の推しに注ぎ込みたいハル(吉谷彩子)の昼食は、動画を見ながらのゼリー飲料摂取。お洒落もメイクも興味なし。ランチに誘われるなんて無駄で迷惑。でもやんわり断っても
『可哀想な人』
呼ばわりで傷ついて、思わず呑みに。酔いにまかせて店長(梶原ひかり)に愚痴っていたら、常連客のアオ(井ノ脇海)と意気投合。女同士一緒に住もう!と盛り上がった翌朝、目覚めたハルは、家にいるアオと準備された朝食にびっくり。このオタクグッズ満載の部屋にアオさんを泊めた……??
 さすがに即決同居は白紙に戻したものの、アオさんが作ってくれた朝食は美味しくて弁当にも大感激。誰かと一緒の暮らしも素敵に思えてきます。 お礼に、とつたない自作弁当も持ってアオを訪ねたハルは、
「やってみてダメだったら、やめたらいいのよ!」
と押し切られ、やっぱり同居することになったのでした!

 えーっと。
アオさんがデカいw 服装もニュートラルなので女性に見えるわけでもなく、見た目薄化粧してる男ですのよ。でも『女同士☆』と女性を自称する圧が強い結果、むしろうさんくさく思えてしまってすみません。 これからお互いのお弁当を作り合う同居ファンタジードラマなんですもんね、安全の心配はしなくていいとわかっていても、やはりここまで軽はずみだとおばさん心配w(ゲイや自称女性が常に女の味方で天使!的表現、いい加減どうでしょう。女同士と同様に、自称女性とだって大喧嘩も詐欺も犯罪もあるってばさ)
 そしてハルの問題は、オタクなことじゃないよね。
「私は可哀想じゃない!」
と愚痴りますけども。いやそれを聞くオタク友達もいないの、可哀想よ? ゼリーのみの食事も異常で可哀想よ?(ゼリーが推しグッズで、景品目当てに大量箱買いしてしまった……ってわけでもないんだなこれが)

 ともあれ、食べるって幸せ。誰かのために作りたいって嬉しい。という主題はいい感じです。食べる喜びに目覚めたハルさん。その勢いで化粧やお洒落の楽しみだって覚えていってもいいですよね、どうなるのかな。
最後にレシピコーナーが。毎朝4人分の弁当なんて地獄だった私でも、あらちょっと久しぶりに作ってみたいわねってなりました(^^)


「俺の家の話」1 ☆☆☆☆

 やだ面白い。
どこをとっても深刻な筈で、介護に相続、家業後継者にセカンドキャリアに学習障害にと身につまされる話題ばかりなのに、辛くない。クドカン……恐ろしい子!!

 人間国宝能楽師観世寿三郎(西田敏行)の長男、寿一(長瀬智也)は宗家を継がずに……なんとプロレスラーにorz 『ブリザード寿』としてそこそこに活躍したものの、そろそろ現役は辛い年齢。そこに父危篤の知らせ!
祖父寿三郎とは初対面の息子を連れ駆けつけたものの、連絡したつもりもない妹の舞(江口のりこ)弟踊介(永山絢斗)には邪魔扱いをされ話題は相続に。実は2年前から脳梗塞で要介護だった父を世話してきていた弟妹は淡々としたもので、寝耳に水の寿一だけが動揺、意識のない父の枕元で
「継いでやるよ!」
と啖呵を切ってプロレス引退を決めたのですが。
なんと意識を取り戻した父は大勢の関係者を集め、余命半年~1年なことと……ヘルパーのさくらちゃん(戸田恵梨香)と結婚し全ての財産を譲る!と発表したのでした!
「継がせていただきます、だろ??」
と、録画されていた宣言だけは握られて、後継者は未定。相続ゼロで、父のOMT(おむつ替えw)と風呂担当で、能の稽古だけは30年ぶりにすることになる寿一、どうなる?
しかもさくらちゃんは後妻業の女??

 弟は弁護士妹は塾講師、弟子から宗家養子になっていた幼馴染み寿限無(桐谷健太)、と普通よりお堅めか和装の家族の中に、長髪でリングウェアのままの寿一が浮く浮くw 相続の話に『冷たい』とか『今はオヤジを応援』とかぬるいこと言ってるのも浮きまくりです。しかも途中で前髪ぱっつん金太郎みたいになっちゃってw 最終的に短髪になってホッとしましたよ。

 幼少時神童と呼ばれ、怒られもせず、ただただ継ぐのはお前と育てられた寿一。傍目から恵まれた環境なのにねえ。飛び込んだプロレス界では贔屓も特別扱いもされず、実力のまま評価されるのが心地良かったというのだから人間て贅沢です。しかも何故プロレスって、お弟子さんを通じてしか会話の無かった父と、唯一膝の上に乗せられての思い出がプロレスTV観戦だったからorz やだもう、お父さん大好きだったんじゃないですかー! 宗家を継ぐなら、自他共に『こいつはスゴい!』と思える何か、チャンピオンベルト的な証が必要だと思ったというのもむしろ、家業リスペクトだったのかも?(褒めて欲しかったのに、東大合格をスルーされた香川照之を思い出したりw)
 そうそう、父親は「タイガー&ドラゴン」(弊レビューこちら)でも長瀬の師匠だった西田敏行氏! 最近は健康が優れない筈が、そこを逆手にとっての要介護老人役ってドラマ「共演NG」のとんでも演出を地で行きましたね(^^;;;;) そして、1人『羽衣』を謡い始めたら、家族全員それに続いて唱和w そりゃそう仕込まれてたらそうなりますけども。余所から来た嫁(?)さくらはびっくりで、何の呪いの儀式かとってなるのも酷いけど分かるw
 お能の関係者、舞台の場面などにきっと出演もしててドラマもご覧でしょう、どう受け止めていらっしゃるのかなw

 そうだ寿一の、学習障害の息子。
他動だというけれど、寿一の試合の間はちゃんと客席にいたじゃんね。でも危篤の病室で『これ誰?なんで寝てるの??』だったり、要介護認定のテストに割り込んでじいちゃんに勝って喜んじゃうの、小学校高学年ですることじゃないのも同意。あれ微笑ましいのは低学年ですよねえ。さてこの子が爺ちゃんのボケやリハビリにいい影響を及ぼすのかな。それとも、能にめちゃ才能を見せて将来の道を能楽界に見いだすとか??

 感染対策は必要な世界線。プロレスの応援はサイレントw ハグもなしw 長州力始め、プロレススターが登場するのも好きな人にはたまらんでしょうねえ。
俳優陣めちゃ豪華ですが、デカいマスクで9割は顔みせません。逆に豪華な面子じゃなきゃ誰が誰だかかも。 江口のりこの夫役はロバート秋山でしたw ラーメン屋のラッパー! 任せて下さいっと言う割に、介護スケジュール立てるとどの日も無理なのもあるあるかも……。

 いやーとにかく面白かった……。

「天国と地獄 サイコな2人」1 ☆☆☆☆

 刑事物として十分面白いのに、刑事と殺人鬼が入れ替わっちゃうー?それでいて世界は、マスクを忘れると白い眼で睨まれるリアルタイムの現代です。
そして入れ替わるきっかけがw 古典w

 バリバリ正義漢の望月彩子(綾瀬はるか)は、正義を貫き刑事になったものの正論が過ぎ、始末書ばかり。
今度こそ手柄を、と行った猟奇殺人の現場では『清潔すぎる』とピンときた結果、とある洗剤会社のサンプル品にたどりつくほど有能ではあるのですが……あろうことか日高社長(高橋一生)が本ボシと主張を始めます。実はそれ、大正解! しかし捜査一課では望月がまた、と笑われるばかり。
それでも段々にデータを揃え、留学先でも殺人容疑をかけられた事実まで突き止めて。ついに明日はガサ入れ!というところで、なんと自首の説得に行った彩子は、もみ合った末に二人で階段を転げ落ち……。
 目覚めたら、入れ替わっていたのでしたw

 職場の望月彩子は、ツンケンと怒ってばかり。男社会でセクハラパワハラ受け放題でむべなるかなですが。その中身が日高社長になるとあら笑顔。むしろめっきりいい女ですw そして日高のくせである、耳を揉む仕草。 中身が彩子になって目覚める日高社長だって、揃えた膝もたおやかで、普段より更にフェミニンですよ。
 しかしこの状況を『どこまで幸運なのか、私は』と喜び、余裕しゃくしゃくの日高/外見彩子に対し、パニックもいいところの彩子/外見社長。慌てた挙げ句にひっくり返した日高のカバンから出てきたのは……血染めの凶器?? しかもそこに日高/外見彩子が入ってきて、自分を脅迫するのですよ!
 逮捕して、手柄を立てて、周囲からも賞賛される筈が。自分が揃えた証拠で追い詰められることに?? あまりの理不尽に泣きそうな彩子が……外見は社長でも可哀そ可愛くてもうたまりませんでした……orz(こういった入れ替わり演技って、それぞれ一度お手本を演じて見せたりするんでしょうか。でもそれじゃモノマネになりそうでもあり。こう動くはず、と想像で??それは難しすぎるようなw)

 さて、ここから一体、どうするのでしょう。
普通は双方元に戻りたいから、協力しあって階段落ちに再トライしてみたりするものですが。今回はそうもいきません。
彩子のバディ八巻(溝端淳平)は、中身が社長で笑顔の彩子を『なんか、いい感じ』と喜んでるぐらいで、事情には気づきそうもなくw 犬猿の仲だったセク原こと河原(北村一輝)こそ案外、望月の異常に気がついてくれそうですよね。あの学級委員がそない融通の利く返事をする筈がない、なんてきっかけだったらと楽しみです!
また、彩子には同居人陸(柄本佑)がいるんでしたっけ。not恋人、でも洗剤のことなど教えてくれた苦労人の金困くん。彼の働きはいかに。

とにかく楽しみです! あ、鑑識の変な人が林康文で嬉しいです(^^)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ