ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「声ガール」1 ☆☆

最近の声優さんは可愛いのねえ。
でもヒロインの娘、どっかで見た顔聞いた声と思ってたら……まいんちゃん!「クッキングアイドル」のまいんちゃんだー! 大人になって(><)

高校生の真琴(福原遥)は、スカウトされて軽い気持ちで声優の世界へ。
声を使ったことなんて、実家の八百屋手伝いで呼び込みをするぐらいだったのに、事務所では初日から、アニメ画面に声をあてるテスト。準備ゼロでしどろもどろだった真琴は、同期にも
「声優をばかにしないで」
と拒絶されてしまい凹む。
でも、カフェで声をかけてきた先輩(戸松遥)に励まされ、勧められた「答え合わせ」(=オーディション画面の、本放送での演技を見てみること)をしてみたら、楽しすぎて時を忘れるほど!
さて、真琴は声優になれるのかー?

って、まいんちゃん既に映画プリキュアで役もついて声優してたそうなんですけどw ここでドラマ主演に、真琴役通りのど素人高校生を抜擢するのはリスク高いしw 同期の「元子役」役は別の子にしてもらって、と。
ちょいドジで、素直で可愛い真琴ちゃん。お母さん(日高のり子)譲りの美声で声優界に羽ばたけ!多分もうみないけど、頑張ってね!

放送中のプリキュアといろいろコラボもあるのかな。とりあえず芸能界ものによくあるようなイジメは、ほらプリキュアだから無しで、声優に憧れる子供たちもキラキラした瞳でみらえれるようなドラマになるのかも。それとも大きなお兄さん向けなのかな?

「孤独のグルメ(7)」1 ☆☆

 上尾だ!そしてお肉おいしそう〜!

言わずと知れた人気シリーズ第7弾。
でも黙って再放送を流されたって、特に地方民は気付かないかもしれないわけですが(^^;;;)  今回に限っては、旦那の実家がある上尾市が舞台だったもので、もう駅から家族でハイテンション!とんかつを求める五郎さんが街を彷徨えば、この路地、このお寺、知ってる知ってる〜ときゃっきゃ。
そして、ついに精肉店が営む食堂に。

とんかつのあまりの大きさに、メジャーを取り出し縦横厚みを測る五郎さん!通りかかったおかみさん(田畑智子)も笑ってましたね 撮影する人はいても測る人はそういないでしょうねえ(^^) 
そして一切れずつ違うソースを試しながら、大絶賛で完食です。くううう、美味しそう!(そこからの半ステーキ追加注文とは、相変わらず胃も懐も余裕たっぷりな……)

今度帰省するときには絶対行こうね!と、キセキのとんかつ、キセキのステーキを心に刻みましたよ! やっぱり知ってる店、行かれそうな店が出てくるとテンション違います。地方出張の回も時々あるし。みんな「地元に来ないかな〜」と思いながら見てるんでしょうか(^^)

ドラマ部分は、インテリアを提案した呉服屋に、逆に和服を仕立てさせられそうになる五郎さん。ぐいぐい採寸もされますが、あまりの長身に裄かなんか足りないみたいw 和装絶対にお似合いなので、仕立上りも見たいのにねえ。

「宮本から君へ」1 ☆☆

わー、こっぱずかしい(><)
しがない営業マン宮本(池松壮亮)の、イケてない日常に悶える30分。

原作は30年ぐらい前のヒット漫画です。なつかしー。
でも毎朝電車が同じだけの女の子の、名前を聞き覚えて尾行して職場も確認って、今時はやばいのでは(^^;;) 公園でも、声かけられずにただつけ回してたよね……。前半は女子大生の娘も一緒に見てたので、もうキモイヤバい連発ですよ。 職場の飲み会でクダを巻く様子も、嫌だわー。野放図な酒にタバコ。その勢いで翌朝に、駅で大声で告白……までもいかない、自己紹介って!
もう絶対乗る電車変えたい案件。

ところがその後、いい感じに毎日おしゃべりしてるじゃないですか。緊張のあまり噛んだのが好印象でしたか、なんなんですか。
都内の通勤電車にしてはありえないほど空いた車内、笑顔の二人に呆然ですよ。でも、そのうち出てきた合コン計画は、宮本くん喜んでる場合じゃないような。だって、会社の別の女子に紹介する気満々。そしてその彼女が、宮本くんに輪をかけたウジウジちゃん。
わー、この娘とお似合いって思われたんだ。脈ないよ……。

しかも、小汚い同僚(といえば、な柄本時生w)に渡された『記名コンドーム』がポトっとデザートに落ちるw
もう死にたいエンドで来週に続きます(^^;;;) 

ヒロイン甲田美沙子(華村あすか)の魅力がピンとこないのですが、斬新なエンディングが面白かったのでもう少し様子をみます。あと宮本の上司にほっしゃん。え、蒼井優と松山ケンイチも出るの?


「真夜中のスーパーカー」☆☆☆ 

さながら「ナイトミュージアム」w 愛知発地域ドラマです。

ヒロイン白雪(山本美月)は、ナゴヤ自動車の新米デザイナー。
理想は伝説のスーパーカー、ナゴヤ2000GTなのに、世の流行は家族向け。あげく自動運転車部門への異動に、辞職を決意した白雪は、ナゴヤ自動車博物館所蔵の2000GTに最後のお別れにきたのですが……閉館間際、泥棒リカルド(上遠野太洸)が侵入します。 2000GT盗難を阻止しつつ、ナゴヤ車の素晴らしさを熱く語る間にうっかり時間が閉館を過ぎると……。

展示車に灯がともりエンジンが唸りだし、古い車たちが動き出すのです! 
2000GTの運転席には、レーシングスーツの男(唐沢寿明) 彼にレースで勝たないと、ナゴヤミュージアムに囚われたまま戻れない?? 

明日ブラジルに経つはずのリカルド、飛行機に間に合うのか。いやそもそも、不思議な空間から二人は脱出できるのか?


なるほど愛知県ったらナゴヤ、もといトヨタ。自動車産業をささえてきた車愛を感動的に物語ってくれました。

『国産車は欧米に負けない』
戦後のそんな証明(時代の要請!)のため、わずか1年で作られた2000GT。
他社の設備や技術を借り、価格設定は度外視。壊れるギリギリでの72時間に及ぶテストドライブ。高級な木の内装も、ハマヤ(ヤマハw)のエンジンを使ったついでのピアノ関連技術で、芸術品を目指していたわけじゃなかったんですねえ。

憧れの車相手に萎縮する白雪でしたが、元テストドライバーだった守衛さんや精霊wから学び、闇雲な2000GT崇拝から逃れた2度目の挑戦でなんとか、2000GTを下して現世に戻ってくることができたのでしたw

その間に、もう
「どんな車でもいい、だれかの気持ちに届く仕事がしたい!」
と、辞職する気なんかなくなった白雪。
リカルドも、実は祖父も2000GTに関わり仕事を愛していたと知り、ただ腐っていた自分を反省。新天地ブラジルでの努力を誓います。そして白雪に頼むのです。現場の労働者が「作っていてハッピーな車」にしてくれ、と。

それってどんな車でしょう。
お年寄りでも怪我しても動かせる。自動運転車? 心拍数も血圧も把握、人と語り合えるパートナーな車?(「ナイトライダー」って海外ドラマがあったよねw)、それとも空を飛ぶんでしょうかw

いやもう、トヨタ丸儲けなドラマです。
そして豊田市にお越しの際は、寄らなきゃいけませんね。自動車博物館に!戦後すぐは、戦闘機の技術で自動車を作ってたとは知りませんでしたよ。
唐沢寿明はリアルに2000GTオーナーだそうで、この撮影に参加してて楽しかったでしょうね(^^) 塗り絵応募作をバックに水木一郎氏が歌うエンディングも楽しかったです。

その他の愛知、セントレア空港や名古屋城を巡りつつ、明治村できしめんや豪華なモーニングを食べたりするかもしれないドラマも、また期待していまーす!

「スニッファー 嗅覚捜査官」sp ☆☆☆

驚愕、カッコイイ鼻栓の外し方ってあるんだ!!
超人的な嗅覚で探偵業を営む偏屈男華岡を、阿部寛がスタイリッシュに好演です。

部屋の空気をひと嗅ぎするや、報酬の札束のありかを知りw 郵便物に残る昨夜の食事やワインの香りを手掛かりに、パーティの混雑の中から送り主を断定する華岡。いやはや、もの凄い。そりゃ鼻栓も必要ですね。
決め台詞が
『俺の鼻は間違えない!』
うわー連ドラ見ておくんでした。

今回の依頼は、花びらで飾られた遺体。
監禁され衰弱してから刺し殺された、その中年男の遺体を嗅いだ華岡は、遺体を運んだ男の年代や趣味までも鮮やかに推察するのですが……(そんなの証拠能力あるの?) なんとその匂いの主が次の遺体に。以後次々と、前の遺体を運んだ者が次の遺体となって発見されて連続殺人に。かすかに香る謎の化合物は?短くなる監禁時間の意味は?

原因は薬害問題。
殺された中年男たちは皆、某新薬に関わった過去があり、その薬害で妻と胎児を亡くした夫=被害者の会代表佐伯が次々と誘拐していたと。更には新薬を未完成で世に出されてしまった開発者岩渕(松尾スズキ)も協力、被害者の体でテロに使える新炭疽菌を人体実験、ついに完成してしまっていたのでした~!
佐伯が射殺され、事件は解決に見えましたが……岩渕とは旧知の仲で、ありえない場所で彼の残り香を嗅いでしまった華岡が走る! 元凶の元厚生大臣への復讐&大規模テロを、やはり匂いから阻止して華麗に事件は幕を下ろしたのでした。ふぉー。

とても1時間ちょっととは思えない中身の濃さでしたよ。というか、普段の民放2時間ドラマが薄すぎるのね。

香川照之の、捜査運だけはあるらしいダメ刑事小向は可愛かったですね。拘束監禁され、菌も打たれ衰弱、死を覚悟して想い人に電話で告白、のハズが通話相手が母で怒られるわw それで電池切れ、GPS探知ができなくなるわw(犯人も携帯をとりあげないの今時ミラクルよね)それでも被害者の共通点を薬害と見抜いたのは唯一小向(香川照之)だけで、華岡にはそれを告げていたのに、犯人が監禁動画を警察に送るまですっかり忘れられていて
「だって事件に興味ないし」
華岡ひどい(^^;;;)

西村まさ彦氏は、悪の元厚生大臣藤森。
なのにしれっと、飼い殺していた岩渕を事件解決に協力したと表彰して、新開発菌を注射されて七転八倒という見せ場ありありのいい役です。華岡の活躍で命の危機は救われましたが……政治生命の方は絶たれちゃいましたねー。
冒頭の浮気現場写真、奥さんから送られたと華岡につきとめてもらっていたのも藤森だったのですが。なんとその浮気相手が、よーく見ると小向の後任プロファイラ七条刑事(波瑠)!
ずーっと挙動不審だった七条、捜査の漏洩相手は藤森大臣だったんですね。でもビデオ流出も七条のしわざ。出世のためならヒヒ親爺とだって寝てやる、という彼女の覚悟を表現する、その相手に西村さんとは微妙な気持ちになりつつも、波瑠に抱きつかれて写真撮影だなんて役得、ご本人喜んでいそうなのでまあいっか(^^;;;)

嗅覚で捜査といえば「デカワンコ」、でもヒロイン日常生活にはちっとも困っていない都合の良い嗅覚でしたよね。 那州雪絵「超嗅覚探偵NEZ」の主人公は、すぐ犯人扱いされ不遇。 一方の華岡は、どうしてこうも不遜に生きてこられたのでしょうねえ

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ