ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「奥様は、取り扱い注意」1 ☆☆

なんと奥様は元諜報員!ご町内の揉め事をスゴ腕で解決だ!

……との触れ込みから、愉快痛快なアクションものを想像していたのに。1話を見る限りでは解決スッキリするまでが長くてイヤンな感じです。
まずはご近所の主婦らしい解決を目指したので仕方ないんですけどね。DV被害者を発見するも、いきなり家に乗り込んで旦那を叩きのめしたらこっちが暴漢ですw まずはお友達になり、やっと相談されても介入は警察を匂わせて旦那に釘をさすことから。すると
「妻には虚言癖があって」
怪我は自分でやったんですって。わーありがちなごまかし方。
でも確かに知り合ったばかりの、時々会うだけの仲で片方の言い分を信用しきれるのか。でも見守っているうちに、離婚を言い出した奥さん(倉科カナ) が旦那(近藤公園)に刺されちゃいましたよ(><)腹に包丁ぐっさりを『転んでうっかり』と言い張れば通るって、病院も警察も仕事しようよー。

そこでやーっと、お助け人の綾瀬はるか見参! 
ボクシングで鳴らしたDV旦那を実践拳法でボッコボコ、わざとトロフィーに向けて頭叩きつけるところなんて拍手でしたね。NHK「精霊の守り人」で修練した殺陣スキルを民放ドラマがこう使ってくるとはw(やられた旦那が警察に駆け込んだら……と、うちの旦那が心配してましたが、あのタイプの男が華奢な美女に負けましたなんて言わないし。DVの証拠映像も出されたくないはず)

ご近所豪邸仲間で、DV被害女性を一緒に救おうとした二人もどんな特技がとワクワクしたのですが、別にハッキングの腕があったり耳が異常に良かったりもせずw 
広末涼子は、やたら上から目線でやる気。もう一人本田翼は、おどおどと出来れば関わりたくない及び腰と分かりやすくタイプが違って、実はこれから特技が出てくるのでしょうか? 双方優雅に暮らしながらも、それなりにマザコンだ育児ワンオペだと悩みを抱えています。2話3話はまずこのお友達を救って解決!になるのかな。
その間、綾瀬はるか自身の旦那(西島秀俊)は何も知らずにいる……はずですが、旦那にも危ない過去がある可能性はゼロじゃないですよね。

メシマズヒロインの、料理の腕は上がって旦那の外食は減るのか。ちょっと間遠な夜の方も(^^;;;;)努力の甲斐はあるのか。後半、追ってきた組織と対決で盛り上げつつ、懐妊発覚、spでは赤ちゃん抱いてアクションだったりしますかねw


「フリンジマン」1 ☆☆

人呼んで『愛人教授、ラマンプロフェッサー』井伏真澄。
……って、そこで二つ名がフリンジマンじゃないなら、このタイトルなんなのw 不倫自慢? フリンジ・マンならプレスリーの衣装みたいなヒラヒラが得意なデザイナーがプロジェクトランウェイでそう呼ばれてましたけど。
閑話休題。

雀荘に集まりクダを巻くもてない3人組。ああ、愛人が欲しいと叫ぶだけの無駄な時間の解消に、なんと指南役の愛人教授井伏(板尾創路)が呼ばれて大真面目に愛人を語ります!
曰く、愛人とは好きな人ではなく『都合のいい女』!
身近に、その可能性がある女性『愛人の原石』を見出せとするアドバイスがなんと、ちょっと丁寧な朝の挨拶!
<名前をつけて挨拶してくる女はいける>
って!キモい! 原作はヤンマガ連載のマンガだそうで、こんなの会社勤めの頃に目にしちゃったら、もう二度と名前いいながら挨拶しない(^^;;;) 二人きりでする日常会話が『擬似愛人』タイムならオヤジと口聞かないよ、まったく男どものドリームの気持ち悪いこと……。 
擬似恋愛に踏み出そうとする度、足かせと重りに止められると相談をする主人公ですが、それ普通。その倫理観は人間として大切ですから!

日常会話、出身地や好きな食べ物、そんななんでもないことを緒に好きなだけ喋らせてあげるといい、という助言やらなんやら。これが愛人作りでなく営業に生かす方向ならいいのにねえ。家庭での会話に応用したら奥さんの機嫌が良くなったとかさ、そんなオチはあるのかな。

さてこの懸命の努力とプロの助言で、もてない奴らに見事愛人は出来るのか。むかつく。


「予兆 散歩する侵略者」3 ☆☆

精神科の医師も宇宙人側だった!工場の上司もガイド!侵略は着々と進んでいます(それにしてもあの工場、従業員の無駄口に寛容……)

対決に来た悦子に、侵略についてペラペラと語る真壁医師。追いつめ、概念を奪おうとするものの弾かれます。なんと!悦子からは奪えない!
すごい、侵略後もサンプルとして生かそう!
と、悦子に逃げられても上機嫌の真壁は夫婦の自宅にまで押し入り、仕事を休んでいた辰雄を連れてまた概念狩りに精を出します。

わざわざ穴を掘り、縛った被害者を埋めることで<恐怖>を引き出したいのだとか。でも、でも、脅すだけでいいのに。恐怖の概念を奪ったあとは穴から出せばいいのに。きっちり埋めちゃうってどういうことー? そして、死の恐怖を奪って味わったことでぼーっとしている宇宙人真壁医師。もしや地球人の恐怖を知ることで、自らの死が怖くなったりしたの?

そこをすかさず殴り倒し、置き去りのまま逃げる辰雄。え、待って、真壁の方こそきっちり縛って埋めないとダメじゃん?


逃げ帰った家で「人を殺してしまった」と泣きじゃくる辰雄を、「私が守る」と抱きしめる悦子、男前です。


次回4話で最終回、一体どうなるんでしょう。


「アシガール」3 ☆☆

「戦国時代の人で生きてる人はいないよ」
うん、弟くん正論w 1分1秒でも早く、戻って若君を助けたいと焦る唯ちゃんですが、待ってよ。今いこうが来年行こうが、城が堕ちた年は変わらないのよ。

タイムマシンの起動装置は隠されてしまいますが、せめて準備をと戦国時代のことを学んだり、食べられる草を調べたり。腕力脚力も鍛え裸足で走ったり……。おバカな姉の充実っぷりに、引きこもりの弟くんも少し考えを変えた模様。なにしろ「バカは我が家の伝統」と、何してるか知らないなりに親御さんは平然としてるしね。止めても止まらない姉のため、せめて薬と、スタンガンを仕込んだ脇差を用意してくれるのでした(唯が自分で作った荷物は食べ物ばっかりで、薬も武器も入ってなかったのが怖い~)
そして冷蔵庫のプリンを気にしながら出発w
計算では3分後に戻る予定、プリンはそれから食べるんですって。どうか無事に帰ってね。ていうか、史実では若君以下一同行方知れずってことは、全員で現代に跳んできちゃったりして!

さて現代を出立までに一ヶ月かけましたが、戦国時代で唯之助が消えていた時間はたった1日。
叱られながらも白米を差し出すと、盗んできたのかと問い詰められw 挙句、村じゅうの人を集めてひと椀ずつ分けてしまうので腹ペコペコ……でもそれが、魚や瓜のおすそ分けになって戻る。自分たちも食べて同罪なら、不審な白米がと注進されることもない。助け合って生きるのが村の知恵、と教えられる唯之助なのでした。

そして高山との合戦が始まり、鍋を担いでのしんがり組から先頭に駆けつける唯之助。殺し合いを目にして……気絶してる場合かー!


「ブラック・リベンジ」1 ☆☆

薄幸女優木村多江が、復讐する女に。当たり役になるのかも。

「あいつらに、嵌められた」
と、涙ながらに告発するビデオを残して、捏造スキャンダルで政治生命を断たれた夫が自殺。愛する夫も、お腹の子も失った妻(木村多江)は名を変え、週刊誌の記者として嗅ぎまわり、憎いやつらを絶望の淵に叩き込むのだ!うーんピカレスク。

何度も何度も映る、旦那の遺したビデオが辛くてねえ……。
本当に無実ならなおさら、死んじゃダメなのにね。せめて子供の顔をみるまで生きて、そしたら死ねなくなったでしょうにね。また奥さんも、そんなもの独りで何度も見るもんじゃありませんよ……。しかも最後には「君もおいで」だなんて。復讐を終えたら死ぬつもりなんですかねえ。

てなわけで、謎の契約ライター<今宮沙織>(木村多江)は、新人ながら有能でスクープを連発。
次は大人気政治家のスキャンダルを狙います、と宣言したその相手こそ、5年前に夫を陥れた張本人なのでした。さてそこからどうやって、と思ったら1話にしてもう、最初の一人を始末しましたよw

芸能人のスキャンダルなんてどうするのかと思ったら、旦那の元秘書/現バーのマスターが情報くれるんです。
議員の愛人問題は、『独占告白!』の触れ込みでインタビューを始めると美女が乱入。言い争いの挙句に
『自分が本当の愛人!』
と宣言してくれちゃうんですから、こちらもチョロいw でもだまし討ちじゃ記事にならないでしょ、と開き直る愛人なのですが……大丈夫。独占告白は、あなたが偽愛人と罵倒してた本妻さんがしてくれますからw (不倫相手の本妻の顔ぐらい覚えててよw)
本妻と愛人のキャットファイトを前に暗い目で高笑いの<今宮沙織>が、 こ、怖いです……。

旦那さん名指しの復讐相手は3人。この調子じゃ3話で終わっちゃいますよね、裏の真実が明かされたりなんだりするのでしょう。彼女に復讐を焚きつける影の存在とかとか。

週刊「星流」の編集長(佐藤二朗)はウザ楽しいですが、過剰に今時女子な助手(岡野真也)はひたすらウザいですw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ