ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「共演NG」~最終回 ☆☆

 劇中の不倫は別れて終わり。主演2人にも、大したことは何も起こらない優しい世界でしたねえ……。

 抱き合う大園(鈴木京香)と遠山(中井貴一)を、撮影する人影……は遠山妻(山口紗弥加)だったけど、別に刺されもせず。その後の妻救急搬送は、リストカットでなく本当に単に家電事故orz

死期の近い老齢俳優(里見浩太朗)を、作中でも入院させてロケ現場を病院に変更してまで出演させつづけたのはそりゃ倫理的には問題大でも、本人の意向もあったなら美談で報道されるのでは。最後も、監督と若い女優の不倫発覚〜とオチにしてきていましたけど、むしろ放映後に発覚した、某出演者が未成年妊婦に暴行傷害→事務所クビの方がエグいわけで正に『事実は小説よりも奇なり』を地で行ってしまいました(^^;;;;)

 ともあれ、最後に結ばれたのは主演2人じゃなくそのマネージャ同士w 猫背椿とリリーフランキーのいちゃいちゃとはなかなか良いものを見せていただきましたよ。そしてこのドラマで海外ドラマ出演のチャンスを掴み羽ばたいていく大園を見送る遠山。今は国際空港もスカスカでロケしやすかったでしょう。

 その全てを仕掛けていた市原(斎藤工)が、現場に現れないことを最後の謎にしていましたけどね。実は車椅子だったんです、ジャーン……ってorz いやそれ、来られるし。文句言ってやるはずが毒気を抜かれた、のは分かりますが。あれもこれも不問になるのは許しすぎ、車椅子を特別視しすぎですよねえ。例えば、劇中の別れを大園と遠山の大昔の別れそっくりに描いたように、作中あれこれ無理あるよーと不評だった部分に市原のリアルが重ねてあったと分かる方が、何も言えなくなるという点では納得いったかも。いや、このドラマにそんな繊細なことは求めてませんけどねー。

 大園の元カレ(青木崇高)を、長谷川博己が演じるぐらいの毒気があったらまた違ったかも(^^;;;;)

「これはズバる!」
と、重役さんが最後まで言ってたの、地味に毎回ウケてましたw

「監察医朝顔(2)」~7 ☆☆

 第一章完!

 ヒロイン旦那が浮気? そして相手女性を射殺??
……と煽られても。桑原君(風間俊介)ですよ? ほら浮気はミスリードだったし。現場でも、後ろに居た男が撃ったんじゃないですか~。そして桑原君の撃った弾は男の脚に。早く誤解が解けたらいいねーと呑気に観ていたのですが、なんと監視カメラ映像には男が映っておらず。解剖結果が
『ご遺体は正面から撃たれている』
と出ちゃうわ、桑原が居たと証言した男は遺体で発見され事件前に死んでいたとなるわ。 いつもなら真実を語るはずの分析が桑原君の不利だらけorz 容疑者家族の朝顔(上野樹里)が解剖を担当できないのは分かりますけど~、もっと腕利きに、せめて茶子先生(山口智子)に解剖して欲しいと思っちゃいますよねえ。そして最後に導き出された真実は。別の場所でもう頭を撃たれてた!それでも現場までふらふら歩いて、しかも桑原に危険を警告するほど喋ってた!と。 そ、そんなことあります~?
 人間て、案外丈夫なのかなorz
あ、男の方は暖かいコンテナで腐敗が進んでから埋められて、死亡推定時刻が狂ったそうです。日本にいない虫の筋から犯人判明。志田未来の虫分析が役に立っていていいですね!

 以上が判明すると、あれだけ桑原を責めていた監察官は無言で退席。お仕事でしたこととはいえ、何か言うことないものか。

 そんなこんなの間、新キャラ桑原姉(ともさかりえ)が陰に日向につぐみちゃんを面倒見て朝顔を助け警察の様子も伝え、助かりましたけど。やっぱり唐突感は否めないかな……。つぐみちゃんとの接し方も「パパのお姉ちゃんなんだよー」ってそれ、初めて会った時の自己紹介orz

 実は春先にみつかっていた朝顔母里子(石田ひかり)の歯。もとい祖父浩之(柄本明)が『娘里子のものと思いたい』歯。鑑定などすることなく、自分にとってはもう、これがそうだと思って遺体捜索を終わりにしたい。それもまた分かる気がします。実際に親族が見つからずそうやって区切りをつけて生きて居る人はたくさんいるのかも。
福島で物件を探す朝顔父(時任三郎)に、同居を持ちかける浩之。もう先はそう長くないからと。……これはまた泣かされますね。

 辛い物語の中で、つぐみちゃんの可愛さが癒やし。

「極主夫道」~最終回 ☆☆

 最後までエンタメw 楽しかったですねえ

 そもそもの龍(玉木宏)美久(川口春奈)夫婦の馴れそめからして、勘違い!メニューの子持ちししゃも褒めを、シングルマザーの自分のことだと思うとかw(さすが美久ちゃんメンタル強いw)
その後もずっと、PTAお楽しみ会も町内会BBQも、雅(志尊淳)のデートでも、とにかく聞き間違いや勘違い&乱入が起きてしっちゃかめっちゃかにw いっそ終盤では
「……そんなわけないか」
と、見過ごしたら本当に襲撃だった展開にならないかと思うぐらいの繰り返しで、でも以前のことなど誰も思い出さずに全力でw 特に何も書くこと無く楽しんでました。こういうのはもう、合うか合わないかですよねえ。

 タオルはちまきの虎(滝藤賢一)も良かったわー。竹中直人&稲森いずみの極道夫婦も大きな見所でしたよねえ。

美久のフィギュア(30万円!)を壊しちゃって代わりを探す回では、情報をくれる警官(古川雄大)が朝ドライングリッシュティーチャー、さすがの身のこなしに感心するおまけも。

 ただ、雅が常に虐げられているのはちょっと辛かったかも。それもただ殴られているよりも、美久の計画に従っていた筈が首謀者にされて謝らせられてた最終回は猛然と胸が痛みましたわー。家事は全滅でも仕事は出来る美久さんが、あれを本気で言ってちゃ困るし。おバカさん雅を言いくるめて責任逃れしちゃうのはイケナイよなー。 また、向日葵が
「龍が大事なのはお母さんだけ」
と文句言い出すのも唐突じゃなかったですか? ずーっといいお父さんしてたのに?私、何か見逃しましたかね? その後の、じゃーあ偽装誘拐しちゃうよ、必死で助けに来るよ?? という案もヒドいので奥さんももっと怒られるべき(^^;;;)  つまりは最終回がなんだかモヤモヤしたのですが。まあいいや。
 最後の龍の、〆の口上で終わり良ければ全てよし。来年はきっといい年だ!!

「危険なビーナス」~最終回 ☆☆☆

 ああ、燃えちゃった……。
フラクタルで暗号の鍵になるとか、そんな世界への重要性よりもまず、伯朗(妻夫木聡)に父が遺したから大事だった絵『寛恕の網』は燃えさかる実家と共に灰になってしまいましたよ……。そこに駆けつけた明人(染谷将太)え、明人?? そしてバタバタと判明する真実w なんだよ、安全なところにいたのかーい!

 殺害計画を未然に防ぐため、警察に匿われた、といっても自宅で作戦会議したりしていた明人君orz
「教えてくれたら良かったのに!」
と当然の抗議をする伯朗さんですが、う、うーん。実弟としてあの隠し事の出来なさを知っていたら、そりゃ隠すわw しかし拘束され脅迫されていたミスリード画面は何だったのか?? 誘拐偽装は内緒だとしても『妻の楓を頼む』ぐらいの動画、いくらでも送れたじゃないですかいな!

 と、明人の失踪or誘拐に関してはモヤモヤが残りましたが、犯人が数学者の叔父憲三(小日向文世)だったことは6話までの弊レビューで予想してたので鼻高々w(まあ小日向文世が演じてる時点で重要ですからね!)そして、伯朗が最後まで伯朗だったことになんだか感激しましたわ。
 そう、ザックリまとめると『伯朗がとても迷惑する』ドラマだったわけですが……。それでも、明人を救おうと駆け回る中でずっと誤解していた義父の想い、亡父の想いを知り、母や弟との絆を思い出し、改めて随分と救われたと思います。義父に疎まれ母(斉藤由貴)も幼い弟に取られたと思っていた、そんな中でよくもまあこれだけ善良に育ったものです。
神矢家を憎むあまり全員に毒を盛るつもりだった波恵さん(戸田恵子)ですら、思いとどまらせるほどの善良さ。むしろ初めは傷を癒やそう隠そうと纏った鎧だったかもしれない善良さでしたが……それを貫き通す強さもまた伯朗は持っていたのでしょうねえ。負け犬じゃないのよ。

 というわけで、そんな伯朗を愛した助手さん(中村アン)と結ばれてめでたしめでたし。
……となっても、全然私は良かったんですけどねえ。実は警察の人だった楓(吉高由里子)がやっぱり忘れられなかった伯朗。それを見透かした助手さんに再会をお膳立てされての終わりでした。君って何者??としばしば思わせてしまっていたあたり、潜入捜査員としてはかなりのポンコツで、しかも潜入先で恋に落ちたとか職場に知られたら問題では??(事件後も、私物スマホで連絡出来てるしw) でもまあいいや、2人が幸せなら!
恒例、伯朗妄想劇場が最後の最後で本当になっての終わりには大満足でした(^^)

「2020年12月上旬のインパルス」

☆Twitter「ゲームトレンド大賞」発表ライブ配信(12/19 19:00~)に出演。視聴はTwitterで!

☆堤下食堂がグッズ販売!そして年末は岡ー1GPとやらにまた出場、優勝か?
☆一方の板さんは車を新調、前のレクサスを岩井に譲った話がラジオ「ハライチのターン」から流れてきましたよ。へえ腐り芸人で板さんの楽屋に入り浸りって(^^) 愛車をずっときれいに使ってたり(台所もピカピカですもんね)それを褒められたら嬉しくなっちゃう板さんいいですね☆ そんなほのぼのエピソードなのに、岩井が車を女に例えて『前の男が忘れられねえのか!』←ナビ履歴やシート形状wとけっこうゲス笑いにしてしまうところ、夜のラジオですねえ(^^;;;;)
☆「有吉の壁」年末spと新年に出演、「あちこちオードリー」「旅猿」「笑う!ラストフレーズ」と来年放映分を次々収録(そしてもちろん「フットンダ」) コンビ出演はないのかなー。この怒濤の収録、マネージャが替わったか『コンビで出たい』縛りを諦めたのかw
☆「いたくろむらせのオンとオフ」NMB卒業のさえぴぃが抜けると……タイトルはどうなるの、寂しい~!!!
☆「鬼の御伽」発売が待ち遠しいです。

「勇者ああああ」(12/8)
 激レア!ゲーム周辺機器で遊んでみよう!
我が家にも「太鼓の達人」専用の太鼓コントローラあったわ、そういうことですよねw 「ドンキーコング」にはコンガ型のコントローラ。楽器演奏みたいに操作するの、楽しそう。案外、拍手まで感知する優れものでしたよ。
そして板さん担当の「鉄騎」専用コントローラとは……まるで戦闘機シミュレータw 面前に展開する三面の他、足で操作するペダルまでw 横からいちいち教わらないと起動すらできない激ムズで、本格的。テンション上がる板さん、ガンダムに始めて乗り込んだアムロみたいになっちゃってw どんどん厨二な台詞を吐くbotに! 似合う似合う、こぞばゆくも格好よかったですね~!
 で、一応ただ遊ぶだけじゃなく値段当て要素も。
操作が複雑で大きい「鉄騎」用を高額に見立てる板さんですが、ハリウッドザコシショウ曰くそれは「鉄騎」でしか使えない。
『アーケードと同じ仕様で、シリーズ共通で使えるこっちの方が』

高額でも売れる、とのポップンミュージックコントローラを推してきてごもっともです。そして本当に1位でした! からの〜「誇張しすぎ福山雅治」w あの芸風でまともな発言て、かえって不思議ww
 ラストは宇宙を語る安定の板さんw 広大な宇宙の前には、ちっぽけな悩みなんて!

「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(12/8) 板さん出演なし
 タレント女子集めて『キュンとした瞬間』をキャッキャと紹介する番組。で、なんと板さんにキュンとしたのが……足立梨花! NHKコントで共演してましたもんねえ。
金田の先導で壁ドンをさせられて照れまくり、という懐かしの名場面も再現ドラマに。そのシャイも可愛い☆と好感度上がったところで、場面は家呑みに。店で打ち上げからの、板さん自宅で二次会って~! そんな仲良くしてたと知れたのも嬉しいですよねえ(^^) しかも家で!『それがしたくて芸能人になった!』と興奮しきりのノブw そこじゃなく、さりげなく観たいアニメDVD貸してくれた=返すときにまた会える、ってところにキュンときてほしいのにと足立梨花は困惑してましたがw じゃあ返す時どうだったのかも教えて下さいよ!(本当に交際に至ったらここで言えないわけだし、ねえ……)

「いたくろむらせのオンとオフ」#59
 オリジナル食器作りの回in上尾。
ホームセンター外の花売り場でオープニングです。さんまをまるごと乗せられる長皿が欲しい、と語るも板さん寒そうw 黒沢さんは煮浸し用、さえぴぃはトマトを「洗う」用の椀を希望。それを聞いたお教室の先生も
「洗う??」
となってますが、姫は相変わらず我が道を行くw
 まず板さんに道具が渡され、粘土を長く平らに伸ばす指導がされている間に姫はもう丸めて切って「勝手に始めてまーす」と学級委員黒沢さんに言いつけられてましたけど、先生は褒めて伸ばすタイプ、甘甘対応なのでした。番組も普段から見ていたそうで嬉しいですね~☆
 そしてろくろで形作り。薄くして、水をつけた道具で外も中も平らにして。上をカットして……と、皿にはないろくろの工程が気になる板さん、ローリングが楽しそうってw でも、まだ間に合うと誘われてもやはりお皿を作るんですよね?? 薬味を載せる場所も作りたいと欲が出ています。
 縁を整え、模様をつけて「いたくろむらせ」と字も彫った黒沢さんが先陣を切って完成~! ではぼこぼこに縁をゆがめていたさえぴぃも、そろそろそれで……と思いきや、え、切るの? あれれ縁を花の様にしたい。 それも辞めてやり直す~? あれやこれやで、さっぱり終わりません。 皿の縁を持ち上げながら、そんな迷走を見守っていた板さん。自分もあんなだったから分かる、と先生相手に語りだします。さえぴぃの集中力は認めながらも
「協調性がない」「今に痛い目観る」
と、さんざんw おまけに、待ちぼうけの黒沢さんはちょっと懐中電灯を買いに外出! フリーダムなロケですね! え、板さんもキャンプ用品をみたいって、キャンプ始めましたか?(鬼奴さんのTwitterで外メシ集合写真が)
その後、さんま丸ごと乗る代わり洗いにくい収納しにくいと、今更なことを黒沢さんにツッコまれてましたけど。お魚の箸置きもセットで作って完成! さえぴぃも予定と全く違う耳付き椀になりましたが完成でーす。乾燥&先生の仕上げと焼きを経て1ヶ月後にお目見えです。 楽しみですね!

 上尾のホームセンターといえばあそこでは……。いまだかつてないほど、旦那の実家(上尾)に行きたいというのに!コロナめ(^^;;;;;;) 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ