ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「恐怖新聞」1 ☆☆

 さすが土ドラ、題材が懐かしいw うしろの百太郎と並んでトラウマものに怖かったですよねえ。しかし幼少期のコト故よく覚えていない。こんな女子大生からむお話でしたっけ?
そしてヒロイン名詩弦(しづる)に漂う羽生結弦みw

 京都で一人暮らしを始めた女子大生詩弦(白石聖)
日付が変わる頃にガンガンと扉を叩かれ、差し込まれるペラ紙「恐怖新聞」には不気味な絵と不吉な文言が。その後、目撃した飛び降り自殺との妙な一致に気付いてしまった詩弦の元に、今度は父の名と串刺しの絵に『自宅付近で死亡』と書かれた恐怖新聞が届く。必死に父(横田栄司)に危険を訴えるものの、詩弦以外の目には白紙にしか見えず……。

 どうやら、引っ越しに伴いあれこれ署名した中に『恐怖新聞申込書』があった模様。って、そんな仕組みなの? 3ヶ月無料で洗剤持ってきたりしないのねw
夜中の不審者対応に「警察呼びますよ!」は正解なのに、次の瞬間チェーン掛けるどころかドア開けて廊下に飛び出す詩弦ちゃんorz ダメだってorz その後もチェーン掛けずにすぐドア開けちゃう。お母さん(黒木瞳)防犯指導ちゃんとしてあげてよ……。
マンションのベランダはお隣さん同士丸見えで世間話出来ちゃう仕様だし、引っ越し屋は従業員(猪野学)が客の詩弦の個人情報を根掘り葉掘りして『こいつにしよう』と胡乱な発言してて放置だし、世間全体のコンプライアンスが昭和のままなんじゃないかな(^^;;;;;;)

 そういえば、飛び降り女子校生にしろ串刺しお父さんにしろ、白目で痙攣しているフィニッシュをこれでもかとじっくり映す下世話さが久しぶりで珍しかったです……。そこも昭和マインドなんでしょうか(^^;;;;)
でも詩弦のバイトはUberEats風デリバリーで令和w

 今際の際に「お前を許さない」とすがりついた父にショックを受ける詩弦ちゃん。生まれる前のお百度参りは、安産祈願じゃなく呪っていた??私、お父さんに嫌われていた? いやいや直前にお守りもらったところじゃないですか、あれはきっと「お前を(害するヤツを)許さない」的な抜けか、別の人に言いたかったか、ですよねえ。
 さて、会った初日の夜に泊まり込むバイト仲間勇介(佐藤大樹)と刑事(駿河太郎)、先に死ぬのはどっちかw 病弱な隣人ともを(坂口涼太郎)は生きてる人間なのかw

 旦那は、懐かしのトラウマ漫画をこの令和にドラマ化してきた意義を知りたくて見続けるそうですが、さて土ドラにそこまでの気骨を求めていいものか?

「私の家政夫ナギサさん」7,8 ☆☆☆

 えええ、それは本当に恋?専属家政夫さんが欲しいだけでは?

 ナギサさんの私生活と過去に盛大にクビをツッコんでいたメイ。 元部下嬢を退職に追い込み不幸にした……と、今も悔やむナギサさんを救え!とばかりに、部下まで使ってその女性を探し出し感動の再会。
『今は幸せ』で『ナギサさんに感謝している』
と明らかになって、鼻高々です。その分、デートに誘い告白を勢いこんだ田所くんが哀れほったらかしにw
挙げ句、ハグまで目撃。
さすがに父親のふりで誤魔化せず、家政夫さんと白状されてナギサさんの美味しい手料理を食べながら、彼氏じゃないんだったら!と改めて交際を申し込む田所くん。これを喜んでお受け出来れば、めでたしめでたしで終了なのにねえ……。

 ずっとライバルだと思ってたし。

 好き、ってどんな気持ちか分からないし。

と、アラサーとは思えないレベルで煮え切らないメイ。瀬戸康史なのにorz しかもメイの家事能力を理解し、有能な仕事っぷりも含めて好きでのアプローチなのに?

 そこで判明する、ナギサさんの異動。

 ピコーン! 失いたくない大切な人=ナギサさん と、ひらめいてしまうメイが、まさかのプロポーズ! もといお試し結婚のお誘い! いやそれって!単に家がきれいで夕飯が用意されている生活への想いでは?? 他の家政婦さんを雇ってみてから考えても遅く無いかもよ?
ここで田所くんが家事得意男子なら、それだけでなびきそうなのに。彼もメイ同様に激務で不器用、1話のメイそっくりの汚部屋暮らしをしていたのでした。残念! で、メイが速攻ナギサさんを呼び出して、丸っと片付けさせて、支払いはおいくら万円……。さすがに田所君が払ったのかどうだか……。 ねえ、田所君とメイが結婚して、ダブルインカムでサクッと家政婦二人依頼する方法もありましてよ?

 さすがにお試し結婚は、笑って流すナギサさんであって欲しいのですが。正直ナギサさんだってメイのこと憎からず、ですもんねえ。予告を見ると、どうやら、するんだ……お試し……(^^;;;;;)

「名建築で昼食を」1,2 ☆

 これまたオヤジ推しな。

 乙女建築。
ノスタルジックで美しい建物をそんな風に紹介するSNSに惚れ込んでいるヒロイン藤(池田エライザ)が、
「弟子にしてください!」
と頼み込んだところ、現れたSNS主千晶さんはまさかのおじさん(田口トモロヲ)でドン引いてしまいます。失礼なw そうとは知らぬ千晶おじさんはサクサクと建築を紹介しては、名建築の来し方に思いを馳せて名言(?)を語り、犬に吠えられw ふふっと藤を和ませて去っていくのでした。

 1.アンスティチュ・フランセ
 2.自由学園明日館
それぞれ併設のカフェで美味しいランチもいただけます(^^) いいですねえ。いつか行きたいですねえ。

 実は友人とカフェ開設を目前にしていたり、元カレのぬか床を預かってかき混ぜていたりする藤ちゃん。それなりに悩みはあるものの、まだ千晶さんとはそんなことを相談する仲でもなく。ただ由来ある建物を見て回り、感想を語り合います(そこも台本あるのかな、役者さんの感想アドリブなのかな?) そしてお洒落で美味しいカフェご飯(^^)

 千晶さんは、セクハラも偉ぶりもなく、ただただ、いいところでしょう素敵でしょうなスタンス。かっこ良すぎず威圧感もない人をってことでトモロヲになったんでしょうか。それは分かりますが、どうしても家に帰るとベランダ園芸に励んでいそうですw(「植物男子ベランダー」参照) というか原作エッセイの甲斐みのりが実はおじさん、なわけでもないのに何故に導き手の男性と組ませちゃうんでしょうね。偉ぶらないにしろ。
 どうせ各館、詳しい説明は専門の方がしてくれるんだから(本職の方がご出演?)、藤ちゃんが一人で見て回る「孤独のカフェグルメ&乙女建築」で良くない?


「おじさんはカワイイものがお好き。」1 ☆☆

 これで1時間はダルいです。30分ドラマで見たかったな。

 ダンディ小路課長(眞島秀和)は、キャラのパグ太郎が好き。大好き。家中にグッズを飾り一緒に寝てるレベルで愛しているのですが、その昔女子に笑われたことが心の傷で、周囲に隠して暮らしています。なのに甥っ子(藤原大祐)を居候させることになり、パグ太郎を隠して暮らす禁断症状が……w

 その戸棚に隠した山のようなパグ太郎たちの中、一つだけ色が汚い古ぼけたものは幼少期からの宝物。
私も大きな息子がいる身として、これが息子だったらと思うとずっと大事にされて嬉しいような、40才も過ぎて残る幼さに戸惑うような。でもね。別に分かったからって、嗤いも嫌いもしませんよ?? 景品ゲットに協力したり情報流したり、そうだ年賀状はパグ太郎柄で出しますよ! 誰かの「好き」には全力応援!
なので、メイクやアイドルといった部下の「好き」は肯定する小路さんが、自分のパグ太郎愛はひた隠しなのが良く分かりません。で、部下も小路さんがパグ太郎キーホルダーを持つことを
「似合わない」
と断じる謎(^^;;;;) まあその時点では落とし物、課長の持ち物と決まったわけじゃなかったけどね。おじさんが可愛い物持ってたっていいじゃんよ。

 と、世界の基本設定が相容れずイラッとするのですが、そこは段々と改善されていくでしょう。同じパグ太郎好きの今井翼と知り合ったり。甥もフェミニン系なので、普通にパグ太郎好きそうです。
一番の敵、なんでもムダムダな鳴戸課長(桐山漣)だって、こっそり猫が好きだったり小路さんの笑顔にときめいていたりで、そのうち寝返りそうですね。さて、それまで見続けていられるかな……。パグ太郎は可愛いんですけどねえ。

 世間体を気にして『別に好きじゃ無い』と小路さんが口にするとき、悲しい眼をしたパグ太郎がどこかから見ているんです……w

「私たちはどうかしている」1 ☆☆☆

 ホントにどうかしてたw


 老舗和菓子屋光月庵の当主(鈴木伸之)が殺され、目撃者である息子椿の証言で、母子で住み込んでいた和菓子職人(中村ゆり)が逮捕された上に取調中に急死。
施設で育った娘七桜(浜辺美波)はそれでも長じて和菓子職人となるが、現場の血を思い出させる食紅を使えない。
 馴染み客の結婚式に、と頼まれて祝菓子の競作をすることになった七桜。相手は因縁の光月庵、しかも作り手は母を犯人にした椿その人で動揺する。しかし、勝負は老舗というだけで光月庵に決まり、面変わりした椿(横浜流星)は七桜を思い出した様子もないのに
「俺と結婚しない?」
と言いだし、日時を指定する。訪ねてみれば、なんとその日は椿とどこかの令嬢(岸井ゆきの)との祝言の日。しかし、七桜が持参した羊羹を食べた椿は
「こいつを嫁にする」
と宣言し、花嫁をさしおいて七桜に口づける。周囲はもちろん、母親(観月ありさ)は当惑、激怒するが、光月庵の味と売り上げのためと主張する椿は意見を曲げず、認知症気味の祖父(佐野史郎)も何故か客に詫びて後押しをしてはくれたものの、同時に
「3ヶ月で結果を出せ」
とも命じるのだった。
 さて、あからさまに歓迎されずに光月庵の嫁、いや椿の共犯者となった七桜の運命や如何に。

 いやあ、次々と起こる事件に驚いている間に終わっていましたw
6歳児の証言で即逮捕?
どこで働いても「人殺しの娘」と匿名の通報が。
でも無実を訴える母の手紙を届け、消える謎の男(山崎育三郎)w
そして15年後の再会。
幼かった椿が全て忘れていても無理ないですが、大人はw 短期間とはいえ住み込んでいた子に見覚えありませんか? もっとも、観月ありさが、さもありなんな冷たい女将を好演しています。実は女将が真犯人でも不思議じゃ無いw 次回からさぞ、イジメまくってくれるでしょうねえ。
 祝言を奪われてしまった花嫁のその後は。
でも七桜、椿を憎みながらも惹かれていくんでしょう? そして椿は、「さくら」と呼んでいたあの子が七桜だったといつ気づくというか思い出すんでしょう。事件のこともどこまで覚えているのかな。3ヶ月以内、とされた味と売り上げ回復の方も、連ドラタイマーがセットされた以上もう達成するに決まってますよねw
要するに、安心してハラハラできそうです。

 次々と出てくる和菓子も、美しくて美味しそう(^^) 意匠に込めた意味と銘を説明してくれるのも楽しいです。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ