ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「#リモラブ」~最終回 ☆☆☆

 あちこち大団円(^^)

 五文字(間宮祥太郎)に嫉妬する青林(松下洸平)でしたが、ちゃんと誤解が解けて良かった~。
そしてSNSで始まった恋愛らしく、肝心なことはDMでw ドラマ初頭、確かに感じが悪かった美々先生(波瑠)……でもそれが勤務医としての責任感や不安からでもあり、嫌われてもやり過ぎでもそれが責務だったと振り返られるともう、納得しかないです。その辛い時期を支えたのが、檸檬だったこともね。生身青林vs檸檬の勝負、実は檸檬の思い出が上回る時もあるなんてw しかもそれはお互い様ってw 遅レス&推敲しまくりなじゃすみんとしましては、あんなスピードで意見交換なんてできないので、スムーズは仲直りに感心しきりでしたw
 そして解雇問題。
ドラマの変人ヒロインて、終盤ではすっかり人気者になっていたりもするじゃないですか。なのに今作では案外ずっとディスられ続け。陰口を恋人青林が諫めるのはまあ普通なのですが。一番つかかっていた営業さん(渡辺大)が反対署名を集め、面と向かって罵倒しながらも
『俺もそうだ!』
と、嫌われ者のお仕事を評価してくれたのは素敵でした。全肯定、ある意味恋より素敵なメッセージですよね!

 富近先生(江口のりこ)と朝鳴部長(及川光博)の恋も。
小学生の息子は一緒に楽しく遊びはしても「新しいお母さんはいらない」……そこでごり押しをしない大人の2人は距離を置いてしまうのですが。やっぱりクリスマスは3人で、とまた息子くんに思わせたのはゴージャスプレゼントや非日常体験なんかじゃなくて、ぞうきんに縫ってくれた自分の名前。それとも、その素朴なw出来映えを愛しむお父さん。そこでもやっぱり、そのままでいいんだねって思えます。

 初回からずーっとラブラブだったバカップルは、ついにプロポーズ!鳩抜きでw 店はいつか継いだらいいから!
五文字くんのSNSの恋と、せフレちゃんのこれからは特に語られませんでしたが(スピンオフを観ろということかなw)
「うまく生きられないのが生きてるってこと」
なんて富近先生の言葉通り、みんなそれなりに悩みつつそれなりに正しくあろうともがいて。そんなところをきっと、誰かがちゃんと観ていてくれから。みんなそのままでいいんだよ、と優しい気持ちになるドラマでした。2020年、コロナ騒動を振り返るときにはきっと必ず思い出すでしょう。

「先生を消す方程式」~最終回 ×××

 まず、ゾンビに謝ってほしい。

 主人公(田中圭)が生き返ってもしばらくは、防刃チョッキだの血糊だの何か対策が講じてあった結果だろうと思ってましたよ(無策で階段落ち&首吊りされた義経ですけどね)思いたかったですよ! まさかのラッキー雷でマジ蘇生してるとはorz 生徒の黒魔術が効いてもイヤだったけどね。目の前で実際に奇跡が起きて、お父さんを生き返らせたかった命くん(秋谷郁甫)の気持ちはどこへ行くの?? 
そして夜間の校内で追いかけっこ。学校のセキュリティ笊ですね。
また病院のセキュリティも同様に笊だったらしく、連れてこられていた静さん(松本まりか) 可愛く着飾らせているのが人形あつかいでまたキモく、脅しの材料にされて更に不憫ですけどね。そこで従わない義経の言い分が、静も正義を望むだろうというならまだしも、もう十分生きたと死なせてあげる調で、はあ? いや現状ケア看護責任者は両親でしょ? 夫でもない立場で何を言う。しかも全てが済んだら、病院に連れ戻す……でも、命くんの黒魔術試すでもなく、埋めましたよー! 一緒に埋まるでもなく、ただ埋めましたよー! 薔薇供えりゃいいってもんじゃない。

 そこに雷で、静もゾンビ化 orz

 ああ、その前に朝日にも雷が落ちてピンチを脱していたんでしたっけ。都合のいい雷だよ……。もう『そういう土地』だと思っておきます(あらかじめ不穏なゾンビ化野生動物を見かけるなり伝説を語るなりした上で、嵐が来そうな情報も入れておくものですよ。『伏線』っていうんです、覚えておこうね!)
2人で森で末永く暮らすんですってw 学校から歩いて行ける裏山をそんな奥深い山中扱い、土地の所有者も可哀想でしょ。 重ねて静を連れ去られたご両親の心痛も如何ばかりか。調べれば朝日の連れ出しはすぐ判明しそうですが、恋人義経がほぼ同時に失踪していては怪しすぎです。 ご両親に手紙でも届けてあげ……いやむしろ2人で堂々と会いに行って研究されたらいいんじゃないかな(投げやり)

 こんなのドラマじゃない。

もっともらしく授業を続けるけど、何の教育も信じてないでしょこれ。三角関係だけをテーマにサラリーマンゾンビ化でもしておけばいいんであって、したり顔で子供を巻き込まないで欲しかったです。 巻き込まれたのは先生役も同じ事か……。

「夜がどれほど暗くても」1、2 ☆☆☆☆

 岡田結実がとても印象的。

 週刊誌『時流』の副編集長志賀倫成(上川隆也)は、夜討ち朝駆け。スクープを嫌う部下(加藤シゲアキ)を叱咤激励、生き馬の目を抜く業界で戦っていた。ところがある晩、大学生の息子健輔(葉山奨之)が恩師夫婦を殺害し遺体横で自殺を図って逮捕されたと警察がやってくる。
駆けつけた病院を、自宅を、囲むマスコミ。ゼミの女性教授に横恋慕しての狂気の犯行と報道される中、意識を回復しないまま健輔は死亡。どうしても息子の反抗だとは思えない、と志賀が手記を綴った週刊時流は完売するが、社には非難が殺到。不人気月刊誌時流に異動となった志賀を、妻(羽田美智子)までが責め立てる。息子の何を知っていて手記を書いたのか、と。
 父の仕事を嫌った健輔とは、もう何年も別居。父子は断絶していたのだった。

 一夜にして追う側から追われる側になってしまった男の苦悩と、マスコミ・ネットの功罪を描いて目が離せません。部下にまでマイクを突きつけられ、あっという間に自宅や顔写真が流出、街頭アンケート取材では若者に囲まれ動画を流され、不倫取材でもターゲット(袴田吉彦)に逆に撮影されて脅される始末。
 被害者夫婦の遺児奈々美(岡田結実)もまた、報道や手記に振り回されて怒りを募らせ夜道で志賀夫婦に斬りかかり、両親に詫びろ!と叫びます。娘さんだと分かりつつ、警察には彼女をかばう志賀ですが、高校でも事件を発端としたイジメは過熱し……。
 一方で、事件に違和感を覚える捜査一課宮藤(高嶋政伸)は被疑者死亡での送検をためらっています。そこに届いた科捜研分析は、遺書メールが本人のものでない高い可能性! 
志賀健輔は冤罪なのか? 真犯人はどこに? そして健輔を犯人だとして志賀一家を非難した者達の責任は。

 wowowドラマらしい高い完成度。緊迫した展開に眼が離せません。
その中でも眼を引くのは、上川隆也の頬とw 岡田結実の目力!
受験大学の下見でと、事件当日不在だったところを、長澤(原田泰造)ら担当刑事に保護され不安げな表情から、死亡を知らされてギラギラと眼を光らす様子! コメディで見ることが多かったのですが、追い詰められても魅力的です。「負けるみたいでイヤ」と、清掃されたとはいえ殺害現場の家に戻る気概!しかし独りでは絶叫し、志賀の手記を読んだ店頭で暴れ……。両親死亡後に、頼る親戚もないんですよ、この子どうなっちゃうんだろうと心配です。
しかし警察すら奈々美の滞在ホテルを手配してくれるというのに。志賀はなんだって頑なに事件当日から自宅マンションに戻るんでしょう。入り口にはマスコミが殺到し、いたずら電話、FAXが鳴り止まず奥さんは病むわ、理事会には出て行ってくれと迫られるわorz ネタ元を匿ういつものホテルとかあるでしょうに~

「年の差婚」1 ☆☆

 いやあああ竹財さんがオジさん! 
デートの間ずっと後ろ手組み。髪型も時々ぺったり地味スーツorz 年の差を強調するために無理に老けさせてます? ヒロインが一目惚れする44才なんだから、「マイラブ・マイベーカー」社長のような貴公子っぷりスタイリングをして欲しかったです……。  『声が素敵』と思う場面には私も同意(^^)

 箱入り娘の麻衣子(葵わかな)24才に、父親(吹越満)が決めた見合い相手はバツイチ44才の花里春海(竹財輝之助)
取引相手の顔をたてて1度会うだけ、すぐ断られるだろうと思っていた春海は、乗り気の麻衣子に困惑。はっきりとそう告げるも、男女交際に不慣れな麻衣子が必死に寄せる好意に押し切られ……3ヶ月後、めでたくゴールインと相成りました☆

 とあらすじだけだと、キスで子供出来るとでも騒ぎそうなうぶうぶ感ですがw 冒頭から春画で初夜の予習ですし!遡ってデートやプロポーズを描いて、また初夜!
だったら夜のドラマらしくがっつりセックスしちゃうかと思いきや、バスローブの下の可愛いキャミを見せて寄り添った後は、もうずっと肩までシーツw 「あ」とか「やめないで下さい!」とか何かしてる風でありつつ全部シーツの下の出来事でした。中途半端なんじゃーい!

 翌朝、春海が作る朝ご飯に感激する麻衣子(^^) でも
落とし卵:ポーチドエッグ
ミックスジュース:スムージー
と、呼び名に世代差が出てますよw 

 麻衣子リサーチ、10才年下夫を持つ先輩曰く
*カラオケはお互いしらける
*体力、肌の潤いが違う
なんてのもあり、これからそんな年の差あるあるを描いていくんでしょうか? 春海の前妻や、麻衣子の同期などが現れてひっかきまわしてくれそうです。

「#リモラブ」8,9 ☆☆☆☆

 星空を見上げて湖畔でプロポーズ……は未遂!五文字(間宮祥太郎)のせいで?
えええ、五文字はそこに居ないし、ちゃんと2人を応援しているのに~ 幻に捕らわれて嫉妬の炎を燃やしてしまうだなんて……。青林(松下洸平)、キミ意外に面倒くさい男だったのねorz

 8話では青林叔母来襲。
美人の女医なんて、縁談を断るためのニセ彼女だろう!と、ラブコメドラマの裏をかくようなことを言い出されて困惑する2人w しかも幼馴染みの嫁候補『雪ちゃん』の話に内心妬いてしまった美々先生(波瑠)ですが、口には出来ず。それでも青林は
「この人しかいない。似合うかどうかは自分で決める」
と言い切ってくれるんです。男らしい~と美々先生も視聴者も感激!なわけですが。その男らしさとプライドが困った方に転ぶこともあるのが作劇の意外さ、面白さですよね……。
 9話前半は、円形脱毛症w
『丸ちゃん』と名付けつつ、なかなか言えずに悩む美々先生。結局はそれごと受け入れる男青林は、憧れの『洗い髪をドライヤーで乾かす』をしつつ丸ちゃんケアにも励むことになり……うん、可愛い2人ですけれど、最終回目前に一体何を見せられているの?と思っていたその全てがね。元カレ五文字に引け目を感じさせる元になっていったとは。

『大丈夫?』
『ちゃんと受け止めてる?』
『我慢させてない?』
偉っそーに助言してる五文字こそ、当時は檸檬のふりで美々先生を悩ませ振り回してたのにw 自分たちはちゃんと好き合ってて上手くいってる!と助言をはねつけた青林くんにとって、その丸ちゃんもケア不十分の象徴なら、言われた通りに正直な意見を言うことにした美々のあれもこれもが、気づけなかったこととして突き刺さるのねorz

 挙げ句、内緒の相手とSNSでいい感じ☆と浮かれる五文字の相手を、美々先生かと邪推って嘘でしょ~!!

「僕にも嫉妬という感情はある」
ってさ、それをもっと前に口に出さなくては。美々は言ったよ?心の中でモジモジしてるだけじゃダメ!と勇気を出して、みっともないことも恥ずかしいことも言ったのに。例えば「雪ちゃんがしてた呼び方はイヤ」に、「なんで?」だの「美々先生もそんなこと思うんだ!」とか返してたくせに~ 自分の心は言わずに察しろと?

 プロポーズ、しちゃえば良かったのに。でなければせめて、五文字とどうなっているのかまず問いただせば良かったのに~!!

 物別れのまま、次回最終回。会社は改編で産業医を解雇して……会えなくなるの?
さてハッピーエンドに向けて、ここからどう修復するのかが楽しみです。まずは、五文字の相手が分かって愕然とするんじゃないのかな(そしてそれは、元カノ沙織ちゃんだったりするんじゃないのかなw) あ、朝鳴部長(及川光博)と富近先生(江口のりこ)の恋は、懐いた筈の息子に阻まれたままなのか? せっかく昇進を断ってまで息子との時間を選んだ朝鳴部長ですから、折り合いついて幸せになって欲しいです。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ