ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「名建築で昼食を スペシャル横浜編」☆☆☆☆

 うわー横浜って素敵(><)
そして物語も切なく、いいスペシャルでした。

 そういえば本編の最終回は書いてませんでしたっけw だって藤(池田エライザ)とお友達の喫茶店計画の頓挫は目に見えていた一方で、師匠と弟子2人の関係は深まりも壊れもせずに特に何もなかったですもん。
そこに新春スペシャル。
千晶さん(田口トモロヲ)の乙女建築ブログ更新も滞るなか、藤も仕事で忙しく、なんとなく疎遠になっていた2人。久しぶりの名建築巡りのお誘いは藤の地元?の横浜だったのでした。
 神奈川県立図書館と音楽堂。またもやル・コルビジェの名を聞きながら巡る名建築。いやー素敵素敵、行ってみたいです。本シーズンの様にざっくり「東京」と広すぎるより訪ねやすそうですよね。

 楽しく語らいながらも、端々にいつになく歯切れ悪く思い出話を挟む千晶さん。横浜には人に会いに来た……会う筈だった……という彼の背を押し藤も馴染みのホテルニューグランドに向かうとそこで千晶さんを呼び止めたのは、藤も幾度もみかけた凜とした老婦人(加藤登紀子)で……。
どうやら千晶の父の恋人だったらしいその女性。貴方にこそ持っていて欲しいと設計図を取り出します。

疎遠な息子に言い出せずにいたけれど、お父さんはこの設計図を貴方に模型にして欲しかっただろう、と。故人らしきお父さんが、恋人と暮らすための家ではありましたが。それで何やらわだかまりが溶けたらしい千晶さん。帰宅後作り始めた模型は、その家なのでしょう。
 赦す。その相手はもういなくても。

 藤相手には、建築家の父親の素性は確か語っていなかった千晶さん。 でも老婦人がいつも抱いていた本はKOUJI UEKUSA。藤も分かっているでしょうに、水をむけられても気がつかなかったふり。いい間合いです。たまに何かのテーマで少し会って、少し話して。ちょっと心が軽くなる。良い仕事ができる。それでいいんですよね。
(お土産のお返し、をいつも持ってくる乙女な千晶さん。それも『持ってきた』と言いつつも、荷物になるから別れるまではずっと千晶さんが持っているんですよ。そんなところも本当に優しく気の付く育ちのいい人です。犬には嫌われていてもw)


「警視庁ゼロ係 出張捜査sp」 ☆☆

 やったー、4月からシーズン5決定!
と、最後のニュースが全てのスペシャルでしたw お決まりの赤い野菜さつまいもと赤カブをここで出しちゃって、連ドラでどうなるのかが一番の心配ですw

 身寄りを無くした幼児と関わったゼロ係。

その子に全財産を贈るといっていた名家の祖父も急死、幼児を送り届けるついでにその龍神家を調査していると親族が続々急死。弁護士が連れてきた女は、本当に失踪していた幼児母なのか?……ここで、幼児とその女のDNA鑑定を出されてもw 親族勢揃いなんだから、姉としましょうよ。 ほら、実母ではあるけど龍神家とは関係なかったじゃん!

 そもそもの設定が、2時間ドラマ風味なゼロ係。なんだかんだで地方で捜査を始めても違和感ゼロw
小早川冬彦警視(小泉孝太郎)のいつものレポートが『龍神伝説』、地元の名家で起きる連続殺人、四神の見立て、出生の秘密。はいはいはい。逆さの脚に包帯に何かと『犬神家の一族』オマージュなのもギャグの域ですよねえ。その上、出先の役場『よろこんで相談室』通称『(役に立たない)零点係』から来た秋彦(NON STYLE石田明)が上から下まで真っ赤の赤かぶりw ハイテンションが馴染んでましたねえ……。
 その辺はいいんですけどね。
いつもの警視どの失礼って、厳格な捜査会議で正論吐いたり、偉い人や犯人相手に好き放題するから痛快なのであって。民間人相手に好き放題では、国家権力の横暴だー(^^;;;;)  酷い火傷、という女性に包帯を取らせておいて『うわーっ』って、寅三先輩(松下由樹)まで一緒に失礼になるのも違うのではorz (結局、火傷は嘘でしたけどね)

 今時らしくリモートで会議するゼロ係、煩い署長(石丸謙二郎)を音声オフw 紫(安達祐実)ピンク(戸塚純貴)と、暇な面々があちこちで証拠を集めて来てくれます。山に登ればピンクがドローン飛ばします。うんうん。しかし黄色の卒業は手痛いですね。そっか桜庭(木下隆行)は鑑識で犬代わりに活躍しちゃってるのか……orz  ゼロ係勢揃い!と赤の警視どのを囲んだ時に、黄色がいないだけでこんなにも各色勢揃い感がなくなるとは思いませんでしたよ。別のおデブさん連れて来られるのもいやですが、寂しいな。

 さて4月からは新シーズン!
シーズン3でのワイロ先生(石坂浩二)みたいな好敵手登場を楽しみにしています!

「2021年1月下旬のインパルス」

「鬼の御伽」読了!
 朗読会やネットでも公開されていた桃太郎改「パーフェクト太郎」、単体でも読み応え十分でしたが、書き下ろし「泣いた赤鬼」で更に広がった世界。そのふたつをつなぐブリッジこそが板倉俊之の本懐かとw 痛快ですねえ。 凄惨な描写も多いのですが読後感は暖かく爽やか。 板倉さんって社会組織には絶望していても、家族愛と個人の正義は信じているって伝わりますよねえ……(別記事書きます)

「東野・岡村の旅猿18」(1/20)  Tver
<千葉県でサバゲーを楽しもうの回>前編
サバイバルゲームときたらそりゃ、板倉俊之ですよね!(「有吉の壁」サバゲー回は何故……ガチ過ぎて板さんからお断りしたとかかなw)

オープニングから大荷物で(銃口はみ出させてw)登場した板さん、これでも「ライトめ」と説明しつつあれこれ紹介してまあ嬉しそうですw 銃ソムリエとして皆さんのお役に立ちますか。
まずは都内でお買い物!
最低限必要なのは、眼を保護するものと銃。店員さんと顔なじみ、店の人みたいになってる板さんのアドバイスで選びます。大きなマシンガンに興味をもつ東野さんですが、屋内での取り回しや重さも考えるとハンドガンがお勧めとか。スパイダーグリップが似合う? 銃の何かが似合う似合わないの基準がわからないよねw
千葉に移動し腹ごしらえ。アボカドポーク美味しそうじゃないですか!(板さんは知らないお店。常連店も訊ねられたけど、いつもファミレス系ばかりで紹介にならなかったとかw)
『もっとサバゲーをTVで』
と熱く語る板さん。でもせっかく隠れているところを、カメラが狙ったら居場所がバレるというTVに向かなさもよく語ってますよね。じゃあどうするってダミーカメラマン混ぜる?誰も居ない方向撮ってミスリードする? 予算とアイディアでどうにかできますか。この番組が始祖になってサバゲーが流行るのか?
 ところでガンショップの馴染みの店員さん。長い付き合いなのかと聞かれて、肯定しつつも歯切れの悪い板さん。苗字が変わってたのに、ツッコめなかったとw 結婚などめでたい理由と分かってたらいいけれど……ってそんな懸念と憶測をTV番組で流される方が相手も困るんじゃw   つづく

「あちこちオードリー」(1/27)  Tver
 春日が板前、常連若林が居る飲み屋に客が入って雑談設定のトーク番組です。
『どうなってるかわからない人』枠で呼ばれた板さんw まずは「開いてるかな?」と小芝居です。よ、コント職人!都のコロナ対策ステッカー(?)へのこだわりを、案外春日だけが気付いてくれましたよw つっつんここにいてそれを拾ってやってよー!
 売れてから20年と紹介される板さん。「はねトび」で23歳、若かったねー。今の霜降り明星、宮下草薙ライン? しかしそのTV人気を同席アインシュタインが持ち上げたのには噛みつく噛みつくw (同じPの「ゴッドタン」に出てる気分、とボケつつもw) TVに出ながら、ルミネで新ネタ本数第一位だった!って。つくづくTVタレントじゃなく芸人で居たいんですねえ。

 そして、憧れていた業界の裏を知っていろいろねえ……。同じ匂いを感じた、という若林との初対面、笑顔でこう言ったそうですよ
「どう?絶望してる?」
嫌な先輩w 初めて「はねトび」にオードリーが出たときのことは、春日ばかり弄られるなか若林の背中を押したんだとご満悦。こいつはやれると思った、と。もちろん若林もその時のことは覚えていて……なんと、ずっとインパルスに憧れていた、というんですよ! これは初めて聞きました。当の板さんも初耳で動揺w 堤下には言えたのに、板さんには……ってw それも分かりますw
 そんな子分若林、キラキラ芸能界には馴染めない同類だったはずが、なんとクーラーのCMに出るとは思いませんでしたよねえ。それも女優杏が妻役ですもんねえ~。

 稻ちゃんが喋ってないなーと思うとちゃんと若林が「どう?」とふるw そんな「ラストフレーズ」以来気になるまわしも楽しめました!

「東野・岡村の旅猿18」(1/27) Tver
<サバゲーの旅後半>
 サバゲーフィールドについに到着! 撃った弾が光るギミックを仕込んで試し打ち。いやこれはテンション上がりますよね!そして板さんの私物、スナイパーライフルで狙い撃ちも体験をってことでペットボトル蓋の的を次々に撃ち抜く板さん、イイ笑顔です!
 そこにサバゲー経験者の若手3人が合流。元自衛官の女芸人「そのこ」って、お笑い荘とはまた違う娘がいるんですね! タレント組と若手組でいざ対戦です。
 1戦目は、入り口で待ち伏せ板さんが相打ちで序盤脱落(^^;;;) でも東野は果敢に突撃、事前の薫陶あって「ヒット!」の声も挙手も、元気があってよろしいw その影でそっと待ち伏せ岡村が、二人倒してフラッグも手に入れての活躍でしたよ!
 陣地をチェンジしての2戦目は、奥の相手陣地にスタートダッシュで駆け寄った板さんがサクッと相手(またもソラシド本坊)にヒット。弾切れ東野がやられている隙に岡村がフラッグを掴み……でも3人ともここにいちゃ、自陣はがら空きでは。なんとずーっと前にタレントチームのフラッグは取られていたのに誰も気付いていなかったのでしたw 置いたままのカメラが捉えていたのみw
 3,4戦はサクッとまとめられ、5戦目は手練れの板倉&和田の2人 vs 東野岡村&そのこ本坊4人 で! カメラもつかずに定点から撮影。カメラで居場所が分かっちゃいますもんねー。味方に撃たれ早々に脱落の東野に始まって、4人チームはそのこを残すのみ。スナイパー板さんがあえて「撃ってみろ!」はともかく「子猫ちゃん」などとw 芝居がかった台詞で陽動する間にもう一人がフラッグを取って終了でした。 ……子猫ちゃんorz
 その後も8戦まで満喫したそうで、特に東野が前のめりで楽しんでいましたよねー「勝ちたい!」ってw チーム戦だけじゃなく、1vs全員のタイム戦を全員でまわしてスキルを鍛えつつKill数を競う遊び方も紹介する板さん。いろいろありますね。
 観てる方としては、顔中を覆うマスクで誰が誰だかw 装束も目立たない色でやはり見分けにくいです。そんな『TVに向かない』ジレンマを解決するアイディア欲しいですねえ(でも今週「かまいたちの掟」もサバゲーw コロナ渦中ロケ向きかな)
 締めには割烹金田屋!
薄い食レポはさておき、劇団ひとりもサバゲーしてる話題『ヒット判定を風船で明確に』『服装がGANTZ』等居ないのに場を盛り上げてましたよw

「書けない! 脚本家吉丸圭佑の筋書きの無い生活」1,2 ☆☆☆

 あら面白いwチャンスを掴んだ男のピンチです。

 二児の父吉丸圭佑(生田斗真)は、実質専業主夫。
とある賞の佳作をとって脱サラしたものの、脚本家としての仕事はボチボチ。売れっ子小説家になった妻奈美(吉瀬美智子)を支えて料理洗濯子供の世話に追われる日々を、結構充実して過ごしている。
そこに降って湧いた連ドラ脚本の仕事!
某先生が大怪我で降板、4月からのドラマなのに現時点1月で1話も書けてないどころか企画案すらゼロ!でも主演はイケメン八神隼人(岡田将生) そんな仕事、実績ある脚本家は受けないし、そもそも既に仕事を抱えているし。空いてるのは君だけ!

 というしょーもない理由にはがっかりしながらもw ここで断る手はありませんよねえ。しかし問題なのは、圭佑側もアイディアがゼロなことw 温めていた企画の2,3出すなり、僕の得意はこれです!もないw 
前職を活かして舞台を不動産屋にするとか。専業主夫のドタバタと苦悩を描いてみるでもなく、丸っと言いなりのまま徹夜で書いた
『ダーティハリーみたいな』
ウルフ刑事、没w
その後も、『なんか学園物』の一言から富豪教師をひねり出し、妄想のスキンヘッド小男(浜野謙太)に怯えながらも妻の協力でなんとか1話案を完成させたと思ったら。主演八神が『実は吸血鬼!B型の血液しか吸わない!』と思いつきを押してきたw おいおいおい~なんだそりゃw

 これは、この先も勝手な変更連続な予感w
それでも、基本設定や登場人物をゼロから生み出したのは圭佑。自信を持っていいんだよと激励する妻。妻だけ売れっ子の今でも仲の良い夫婦でホッとします。
 アイディアや構成を助けられたら『奈美の作品』になっちゃう……と愚図るだけのプライドは圭佑にもあって、そこは口述筆記、圭佑の言ったままをタイピングの早い奈美が打つ(といいつつ、あまりのぐだぐだにはさすがに助言w)形の助力で切り抜けたのでした。とはいえ、ツルツル……妄想スキンヘッドの台詞そのまんまを妻が口にする展開はゾッとしますね。内なる敵は自分、ではなくて妻なのか~?? 

 2話を任されたはずの有望新人脚本家如月翔(小越勇輝)が、ちょっとのダメ出しでへそを曲げて降板したことを思えば。キラキラ才能があふれ自信満々なことよりも、周囲の意向を受け入れて自己主張しない圭佑の性格は、実はとっても脚本家向きなのかもしれませんが。
相次ぐ締め切りに、圭佑の心と身体も、夫婦仲も心配です!あと圭佑が家事をできない間の子供達の健康もw

 適当プロデューサ北村有起哉、若手監督小池徹平、気だるいAP長井短(「江戸モアゼル」のマリーアントワネットだw)

あと圭佑の息子空(潤浩)の家庭教師仙川(菊池風磨)は、美奈の連れ子JK絵里花(山田杏奈)が好き、と。

 居心地よさげな可愛い家で悩み騒ぎ漏らす生田斗真w 初回の1時間もあっという間でしたが、以降は30分ドラマで更に観やすそうですね。

「バイプレイヤーズ 名脇役の森の100日間」1~3 ☆☆☆

 メタですね~w
お馴染みテレ東人気シリーズ「バイプレイヤーズ」最新作、春公開の映画版と連動とあって名も腕もある名脇役がてんこ盛りです。これはこれで豪華……w

 富士山の裾野の巨大撮影所、その名もバイプレウッドでは数多のスタジオで常に撮影中。そこで起きた数々のハプニングを密着ドキュメンタリー番組に仕立て、当時を知る俳優さんが振り返りながらナレーションを吹き込み中というテイで紹介されていきます。
 1~3話のナレーションは松重豊。4話からは光石研に交代ですね。遠藤憲一は何故かフィリピンでホームレス生活w あれ、田口トモロヲ何してたっけ?

 1話の目玉はテレ東放送「チーム7」!
役所広司を主演に刑事7人の固い絆を見せるドラマの筈が、主演降板w ベテラン(勝村政信、渡辺いっけい、近藤芳正)と若者(柄本時生、志田未来、杉野遥亮)どちらをメインにするのかが現場に委ねられた末、泥沼の争いに1話ゲストの濱田岳も巻き込まれてさあ大変w
 ベテラン勢は高齢者アピールにとどんどん老け、若者は派手に?キャラが古いんですけど~w 誰がメインでどんなキャラか、本人のアイディアで決定って脚本家も演出家もプロデューサーも不在で謎ですw 主演を狙った濱田の演説で逆にチームがまとまりいい感じに?
 そしてテレ東ドラマ初、視聴率1位をゲットだぜー!
というのも、首相降板で各局緊急報道の中テレ東だけが予定通り放映したからw 恒例の速報画面がずらっと並ぶ中テレ東だけ別世界のアレですねえ。 

 2話は向井理主演の「大合併」!「銀行王に、俺はなる!」w
「半沢直樹」枠の面子をかけて、視聴率トップ奪回を狙います! それには新『決め台詞』だと、現場で会議w だから脚本家の立場は??

「俺は獅子の子だ!」の台詞を我が物にせんと自主練に励む向井くんでしたが、こういうものは狙うとダメよねえ。小沢仁志の『底っぷち』、大倉孝二の『申し訳訳ござございません!!』がバズって、向井くんが霞むことにw その後も狙えば狙うほど、津田寛治、六角精児と脇だけがバズる~w
 そんな中、つーいーにーバズったタグは #喋れ向井! もうほぼ放送事故なのに、バズりゃなんでもいいのか~! いいんだねw

 3話は医療もの「DoctorZ」シリーズ第5作☆
主演観月ありさを差し置いて、滝藤賢一演じる外科医が人気沸騰で番組はどんどん過激に!
元のドラマが好きだった、という投書に端を発して滝藤は突然の降板。世界の寺島しのぶが加わってセクハラパワハラのないドラマになった筈が、それはそれでコンプライアンスに反する演出があったりなかったりで滝藤も復帰。2派に分かれて非難しあう様子に観月ありさが泣き出して……??
「ワカコ酒」で覚えた森下能幸&「罪の声」で覚えた宇野祥平がこのチームでちょっと嬉しかったですねえ。しかしプロデューサやスポンサーにも直に言えるだろう観月ありさが、愚痴を投書していて笑いましたw 挙げ句コトが大きくなりすぎて怖くなるって新人かw 誰も怒らずに秒で許してくれるって天使かw

 というわけでツッコミどころしかなくて楽しんでいます(^^;;;)
西村さんはどんなドラマ出演でどんな面倒に巻き込まれるんでしょうねえ~。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ