ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「高嶺の花」4、5 ☆☆

えええ、より戻しちゃうの?抱かれちゃったの?

ついに結ばれた……というより「私が最初で最後の女」と、ももに喰われたプーさんw トントンと家族にも紹介されての結婚話。プーさんは養子にならず、ももは家元にはなりません、これで妹ななが家元候補になって丸く収まる……わけじゃないんですねえ。かえって、お家元の中で妹を鍛えて家元にする選択肢が全然ないってことが明らかになってしまっただけで(^^;;;)
自分の浮気&できちゃった婚が、お家元の策略と知って錯乱した元夫(いや、誘惑されても無視すりゃいいだけだったのに)は、お家元に重傷を負わせ逃走。父の入院で動揺するももは、亡き母が『家元を継ぐ子なのだから』と、自分の命を犠牲にしてまでももを産んだと知らされて、家元をもとい亡き母の遺志を継ぐ決心をしてしまうじゃないですか。おまけに『風呂場で転んだ』と世間体を優先したせいで元夫は逮捕もされず。やり直したい、とまたぞろ抱きしめられて……抱き返しちゃうのか、もも!

ここでまた、プーさん亡き母のウンチクが炸裂して気持ち悪いです。
朝から機嫌良すぎる女はろくなもんじゃないんですと。はあ。抱くの抱かれるのって、彼女いない歴年齢の自分の息子に聞かせるにはナマナマしくて、なんちゅーか。そして、糟糠の妻が妙にご機嫌なら、そりゃ隠し事でもあるかもしれませんが。付き合いたての彼氏の家に、朝ごはん作りにきた彼女が浮かれてるのはいいじゃないですかねえ。今回不幸にも的中の、要らない入れ知恵のせいでハイテンションのももちゃんに戸惑うプーさんなのでした。
二人して死んだ親に縛られすぎorz
浮気を全否定するプーさん、そこを好ましく思うもも。それだけで幸せになれるはずなのに

ところで龍一との恋に浮かれるなな、ぷーさんと龍一を並べて『勝った!』と思ったでしょうねw まさかの母と龍一が逢瀬を重ねていることに気づいていません。ニアミスで、プールに叩き落される戸田菜穂(^^;;;;) お笑い要員が似合わないだけに意表を突かれて笑ってしまいましたよ。ともあれ親子丼は続行のままお弟子さんを組織して、家元をななに継がせる裏工作が始まることになります。
龍一はどんな花を活けるのか?? ななの何気ない指摘、これ案外大きなことになるんじゃなのかな。華道で成り上がりたいというくせに、パフォーマンスのプロデュースばかりで自分で活けない男。その真意はいかに。

あ、自転車少年は高嶺の花を取ろうと転落、バンドウイルカに拾われましたw 

「dele」1、2 ☆☆☆☆

死後にデジタルデータを削除する。確かにそんな契約はこれから必要かも……。

『依頼人の死亡を確認、デジタル情報を削除する』
dele社を営む圭司(山田孝之)の元に、やってきた祐太郎(菅田将暉)はするすると懐に入り込み、片腕のように働くことになりました。送り込んだ弁護士の姉舞(麻生久美子)曰く『人を少し、優しい気持ちにできる』そんな男、祐太郎w

おかげで、ただ機械的に死亡を確認し削除、それだけだった圭司の仕事に、なぜ、どうしてと依頼人の人生を振り返る時間が入り込みます。

1話では、ゴシップ記者が命をかけた警察汚職の証拠を入手。
情報のため、スラスラと嘘を重ねる祐太郎にデジタル機器を駆使する圭司。対比が鮮やかです。そして自分はただのプログラマだ、という圭司。デジタルの扉を開けるためハッカーに必要なのは、社交性と機動力なんだとか。なるほど息子と仲良くなってパスワードになる愛称を仕入れてきたのは祐太郎でしたw そしてカード会社へのハッキングに、警察に侵入してハードディスク持ち出すって完全に犯罪(^^;;;;) いくら人殺しに追われたからって、窓から隣のビルに跳ぶ祐太郎も命知らずの無鉄砲ですが、追う刑事(般若)を通りすがりの無辜の障害者のていで足止めする圭司もけっこうなタマではw
経理の薫(江口のりこ)が無事、汚職を告発できて。
息子くんには祐太郎が無事、誕生日プレゼントを届けられての一件落着です。実はゴシップを捏造したゲスな証拠も山ほどあったそうですが消去消去(悪用する人なら、とんでもなく稼げる仕事ですねdele!)

2話では、勘当娘の生前葬を、両親に見せることに。
そもそも「弟です!」と嘘ついて入った部屋で依頼人詩織(コムアイ)が死んでいて。警察来る前に消えた祐太郎、怪しいわ指紋残してるわ、殺人事件だったら容疑者ですよ。おまけに遺書を持ち出して(^^;;;)
依頼していたデータの削除を『しないで』と書き残した絶筆。それを知っても、平然と消そうとする圭司。せめて確認しようと止める祐太郎。そもそも圭司ひとりだったら、そんな走り書き手に入らないのですが。
『彼女の人生を背負えるのか』
と問い詰める様子では、その実圭司の方がナイーブなのではと思いますよね。祐太郎と二人、友人として葬儀に参列する羽目になっても親御さんと喧嘩始めるのは圭司の方だったりw そして詩織が実は、大ファンのバンドの関係者と知ってころっと態度変わったりと案外、衝動的w
親が潰したと思っていた人生を、娘は仲間に囲まれて幸せに生きていたんです。それを最期に知らせたくなったのは、愛か。それとも復讐なのか……?


どうやら親と何かあったらしい圭司。でもそれを言ったら、今は陽気な祐太郎こそ驚きの大きな過去を抱えているんだそうで。
誰でも秘密がある。
それを消したり暴いたり、なにが最善かもっと答えがでない事件がやってくるのではと今からハラハラと次の回が楽しみです。

「ワンダーウォール」 ☆☆☆

京都発地域ドラマ。
とはいっても、観光客を呼ぶ京都らしさなどどこにもない、ヒリヒリと痛い青い物語でした。

ここに住みたい
と、寮で志望校を決めるなんてことがあるんですね。築100年を超えるオンボロもボロボロの近衛寮。もうどっからどう見ても京都大学の吉田寮ですw そして本家同様に、取り壊したい大学側と、補強で乗り切りたい学生側とが延々と折衝を続けているという図式。
自治を標榜し、なんでも話し合いで決める寮生たち。学校側とも延々と話し合い、良い返事をもらったと思えば撤回され、詰め寄れば責任者が倒れ。それでも、話し合いとは真摯に行われるものでその先には相互理解があると思っていた学生側はやはり無邪気だったのでしょう。時間も予算も有限なのですよ……。

学生の要望を受け取る、学生課。ある日そこに文字通り壁が築かれ、職員とのやりとりはガラスの壁越しに行われるように。そして、寮生の要望を受け流していたいつもの事務員さん(山村紅葉)ではなく、美女(成海璃子)が現れて応対します。すると言葉につまり、無言で立ち去る代表三船(中崎敏)動揺する生徒群の中、志村(岡山天音)だけが気づくのです。恋が始まった!……のではないことにw

廃寮の危機感に焦れ、寮の活動に不満爆発のマサラ(三村和敬)が1回生。記録係のキューピー(須藤蓮)が3回三船志村が4回? 学年が違ってもタメ口なので混乱します。しかしその、年齢や学年で上下を決めない『敬語禁止』が寮のモットーなんだとか。廃墟寸前の寮のボロボロ具合、その中でのやりたい放題には本当に驚かされます。き、汚い……。女生徒もいるとかマジか。私も寮暮らしはしましたが、さすがに個室に鍵はあったし、共有スペースにこたつも万年床もありませんでしたわ~。積んだままの本が旧字体、さすが築100年(^^;;;)いつからあるのw ゴキブリどころかネズミもいそうですよ。

でもそれぞれの理由で寮に惹かれ、集まってきている生徒たちはもちまえの小賢しさで自分たちの城を守りたいのです。
なのに代打の美女をきっかけに、『いつかラスボスと対決だと思っていたのに、最前列の小物が入れ替わるだけと気づいてしまった』という志村。その美女が、突然寮に現れたと思ったら、なんと三船姉だったそうですよ。美女の胸、でなく名札を見ていた志村だけは気づいてましたけど。そしてなんと卒業生。大学院まで行きながら、学問は諦めて派遣で事務員ですか……。そして裏事情を告げることには、寮の建替理由は安全などではなく跡地利用で。補助金を目当てに講義棟が建つことがほぼ決定、なんだそうですよ。結局金なのかー!
酔いつぶれたマサラは、寮を守れと誰かれ絞めあげては騒ぎ
『ここが無くなったら、行くところがない』
と泣くのですが……。金も力もない若造たちに、一体なにができるでしょう。
本の山が崩れて現れたのは、床の間と掛け軸。まさかのドレッド(若葉竜也)が慣れた手つきで茶をたてて、せめてもの一服です。全国から集まったか、京都弁など誰も話さない学生たちが見せた、京都らしさったらこの暁の茶事ぐらいだったでしょうか。

えええ、そのまま解決ゼロで終わっちゃいましたよ!
近衛寮はそれぞれの心の中に息づいて、9月には解体されて永遠にさようならですか。ラストシーンのごった煮楽団、三味線とトランペットとほうきとチリトリが合奏しカエルが合いの手を入れる楽しいイベントは一体なんだったのでしょうw いつもの地域発ドラマらしさはゼロでしたが、引き込まれて緊張感に息を飲みました。脚本は朝ドラ「カーネーション」の人だったとか、なるほど。
彼らのその後が見たいです。

「プロジェクトランウェイ16」10 ☆☆

なんと、クレアの優勝取り消しの上失格。

タンクトップやパンツの既製品採寸を参考にすること自体ではなく、メジャーを持ち出して作業場以外でそれをしたことが問題だそうです。作業時間が不公平、ナルホド。クレア失格で、一度は落ちたバタニーがカムバック。そして優勝は、スポンサーの意向でブランドンになりました。うへー、スポンサー的にはこんなグダグダ回でお怒りじゃないんでしょうか。話題になって御の字だったかな。製品になったTO GOカップ画像はこちらです

そして今回のチャレンジは、バラエティに富んだ女の子向けShopkins人形(頭にエビのせてるSushiキャラもいたりw)とそのファンをヒントに、革新的なデザインを。
小さな子がキャッキャ出てきて、「私デザインしてきた!」と紙を広げたり、キラキラで膝丈がいいと主張したりと賑やかでブランドンなどはたじたじ。特に彼のパートナーはチョコを貼るチョコを垂らすとチョコまみれを提案してきたそうなのですが、丸無視で白とペパーミントグリーンのドレスができましたね。途中構成に悩んでずいぶんケンタロウに相談していたようで、外野に「あれじゃ利用してるようなもの」と言われてましたが、さて。当人が苦じゃないなら、自分にもなにかヒントになるかもで、いいんじゃないのかな。 そうそう、子供登場はデザインがの時だけで、着るのはモデルです。途中でセットになる子供服を……と言い出すこともなくてホッとしましたよ。

ずっと可もなく不可もなくだったアヤナが、どピンクのパイナップルみたいな服で度肝を抜いてきました。そこにピンクサテンのふかふかリボンがどーん!可愛い~。髪もリボンに結ってあるのよ~(って、レディガガ以前にこれした時はボロクソけなしてたくせにジャッジめw)
でも優勝は、溶けたミラーボールをイメージしたマイケルのキラキラジャンプスーツでした(^^) クレア失格騒動の引き金をひいたマイケルが、次のチャレンジでは優勝って複雑な気分ですが実力を示せて良かったですよね。

せっかくクレアの代わりに戻ったバタニーでしたが、いいところなく今回で失格。いかにも得意そうなチャレンジ、私服みたいに作れば良かったのに?? そして先生エイミーも脱落。ケニアは辛うじて抜けましたけど、そろそろ危ないのかな……。

「警視庁ゼロ係(3)」2 ☆☆☆

おやおや、ちゃんと面白いじゃないですか!

犯人と目された精神科医、実相寺が逮捕されてからも続く連続殺人。
なんとこれが、模倣犯というか。
弁護団の一人が実は、被害者の恋人で。犯人実相寺に自らの手で復讐するため、誤認逮捕での釈放を狙って特徴を似せて殺人を実行。しかも被害者は、亡き恋人が実相寺に頼るきっかけとなったイジメの首謀者達という一石二鳥だったんですよ。
しかしその全てが実は実相寺の思惑通り。弁護士が関係者と気づいたからこそ非公開の情報を教えて模倣させ、最終的には自分がしてきた殺人もぜーんぶ弁護士氏がしたことになすりつける! ところがどっこい警視殿の的確な分析で、実相寺が連続殺人犯という絶対な証拠、被害者たちの小指が、実相寺家の墓からみつかったのでした(『小指』なのに妙に太い指が混ざってますよね。 そんなリアルやめてーw)

自分をおいて再婚しようとした母を、許せず殺した幼き日の実相寺。可愛かったのに……。
殺されたお母さんも、まさか愛息子が成長して嶋田久作になるとは もとい 母に似た女を蘇らせようと繭にする連続殺人鬼になってしまうとは思わなかったでしょう。無念なり。

安定のゼロ係は、担当の蛇探しをしながらも怪しい男に遭遇! ピンク君の長~い絶叫がガラスを割り、耳をおさえる容疑者を足止めし、逮捕!ついでにちゃんと蛇も捕まえるというくだりは脱力でナイスです。得意技、また使ってくださいね!! そうそう、部長の趣味の通販で買った忍者の煙玉もまさかの場面で使用w 無駄がありません。
毒舌院長(石坂浩二)も、2話にも出番がありました。わーい。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ