ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「桜の塔」1☆☆☆

「証拠は、私が捏造しました」
警察官が堂々と言いきるw

 警視庁版「白い巨塔」かねぇ、と見始めたものの親父てんこ盛りで誰が誰だかorz しかし、椎名桔平吉田鋼太郎光石研と、警視総監をめざす派閥争いの大事なところはちゃんとアクの強い面々。覚えにくい薄い人はサクッと失脚していきましたので、出てくる人全員覚える気で挑まなくても大丈夫そうです!

 主人公上條漣警視(玉木宏)は有能キャリア!
今回も得意のプロファイリングで、銀行立てこもり犯蒲生を見事に自白に追い込みました!

 と大手柄ですが、証拠品がちょっと妙。犯行は認めた犯人蒲生も、凶器は壊して捨てたと言うのになんで指紋付きの銃が見つかるのか……って、冒頭の捏造だからです!それどころか、銀行強盗のきっかけになった紹介金が要る大型取引ってのから、上條の作戦orz

 悪を潰すためならば、手段を問わぬ。それこそ市民の巻き添えすらやむなし、が信条の上條。ただ実直にお巡りさんを務めた挙句に自殺した父の轍は踏まないそうですよ。……これはきっと自殺は偽装で、きな臭い真実が暴かれて復讐って話になるのでは?? 今は味方の千堂警視監(椎名桔平)が絡んでたりすると尚腹黒くていいぞ?

 そんな上條漣の幼馴染、ノンキャリ水樹爽警部補に広末涼子。毒舌で、現場で嫌われている漣を心配してるのに邪魔扱い。警察官同士の設定とはいえあの体格差で、畳でもない場所で背負い投げってヒドいw ここ、ラブ来ます?

 通常の警察ものよりは、旦那が興味を示していますよ。見続けるかな?

「惑星スミスでネイキッドランチを」1☆☆

 困惑。
サトエリがSM女王様とだけ聞いてみましたが、何というか思ってたのと違う〜!

 場末のSMクラブ「グラナダ」の女王様シホ(佐藤江梨子)は、常連客(松崎建ん語)のいつもの『高校生プレイ』に飽き飽き。というか、元から生きる熱意がない。
 それでも、ヤクザの鉄砲玉になったそいつの為に「死ぬな」と命令するのですが。

 いやもう、高校生プレイってのが裸にマジックで線書いて『学生服』って雑いorz 
狙う組長も、同じ河原を毎日散歩。そしてとにかく弾が当たらない!いろんな組のヒットマン大勢で囲んで撃ちまくっても華麗に(?)避けるw  ギャグか、ギャグなのか?
 かと思えば、その客の生い立ちは悲惨でシリアス。たった1人優しくしてくれた中学同級生、大柄な女の子と同じ高校に行きたかった、一目会いたい……の思いがどこに行くって、シホ女王様整形バリバリで、その同級生なんですよ!
お互い、相手は気がついてないと思ってて。でも男は、シホの手取りが増えるように内緒で店に追加金を払ってて(ピンハネしない、いい店)
 男の死後にそれを知らされて
「私も好きだったよ」
と泣く女王様……! そんなの、こっちはどんな気持ちで見てたらいいの??

 今後はグラナダの他の客や女王様に焦点が次々あたる…のかな?

 アクが強い分、くせになりそうとも言えます。ファンブックも発売される由、カルト監督なのね。

「DIVE!」1☆☆

 日本水泳連盟全面協力?? 飛込競技のルール説明がしっかりあり、且つお笑いと絡めて馴染みやすくしていたの良かったです(かもめんたる、出番まだありますか?)
しかし一家団欒まで妙にお笑い志向なのは一体??

 飛込み競技を続けて6年目の知季(井上瑞稀)にとって、節制やプール通いは日常でも、本音は間食もしたいデートや遊びももっとしたい!
両親もオリンピック選手だった要一(高橋優斗)がストイックに自主練に励み「勝てない方が辛い」と言うのはもう別世界。
ところが突然現れた女コーチ(馬場ふみか)に
「本気でオリンピックを目指さない?」
と言われ……。

 うわーいきなりw

 原作小説もアニメも未履修、部活で関東大会や全日本を目指すくらいの話かと思っていたら、まさかのオリンピックで笑いました。

 さておき、伸び代たっぷりな素材が磨かれて、日本代表の座を競うまでになるんですね? ずっと真面目に頑張ってきたエース要一は、知季の急成長に焦るのか腐るのか。 あと、北の海でも飛沫(しぶき 作間龍斗)とやらが、先祖代々崖から飛び込んでいて、そのうち競技に参加するでしょう。


 合法ファンサ、どうしたって半裸もとい水着姿たっぷりですw  そして競泳で日本代表レベルなら肩幅や胸板、身長とそれらしき体格がどうしても必要ですが。飛び込みならギ ジャニーズ君でもギリ。イケる…のかも。
 飛込も練習して自分でこなしているそうで、頑張ってます!

 予想よりかなり楽しめたので(元々、飛込の観戦は好き)様子見。時期が違えば、リアル選手とかちょい出演してもらえたかもなのにね?
知季の父に野間口徹、年子の弟に前田旺志郎。

「コントが始まる」1☆☆☆

 売れない芸人にしては、基本がカンペキw  舞台でも良く通る声で滑舌良く、3人ともちゃんと演技できてるもんね。

 バイト先のファミレスに毎週来る、芸人トリオが気になる中浜里穂子(有村架純)
 トリオ名をやっと探し当て、ネット動画など探し、ストーカーまがいに応援することで人生なんとかやっていけていたのに。初めて見たライブでの告知は『解散』?

 でも実はもっと前にメンバーと知り合っていた里穂子は、謎のお姉さん→ファミレスの中浜さんとして認知され、彼らのネタにまで影響を与えていたのでした!(お笑いファンとしては、推しのネタに関係してたとか胸熱!)

 芸人側にも結成時からのドラマがあり、春斗(菅田将暉)と潤平(仲野太賀)は高校の文化祭でしたコントを教師に褒められてその気になって芸人に。ぷよぷよ全国大会優勝!からプロゲーマーになった瞬太(神木隆之介)も後に引退、売れてない「マクベス」に合流し……やっぱり売れないまま、各家親と約束した10年目の区切りが来てしまう訳ですよ。
 流石に菅田将暉と太賀の高校生はツッコミどころでしたがw  その後のぐだぐだ共同生活は、芸達者3人揃うともうずっとこれでいいやってぐらい見ていられますね!
ラーメン食って結成した「マクベス」の解散を、やっぱりラーメン食ってから言い出す春斗w  それを大笑いしながら指摘してたのに、段々と泣いていく潤平。見応えあるなあ、もう!
 その分、この人たち本当に売れない芸人では?感はゼロw  脚本がまた『水がメロンソーダになる』コントの元になった出来事はこれです!と手の内全部晒すので、出来過ぎで嘘くさいと敬遠する向きもいそうです。
(伏線回収!と喜ぶ意見も多々見ましたが。週も跨がず、2人で確認し合うのでは、伏線でなく種明かしでは?)

 なんにせよ見応えたっぷり。来週も見ます。

「ソロ活女子のすすめ」1☆☆

 「女子」いらなかったのにな。

 ひとり焼肉を楽しむ五月女 恵(江口のりこ)
40才の誕生日には、なんとリムジンをソロ予約! レンタルドレスでゴージャスに着飾り、東京の夜景を楽しむのでした!
 リムジンは音響設備もいいんだ。知らなかったわ。
 
 「孤独のグルメ」はただただ飯食って駄洒落思いつくだけで済むのに。女の1人飯はなぜこうも言い訳がましく、1人でいい1人だっていい、と繰り返さなきゃならんのかな。これじゃ「ワカコ酒」以下。

冒頭の、歓迎会を断る下りも要らないよね。逆に『今日は歓迎会行って、ソロ焼肉は明日でいいじゃん』と、口出したがる層にきっかけを与えるだけ。 「ハケンの品格」大前春子スピンオフにでもしておけば、各種言い訳をすっ飛ばしてできたのにね。

 と、がっくりきていた分、後半のリムジンは楽しめました。車にもシャンパンにも夜景にも興味ないのですが。スタイリスト付きでドレス選ぶのとレッドカーペットはしてみたい!
 いろんな知らない世界をちょい覗きする感じなら楽しめそうです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ