ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「決してマネしないでください」1、4 ☆☆

 嫌いじゃない、嫌いじゃないんだ!原作漫画も持っているんだ!
理系男子のズレっぷりは可愛い。モテそうにないのもよくわかる。しかし理系にも女子はいるぞー!

 ガチガチ理系へ理屈人間の主人公掛田君(小瀧望)は、彼女いない歴=年齢。というより、そもそも愛ってなんなのか?が未履修。食堂の飯島さん(馬場ふみか)が気になっても、彼女への距離と心拍数の相関を測り出すぐらいにピントがずれていますw
でも大丈夫、飯島さんはそんな理系男子を面白がってくれる人でしたよ。
てな訳で、いわゆるダメ男子あるある系のドラマ。次々と科学史の偉人が登場しては名言やその経歴で悩める若人に助言を…与えるんだかますます混乱するんだかw 音楽室のベートーベンみたいなカツラの人が行き交う画面はカオスです。

 もちろん掛田君の素顔はイケメンジャニーズ! オタクでメガネな小瀧君もかっこいい~とか言いながら笑ってみるのが本筋なのでしょうけど。悲しいかな私は、掛田君のダメなうんちくの方に興味があったりします。 そうかー、消火器の白い粉は肥料にも。 方程式の解がハートになる図は、女子高時代の数学クラスで流行ったなーとかw  広島の鳥居のうんちく、もっと聞きたいんですけど! もみじ饅頭で流された!
 そういえばこのブログを始めたのも、外で言えないツッコミを発散するためでしたっけ! 当時ツイッター無かったからねえ。

 4話「女性を褒めるなら、分かりにくいところを褒めると良い」と聞いた掛田君。
「それじゃ、飯島さんには褒めるところがないじゃないですか!」
と、答えたところだけをなんと本人に聞かれてしまって、大ピンチw  すったもんだの末、「だって可愛いし、性格もいいし!」まっすぐ褒める以外にどうしろと?と言ってるところをまた聞かれw   回り道ながら、2人の距離は縮まっているようでめでたいです。 飯島さんに着ぐるみを貸したゾンビちゃんGJ。

 そう、ゾンビちゃん=着ぐるみの中や戸棚の裏に隠れているのは理系女子なのです。 暴走しがちな男子に「付き合ってもいない男からのプレゼントは重い…」等と有用なアドバイスをくれる彼女の扱い、ドラマだとどうなるのかな。
あれ、もう見ないつもりだったのに続きが気になるよーorz 

 教授役で石黒賢、マキタスポーツ。 

「科捜研の女(19)」21 ☆☆☆

 let’s 非破壊検査!

 確かにずーっと続いている「科捜研の女」、いつの間にかシーズン19ですって?
お堅いはずの各種検査の場面でもBGMはポップ、ライトな感じはさながら特撮もの? 主人公マリコさま(沢口靖子)の美しさは変わらずでしたが、側に侍る若いのが随分知らない顔になってるぞっと。

 事件は副社長殺人事件、遺体が発見された部屋にはおもちゃのタイヤが。関与が疑われるおもちゃ修理所ドクターKこと久保井(西村まさ彦)の倉庫のぬいぐるみから、血のついた凶器も発見されます。特殊な形状のそれは、ジュエリー関係者が使うというヤスリ。被害者本城(尾崎右宗)と子供の親権でもめていた元妻(遊井亮子)はジュエリー店勤務で、現場のタイヤもその息子ハル君のトラックのものとくれば、もう犯人決定に思えますが、それじゃ時間がもたないよ…。
 更なる検査の結果、現場ジオラマで走っていたおもちゃの電車から指紋が見つかり、真犯人はハル母が務める宝飾店の店長(松木賢三)

以前ダイヤの鑑定で呼ばれた時に、電車の中に隠されていると知って今回それを盗みに入りましたとさ。それでも、持って逃げて家で開ければいいのに。現場でネジと格闘していて見咎められて刺し殺すっていうorz  『おもちゃのネジは、外れて事故が起きないように特殊』というドクターKの教えがこんなところで伏線になりました~。

 てな訳で、お目当て西村さんは本来遺体の第一発見者。てっきりハル母が犯人と思い込み、亡き孫娘と同じ名前のハル君を、亡き愛娘と同様にシングルで育てている彼女を守ろうとするも空振りだったのでした。
「ドクターKは、失敗しないので!」
とおもちゃ修理を引き受けていたKさんなのにこれは大失敗。そして直せずにいた孫の遺品のうさぎちゃん。凶器探しの非破壊検査ついでにマリコのタメ口部下呂太(渡部秀)が勝手に修理したところ、なんと
「おじいちゃん、遊ぼう」
と、孫のハルちゃんの声がするんですよ…orz  懐かないまま亡くなって、本当に一緒に遊べたことはなかったのに。もういないのに。胸を詰まらせるドクターKの演技もあいまって、泣いてしまいましたよ。でもなんであんな河川敷で渡してるんでしょうw

 そもそも、真犯人が盗んでまでダイヤが欲しかった理由が
『客から修理で預かった品をなくしたので、代わりを作るため』
おいおいおい、なくした? 金庫入れたの?タクシーにでも置き忘れたの?どう探したの? 店長が逮捕されて、その件の責任はどうなっちゃうの? そっちで何が起きたのかが気になりすぎでしょう(^^;;;;;;)  なんで単に金に困ってじゃないのさ。
 そのダイヤ列車も物陰から見ていた、家政婦ならぬハル君の従兄弟君…。

 そしてドクターK活躍の次の番組は「ドクターX」! 笑うじゃないのw
総合的に楽しめましたが、色々気が散る1時間でした~


「抱かれたい12人の女たち」7 岡本玲 ☆☆

 まさかの熱唱w

 今回やってきたのは、目の周り真っ黒赤髪革ジャンのパンクロッカーの女(岡本玲)!
やってられない、と不貞腐れているその心は。事務所にふわっとした恋の歌をごり押しされて路線変更しないならクビ! しかし「見てこれ」と歌詞を渡されたマスター、ギターかき鳴らし即興で歌い出しましたw  

♪数えきれない♪ 写真と履歴 How to 消去♪

うわー耳に残る~。そ、そうか山本耕史ってバンドもするんでした。なんの衒いもなくコンサートみたいに、はい僕の後について歌って♪とコール&レスポンスまでw  自然と距離も近づいて、パンクにカウンターに座り込んで喫煙の彼女から不意打ちキスもあり(><)楽しかったですけど。パンクメイクで見た目のインパクトを狙ったんだろう岡本玲、マスターがまんまと歌ってくれなかったら、自分で歌う覚悟はありましたかw  それとも、相手の得意技に寄せてご機嫌にさせる作戦だったなら大した策士です!

 で、事務所が準備した可愛げニットを、不満顔で鞄から出して見せてくる彼女。
今のままの自分を、その悩みごと歌にすればと勧めるマスターに「でも変わらなきゃ」と。はいお着替え~元アイドルの制服姿と一緒よね。 しかもメイクも普通に直してご登場、待たされてたマスターからツッコミと、めっちゃ可愛いじゃんと心の声入りましたw  そこからは、もうマスターお得意ポエム責め、BGMにギター掻き鳴らすだけでなく、なんと生まれ変わった気持ちで云々を綺麗なメロディで歌い上げられてw 仕上げにカクテル差し出されたら、もうね。
「今日、私のこと、抱いてくれませんか」
はい、言えた~w

 いやあ名曲いっぱい誕生。途中、2人でデビューしましょうとマスターが言い出して「そうくる?」と岡本玲が笑っちゃってるの、こっちも一緒に笑っちゃいましたよ。岡本玲がんばりました。

来週は三浦理恵子。こういうベテランは変装も仕込みもなしに直球豪腕勝負かな? いやあ楽しみですw


「俺の話は長い」~5 ☆☆☆

 いや本当に長いよ、満(生田斗真)の御託w
同居を始めて喧嘩が絶えない姉綾子(小池栄子)や、仲裁する母房枝(原田美枝子)が顎が痛むのは、喋る時間が激増したから疑惑、さもありなんです。

 父の月命日の外食でもやっぱり口喧嘩。墓参り経費のちょろまかし非難に始まって、じゃあ墓参りに来い、見舞いに来なかったくせにともう延々と喧嘩なんですよ。せっかくのお父さんが好きだった料理が不味くなるじゃんかーと、げんなり(言い争い場面苦手です)見ていたらまさかの姉が泣き始め、流れるように喧嘩からしみじみ思い出話に転がり込んでいくのです。脚本もすごければ、その期待にがっつり応えている役者さんたちもすごいです。

 険悪ムードが突然終わるのは、美人オーナーとの会話もそうですね。
犬の散歩バイトを頼んでいたオーナーさん(倉科カナ)、帰国して冷蔵庫が空っぽだと満に頼んだ買い物が大量だわ場所も離れてるわ、お駄賃程度でさせる範疇を超えすぎw 後から「一緒に食べるつもりで」と言われたって知りませんがな。まして、満の言葉尻を捉えて「じゃあバイト代要らないの?」ってバカにしてんのかと。もう満は不機嫌丸出し、それでも議論大好きで黙りこまないから会話続いてるだけなので、ホント無理もう帰るってところで
「誕生日なの!」
と言われちゃったら、そ、それは無敵でずるい…。一方の家族は届かない牡蠣と満を待ちぼうけ、牡蠣鍋が冷凍鶏肉鍋になっちゃて食べ物の恨みは怖いのでしたw

 リクルートに来た、元バックパッカー現在社員で結婚も控えてます!な青年(間宮祥太朗)の説伏も見事でしたー! 彼の幸せアピールを、中退が無駄、具体性がない、周囲と比べて不安になっただけ、と論破してしまう満w  そのくせ涙目の彼が
「僕、会社を辞めます!」
と言い出すと冗談だよーと誤魔化すんですよw  満の反論って、議論のための議論。ムカッとしたらやり返すだけで、自分の現在が正しくて皆にもそうしろと布教するつもりなんてないんですから。

 無職にも才能がいる。都内に実家がある才能、寂しい母の相手という大義名分もあり働かなくても暮らせる才能w 物は言い様ですよねえ。
 そんな合間にも、姪っ子(清原果耶)は志望校と恋に悩み。相談されない母綾子も悩み。仕事に疲れた夫(安田顕)も悩み。それでも義理の父娘はやっと並んで買い物に行けるようになり。姉と弟は並んで爪を切り/銀杏の殻を割って、思い出話に花を咲かせるのです。
 「フォレスト・ガンプ」は中学生のデートには向かないよねw 長いしベッドシーンあるし~(逆にまだ分からないのかなw)
志望校を誰かのために決めてはダメって、母綾子が説く人生の可能性云々の正論よりも、満の実話「相手が落ちた」が一番効きますねw
 そんなこんな、小ネタてんこ盛りでキリがないです。

 お目当の牧本さん(西村まさ彦)は、房枝の脚立を抑える仲(「阿修羅のごとく」を思い出してしまいました…。脚立のふくらはぎに欲情して押し倒すアレw)
房枝と同じスポーツ吹き矢に入門し、お仲間(長谷川初範)が店に来れば常連です特別ですと真っ向から喧嘩を売り、肝心の房枝には笑顔でいなされてしまうという不憫~。結構本気そうなのに、満くん、再婚を家庭内の冗談にはしないであげて~。

「死役所」~5 ☆

 う~ん、ゴン狐的に もやもやする orz

 どの死も理不尽。みんな死にたくないですよ。
でも中学生のひよひよデートが、いや正確には引越し前に一度だけと頼んだデートもどきが、トラックの下敷きで終わるだなんて悲劇を、なんで私たち見せられているんでしょう。そこになんの教訓も、希望も発見もなく、ただ死にたくなかった若い女の子(豊嶋花)の涙を見ているだけ。
 自分の、一気飲みで急性アル中もみっともないけどまだマシかと、1話からふらふらしてたミチル(黒島結菜)が成仏しましたけどね。まだまだあるはずだった時間と、遺された家族を想うとどっちもやりきれないよ。

 5話、ハヤシ(清原翔)が死刑になったのはなんと妻子と浮気相手の撲殺。
でも奥さん(岡野真也)酷すぎるでしょ。一歳になる愛娘がそいつの子な上に、もう夫の存在が『気持ち悪い』orz  えーっ彼が母親と義父(はやシ祖父)の不義の子なのは全く彼の落ち度ではないし。それでも知ってしまって生理的に無理、になったとして。何故生まれる前に別れない~。生まれて1年も育てさせる~。
過去にも、彼女をいじめてた女を無言で3階から突き落とすという、激昂するとやらかすタチを知りながら、何故人目のあるファミレス等でなく自室で別れ話をしてしまう~。
 3人揃って死役所の他殺課に現れて、『浮気を打ち明けたら、夫が』と書類に書いたんでしょうねえ。誰かに「そりゃあんたが悪い」とツッコまれる方を、むしろ見て溜飲を下げたかったですよ。 

 その全てを、淡々と受け止めるシ村(松岡昌宏)
彼も幼い娘を手にかけた罪で死刑になっていますが、なんと冤罪ですってよ? 手を血に染めて、娘さんの遺体に立ちすくす生前のシ村…そんな映像が繰り返されて、どうして冤罪になってしまったのか真犯人は誰なのか、気になりつつもどうせ胸糞悪い話な予感orz


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ