ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「今からあなたを脅迫します」1 ☆☆

回りくどい脅迫ごっこより、武井咲のお腹ばかりが気になります。

「こいつを殺す」
と、椅子に縛られた男に銃をつきつける脅迫映像。そんなとんでもない郵便物を受け取った澪は、指定の番号に電話をしますが話はトンチンカン。なにしろそれは先住者にあてた郵便で、引っ越してきたばかりの澪は、殺されそうな佐藤さんも預かったという金とも、無関係なのですから。
それでもなぜか金額を聞きたがる澪は、なんと、払う、と軽~く言い放つのでした。

腐る程現金を部屋に溜めてる女子大生。はいはい。
訳ありで送られてくる、自分のためには使いたくないお金。そんなの寄付か捨てるか好きにすればいいですけど、安アパートに何億円もただ置いて、他人がいるのに隣室からちょっと100万円出してくるのはダメってばー!今回その他人が、脅迫映像の血まみれもメイクで済ませるソフトな脅迫屋(ディーンフジオカ)だったから見て見ぬ振りで済んだんですけどね……。世の中、もっとはした金で殺された人はたくさんいるし、現金があるならまず殺してから家探しをする人種だっているのに。

そんなわけで、可哀想な被害者の方が悪人とわかる謎解きはほぼどうでも良くて。
世間知らずの金持ち女子大生が、脅迫屋の仲間にさせられるまでを描いた第1話でした。奇抜な設定に回りくどい会話、非常事態に鈍感な訳ありヒロイン。ラノベくさーいw その分展開ものろくてイライラしましたよ。考え事をすると『おはぎを大量に作ってしまう癖』ですってw 材料買わなかったら済むだけなのに、癖w

でもまあディーンフジオカの決め台詞はお似合いです。これから大きくなる武井咲のお腹をどう撮るのか、撮らないのかも多分気になりつつ……見るのかなあ。

「先に生まれただけの僕」1 ☆☆

「聞きたくなかった!そんな怖い話!」
ええええ、せっかく校長が親身に進路相談してくれて、感激でお礼を言う流れかと思ったのにw BGMも感動的だったのにw 初回からそううまくはいきませんねえ。

突然、校長先生になった商社マンの物語。
民間校長の公募でもなく、単に系列企業から『赤字を減らせ』と派遣された主人公鳴海涼介(櫻井翔) 教職課程を履修はしてたものの教育への熱意もなく、現場の慣例も知らず、いいのは容姿と朝礼が短いことぐらいかと。

増収のためには受験者増、塾や学校に頼みに行こう!
……うんまあ、そうなんだけどさ。
偏差値は低い、系列大学はなく進学の保証もない。じゃあ偏差値上げるために成績いい生徒に来て欲しいって、来るかー! 優秀なら3年間授業料免除にと餌でつるとか、一般受験前に推薦で沢山入れて合格枠を減らして偏差値を高くみせかけるとか、門外漢の私ですら耳にする手段がいろいろあるのにね。

会議に遅れるのが許せない!と憤る新米鳴海校長。
……そうねえ、そうなんだけどね。
会社組織と違って、学校は先生同士に上下はあまりないでしょうからねえ……。それに先生方は忙しすぎ。会社員なら有給で休めても、教師って授業に穴があくから休めないのだし。会社員のように働かせたいなら、もっと人数を増やして交代できる体制にするべきですよね。 ちょうど「コウノドリ」と続けてみたので、総合病院でなら医者は医療を、看護は看護師が担当して、支払いをローンにしたり補助金を受ける説明はまた担当が別に居るみたいに、学校でも分担していけたらいいんでしょうけれど……。

特に『奨学金が借金である』ことの伝えかたは、大事だけれど学校ではなあなあになっていそうですよね。
父親がくも膜下出血で倒れ、進学が危ういと荒れる生徒に自身も中学時代に父を亡くした体験を語る鳴海校長。奨学金で進学したけれど就職後毎月大変だった、奨学金を返す苦労をあらかじめ教えられた記憶がないそうですよ。在学中から確実な就職を意識して専攻を選び、最短で卒業し、できるだけ高給の会社に勤める覚悟をもって……と畳み掛けたら冒頭の、聞きたくなかった~になって走って逃げられちゃいました。お父さんが倒れられたばかりで不安とはいえ、高校生ってそんなに子供だったかな(^^;;;;)

先生方に蒼井優、瀬戸康史、木南晴夏、森川葵、荒川良々、井川遥、と美人多い……もとい曲者ぞろいw

「オトナ高校」1 ☆☆

童貞、処女は高校生活やり直し!
……って、高校生に性交渉しろと言っているようなものでなんだかなー。とはいえ、作中の指摘はかなり一理あります。

どうせおバカドラマ、見かけない俳優がやたら脱ぐのかと思っていたら、三浦春馬に黒木メイサ、高橋克実と普通に連ドラ級俳優じゃないですか。枠も1時間。 誘い方、接し方のどこがダメで何が間違っているのか、自分の勝手なイメージを相手に重ねるな等々、身に覚えがあったら反省すべき駄目出し満載です。外見が三浦春馬であってすら玉砕。じゃあ具体的にどうしたらいいのかは次回からかと思うとワクワクしませんか。
以前から冗談で『少子化対策ドラマ』の分類してましたけど、これは本気でそうかもw

『余計なお世話』になる心配は、そもそもアンケート(どこのw)で童貞/処女と答えた者の中から更に、それでも性交渉結婚子育てを熱望している者を選んだそうなので。同性愛者無性愛者が子作りを強要されるわけではないですよ。

主人公荒川英人(三浦春馬)は東大卒のイケメンエリート銀行員。
仕事も順風満帆、大きなプロジェクトをまかせてもらえそう……という夜、突如現れた怪しい男に『オトナ高校』への入学を勧告されます。第二義務教育法案設立に伴い、30歳以上の童貞処女の中から第1期入学生として選ばれたので、期日までに童貞だったら週3日は強制的に高校に通い性交渉について学んでもらう、と。
もちろん風俗経験はノーカウント!

慌てて手近な女性を誘う英人、下心のばれない昼デートから、部屋に誘おうと人気映画のDVDも準備! なのに話すことは仕事と自慢、映画も見ちゃったと言われてがっくり(面白かった?とか、一緒に見ようと思ってたのに!とか、広げようよ、黙るなよw) その後も順調に盛り下がり、呆れて帰る彼女を呼び止めて言うことにゃ「ヤラせてください!」ってw 最低w

見事入学することになり、思いがけない顔見知りには出会うわ、チェリーのエリート=チェリートくんなんてあだ名もつけられてプライドはズタボロ。それでも授業のお見合いパーティでは、選ばれる自信満々で態度悪い悪い。こんな輩が、きちんと心を入れ替えて男女交際できるのかー?


結構前のめりで視聴の1時間でした。
もちろん文句もあって、教師陣の描きかたはどうかと思います……。百戦錬磨のモテ男!って、誰とも長続きしてないのではw でも5人の子持ち、とフォロー。ふーん。 もう一人は低学歴低収入でハゲ、でも妻が美人! それだけで勝ち組認定かw 美人の基準ってw と半笑いで見ていたら後半で
「8人の愛人がいます」
って、それは奥さんへの裏切りじゃん。トロフィーワイフがいてこその自分じゃないのかよ。

あとね、童貞処女って別に可笑しくも恥ずかしくもないでしょう。

男同士で見栄を張るのはご自由にですが、そういう話題だと必ず出てくるクスクス笑う女子。ああいう妄想を垂れ流してはいかんと思うのですよ。女性からしたら、人数や風俗体験を誇られるぐらいなら童貞であって欲しかったりしませんか。ご縁がなくて未経験と言える正直さもまた魅力だったり。

「ブラックリベンジ」2 ☆☆

幼稚園児がステージ真似て踊る曲がSPEEDでなんか衝撃w

次のターゲットは清純派女優サユミ(芹那)です
今は亡き旦那を嵌めた時には無名だったのに、5年経った現在は超売れっ子! イケメン社長と結婚も決まった幸せの絶頂に、叩き潰さんと狙うヒロインはまずマネージャーに近づきます。幼馴染でデビューからの7年もずっと二人三脚で頑張ってきたというジャーマネは、ひっつめ髪でおでこが目立ちがちな地味子ちゃん。回想の子役も、どっちが未来の女優でどっちが未来のマネかすぐ分かる残酷な配役で泣けましたわ……。

今回も有能なのはバーテンさんです。
実は遊んでますよと長ーい元彼リストをくれた上、結婚相手には事務所移籍の入れ知恵まで!これで仕掛けは8割できあがってますよねw
沙織がしたのはSNS裏アカウントの発見と、無断の電撃移籍でショックを受けるジャーマネさんの説得ですが
「あなたは引き立て役」
はまだしも「ブス」とまで言うかー(美貌の沙織に言われると、第三者のこちらまで辛いw)すねられたら、裏垢のパスワードを教えてもらえませんよ!

そんなこんなで式当日、おしゃれなパーティでおしゃれに流れ始めたお祝いコメントはなんと!
星流社製作元彼オンパレードコメントだけでもちょっとまずいのに、そこにいちいち裏垢から取り出した全裸半裸の際どい写真がご披露されちゃうんですよ~。うわー。
見ないで、撮らないでと騒ぐ新婦ですがそりゃ無理ですw 見られて困るカップル自撮りなんて撮らなきゃいいのに……。
挙句招待客の女友達に「お前らだろ!」と凄み、マネージャーがやったと知るや掴み合い、それを見て高笑う沙織は今回も怖かったです。バーテンさんも、自分でお膳立てしたくせに横でドン引き。次回の取材ネタを渡すのをためらうかもしれませんw

そして怪しいカウンセラー砂羽。
旦那のカウンセリングもしていたんですね。沙織の復讐を煽ったように、旦那の自殺もそそのかしたのでしょうか。そして「秘密」とは?

「コウノドリ(2)」1 ☆☆☆☆

「僕も手伝うよ!」
で、いいこと言ったつもりの新米パパに喝! 育児は母親がすることってスタンスじゃダメなんだよ。二人の子なのに。

命を描いてクオリティ盤石なシリーズの第二作。
冒頭、鴻鳥サクラ先生(綾野剛)は何故か離島に居て、離島の医療事情を描いたかと思ったら緊急ヘリ搬送、帝王切開と、矢継ぎ早に産声が響きます。メイン舞台のペルソナ総合医療センターでも、心臓に障害をもって生まれた子に不安を抱く母親や、両親が聴覚障害の場合の出産&育児と、もう畳み掛けるように大変な出産ばかり(^^;;;;)

ドラマだし、そもそもハイリスク出産をを引き受ける大病院での出来事なので緊迫した場面も多く、こんなの見たら若い女の子は妊娠が怖くなっちゃわないか心配にもなりますが、ドラマを想定して初産に挑んだら拍子抜けってこともあるのかもw 
とにかく妊婦さんに優しくなれそうですよね。 


松岡茉優、坂口健太郎とシリーズ1の研修医が育って戦力になっているペルソナ医療センター。今は産科医になる気のないKYおぼっちゃま研修医がきましたが、終盤までには感化されて産科医を目指すようになるのかな。


どの赤ちゃんもみな愛しくて、赤ちゃん映るたびに可愛いねー小さいねー泣いてるねーと口にでちゃう。そしてどの先生も母子ともに健やかでいられるように頑張ってる。


そんなわけで産科医で覆面ピアニストとか施設育ちとかいうサクラ先生の設定は、前作で母も判明したわけでもう必要……ないんじゃ……。それとも今回は父が判明かな。母がピアニストだったし父は医者だったりしたらそのまますぎw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ