ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「2020年1月前半のインパルス」

 インパルス関係では今年初の書き込みです、ことよろ!
帰省ついでに浦和駅に寄りましたが、自由行動の時間もなくw  花見本舗で白露宝買ったついでに、恵比寿屋喫茶店だけ見てきました~。次はもっといろいろ行きたいぞ! 「フットンダ」もまだ途中ですが、とりあえず書いたところまでアップ。
板さんはいい生年月日で今年の運勢もバッチリみたいですよ。よきかな。

「いたくろむらせのオンとオフ」1時間sp
 埼玉の日本一をめぐりましょう企画。
へー、日本一大きいショッピングモールって埼玉にあるんだ。結局日本一の広報さんに三芳町まで会いに行くも不在で、ラグビー好きの町長さんにいきなりパスを投げられw 大使に勧誘されw その後、日本一の万華鏡博物館のため川口に向かうものの板さんは行方不明に。
 ハワイで出会った万華鏡が人生を変えた、という穏やかな館長さんに教えられながら万華鏡を作成するさえぴぃとかずぷぅ。そこに今日の思い出を入れるはずが、デザインとの調和や向き不向き、大小がありましてー。あまり使えなかったかしらというところに、随分遅れて板さん登場!別行動でわざわざ、かの名物町長さんの顔を写してきたんですって。その素材で作り直すぞ!と、説明もなくかずぷぅの万華鏡を開けて怒られたりしながら。町長の笑顔満載の万華鏡が出来上がりましたとさ!
 プリクラ撮影も面白かったです~。

「サン=ジェルマン伯爵は知っている」
 伯爵(CV古坂大魔王)仕切りで、舞台やイベントを宣伝する番組。 
 新年初ゲストに板倉さん。 黒ボトムから覗く足首、グレー系のボーダーグラデーションニット。可愛いけど彩度が低いw

 女子アナと同窓生だそうで、まずは高校が田舎だった話からw  今年の抱負は、ドローンの免許取得だそうですよ。免許制度あるんだ!そこに現れた、未来から来た(顔まで着ぐるみの)天使オッティモちゃん??この格好で原宿で占いを?(立ち止まると法に触れるそうですよw)CG伯爵&着ぐるみってなんだよと呟く板倉さん
「もう、どうするこれ」w
で、皆の運勢に順位をつけて発表。1位とビリが獨協埼玉対決にw さて板さんはどっち…<ここで舞台情報w>って、1位の方だったよ!今年はいい運勢なのね~。それも「幻の生物イナズーマ」何か賞をとる、ネットニュースを騒がせることをする、結婚は2022年ですとキッパリw  もう芸名をイナズーマにすると決めた板さんです。
最後にまた別の占いがあり、「イナズーマ」としての運勢を占ってもらう板さん。お天気キャスターになって、ドローン天気予報をしたらいいそうです。新しいw

「いたくろむらせのオンとオフ」#22
 新年一発目、また東京です。テーマ折り紙が見つからず、コーン蹴ってみたりと周囲を荒らす板さんw  交流のためのシステムですけど、逆に持っていないと会話終わりで、今回も最初に声をかけた人に番組名さえ言わずに終わってるところ、どうにかしようよー。
 で、公式で募集したテーマ
「陰キャがいけないスポット巡り」

に来た30通を越す大量(?)応募の中から、さえぴぃの希望をとって(応募の意味なしw)占いに行ってみるぞ! 案外板さんも興味津々。 渋谷のパパ、タロットと各種オススメの中から「ラスト陰陽師」に突撃です!
 陰陽師だった祖父を継いだという「ラスト陰陽師」を訪ねる先は…マンションなんだw 生年月日、時間と誕生地を元に何やら統計で答えを求めるらしい陰陽道の運勢。初占いのさえぴぃには、黒髪と、三角おでこの髪型と、なんと女優業がオススメなんだとか!それも人生のターニングポイント「2」が大事だと22歳の間に手をつけろと。  アパレルとの両天秤はせっかくの運気がもったいないそうですが、さて。

 どっちもやりたいさえぴぃに、「女優と服、どっち」と何度も答えを迫る板さんw  先生に突っ込んで質問してみたり積極的でしたね!

 でも自分の運勢は、きっと呪われている…なんて言ってたら「いい生年月日」ですって!
そもそも8割は良くないらしいのにw 強運? なんと黒澤明にクドカン、三谷幸喜まで連なるという映画監督向けの相らしいのですよ。 俳優なら名脇役。脚本は書かないほうがいいって、小説家なのに(^^;;;;)  個人作業が向いてると思ってるんですが、と相談までしちゃう板さんなのですが、その全てが『深夜生まれ』という記憶が頼り。親御さんへの問い合わせに途中で返信が入って…… なーんだ、午後8時生まれ!
 主演村瀬紗英で、板倉監督ハリウッドデビューの夢が潰えましたw

 黒沢さんは「桃花人」美人の相で、短い茶髪でおでこ出すと最強!なんだとか。 なのに、今すぐする!とは言わないのねw 「痩せて茶髪にしたら、めちゃ可愛くなる」とさえぴぃが力強く進めても「今がそうじゃないってこと?」と混ぜ返すのは何w 自己肯定感が高いのか、低すぎるのかw

 そんなのも全部、そうなのかー、合ってるのかなーと、ワクワク楽しく体験してきたという板さんがキュートでした(^^) この機会に相方のこと仕込むどころか、自分の誕生時間ぐらいチェックしておくように言ってない番組スタッフのゆるさ、さすがですw

「くりぃむナンチャラ」(1/12)

<サイコロ選手権、後半戦>

出た目の秒数でお絵かき!ラーメンマンをw 無理だよねと思ったら、たった4秒で上田が案外描けていましたよ!でも

「負けです!」

謎ルールw

続く浜口京子が、上田が書かなかったリボン部分だけ描いたら

「勝ちです!」

ラーメンマンの本体、そこだったのかw

板さんは5秒でくまモン。色がなくて負けw  無理w

後半は植田まさしの「コボちゃん」に出た目の数コマを付け加え。コボちゃん4コマ音読のキャラ分けに萌えw しかし死にネタで、朝刊から縁起でもないとウケてませんw   審査員嬢向けに書き直した最後の一コマは…ラーメンマンのリボン!

「負けです!」 

お題、ちょっといい話の板さんは「失格」w
完全に時間が足らずエピソード選択間違えでしたね。しかし板さんたら、分譲マンションのお隣さんとしっかりご近所づきあい。おもちゃなどをあげて果物をお返しにもらう暮らしにほのぼのですよ〜。その赤ちゃんだった子が敬語を使うようになったという板さんの感慨深さもあり、あのTwitterの桃や梨はそういうことだったのか〜とファンもしみじみ。

「病室で念仏を唱えないでください」1 ☆☆

 え、コメディじゃないんだ(^^;;;;)

 ムロツヨシと伊藤英明が並んだ番宣のチラ見が楽しげ、始まればBGMも明るくて、もうすっかり笑うつもりでいたので気持ちが追いつきませんよ。そして旦那はずっと、なんで寺が舞台の坊さんものじゃないんだ、ドラマに医者が多すぎると繰り返していますw 確かにねー。でも死ぬか生きるか瀬戸際の非日常感で、救急救命にかなう場所はないからねー。

 そんなわけで、舞台はあおば台病院、救急救命センター。
今日も無謀横断の自転車を避けた自動車が、歩行者をはね何人も急患が運び込まれますが、医院としてはいつものこと。しかし他と違うのは、ここには病院付きの坊主松本(伊藤英明)がいて、しかも医者。修行のように連勤、ICUで読経し患者を泣かせるわ怪奇現象と噂になるわ、いろいろ常識はずれな松本の行動に、同僚の三宅(中谷美紀)はダメ出しを続けるのですが。

 小学生時代は泳げなくて、目の前で友達が溺死した、と語る松本。あの場合は、泳げてたって助けられないよ。君が悪いんじゃないよ。でもそれで水泳を始めて中学全国大会で優勝しw 医者になり坊さんになったという、わかりやすいけど凄すぎるスーパーマンが主人公ですorz 
 常に全力。体の大きさもあって暑苦しいことこの上なしw でもあの大きさ故の頼れる感はありです。態度が悪く暴れる患者めがけて読経始めても、威圧できるし。

 母不倫中の事故が、結局勘違いで良かったです。しかしケースワーカーと共に、引き取り希望を伝えてきた実母と話し合いに行くところだった。そもそも養子とも知らされていなかった上に、母を亡くそうとしている中学生には何から何まで青天の霹靂ですけども。可哀想がって何も知らせず遠ざけるより納得のいく決断をさせようとする松本、悪くはないと思います。ただ、個人の資質によってはうけとめきれないからねー。今回に限っては良し、という三宅の評はもっともです。

 ムロツヨシは、そのあおば台病院に新しく来た脳外科医濱田。TV密着取材を受けるほどの有名人なのに気さく~とナース受けは抜群ですが、腹黒感。どうやら個人的に松本への恨みを晴らしに来た模様。でもその恨みって、路上の病人に対応しようとしたら同じく駆けつけた松本に弾き飛ばされ、叱責された、程度よ? ほらまた同じシチェーションになっても松本は覚えてないw  松本のデカさと濱田の器の小ささが産んだもつれが、この先どうなるのか?
 そこはどうでもいいや。

 仏教関係者が、松本の唱えるお経と僧衣と数珠と監修とetcとにかく全部バラバラだとネットで書いてて笑いました。宗派を特定しない気遣いなのか、それっぽくを優先でそうなっちゃったのか??

「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」1 ☆

 共感性羞恥の強い人には地獄かもw

 ドラマの現場にエキストラがいる。
私も参加したことあるので、思い出しちゃいました。どのくらい映ってるかなーと放送を見るのが楽しみよね!でも所詮お客さんですから、撮影時にはお邪魔にならない様におとなしく、ひたすら邪魔しない様に小さくなっているものです。
ところがこの主人公(間宮祥太朗)ときたらいっぱしのプロ気分?

 専門用語でスケジュール進行は気にする、衣装にと和服は持ち込む、自分の演技プランを勝手に立てるw どうでもいいのにw
ドラマの登場人物たちが演技している背景で、妙に目立つ通行人。それどころか、喫茶店の店内で喧嘩の演技中も、奥からどんどん近づいてくる客がいるーw やめて、こっちこないでw しかも、冒頭でここだけ見せられた時は笑えましたけど、後にこの後の場面も続けて見ているとどうやら本人でなく「余計なことをさせるな」と、ADさんが叱られるんですよ。マジやめてあげてorz

 役作りしたり演技に魂込めたいのなら、エキストラじゃなくまずは端役でも役者になるべきでは。それとも、事務所にも登録した上での、プロエキストラ崩れなの? コントで見せられるならまだ笑えるけれど、あの迷惑さで本人は「ここに俺がいることを認めて」と本気&必死だと辛いです。実家からも呼ばれてて。


「コタキ兄弟と四苦八苦」1 ☆☆☆☆

 警察呼ぼう!診断書もらおう! 傷害事件にすれば、離婚届偽造しなくても離婚できるよー慰謝料もらおうよ!

 ちゃらんぽらんが過ぎる弟コタキ二路(滝藤賢一)と、真面目すぎて面倒くさい兄コタキ一路(古舘寛治)
二路の勘当以来8年ぶりに顔を合わせたコタキ兄弟は、現在仲良く無職。通りすがりの怪我人ムラタ(宮藤官九郎)の代役を頼まれて、なし崩しにレンタルおじさんになるのでした。

 しかし待ち合わせた女性(市川実日子)は、まさかの血まみれ。
「これにサインを」と渡されたのが、更にまさかの離婚届で、一路の心の警戒警報は鳴り止みません(^^;;;;;;)

 いやあ怪我の具合にびっくり大流血。ホントまず病院行って、手当ついでに診断書もらって旦那訴えて欲しいんですけども。彼女の怪我の心配より、自分が怪我させた奴みたい~と他人の目ばかり気にする一路にイライラ。
 そして書類も、婚姻届じゃないんだからw  独身男が、離婚届のそれも証人欄にサインなら無問題に思えるのですが、慎重な一路は筆跡を盗まれる可能性がとぐだぐだと反論ばかり(^^;;;;;)  おや、旦那の署名欄までレンタルおじさんが書いたなら、そりゃ流石にまずい。でも、それほど今すぐ離婚したいのに、と血まみれで途方に暮れられると正論の一路が悪者ですw  喫茶店の店長(芳根京子)にまで誤解され、
「離婚してあげてください!」
とバールを突きつけられて……、と書くとドタバタの様ですが、市川実日子の要求と古舘寛治の拒否は何故か淡々と穏やかですw  

 終いに、バッと出てきて署名してしまう二路。 彼は「したいからする」んでいいでしょ。大体、二路がムラタさんと事故ったのが発端なのに血まみれ嬢を見て逃げたから一路が行ったんであってw 最初から二路が話を聴いてたら3分で署名して終わってたよね!そして会計。最初のオーダー通り彼女と一路の分をまとめた店長に
「ミルクティーとレスカで!」
と切り返し、署名をしてくれた二路の注文分だけ支払う彼女のキッパリ具合に乾杯です。

 家族の日常と言い争い、前シーズン「俺の話は長い!」とそこは同じなのに不思議とうるさくないですねえ。おじさんだからでしょうか(^^;;;;)   来週はもっとレンタルおじさんらしく、結婚披露宴に駆り出されるそうです。何が起きるのか楽しみ!

「トップナイフ 天才外科医の条件」1 ☆☆

 最後のダンスは、そりゃ天海祐希なんだから上手くていいけれど「じゃあ踊ってくるわ」と、ドラマのキャラのまま群舞させるのは違うのでは(^^;;;;)

 外科医の中でも脳外科医は特別。だって脳は傷つけたら再生しないから。
そんな強烈な自負で東都総合病院脳外科を率い「女帝」と異名をとる深山瑶子(天海祐希)だったが、昼行灯の上司(三浦友和)は
「脳も脳外科医も、変化が必要☆」
と、勝手に3人もの助っ人を呼び寄せていたのでした。

 「3分で」「5分で死ぬよ」の連発です。
さっきまで歩いていた人の手足がみるみる麻痺し、悠長に検査なんかしてたら呼吸が止まって死ぬ、勘でもなんでも手術を始める、それが脳外科の世界なんだそうですよ。判断が遅い人、後からくよくよ悩む人は向いていませんね…。ましてバカは邪魔。
というわけで助っ人も、既に世界に名高い名医黒岩(椎名桔平)、三度の飯よりオペが好き西都(永山絢斗)はともかく、天狗なだけの新米小机(広瀬アリス)は何もさせてもらえませんw
なのに急患は来る、元気な人が急変する、入院患者の手術も「この先生はイヤ」「やっぱり手術がイヤ」と予定通りには進みませんorz

 そんな騒ぎの中、ほぼ見ていただけなのに「疲れましたね!」と堂々と言える小机、ブレイブハート(^^;;;;;) そして、ありがちですがこの経験ゼロ腕前もゼロの小机が成長していくだけでなく、手練れ達も小机から学ぶことがある様ですよ。

 今回は、病室の写真。
脳腫瘍オペを前に集う、仲良さげな家族なのに飾っているのは入院してからの写真ばかりだと指摘する小机。
「普通、元気な時のを飾りませんか?」
そこからなんと、ご主人はDV野郎と判明!でも倒れてから別人の様に優しい。脳腫瘍を取って元に戻るぐらいなら、手術をして欲しくない…と泣く奥さんなのですが、そこは誰も予測できないところ。むしろ脳腫瘍のせいで暴君になった線を推す深山ですが、ただ1つ確実なことは
「手術しないと、死にますよ」

 そして深山&西都のオペで出てきたのは腫瘍ではなく、卵?? 寄生虫が中枢神経に入り込んでいたそうですよ~えんがちょ~ しかも『成長する腫瘍のせいで長年粗暴だった』説も無効じゃないですか! そこを「脳のことは誰にもわからない」の決め台詞でイイ話に持っていくスタイルな模様です(^^;;;;;)

 その間に、黒岩&小机も目の前でどんどん麻痺していくバイカーお姉さんを緊急オペ。 黒岩は脳腫瘍執刀をご家族に断られて帰る間際に診察室に寄った。バイカーさんは「帰っていい」と小机に言われても、すぐには立ち去らなかった。その小さなラッキーの掛け算で命が救われたんですね。

 来週もこんな感じで、秒を争う複数オペが同時進行し、ポンコツ小机は「殺す!」と深山に怒られても聞き流しw そのうち小机の言葉が何かのきっかけになったりしながらハートフルに、家族や脳外科医が救われたりするのでしょう。
夜な夜なうなされる黒岩と深山は癒されるのか。それとも小机もうなされてこそ一人前の脳外科医なのか?


 芸達者ぞろいで見れば面白いでしょうが、現時点で続きが気になる謎がないかな(^^;;;;)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ