ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「きのう何食べた?」1 ☆☆☆

 あの「大奥」よしながふみ原作。ゲイカップル同居&庶民派グルメ漫画がドラマ化です。
ずっと読んでいますが、別にどのキャラに思い入れがあるわけでもなく。例によって大阪は放映が遅いので、絶賛から落胆まで既にいろいろ聞いてからの視聴でした。 西島秀俊のシロさん、内野聖陽のケンジ。うん、いいんじゃないのかな。美容院の店長(マキタスポーツ)の再現度には笑いましたw 逆に、原作まったく知らない派にはキスシーンすらない割に
『どうして僕だけ、一緒に暮らしている人の話をしちゃダメなの』
といい年した親父がペソペソ泣くこのドラマは需要があるんでしょうか(^^;;;) 旦那の反応が楽しみだったのに、スーパーで買い物する場面で熟睡されてしまいましたよ。

 そんなわけで、主人公の筧史郎(西島秀俊)はイケメン弁護士。仕事もできて体型キープ。定時に颯爽と帰宅する彼が、そのままスーパーの特売をはしご、底値を知り尽くす男だとは、そしてそのお買い得&旬の食材でうきうきと調理した食卓を一緒に囲むのが”彼女”でなくゲイのパートナー、美容師の賢二(内野聖陽)だとは。法律事務所の面々は誰も知らないのでした(^^)

 序盤からタイトル通りの会話がでてくるのですがw ただ話題を変えたかった
「きのう何食べた?」
に、味噌汁の細かな具や付け合わせまで、立板に水で答える史郎に固まる事務所一同w 誰もそこまで知りたくないw そして『料理は彼女さんでなく、筧さんがしてますね』と見抜いた同僚嬢、確かにw でも『高級スーパーで高い野菜買ってそう』は、外れなんですよ~。40男の二人暮らし、体型維持と貯蓄のために自炊! 夜のアイスもダメ!それもコンビニの定価でハーゲンダッツ買うなんて!と高給でしょうにみみっちいお小言を賢二に浴びせておりますがw まあ戯れてるんですよね。

反対に、職業がらオープンゲイな賢二はうっかりと、常連客(MEGUMI)の誘いをかわすついでに彼氏自慢。夜のことまで喋っちゃったりして。間が悪く、二人で歩いててその常連さんにばったり。
「この人が…あの…」
とニヤニヤされちゃって(^^;;;) これは賢二も客も流石にマナー違反だろと、実写の生々しさも加わって困った感じでしたが。TVでオネエ系の人が赤裸々に語るみたいに、ゲイのそういうのは言ってもいい風潮があるのがいけないんですかねえ。帰宅後、史郎に怒られてペソペソ泣く賢二。言いすぎた…な顔はしても、はっきり謝ったり抱きしめたりする代わりに、さあ食事にするぞってごまかす史郎さん、不器用なんですw

日々こんな感じで、起きる事件って史郎さんの顧客以外では、友人を招くとか、スイカ買いすぎ問題ぐらいでは。あ、息子がゲイだった衝撃で「勉強」しすぎの筧母が、全方位カミングアウトして堂々と生きろとうるさい案件もありますし。気の重い帰省回はあるんでしょうね。まあ淡々と楽しみにしています。
(筧父役が、急病のため志賀廣太郎から田山涼成に変更に。ちょっとシロさん父っぽさがアレではありますが。志賀さんの1日も早いご回復のためには致し方なし) 

「下北沢ダイハード」1~3 ☆☆☆☆

 何これ、面白いw 一挙放映を録画しました、本放送時なんで見てないの! あ、テレ東ドラマ24か、大阪で日本語字幕が出なかった頃ですかね(^^;;;)

 今も昔の演劇の街、下北沢。
でもなんでって……小劇場がたくさんあったから?学生が住んでたから?今日もその下北沢で呑む男(古田新太)に言わせたら、
「街自体が、劇場」
で、そこかしこで芝居以上にお芝居な事件が毎日起きているんだそうですよw ほんまかいなw バーカウンターの色っぽいママ(小池栄子)に、あんな面白いことが、こんな可哀想な男が、とほくそ笑みながら語り出すとドラマが始まり、最後にまたバーに戻る。二人が狂言回しでまとめ撮りな構成ですねw そして毎回の脚本は、それぞれ違う小劇場作家が担当しているんだとか。うわ楽しい。

1「裸で誘拐された男」 ☆☆☆☆
 SM風俗にハマっている代議士(神保悟志) 昼間っから女王様のお仕置きで、素っ裸(+スマホ)トランク詰めで連れ出され、興奮しています(^^;;;;) が、お約束の取り違え!屋内に置かれ聞こえる会話は……幼女誘拐?身代金? 犯人逮捕のついでに保護されて代議士とバレても困る〜そうだ、誘拐されたことにしよう(裸で?) しかし聞き覚えのある声、なんと犯人は息子(吉沢亮)です。 寂しい人妻と不倫、誘拐を共謀、夫(村杉蝉之介)から金をせしめて逃避行のはずだったのに、と逆上か?
 たまらず飛び出した代議士さん、素っ裸のまま得意の熱弁を振るいます! 計画を知って、お前を止めるためにここに来た!裸で!罪なら俺が全部被ってやるぞ!
戸惑う息子と夫婦……と、観客に照明さん。演技プラン変わったの?聞いてないよー。そう、息子は小劇場で舞台劇「誘拐」に出演の真っ最中だったのでした~!
とんでもハプニング、その後もどんな言い訳したんだかですがw 奥さん(高橋ひとみ)と息子はちょっと嬉しそうだから結果オーライかもw

2「違法風俗の男」☆☆
 空き時間に風俗店に来てみた光石研(本人)、運悪くガサ入れが来て開演時間に間に合わない! 居合わせたロバート秋山(本人)に協力を頼んで抜け出そうとするも、変人秋山の思考についていかれずw 結局秋山だけが外に出て、光石の服をきたままどーでもいい用事に向かいw 哀れ研さんはネットにさらされ警察にも取材TVにも身バレした上、舞台に穴をあけたのでした~ って、救いがないorz
光石に店を勧め、風俗で遅刻ってwと連絡してくる後輩に池田鉄洋(本人) 風俗嬢ユイに川栄李奈

3「夫が女装する女」☆☆
 夫(野間口徹)の女装癖に、困惑の妻(麻生久美子)

それでも女装の旦那と(距離をおいてw)外出してたら、ママ友とばったり。お茶する流れに。「先に帰って」連絡も虚しく、旦那も同じ喫茶店に来てしまい、無視すりゃいいのに、どこに座った、トイレに立ったとガン見の妻w ママ友の話は上の空で、奇行を繰り広げ……もうなんか、女装旦那を最後まで隠し通したとしても、二度と話しかけてもらえないレベルにやらかしていて、いたたまれません(^^;;;) しかも、人生最大目標が『父の女装が息子にバレない、影響しないこと』だったのに、とっくに手遅れだったとはorz
だったらいっそ、息子の女装はもう同級生もその親にも有名で、むしろその話を聞きにお茶に誘われてて、え、お母さん知らなかったの?やだー、となってくれた方が後味が良かったのに(^^;;;;) 

野間口徹の女装がカバちゃん似w ずっとクールな店員に波瑠でした。

共通テーマが「人生最悪の日」なんですね、なるほどw 1と3、よく考えるとどっちも本人以外の家族はちょっと幸せで、でも私には1はいい話、3は大修羅場感。奥さん目線で見てるからですねーw

「向かいのバズる家族」1 ☆☆☆☆

 なまはげの仮面、手作りw 念がこもっていそうw

 揃って食卓を囲む、4人家族の篝家。食事が終われば、家族それぞれパソコンでスマホでタブレットで……とネットの海に潜って暮らしています。う、うん。我が家も全員成人して、そんな感じ(^^;;;) 私のこのドラマブログ、秘密にしてないけど家族まったく興味ないですもん! こっちも娘のメルカリIDにも息子の二次創作小説にも旦那のゴルフゲームにも興味ないというか、覗かないのが礼儀じゃない? インスタやツイッタはフォローしあってるとはいえ子供たちは裏垢持ってるしw さすがに動画配信してる家族はいないと思うのですが。知らないだけ?

 というわけで、ヒロイン篝あかり(内田理央)はカフェの店長。
通勤やカフェでのストレスは、夜な夜なカラオケでなまはげ衣装をつけて解消してます!満員電車の入り口でどかない奴や、嫌な客にはエア「なまはげチョップ!」それを配信して、今日もスッキリ笑顔でいられるのでした☆ 
で、ある日店で怒り出した客(森下能幸)に、頭を下げて収めたあかり。当然終業後「なまはげチョップ!」動画でこき下ろしている間に、ネットではそのクレームと謝罪がバズって=拡散されていたのでした! 翌日からカフェは大混雑、あかりも注目されてウキウキ☆ しかも気になる常連客(白洲迅)といい感じ。 彼が匿名SNSは大嫌いだし……もうなまはげな自分はいらない、と一度は仮面を陸橋から投げ捨てるのですが(おい)、貯まるストレスに、やはり拾いに戻るのでした!

 だよね。
可愛いとちやほやされて、店も繁盛。それは嬉しいですけど、注目されっぱなし、忙しすぎ、バイト働かなさすぎの上に、悪ふざけな客……こんな環境でも「いつも笑顔」で居られるわけがないでしょう! え、筋トレすれば大丈夫って、本気でそう思ってるならイケメン君やばいよw とりあえず、なまはげ動画でのストレス解消は、ばれなければイイ!と解決です←絶対バレるねw

 初回は、not炎上。あかりの味方な動画が拡散し、可愛いと褒められるバズり方で見易かったです。
でもその動画コメントに『クレーム客にも人権がある』と書き込み、煽った返信にいちいち喧嘩売ってるらしい弟(那智)は既にやばいしw カフェ調理人が見てる人妻料理動画は、どうやら母親のひなこ(高岡早紀) 料理中の胸チラでアクセスが増えたら「料理をみて欲しいのに~」と嘆きつつ、次はコメント欄にあったノースリーブを着るつもりなあたり……どんどん露出度が増えていきそうですよw

とりあえず店は、料理人をもう一人雇うかバイトに厨房もさせるか、ロコモコ丼の数を制限した方が。

 次回は父親(竹下隆行)が制作の漫画原作ドラマが炎上する模様。試写への原作者のコメントが、どう聞いても怒ってるのに
「オッケー出ました!」
と前向きに捉えるドラマ制作陣w アイアンハートです。それにしても何ですか、小学生がスナイパーw 拳銃向きの近距離でライフルぶん回す理不尽w しかも……成人男子がランドセルな配役w オファーした方も受ける方もどうかしてるでしょw もう決め台詞がクサイのがどうでもよくなるバカドラマ臭で……やばい、見たいw 

 面白くなりそうです。

「警視庁機動捜査隊216」10 引鉄 ☆☆☆

 新元号発表の夜に放送となったシリーズ最新作。最後の場面に
「平成から令和になったことだし」
というセリフをぶっこみ話題に!(令和のところだけ背を向けるので、発表後そこだけ録音してはめ込み編集ですかね?)遊び心、嬉しいですね(^^)

 またも目黒署に訪れた『当たり』日の始まりは、警官から奪った銃で狙撃されるファンド代表木之元楊一(吉田栄作)しかし被弾したのは秘書の隅田。そしてホームレステント前で見つかった死体のポケットには何故か、土居記者(西村まさ彦)の名刺が! そこからあれもこれも繋がって、二転三転するうちに翌日の朝を迎えるのでした。


 殺されたタクシー運転手が見事なクズでしたねーw ちょっとした追突を、笑顔で示談に誘っておいて休業補償500万円とゴネる輩。更にはタクシーを拾った木之元に、1億円を要求していたんですよ(タクシー内の通話には要注意……)確かに、ファンド代表木之元には1億ははした金、もっと他の脅しなら、出資者が引く悪評を止めるために支払ったかもしれませんが……余命をバラすぞってw ホラ殺されましたよー。しかも犯行直後に来た別の恐喝相手は、救命せずに立ち去る道理w で、その場所が木之元を親の仇と恨む男の住居もといテント前(事件当時不在w)とは皮肉すぎで、さすが当シリーズ!
 名刺の件では、辞令直後の「主任」な名刺(祝昇進☆)を渡した100余名全員思い出して!と軽くいいつける舞子さん(沢口靖子)ですw ボブがお似合い、美貌ますます冴え渡り惚れちゃうのは分かりますけど~ クールすぎて土居さん可哀想ですよ~。

 そのツンがとうとうデレたのは!
ついに舞子が発砲。『二度目の引鉄』を引いたと聞いた土居さんは、心配だった、少しでも力になりたいと思った、近くにいたいと思った、といつになく真っ直ぐに想いを告げて、いつもの様に向けられた背にも
「何時間でも待ってる!聞こえているよな?」
と呼びかけるんですよ。舞子はそれに応えて、少しだけど振り向いて、うなづいてみせたんですよ~ぉぉぉぉぉぉぉ 苦節10作、「飯でも食わないか」の声の震えも愛しい大告白。そういえば撃てそうで撃たなかった8作目「傷跡」でも、安全装置を解除する舞子の脳裏に響いたのは土居の声だったことを思うと、感無量です(><)
 土居さんはグレイヘアに合わせてタートルネックもジャケットも灰色でアウターが黒ダウン。逆に舞子はインナーが黒でジャケットが灰色と、衣装まで統一感をかもしていましたよ(^^)

 ただその告白を「精一杯の引鉄を引いたんだ」となぞらえてしまうのは、どうなのか。土居さんのサブタイトルにちなんだご高説は恒例で「人は心に引鉄を持っているんだ」「でもそれを引けば破滅してしまう」と言うでしょ。
ただし舞子がその指で引いたのは『人を助ける引鉄』だから別、と言いながら、自分も引鉄引いちゃったら話が違うのではw いいけどw

 その他の筋道あれこれ。
 喘息発作の警官から、銃を奪う犯人。でも喘息の薬を手が届くところに寄せてから逃げるんです。いい人だ…。

 500万円恐喝されていた夫婦(妻:雛形あきこ)、それで相手の男が殺され、家に念書があったらそりゃ配偶者が殺したかと、罪を被ろうとしちゃいますよね。って、なんで二人とも念書大事にしまうのw 破いて燃やせ!ホームのオムツと一緒に捨てちゃえ!

 銃を持って逃走する青年、目立つ緑ジャンパーを脱ぎ捨てて、盗んで着替える機転! 同級生隅田が撃たれたニュースに『今、銃を持って脅せば』と効果的復讐を思いつく企画力&即調達する行動力も含め、10年引きこもってたとは思えません。
幸い、舞子たちの介入で怪我人を出す前に逮捕され、銃もモデルガン。同級生の婚約だって、イジメを知った彼女が幻滅。破談な様でそこそこ復讐出来たじゃないですか……。ここで踏ん切りをつけて、新しい人生を生きてもらいたいです。君なら働けるよ!

 あの富田(松尾諭)がデート! 相手は看護師さん!
でも狙撃事件のために、招集がかかれば即出勤!つい上の空の富田が説明する『総員待機』を理解してくれる聡明な人でした。しかも犯罪と遭遇すれば、富田は通報、彼女は怪我人のケア、ナイスカップルですよ!これは上手く……いかなかったのね(^^;;;;;)

 命令を無視しまくる舞子に、イラつく監察官(徳重聡)
誘拐犯より銃を持った逃亡犯を追え、人質に銃を向けていても撃つな。優先順位の理屈は舞子もわかるでしょうが、目の前の誘拐犯追跡をやめられず、狙撃は外して腕を撃ったんですけど駄目ですか(^^;;;) 結果、どんな厳罰かと思いきや、警視総監賞を申請? もう対外的には全部命令通りで、正しい発砲だったことにすると静かに逆ギレですw というか管理官は舞子にツンデレなの?

 他にまだ廃品回収夫婦もいれば、爆走自転車野郎も雛形あきこの裕福な両親も、ホテル買収も、3時間ドラマだっただけあってめちゃ盛りだくさんでした!シリーズ終わっちゃうんでしょうか(^^;;;)

「さすらい温泉 遠藤憲一」1 草津 ☆

 大名作「湯けむりスナイパー」(弊ドラマレビューこちら)を踏まえ、温泉ものに遠藤憲一をキャスティングする以上どんな勝算があるのかと思いきや。まさかのノープランですか??

 役者を引退し、温泉に就職する遠藤憲一氏に突撃取材(「え!」と反応する旦那……純粋すぎるw)拒否される。というベタな「設定」で幕を開けたメタな深夜ドラマ。初回の舞台は草津の湯の奈良屋です
(都市名の宿、大阪屋に泊まったことある~!)

 シングルマザーの美人中居(ともさかりえ)に惚れ、魂胆見え見えで小学生の息子さんと懇意になるエンケン氏=ケンさん(^^;;;) 豪華客船の船長、と教えられている父に会いたい。なぜ父は自分に会いに来ないのか。と泣く息子さんの前に、いかにもな白い船長コスプレ(自前)で登場し
「お父さんだよ」
いやケンさんだ、と見抜かれてもまだ『父親だと伏せて、内緒で見守ろうと思った』などとしれっと(^^;;;;) いくら善意でも、これはついちゃイケナイ嘘なのでは。挙句母親も話を合わせてしまい、公認お父さんに!これは脈があるだろうと
「父親が必要です」
と再婚に持ち込もうとした矢先に、実父(服役中)の仮出所が決まるんですよ。え、お母さん単に喜んでる場合ですか? ケンさん失恋以前に、また知らない人が来てお父さんだよ~と言われる息子さんの気持ちは……(てか、仮出所を喜ぶ仲なら写真くらい息子に見せないの??)

 せめてねー、息子さんを嘘つき呼ばわりするいじめっ子達がいるときに船長姿で現れるなら、イジメを止めるため。それなら息子さんも、嘘と分かりつつちょっと嬉しいと思える、いい嘘に出来ましたのにねえ。

 そんなわけで、大阪では前期未放映だったエンケンドラマのBS放送を喜んでいたのですが、楽しめずリタイアですorz

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ