ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「ホームルーム」~最終回 ☆☆

 学校を舞台にモラルこれでいいのか? と非難しつつも決着が気になって、最後まで見てしまいましたよ。
まさかの、堂々とホームルームで「愛」を語る愛田(山田裕貴)に呆然です。


 帰宅すると、自分のベッド下に担任教師が隠れている。全裸で。
それだけでも絶叫通報ものでしょうに、「説明してください」と冷静に要求する桜井幸子。昨夜「いる」のを知ってからも、取り乱さずに登校してただ悩んでいて、もしや受け入れる余地があるのか?と思いきや。全く悪びれない愛田の説明の衝撃に、流石に吐いて泣きましたねorz  (犯行がこの3ヶ月間だったと語られて、案外短いような十分長いような)
そこまではっきり拒否られたのに、
「何故だ、桜井?」
と、まるで幸子が悪いかのような態度!  責めるマルたちにも、レイプなんかしていないと反論する愛田。寝ている桜井の髪をとかして着替えさせ、授業してやったりしてただけ!って…。それ相手に人格があるのを認めてない、人形相手の愛し方でしょうに。しかも全裸でorz

 翌日にも堂々と登校し、冒頭のホームルーム。
生徒との「愛」を告白すること自体が問題なのに、その内容が「毎夜忍び込んでお世話してました」と犯罪で、言われてる桜井幸子はずっと泣いてる修羅場orz  その上「いじめてたのは自分でした」って、おい! あまりの変態と犯罪に生徒が寄ってたかって足蹴にし出すと、今度は桜井からの自作自演の告白orz
「愛しています」 えええええ 
   「でも今は受け入れられない」 だ、だよね

 結局愛田は学校を去りますが、桜井幸子はその後も通い続けるんですよ。「変態教師に愛された女」として全校で噂になってるだろうし。外地で離れて暮らしている親は、そんな連絡もらってもなお一人暮らしを続けさせたのだったら鬼ですよ。元生徒会長にも、殴り倒した犯人とバレてるのに、メンタル強くてすごい。

 そして時は流れ…。
何と美術教師になっている桜井幸子!   そのクラスにはイジメに困る男子生徒が…! びっしょり糊で濡れた椅子に気づかず座っちゃうぼんやりさんがこの世に2人もいるのかよと呆れますけども。いやいやこれも桜井幸子の罠? それとも幸子先生に助けてもらいたい男子生徒の自作自演?

 いやでも愛田も、学校にほど近いあの家に変わらず住む描写がされていまして。
あの日から桜井の姿を見ることはなく3年。心乱れ眠れなく、例のカモミールティーを飲んで無理やり眠りに落ちる愛田のベッドの下には。うわああああああああああ   <完>


 保健の先生、3年後にはお幸せそうで良かったです。でも身を持ち崩したラブリンとすれ違う生活は怖くないのかな、私なら引っ越すぞ(^^lll)    あ、遺恨ある元教師に連れ去られたと思われたゆあちゃんでしたが、相手の希望は報復でなく豚のように飼われたい、とのことで、ゆあ宅で裸で鎖に繋がれて蹴られて幸せそうでした。いやそれ、ゆあが2人分の食住(衣は不要w)を稼がなきゃならないんだけど。それさえ続くのならばご勝手にどうぞ、なのかな。
 愛田邸を捜索に来た竹ノ内が見たミイラは?とか(母の遺体?)
ただのカモミールティーにそこまで熟睡効果ないよ、とかw 存在が派手な割にゆあちゃん活躍しなかったなとか、色々ありますが。

 愛田の異常な「愛」の決着としては、美しくすれ違い続けていて大団円、なのかも。

 そして最後まで見た上で、あれ、裸の必要なかったよねー。どう見ても異常、絶対に異常、という記号としてはインパクト大で成功でも、イジメ云々が全裸ショックで霞んだ気もします。また「この男は人生最大の過ちです」と比較して、少女漫画と青年漫画での表現の違いが興味深かったです。どちらもストーキングは男性がしつつ、異性に多大な期待を負わせているw

「テセウスの船」~最終回 ☆☆

 もう元と同じかわからなくなってしまった「テセウスの船」は、事件でなく心さんのことだったんですね…orz

 最終回も案の定文句タラタラで観てましたw 酷いw
 差し入れの本に「家族皆殺し」の暗号って~佐野文吾(鈴木亮平)でも気づく雑な暗号をスルーして与える小藪刑事もダメですが、
「私が犯人です」
って自白したら世間から家族がどう見られるのか、分かってない文吾にがっかりだよ! 心さん(竹内涼真)何のために過去に来たんだよ! ←こう書いちゃうとまるで狙い通りタイムスリップしたみたいですけど、偶然ですから! なのにこの音臼村、やたらタイムスリップに寛容じゃないですか。なんと文吾を刺した真犯人まで「文吾と心先生は親子だろ」と異常設定を受け入れていて大爆笑w  もうこれ、音臼村周辺では普通に時間旅行頻発してて、河童並みに語り継がれてますよね。霧の日に見慣れない服装の人が歩いてたら親切にしてやれ、とか言われて子供たち育ってますよね。文吾が心さんの正体を、奥さん(榮倉奈々)には頑なに告げなかったのって奥さんはよそ者だったからでは(いや、文吾だって音臼村には赴任しただけで育ってはいないかもですが)

 さておき、ミキオがぜーんぶ分かりやすく喋ってくれた事件の真相。を、録音した機器は令和元年製品でしょ。再生してハイ犯人!ってだけ? 平成元年にはあり得ない小ささを誰も気にしないの?記憶媒体テープじゃなくきっとSDカードだよ?気にならない?

 もうホントSFとしてはダメダメでダメ過ぎて、悲しくなるほど。

失踪=真犯人か?と一瞬ミスリードされた校長先生は、単に息子が恋しくなって会いに行っただけ!だって文吾と心を見ているとまるで親子のようで。ってさー。文吾には実子も3人もいるというのに? 肉体年齢10歳違わない2人にそこは「兄弟のよう」でないと可笑しいでしょうに。

あと、佐野家が今更思い出した心さん来訪理由「父親を探す」!「見つかったの?」と聞いて、うなづかれたら次は「誰?」じゃないの?こんな小さな村でw  もうツッコミどころがありすぎるー。

 でもドラマとしてはきっちり毎回泣かせどころがあって
「俺は家族が大事だー」
「お父さんを信じる!」
等と異論の出る隙もないことを、感動的な主題歌に乗せてお送りするので何かいいもの見たような気がしてしまうという罠。 最終回では、佐野家タイムカプセルから文吾の「家族への手紙」を掘り起こし、その家族愛溢れる内容に、一時とはいえ文吾を疑ったことを後悔する家族…。「お父さんゴメンなさい~」って子役の演技に泣けましたよねえ。
…なんで妻でなく他人の心さんが読み上げてるんだって気づくと涙引っ込みますけど!

 真犯人が、心さんと同じように「人殺しの子」と後ろ指さされて育ち、捜査した文吾は幸せに暮らしやがって、と逆恨みした設定は、皮肉で成る程でした。ただ終盤5分にセリフだけで全部言われて。妹いたことも唐突で。ベテランが演じても難しいだろう場面を、ドラマ初出演の芸人さんに任せるとは無謀な。原作と犯人変えたそうなので、配役した時にはまだ犯人決まってなかった疑いがw

 さてラストは30年後、無事犯人にならずに初老を迎えた文吾を囲む一家団欒。子供達はそれぞれに伴侶を迎え…(成長したイガグリ兄が澤部で、話題をさらっていましたけどねw 芸人キャスティングしすぎ~)思い出の中の心さんそっくりに成長した「息子の心」は、上野樹里な嫁を迎えて。その名前が、結婚指輪に刻まれた人と同じなことを文吾だけが知っているのです。
えーっと、その妻が父親を信じろと言ってくれたことは文吾も聞いていましたっけ。でも、出産で死んだことや、赤ちゃんの名前は? それこそ平成元年の心さんが今際の際に言い残したのなら、時間旅行の渦に飲み込まれて可哀想ですし、これから奥さんが亡くなるだろうとただ1人予見してしまう文吾の心情たるや、ですが。だったら逆に胎児に遺児の名を提案しちゃダメダメ~! 

 てか、その「息子の心」がいかに異常に過去の心さんに似ているのか、ひっそりと確認するためにも当時の写真が一枚は残っているべきでない? せっかく過去に持ち運んだ新聞記事スクラップも早々に捨てたまま、犯人たちが拾ってどうしたのかも語られず(配信見ろとかやめてね)全く気が利かないというか。
 せっかく放映日にリアルタイムで観たのに、自分の中で消化するのに随分かかりましたw このダメさが原作由来なのか、どうなのか。うっかり読みたくなってしまっている今日この頃です…。くううう。

「ケイジとケンジ」~最終回 ☆☆☆

 楽しく見てました。

 毎度毎度、まずは捕まえないとと思う刑事と、起訴できないからと証拠にこだわる検事のせめぎ合い。現場を知る刑事vs世間知らずの検事という構図を、刑事が前職の教師魂を引きずることで愉快に描写して、気軽に楽しく見られるいいドラマでしたよ。補佐官な妹(比嘉愛未)を挟む刑事兄(桐谷健太)と検事(東出昌大)の関係だけじゃなく、刑事仲間の恋愛や検事仲間の競争も個性豊かに楽しかったです。
そして終盤、児童虐待と殺人と、地元の半グレ集団の関わりが見え始める…!

 教師にとっては、止めても止めても大事な生徒が悪の道に染まる原因の、憎っくきヤツら。  そいつらを潰そうと刑事になった!と言われちゃったらもう、下手に巨悪に立ち向かうよりも胸熱じゃないですか。地域も違って、本当に過去に遺恨があったチームではないでしょうけれど、いいんですよ。どこかでひとつ組織が消えたら、何人もが救われる。同時に、下っ端たちも敵でなく、その『救うべき教え子たち』なわけで。取り調べが時に優しいのもいいですね。褒めておだてて話を聞くとニコニコとトップの誰さんが凄いっす、でも喧嘩になるとマジ気が荒くて~と、みんなペラペラ喋っちゃうのがちょろいやら可愛いやら。
本ボシには流石にもっと荒く接しているものの、殺人捜査なことは内緒で。あくまで風営法で攻めてるテイなのに、つい被害者の八尾の名前を口走ってしまう仲井戸刑事w
「八尾!……矢面に立つんがリーダーの~」
「八尾!……八百万の神が~」
って、言い換えに無理ありすぎw  これひねり出した脚本の人に感心しつつも、マジックミラーの向こうで、捜査仲間一同が悲鳴あげて気を揉んでいるのが可笑しいったら。これで被疑者(桐山漣)が、自分が八尾殺しで疑われている~とならない、そういうドラマなんですよ。ああ楽しい。とにかく桐谷健太が当たり役でナイスに熱かったです。比嘉愛未がキレると大阪弁で悪態つくのもいいよね~。もっと話題になってシリーズ化して代表作になってもいい出来なのに!東出の検事もハマってたのに。不倫報道の煽りをくらいましたよねえ。ああ残念。

 1話で、刑事になったから!と購入していた尾行用リバーシブルジャケット(なんとジョジョコラボ限定品だとかw)最終回でついに役に立つのも胸熱でした!どっちの柄に変えても、存在自体がうるさくて目立つ仲井戸刑事なので同じことでしょうけどねえ。
 最後は無事に殺人の証拠もあげて逮捕、半グレ団壊滅。警視庁から表彰もされて、警察と検察入り混じっての楽しいパーティ。抜け出した仲井戸刑事と、探しに来た妹補佐官&検事での掛け合い漫才もバッチリ決まって、SPとかあったらいいのになあ。

「この男は人生最大の過ちです」~最終回 ☆

 今更ですが日本語変なタイトル。
もしや展開によって意外なワードが入って、最終回に完成するタイトルかと深読みしてたのに、オーラスでヒロイン佐藤さん(松井愛莉)がそのまんま叫んでがっくりでしたw  じゃあ何て変えれば良かったのかって、別に結婚も絶縁もしなかったわけで…『この男(と関わってしまったの)は人生最大の過ちです』かなあ。語呂悪い。

 いかにも漫画、な要素てんこ盛りでした。だって原作漫画だもんね。
そもそも社長(速水もこみち)が『天才』でイケメンで金持ちでしたけど。そのお友達出てきたらこれまた天才で美男美女で世界的有名人w  そこまでの、ケチャップで怪我を装って(匂いで気づくよ!)気を引こうとするなど、社長とヒロインと精々秘書(入江甚儀)ぐらいの狭い関係から、一気に世界が広がって… ますます天才=変人にw  天才美女(田中道子)は世紀の発見の記者会見で社長にラブコール。天才医師(平岡祐太)は人嫌い…のはずが犬好きを通じてヒロインと急接近! 海外赴任についてきてくれとプロポーズ(世界を股にかけ飛び回ってきた設定なのに、突然アメリカごときが遠い異国扱いになるよねーw)

 天才医師が咬ませ犬じゃん! しかも美女の元カレ逆恨みで社長刺されてしまい死亡?いやいや死ぬわけないw 失うと思ったら社長への愛が分かった的展開じゃ~んと全くハラハラせずに視聴。それでも恋に落ちるでもなく、むしろ隠し撮りを何枚も懐に入れていたおかげで刺されても無傷ってw 流した涙返せよ状態でw  とにかく退職、断りきれずに莫大な退職金を手にしてしまい、世界一周旅行を楽しんできたヒロインが…チェックインすると通されたのは豪華なスイート。来るよ、来るよw 来たーw なんで逆さに登場なのw
 ひとり旅だったはずのどの写真にも、社長が決めポーズで写り込んでいるのにも笑いましたw  暇かw(現在世界中でロックダウンだよ…とちょっと悲しくなりつつ)

 そして、プロポーズのようにパカっと差し出したのは not 指輪 but 愛犬を亡くした病気に効く薬。開発したのね~。
そう言えば、褒められ嫌いの理由。あまり褒められ過ぎるので『こーんな酷い薬売ったら流石にダメだよね』と、ひねくれた遊びでわざと副作用を強く設計した薬がミスで市場に出回ってしまい訴訟に。でも結局誰にも咎められず(本来の、副作用なく治る薬を再発売で社会的にはオッケー丸儲け)後ろめたさから来ていたそうでしたが。それを知ったからって、蹴られ殴ら罵倒されたい社長を喜ばせていたらこっちまで変態になっちゃうよー(^^;;;;)

 通常、変態に好かれ押しまくられても事情を知ったら同情が愛に変わったりするものですが。最後まで結局受け入れず追われ続けるのは新しかったかも。でも本当に嫌いだったら、いくらイケメンでも大金くれてもストーカーなので面白おかしく作品にするのもどうかと思ったり(^^;;;;;)


(そういえばもこみち、小説「Bの戦場」映画化でブスしか愛せないイケメン役もしてたはず。いわゆる演技派ではないけれど、異常設定の具現化に向いている…)


「伝説のお母さん」~最終回 ☆☆☆

『夫が仲間になった』
えー、生後8ヶ月にして。やっと!

 ずっと観てました。毎話面白かったです。
 婚約中のカップルが、子供産め攻撃に揉めるw 「一族に伝わる一子相伝の呪文」て!現代なら梨園に嫁ぐレベルに面倒ですよねw   シングルマザーを助けて家事に励む孝行息子は、ママのお仕事も手伝いたい!いやシーフだからw その合間にずっと夫モブくんの無職と無理解に悩み続ける、伝説の魔法使いメイちゃんでしたよねー。魔王側も勇者パーティも芸達者ぞろいでコメディ場面はちゃんと笑えるし、赤ちゃんは可愛いし(モブくんが怒鳴ったら泣き出した場面は本当にかわいそうでしたわ~)コスプレ学芸会になりそうなところを、ちゃんと社会派コメディドラマに仕上げてましたよねえ。
 しかしそれだけに20年前を思い出してイラッとすることも多くて毎話は感想書けませんでしたわ。

 ほんと何故か旦那が気に入って(ドラクエ世代だし)率先して観ていて。あのめっきりおバカな国王や、はっきりダメダメなモブを嗤うんですよね。何ひとつ家事をせず、オムツも替えず、職もなく、我が子を1人でみていることもできずに仕事中のメイにオニ電をするモブくん。ひどいねー、 ダメだよねー。でもあなた同類だったよ? あれが100だとして50ってこともなかったにしても、15歩100歩ぐらいにはorz
 そしてメイは国家随一の魔法使い。
あれれ、そこまでダメ男vs優秀妻じゃないとエンターテイメントにならないのかな。ふつーの誰でもできる仕事をしている奥さんだって働いていていいし、どこの旦那さんだって自分と家族のためにそこそこの家事はするべきでしょ…って、実写だと思ってしまうんですよねえ。ネットで原作の漫画読んでいた時には、そんなこと思わなかったのになー。そもそも子育て中のママ相手に発表されていたからですかねえ。

 ところで、普段はドラマ見ない同窓生と先週あったら、何故かこれは見ていたそうで、独身で管理職の彼女の感想はなんと魔王視点w (いいよね、大地魔王!) なんでも社内結婚の部下がおめでたで、正直女性の方が優秀なのに産休→育休、下手したら退職というマミートラックにずっぽり。どうせなら休むのも辞めるのも旦那にしてほしい~と言っておりましたが、まだまだ夫婦2人の決定というには世間の声がそうさせているところありますよね。今まであれほど提案されても実現しなかったリモートワーク、更に言えば具合悪かったら帰る程度のことすら、昨今の新型コロナ騒ぎでするっと出来ているのを見たら、子育て夫婦の働き方だって
『育児は女の仕事だろ?』
『子供が可哀想』
といった魔王の精神攻撃、もとい人間界の空気さえなかったらサクッと変えられるんだろうと思うんですけどねえ。父親も育児ちゃんとしないと老人が死ぬウイルスとか蔓延しないかな、ってどういう仕組みかなそれw

 えーっと他にまだ作品そのものの感想はっと。衣装良かったですねえ(デザイナーさんの卒業制作まで動員したとか?)

頭と最後がおじさんの掛け合いで、ゲームプレイ実況動画みたいになってたのもいとおかし。

 さて今は「あるある」ドラマな今作ですが、いつか歴史物みたいに思われる世界になって欲しいですねえ。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ