ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「タリオ 復讐代行の2人」1 ☆☆

 どうしちゃったのNHK
コメディにしてはダメな事件ってあるでしょうに。

 やり手にはほど遠い、若き弁護士白沢真実(浜辺美波)
ひょんなことから、成敗するはずの詐欺師黒岩(岡田将生)に言いくるめられ復讐代行業に手を染めて、相手の罠で事務所はクビ、弁護士資格まで失ってしまう??これは本腰をいれて代行業をするしかないのかー?
そして失踪した父(遠藤憲一)の居場所は。詐称で父を巻き込んだ詐欺師に復讐は出来るのか?

 この本筋は愉快になりそうなのになあ。何故そこに強姦を絡めてしまったのか。しかも思い切り実際の事件を思わせて不愉快です。更に、証拠映像を披露するのが結婚披露宴て。共犯者でもなかった相手の女性には、晴れ舞台を踏みにじられる謂われはないでしょうに。被害者と新婦でターゲット財津(三浦涼介)を挟んでビンタの応酬って、面白くもないしすっきりもしませんよ。クスリ呑まされて強姦されて、告発したら金で偽証を集めて嘘つき呼ばわりされた屈辱と恨みが、ビンタで済むわけあるかいな(あの男狙ってるのーと、事前に本当に言っていたとしたって、不同意なら強姦なんだってば)
ナレーションで『次々と被害者が名乗り出て、犯人は何年も実刑に』も取ってつけた様でしたよね……今までもみ消してきた親に見放されたのかな。

 更に、財津の協力者だった男(本田大輔)を寝返らせたのが、黒岩が授けた秘策。 財津を裏切ったら倒産→家族で文無し。でも本当に嫌われての離婚で慰謝料だったら妻子に贈与できる……。いやそりゃそうかもしれませんけども、後日奥様に黒沢が説明して仲直りさせるオプションは無し?本気か演技か他人からどう見分けるのか謎ですし。財津の言いなりだった理由もまた家族を想ってだったのに、やっぱりすっきりしませんよ……orz

 そして三浦涼介は、悪役御曹司なのに美しすぎて気が散りましたw 

「DIVER 特殊潜入班」1,2 ☆☆

学生サークルで洗脳、クスリ漬けにして風俗に売り飛ばしているのに、代表者の親が偉い政治家で逮捕できない件。
兵悟が大学生ってちょっと年齢が、とは思いつつ圧倒的にイケメン。サークル勧誘係の女子はもっと入れこむべきではw さておき、潜入で証拠を探ってガサ入れと言う日に、次々と幹部がオーバードーズで倒れ意識不明で救急車騒ぎに。さすがに誰が親でももみ消せない大ごとになりましたが、実は関係者(山中崇)は口封じで飴に致死量を盛ったのに、見抜いた兵悟が死なない量の飴に入れ替えておいたのでした。……って、その作業1人でしたの?どこで?クスリ入手は?なんなら、その前に勝手に持ち帰った飴の分析も警察通さずに自分でしたって?兵悟が出来すぎ君なんですけど。

 県警で阿久津以外にただひとり、D班の存在を知る伊達刑事(安藤政信)が、何も知らないお笑い上司鏡(正名僕蔵)と阿久津の間に挟まれて可哀想なんですw しかしこの鏡も、うっかり署内で発砲とか、真抜けっぷりがありえなくて笑えませんわ……。そうだ、実はD班にもう一人元エリート海自の潜入要員(野村周平)がいましたが、兵悟の型破りを引き立てるばかりの役どころ。それどころか、同じ現場に2人同時に投入して顔見知り感漂ってるのって危険でしょうよ。いろいろ細部が適当で、気持ち良く観ていられません。

 もう少し観ていたら、いろいろ過去の謎が解けたりしそうですがその為に我慢して観るほどのことかどうか。

「極主夫道」1 ☆☆☆

 小ネタの連続。30分ドラマの方が気軽で向いてたのでは。あと「極道 主夫」ではなく「極 主夫 道」だから!

 「不死身の龍」と恐れられていた最凶の極道が姿を消し、消滅の危機にある天雀会だったが。その龍(玉木宏)は案外近所で専業主夫をしていたのでした!

 強面でサングラス、柄の悪い態度もそのままに可愛い猫エプロンつけている龍!
朝からキャラ弁当作ってインスタにあげw スーパーでスタンプを集めw ご近所づきあいも満点で、いまや龍が「会長」と呼ぶのは天雀会会長(竹中直人)でなく、婦人会会長(MEGUMI) 準備したのは「抗争」じゃなく「香草」で、河原でバーベキューw 舎弟の雅(志尊淳)に頼んだレンコンも、ピストルの隠語なんかじゃなくて本当に串に刺して焼いて食べる蓮根がご所望だったのに、アンジャッシュ並の勘違いのせいでヤクザと警察入り乱れる大乱闘になっちゃいましたよ(^^;;;;;)

 いかにも怪しい小袋の白い粉。龍が持つとヤクにしか見えなくても、お掃除用の重曹なんですw
「主婦をなめたらアカン!」
が口癖の龍、真剣に主婦業に取り組むあまりに家事も凄腕になったんですねえ。 でもそんな龍を養っている奥様美久(川口春菜)は、といえばハンバーグひとつ作ろうにも家中ぐちゃぐちゃにするタイプで、龍が居てくれなかったら外食オンリーだったのかな(^^;;;;) 何がどうなって出会ったのか、二度と喧嘩はしない約束で結婚して共に暮らし始めたそう。連れ子の小学生向日葵ちゃんは、そんな龍が雅殴って&口止めしてるのを笑顔で丸っと告げ口するしっかり者で、こんな強面のお義父さんでもなついて、3人上手くいっているようですw

 どの場面もこの場面も、予想通りの平和っぷり。 多分1話抜けても困らないですよね。気軽に笑える良策になりそうです。竹中直人と稲森いずみの極妻コントも良い味だしてました。次回は滝藤賢一演じるライバルヤクザが出所??
30分だったらもっと良かったのになー。

「恐怖新聞」~最終回 ☆☆

 ラスト98秒の衝撃!! などと宣伝していましたが、正直一番怖かったのは車椅子の春海ちゃんでしたよ。

 途中、5話だけ丸っと時代劇だったのには困惑(^^;;;)
江戸時代、伝説の妖怪「件(くだん)」を孕んだ前世詩弦が予言で人心を惑わせ、あの人もこの人も不幸になった。例の詩弦父が間際に吐いた呪詛は、そんな前世から来ているそうでしたが……腹の子を件にしたのは詩弦母だったのに? その辺も含めて、夫に死なれ娘には恐怖新聞が来る、母の不幸に詩弦が巻き込まれているんでしょうか。うーん理不尽。

 自転車のブレーキワイヤーを細工されたどころか、火事に遭い銃撃までされる詩弦(白石聖) ふと気付けば、もう何日も恐怖新聞を目にしていないのに? 新聞の権利の奪った誰かが、詩弦を消そうとしているのか……?
ってのは、予言で金儲けを夢見た刑事(駿河太郎)の脅しと、娘を守ろうと家のそれらしき紙に勝手に記名した母(黒木瞳)の合わせ技と後に判明しますがね。 一枚見たら100日老ける恐怖新聞を、何枚も受け取りつつ周囲に気取られない詩弦母のアンチエイジング……! そして知った事故現場にバリバリと裁かれない悪人を呼び寄せる、誘惑力&リサーチ力! エロエロな熟女自撮りでも送りつけたのか、喫茶店の常連さんに裏社会のドンがいるのかなw

 てなわけで、デスノートばりに悪人の不審死報道が続き、さすがに気付いた詩弦は母から恐怖新聞契約を取り返しますが、その間にも例の浮気彼氏(佐藤大樹)と寝取り女(片山友希)の間には大変なことが起きていて、ねえお母さん、どこかの悪人を退治するより先に、詩弦の周りをお掃除するべきでしたよ。

 死の予言から人々を救うべく、事故予定現場で避難を呼びかけては去る詩弦ちゃん。落雷を予言する動画が拡散されて都市伝説「Sさん」となっていきます……。

<1年後>

 まず時間が跳びすぎでびっくりw 恐怖新聞が毎日来てたら、とっくに寿命尽きてますよね。それでも諦めの悪い刑事さんは、何か連絡がないか詩弦実家の喫茶店を訪れて。実はコーヒーの味の違いが伏線で(いつもはゲロ不味いw)目の前の相手は、母と瓜二つに老けた詩弦だったのでした! (とすると、週に1枚程度の配達頻度でしたかね?)

 殺人で逮捕拘留されている彼氏に、母として会いに行った詩弦がつい2人の思い出を語る場面はぐっときました。そしてついに死を迎えてからも、鬼形礼を解き放つために配達人を交代して母にだけ見える姿で(白い服でw)戻ってくる……。それでもいい、と愛娘を抱きしめる母の、客観的には虚空を抱く姿には泣けました。
 ああいい終わりね、時間が短く感じたわー と思ったらまだ半分かい!

 そんな詩弦母も死に。新聞が自分の元に戻ってきたと悟った晴海嬢(福地桃子)がまずしたのは、なにやらコピーして?? なんと鬼畜! 恐怖新聞に記名欄を設けて、駅前でプレゼントキャンペーン☆ ちょっとしたお得に釣られて、何人も何人もが記名していったのでしたorz 兄が死に、いつかまた権利が戻ると分かって過ごす間に必死に考えたのでしょう。迷いがなかったわ……。
実は最後に権利を手にした刑事さんが、貯めた恐怖新聞を一気に見せられて寿命が尽きて死んだ様に、利用法の脳トレ的には興味深いです。しかし相手が死ぬと分かって押しつける行動がどんな思いなのかは、壮絶orz
 と、ここで終わってもそれなりに余韻がありましたよね!

 なのでこの先は蛇足かなー。
ネットが知りすぎなんですよ。「Sさん死んだらしい」はともかくも。恐怖新聞を見たら寿命減る、名前書いたら権利が移る、という詩弦は知るまでに時間がかかった情報が周知の事実(?)で、なのに解決方法は語られないのね。 毎夜詩弦に脅され恐怖新聞を受け取る女子大生は、おびえて泣くだけで金儲けも押しつけ案も考えやしませんよ?
彼女と詩弦の関係の皮肉、とか。鬼形礼の暗躍!とか。したかったことは分かるのですが、それがラストじゃないでしょう……。 ホラー映画でも、何か来る、来る、とおびえている間が一番怖くて、ガオーっと何かが現れたら拍子抜けってありますよね。

 ノスタルジーは満喫しましたので、また「うしろの百太郎」とか「エコエコアザラク」とかレトロ理不尽ホラーしてくれたら見ます。あ、佐藤大樹の浪人姿がめちゃ似合ってました。時代劇に是非出てください!

「歴史迷宮からの脱出」1、2 ☆

 小田信成が織田信長w

 放課後の高校に、突如タイムトラベラーが現れる!
しかもその500年後から来た未来人ビル・フジタ(要潤)は、居合わせたJK純(福本莉子)の子孫なのだとか。駅前のスタバを、もとい時間線の平和を守るため! 純と怜人(飯島寛騎)は桶狭間の戦いが起きた1560年に跳んで、歴史バグの修正を試みるのでした。

 歴史に詳しい真面目な怜人君より、ぱっぱらJK純の方が勢いで信長を説得できちゃうのは、まあありがち。高校生2人の夫婦漫才も未来人の変な挨拶も可愛いですけど、そこより視聴者参加型クイズシステムの方に時間を割いています。サブタイトルに『リアル脱出ゲーム×テレビ東京』とあるように、人気の脱出ゲームに乗っかりたいのね。
でもその肝心のゲーム部分もちゃっちいぞ? ヒントの数字が示すマスの文字を読むだけw ドラマをリアタイしてるゲーム参加者が制限時間内にそこそこ解ける難易度ってそんなものでしょうか。 で、その文字列が示す場所の郵便番号を入力するわけで、全然桶狭間じゃなくていいのも興醒めなら、その問題が和紙でも無い現代クオリティの紙に、ワープロ書体で印字してあるってどうなのよー! ちゃっちいぞー!

 あ、信成くんの演技は案外大丈夫でしたよw

 ちなみに2話は葛飾北斎(渡辺哲)にバグ。1話の様な問題用紙は現れないまま、カウントダウンだけがスタート。慌てて謎を探す怜人を尻目に、北斎親子と記念写真を撮る純が、ふすま絵に隠れていた文字を見つけ出します(でもそれが目指す謎な保証は無かったよねえ。てか、この時代にスマホかざして『記念撮影!』は外来語並にイミフの筈w) その前にも、令和の論理で北斎を論破、娘のお栄はめでたく絵師を目指せることに。うん、変なクイズ説くよりも、こんな形で歴史修正してくれるドラマな方が馴染みます。
 ……しつこいおっぱいぺろ~んも、無い方が良かったなあ。ごめんねフジタ、2020年はまだ野蛮で。
(飯島寛騎「マイラブマイベーカー」より高校生の方が無理ない感じ。年齢調べたら24才でびっくりでした〜) 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ