ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「リカ」5 ☆☆☆

 次の被害者は大谷亮平w

 1部での立ち位置が謎だった、受付ツイート嬢(夏菜) 映画制作会社宝映に転職し、またも誰も見ない内部告発ツイート垂れ流しています。なるほど、SNSはさておき、彼女だけが過去と現在のリカを知っているわけですね。

 新作映画企画は、ラノベ原作。作家と一般女性が文通で恋に落ちる設定なのですが、古臭くて無理があると、若いAPがP本間隆雄(大谷亮平)に勧めてきたのが
「文通アプリ」
絵文字も画像も使えず、手紙=縦書きメール だけで交流する出会い系なんだとか。おお、ありそう。「リカ」の原作もかなり古いんでしょうに、上手く現代向けにアレンジしてきましたね! 

 リサーチのために、偽名「神宮寺タカオ」で登録した本間は、年収や体型に条件つけてくる女を避けているうちに、最も危険な本気な女「雨宮リカ28才」と接触してしまうのでした。あれから3年経っているけど28才w
 貯金はあるのか、家でゴロゴロしているだけのリカ(そういえば第一部でも、ポンと50万円出して金欠医師に探偵させてましたっけ) かなりの頻度で通販しているのか、配達のおばちゃんとすっかり懇意で、失恋(!)して3年と聞いたおばちゃんに勧められてのアプリ登録なのでした。あーあ。

 何しろ仕事も絡むので、終わらないリカの粘着メールに徹夜で相手をした「神宮寺」さん。直に会う約束までしちゃって、しかも指定した店が偶然にも大矢とリカが出会ったあのレストランなんですよ!ああ、リカの「運命の恋」レーダーが反応してるorz
 トラブルで会社に呼び戻されるまでの会話で、彼的にはリサーチは十分。本気で婚活する女性もいるのかー、28才はサバ読んでるだろ(笑)程度の軽い気持ちですからね。30件を超えるリカの留守電に困惑しブロックして、それで終わる筈だったのですが…。

 ばっちり会社まで尾行されていて、受付から本名でリカに呼び出されて来週に続く。

名前も嘘、独身も嘘で別居中の妻子がいて、何より交際相手を探してはいないんですって。でも、既に恋愛モードでロックオンのリカにそんなこと言っても怒らせるだけでしょう(^^;;;;;;)
さて、また死屍累々か、夏菜がそれを止めるのか? ちらっと出てた柏原収史は何?

「ハンドメイズテイル 」6 ☆☆☆☆

 旦那が生きてるですとー???

 メキシコからの通商視察団。
なんと代表は女性です。この女性蔑視のギリアドは、その目にどう映るのでしょう。
揃ってパーティに出席させられるメイドたち、ただし隻眼隻腕等、罪を償った傷が残るメイドは客前に出さずに帰されます。だって、ねえ。

 ところで回想の中、この狂ったギリアド共和国はウォーターフォード夫人の論文に端を発して出来上がっていったことが分かって驚愕です。どこか世間と隔絶した隠れ里育ちの、倫理観おかしい奴らが政権握ってしまったのかと思いたかったのに。支配する彼らもまた、ついこの前まで、普通の洋服を着て近所のバーにいたなんてorz
 そのギリアド組織の中ですら、ウォーターフォード夫人は演説できずに男だけで事を運ばれるなど女性は軽んじられていたのに。その行き着く果てのような現状に不満はないんでしょうか。理想が成就した結果女は読書を禁じられ、彼女が書いた本はもう誰も読めないんですよ! パーティで見せびらかされる子供たちだって、夫人が切望するオブフレッド経由の赤ん坊だって、女児ならばそのうち子供を産むだけの存在に(産めれば、ね。1回目をどの機会で試すのか…)なってしまう。ゲーッ

 管理官夫婦の前で代表に生活を問われ、「幸せです」と答えたことを悔やむオブフレッド、もといジューン。次に訪れた好機には真実を、拷問とレイプと幽閉の事実を語るのですが、返ってきたのは役に立たない憐憫の情だけ。代表女史には何もできない。だって、今回結んだ契約で輸出されるのは…侍女だから。
 えええ、諸外国でも人権無視で侍女に産ませたいってこと? そりゃあ嘘でも「本人が望んでいる」ことにしたいよね。 パンダの繁殖貸出を思い出しましたorz

メキシコのある町ではもう6年間赤ん坊が1人も生まれていないとか。ギリアドの無農薬有機農法が母胎にいいの?いやそれより、出生率激減なのに一夫一妻制を守っていたらロスが大きいということでしょう。

 めまいがするほど救いがない中、最後の最後で旦那生存情報! メッセージを託せるそうです。でもなんて言えばいいの。

「同期のサクラ」~5 ☆☆☆

 はい同期ひと巡り!
毎回、見舞客が昏睡中のサクラ(高畑充希)を前に自分との思い出を語り出す形式で2年目3年目と来て、ついに5話5年目です。

 2年目で営業菊夫(竜星涼)が過労で倒れ、3年目で広報美女百合(橋本愛)が結婚退職しかけ、4年目で設計士蓮太郎(岡山天音)が引きこもり、5年目は社長を目指す男葵(新田真剣佑)がただのコネ入社と判明と、それぞれの危機を迎え人事部サクラの知るところとなり、どう見てもサクラ1人しか心配していないのに
「同期のみんなも心配しています!」
と全員集ってグダグダになっては、サクラの熱い説得や暴言や逆ギレで気を取り直して、仕事頑張る!というお決まりの流れ。でもだからこそ毎回、どんなサクラの言葉が、もう無理、と思いつめた心に別の風を吹かせて喝を入れてくれるのか、楽しみなんですよ。
5話、何を言われても黙り込む葵に
「黙ってるあんたなんて、なーんも価値がない」
って、酷すぎて笑うけど、そこから貴方の言葉は人を動かせる、の褒めにつながっていきましたよね!
(ただ百合だけは、送別会後の破談&復職って面倒すぎで悲惨。結婚はその程度の縁だったにしろ、後釜人事取り消しや保険年金雇用の書類手続きを考えても、決心はもう少し前にしてあげて欲しかったです。いいけどさ)

 そうそう、菊夫と百合だけでなく葵までそれでサクラに惚れちゃったんですけど!
酔って記憶をなくしたサクラに、昨日のキスも?とからかう葵w びっくりするとしゃっくり始めるサクラ、可愛いよねー! でもそれって脅かして止められないよw

 さて5話で葵を援護する中、葵の父兄とはいえ高級官僚さま2人を怒らせてしまったサクラ。以前も社史編纂室に飛ばされて嬉々として働いた様ですが、今度の左遷は関連会社出向と重めです。ええ、戻って来られるの? そして次回の見舞い客は人事の先輩(相武紗季) このまま、人事部長(椎名桔平)や社長(西岡徳馬)まで説教かましてくれるのかな。
 その間に思い出の中でスカイツリーはどんどん建ち、震災があり、サクラ故郷の島への橋建設はストップと、現在にどんどん近づいて。さてどんな事故で昏睡にまで至ってしまったのか。

そしてサクラはどう目覚めるのか。完成した橋を、目覚めて見て欲しいよね!

「抱かれたい12人の女たち」6 松本まりか☆☆☆

 恐るべし松本まりか! でもスッと洗脳を解き出す山本耕史も、この人が騙す側にいったら大勢イチコロだろうなと怖くなりますよ。

 アロマオイルを売る女(松本まりか)

大荷物で入店するなり、ドアに挟まる、こけるw 化粧っ気も薄いメガネちゃんで、ああドジっ子なのねえと生暖かい気持ちで見始めたのですが、そのうちアロマオイルを取り出したら! え、宇宙? そして脱衣!

 腕や手のひらでお試しじゃないんですねえ。首から肩から塗りますからと、あっという間にマスターを脱がせて、密着でサワサワw 10万円なのに
「買います!安い!」
と悲鳴をあげるマスターw  ほぼ風俗だそうですw しかも反省会で女優さん曰く、買わない予測でいたので困ったとw

 で、さすがに服を着たら落ちついたマスター。売れたと一旦喜んだ彼女を悲しませるのは本意じゃないけどやはり買えない、「高ーい!」 いやついさっき安いってw
困る、売れないと、となる彼女に、騙されている、原価も安いはず云々と理詰めで行ったかと思いきや「箱を閉めて」←今までの自分もしまってしまおう、という逆マインドコントロールをサクサクと進行。もうすっかり言いなりになった彼女の
「抱いてください」
は、なんだか自然でしたよ~。


 過去を設定しすぎると、説明ゼリフが増えます。マスターに勘違いされることもあり。でも売り物の説明なら当然で、それが浄水器でなくアロマオイルって人物紹介にもなり、スピリチュアル強すぎる説明で怪しさドン!(脱がせて距離も詰めw)高額すぎてさらにドン! 松本まりかの薄い肩と相まって、このマスターなら守ってやろうと説教しますよねえ。
あの手この手、誘惑のタネが尽きずに驚いています。 そろそろひたすら黙ってる客、現れないかなw 


「死亡フラグが立ちました!」1、2 ☆☆

 「このミス」なのにおバカドラマだw
てっきり毎週違う殺人が起きて、謎を解いての繰り返して「死神」に迫っていくのかと思っていたのですが。何もわからないまま続きますw

 都市伝説「死神」、狙われたら24時間以内に殺される!
売れないライター陣内トオル(小関裕太)は、専門雑誌廃刊を阻止せんと、その死神の正体を突き止めることに。ちょうどご近所のヤクザ金融で親分が死神に殺されていて、仇を討つ!と息巻く松重(寺脇康文)の話から判明した死神の手口は、びっくり回りくどいものでした。

 親分が大好きな「赤ちゃん動物映像集!」にビールのサブリミナル映像を仕込む → 見てると喉乾く → ビール取りに行く → バナナの皮で滑る → 床の鉄アレイで頭打つw
 2話で霊媒使って呼び出した別の被害者は
車がパンク → いつになく歩く → 轢かれる

 どれも、外に飲みに行くかも、バナナ踏まないかも、転んでも軽い怪我かも。タクシー呼ぶかも、といった別のことをする可能性があるけれど、もしかしたらその選択肢にも危険が潜むのかも。それほど用意周到に、罠を巡らせるのが死神のスタイルらしいのです。お、おう。
 実はターゲットは自分と知らされた松重。キャンセル制度もあるのに、死神に依頼した子分をあっさり撃ち殺し(^^;;;;;)  道端の子犬にも怯えながらもトオルたちと逃げることに。 しかも、死ぬかもしれないなら思い残すことなく
「世界一の美女にあってチューをする!」
と息巻いてますが、えーっと、ふせえり?

 トオルの先輩本宮に塚地武雅。このルックスで東大出、投資家の大金持ち、モテモテ! そしてヤクザが揉めてチャカ出しても、怖がるどころか大喜び! 本物だーと身を乗り出してキャーキャーはしゃぐと言うゆるキャラ役を好演です。 あと松重の手下に笠原秀幸ね。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ