ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「刑事ゆがみ」2~4 ☆☆☆

羽生が童貞って弄り、だんだんフェードアウトしてきたような。その代わり変な店を覗いたりビデオ店のAVコーナーで選んでるところを撮影されてて可哀想なことには変わりませんね(^^;;;)

レイプ犯が窓から逃げて、意識不明の教え子はたまたま訪れただけ……と女教師(水野美紀)が言い張る2話。実は教え子とはずっと恋仲で、なのに結婚相談所で出会った男が部屋にいた理由は……。
かと思うと、ストーカー男と揉み合って突き落としちゃった☆正当防衛よね?な4話では、突き落とした女と、許嫁を殺された女の方が本当は恋仲で。親が決めた結婚をいいことに陵辱を続ける男を、ふたりで力を合わせて殺してましたとさ。世間から祝福されない愛を貫こうとする女性達の嘘を、先入観に捉われず軽々と見破っていく弓神。いろいろ経験の浅い羽生には分からない世界でしょうか~。

そして3話では、羽生の敬愛する先輩警官(寺脇康文)が殴打され重症に。犯人を調べる間に明らかになるのは、生涯一警官を貫いた先輩の、真実の動機。1話の幼馴染登場と呼応する、正しい人のまさかの犯罪。それをまた全く読み解けない羽生刑事なのですが……終盤に向かって成長していくのでしょうかね。
さてこの順だと5話ではまた羽生の知り合いが犯罪か?(適当ですw)

今は刑事の羽生だけど、ストーカー被害の受け付けや当時の上司など、交番勤務時代がちょっと前として物語に組み込まれてるのもなかなか面白いなと思います。

エロ小狡くて仕返しがせこく、子供に剣道教えて訓話をするも「話がなげーんだよ」と文句言われる羽生くんw およそかっこ悪いんですけど楽しそうに演じていますよね。いい役だわー。弓神も、お調子もので横紙破りだけれど有能な役どころを浅野忠信が好演。なんでも見抜くくせに自分に向けられる好意には鈍いのか無視なのか。情報屋のお姉さんとの因縁話も期待。

 

「恋する香港」2~4 ☆☆

なかなか愉快な実験作でした。

旅番組をどうにか斬新に、と香港で空回りする新米ディレクター山田(吉沢亮) なのに撮影中のアイドルエリー(最上もが)が誘拐されちゃった!
それというのも、日常に飽きたアラサーOL真樹(小池栄子)が、出会い系サイトのアイコンをエリーで登録してて、出会い系相手ダニエルと待ち合わせた店が偶然にも、撮影でエリーも居合わせた店だったから!

舞台が香港だったから見ましたよ。行ったことあったら更に楽しめるんでしょうね。
まだ見ぬ愛しいダニエル(永田薫)からの指示通り、お祭りで使うランタンを持って店に来た真樹。本当の自分を見せて謝るどころか、ダニエルはまさかのエリーちゃんを連れて走って行っちゃうし、「ダニエル!」と呼んだのを聞き咎められ、変な男とダニエルを追って走る羽目になるわ、偽アイコンの事情を話せばクソバカにされるわ、散々。だいたいその男、昨日無一文で酔いつぶれてて、日本人のよしみで立て替えてやった奴なのに覚えてないのー?

……以上を2話から見たのですが、何度も何度も巻き戻しが入るので正直3話から、もしかして4話だけ見てもいいぐらいかもw
実は「斬新」の狙いのもと、やらせばかりの撮影予定。山田Dが誘拐も仕込んでいて、事務所の許可を取るべき、そもそもツマラナイんだよとボロカス言われたのが前夜酔いつぶれの原因だったんですって。へー。
受け取ったランタンが犯罪絡みなのは、誰でも予想がつくでしょう。そして銃撃戦。多分1話から銃を構える小池栄子や
『どうしてこうなっちゃったのー?』
という狂乱は見せておいたんでしょう。ヤバいぞヤバいぞ、と待たせるために。でも、そこも仕込みなのもバレバレで……w 巻き戻しとかやめてさらっと30分で終わらせて香港名所をみせても良かったのにね。それとも、それじゃ山田の忌避するありきたりになっちゃうのかな。 つまらない日常に飽き刺激を求め香港に来たOLさんが、ラブアフェアよりもっと刺激的な誘拐やドッキリに関われた代わり、名所観光はちっとも出来なかったというお話でしたっけねw

そして素材の編集にとりかかれば、なんの巡り合わせか初日からずーっとエリーの後ろを通り過ぎたり見切れたり食事してたりと下手なエキストラ以上に出演しちゃってる真樹が居てw ふたりでエリーを探した香港の街を、今度は真樹を求めてひた走る山田Dなのでした。
(もう番組にクレジット入れて出演料払わないといけないのかもw)


「プロジェクトランウェイ15」#2、3 ☆☆

#2 <パーティー会場を素材に>
黄色のドレス素敵だった~
ガムの丸もモッサモサも、素材が何かどうかよりまず素敵。モデルが黒い肌だったこともプラスで服が映えました。作り始めが遅くて、周囲に心配されていたデザイナーが結果優勝というのも小気味がいいですね。

それにひきかえ落ちた服は、技もひねりも美しさもなかったぞ。作りかけに見える。
勿論デザイナー本人は美学に従って作ったと言い張りますが。ティムの助言をきちんと聞く姿勢も大事よね。


#3 <ジャストファブ.comで売る服>
一般女性が着る服。
そういう意味では、リンダのニットワンピは日本なら普段着でみんな着てそうですよね。娘の箪笥にもあの灰色のニットワンピあるw でももっとだぼっとしてて……谷間見てといわんばかりの穴は開いてないか。 
羽織り物も無しよね。「これどうするの?」「燃やそう!」に笑ったw

派手好みな私が好きなのは、エリンのゴム素材の肩がオレンジワンピ。でも着ていく先はどこかな……コミケかなw 洗濯も出来なさそう(ちゅーかエリンのピアス!手のひらサイズw) 
次点はとんがりフードのシマシマ&星スカート? 
みんな地味すぎるのよー。応援したいカラカス青年も、悪くはないけど普通だわー。色が地味だわー。通販サイト画面で映えるにはポイントが何かなくちゃだけど、あまりに奇天烈でもターゲットが狭くなるから……なのかな。もっと綺麗めでいこうよ!売り出す時にはきっと色違い作ってくれるから!(でも、ティムの助言で黒に差し替えた黄緑スカートは、黒にして正解w)


優勝したロレンスの茶ジャンプスーツは、背中のオレンジ色ちら見えが楽しい一品。モデルさんが着て綺麗でしたけど、誰にでも合う……の? おチビでころころの私は着る勇気ないです。でもTVで見た服を買えるならちょっと試してみてもいいかなw
ってなわけで、justfab.comの該当ページはこちら
アメリカで放映当時は即完売だったそうですが、ちょうど今またオリーブ色と紺で再販しています(vip会員39.95$、一般64.95$) コメント欄を見るに、一つ下のサイズを頼むべきですね。
自撮りの着用写真を投稿する猛者は、確かにお似合いですよねえ。でもモデル着用写真ならもうあるし。『無理、ダボダボで返品』な場合の方が、どれおだけ無理か見たいかもw



「先に生まれただけの僕」4 ☆☆☆

体育の先生がいない……!!

学園モノといえばつきものの、ジャージかランニングの呑気な兄貴が!そういえば京明館高校には居ませんよ。竹刀持った強面や笛下げた短髪ジャージ女史も。部活は野球や弓道の描写があるのに、体育ないんだ……。それともオール非常勤講師なのかw とにかく、体育教員である旦那が気づいて騒いでおります。

アクティヴラーニングの輪は順調に広がり、1年2年には大好評。混乱させないようにと従来通りの3年生は、見捨てられたと拗ねまくります。どんだけ授業好きなんですかw
仕方なく3年だけ集めて、これからの心得を指導する鳴海校長。
曰く、就職組には<理不尽な奴は山ほどいる、スルーも大事だけど嫌なら辞めていいんだよ>
専門学校組には<即戦力じゃない>うわー身も蓋もないw 
大学組には<君達が行く程度の学校はブランド力ないから、各自頑張れ> 更に身も蓋もないww

大人としては、常識も常識なことばかり。でもね、高3生が相手と思えば、誰もまとめては言ってくれなかったことかも。
「この勉強が何の役に立つんですか」
なんて言ってる奴、大学ではもっと狭い役に立たないことを沢山教えられるんですよ、だってそれが大学だもん。それでも、自分を磨いて人とのつながりを大事にすれば、仕事とめぐり合う……のかもしれない、のね。

『黒字にしろとは言ったが、改革しろとは言っていない』
と、鳴海の試みを全否定し罵倒する商社の上司(高嶋政伸) 社会に出ればいる、と生徒に語った理不尽の象徴な様な上司が、講話の途中に現れてまた不機嫌に去っていき……(何がしたかったんだい)これからまた、揉めそうです。
学校では慕われても商社での居場所は無くなっていくんでしょうか。

校長として赴任した時につけたままだった社章を、校内で外したと思ったら今度は社に報告に行く時に外しててネチネチ言われてしまう鳴海さんw TPOに合わせて着脱できない不器用さが嫌われているのか、秘書が言うように能力を認めたからこその圧迫なのか。

「コウノドリ(2)」~4 ☆☆☆☆

『ちゃんと』産む、ってなんなんでしょうね。
どう産もうが、そこまでの日数お腹の中で身を削って育んできたのは間違いないのにね。最後の瞬間に死ぬ思いしないと愛が育たないとか言うやつ、いなくなりませんよね。無痛分娩はダメ、帝王切開はダメってさ。
元は自分は辛かったのにずるーい的な僻み根性でしょうか。そのうちに妊婦本人も
『ずるしてるみたいだから』
普通に産みたいとか心臓悪い(川栄李奈)のに言い出したり(^^;;;)  4話では、長女を叱ってしまう理由を帝王切開に求めて、次は普通分娩と決心する母(安めぐみ)がペルソナに。
『今度は下から産むの』
とママ友に告げる時の誇らしげなこと、家でもご機嫌、どうしてなんでしょう。

痛みなら、余分に切って入院も伸びる帝王切開の方が大変で痛いのでは。そして消耗しきった母よりそりゃ元気な方が可愛がれるでしょうから、痛みを麻酔でコントロールする無痛分娩が最強なのでは(でも実母曰く、無痛分娩の麻酔が激痛で、2子3子の普通分娩の方が楽だったそうなのでほんとお産はいろいろw)

そして旦那はバカばっかりで、産気づいてる嫁を担ぎこみながら、何時に生まれますかってw 屋形船で飲み会ですってよー。10分後か2日後かわからないのがお産でしょう、二人目なのにバカ過ぎると呆れましたが……そうか。一人目が帝王切開でスケジュール通りに生まれてるとこうなるのね。その前も、娘が登園前にぐずる日常を初めて知った挙句に、臨月の妻に苦言を呈すクズっぷり。口を出さずに手を出せ手を。
結局は帝王切開に切り換えることになったものの、産みの苦しみを目の当たりにしてこのバカ旦那(前野朋哉)が生まれ変わったのなら、奥さん(安めぐみ)も陣痛をギリギリまで耐えてみせた甲斐があったというものでしょう。

「手伝う」「僕イクメン」「他のお母さんはちゃんとやってる」
と地雷を踏みまくり、妻(メアリージュン)を自殺寸前まで追い込んだダメ夫(ナオト・インティライミ)も見ていて辛かったですわ。ツイッター上には #うちのインティライミ と各家のダメ夫紹介がバズって大笑い。
お手本になるような夫をもっと見てみたいもんですけど、良き夫は自然と妊婦を主役にお産をさせてくれるのか、目立ちませんねー。

2話では、子宮頸がん判明。
自然分娩まで待ったら母親の命が、でも治療を優先で早く出し過ぎると赤ちゃんの健康が危険にさらされる。折り合いには誰しも悩むところでしょう……。計画早産が結果オーライで本当に良かったです。現実には裏目に出る場合もあるでしょうから余計に。
医師ナース雑談に、子宮頸がんワクチン問題を入れてくるのもナイス啓蒙。しかし娘がちょうど全員推奨の学年で接種した経験から、するなら学校で一斉にして、接種後の体育や部活が強制休止でないと接種後安静の指示を守れませんよ。教師側が誰もしたことないので、インフル並みの軽い扱いをされちゃう。この辺は学園ドラマとかでやってもらわなくちゃかな。

そうそう、NICUに赤ちゃんを置いて旅行に行っていた夫婦。
危篤の連絡がとれず主治医はご立腹でしたし、妻木下優樹菜の配役がより無責任に見せてますけど(^^;;;) それこそ退院したら気軽に出かけられなくなりそうな難しい体調の赤ちゃん。何も海外に行ってたわけじゃなし、今の内にちょっと……と思ってもいいじゃないかと、ここは擁護派です。

合間にジュニアくん(宮沢氷魚)の成長だの、初代ジュニアくんは四宮先生だっただの。患者の鬱傾向を見逃して自殺されたコウノドリ先生の過去だの。人員補充に駆け回る部長(大森南朋)が、自分の家庭は健康は後回しで何か起きそうで怖いぞ、だの。 レギュラー陣のドラマも挟まれますがそれ以上にそれぞれのお産がドラマチックで目が離せませんです。
出演者に赤ちゃんの名前も出るんですよ、本物なのかー!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ