ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「インディゴの気分」1、2 ☆☆☆

 ああー、音楽やタイトルの入り方好き。あの「ポルノグラファー」の前日譚です。
隠語猥語をすらすら並べて口述筆記させていた先生が、この頃は濡れ場なんて書けない純文学野郎だったのね…!

 在学中に文壇デビューした同級生、木島(竹財輝之助)の才能に圧倒された城戸(吉田宗洋)は、筆を折り編集者になった。ところが、恩師の葬式で再会した木島は、帰りの電車賃すらないほど食いつめ、本は書けていないという。
丁度住む場所をなくしていた城戸は、木島の家に間借りしながら世話を焼く。稼ぐためのエロ、もとい官能小説を書かせてみるが性描写が薄すぎて使えずw
 その時の参考作品中、唯一木島が評価した老作家、蒲生田郁夫の担当になった城戸は、書きしぶる蒲生田(大石吾朗)の気を引こうと弟子志願者がいると木島の名を出すのだが…

 木島理生(りお)
そんな新人賞作家知らないご老体はなるほど、女子が来るかと了承したのねw 男の弟子なんかいらん、帰れと言われても
「なんでもします」
と頭を下げた木島。そこまでは城戸のため&少しの打算だったのでしょうけれど。さて、その「なんでも」を盾にとんでもない提案をされてからの心境って一体??

「しゃぶれ、あいつをイかせてみろ」

なんて言われて、当の城戸も面食らってるというのに何故、淡々と受けて立っちゃうのでしょう……。捨て鉢?負けず嫌い?
「お前には妙な色気がある」
のは確かにw 流石官能小説の雄、蒲生田先生です!もう次が最後の作品、遺作だと言いつつ新境地BLに挑戦か?(違w)

 1話2話、濡れ場なかった分をまとめて次から大変なことになりそうです!!
そしてこの放映は、劇場版ポルノグラファー プレイバックの宣伝ですよね。木島と久住のその後、見に行かなくっちゃ…。



「東京怪奇酒」1、2 ☆☆

 お化けを肴に酒を呑む。
いや意味わからないw もはや1番怖いのは人間ですね💦

 「直ちゃんは小学3年生」の撮影中、海外ホラードラマ主演だったかビッグな仕事のチャンスを掴む杉野遥亮。じゃあホラーの勉強に?とマネージャーが呼んできたのが、カルト漫画の鬼才清野とおる、ドラマファンには「山田孝之の東京都北区赤羽」原作者or壇蜜の旦那さんですね。
 で、その漫画家の趣味が、怪奇酒(それを描いたエッセイ漫画「ゾクッ東京怪奇酒」をドラマ化したのがこれなわけかw)
「自分との戦い」とか称して、わざわざ『出る』スポットを訪ねて酒を呑むそうです。
なんだそれと言いながらも杉野くん、つまみを揃えてオススメの場所で飲むうちに恐怖と酔いがない混ぜの不思議な境地に達して…壊れていくのでしたw  サウナの決め台詞が「整う〜」な様に、怪奇酒の決まり文句は「混ざる〜!」なのかな。
 1話では、霊感芸人チャンス大城の古巣。行列になるほど霊がいる? 2話では猫の霊が出る猫塚。

 実は、画面はホラーじゃありません。血みどろの落武者が映ったりはしないんです。
むしろ、尻を撫でる手やはっきりした息遣い、猫の声等々、絶対に居る!はずなのに見ると何もいないから『出た』となるそうなのでw
来た来た来た、ここだー!と、なった瞬間のカメラはいつも、霊がいる筈の場所でなくそこを見た杉野くんのドアップとなっています。イケメン台無し、何が憑依したレベルで振り切った『混ざり顔』を拝めますよ……役者だね!

「絶メシ」好きの旦那が、楽しそうに見ています…。これの真似は流石にしませんよね?ね?やめて〜💦

「天国と地獄」〜7 ⭐︎⭐︎⭐︎

 陸(柄本佑)まで!彩子(綾瀬はるか)と日高(高橋一生)の入れ替わりを秒で信じた!!
天使の様なバカを何人も吸い寄せる彩子w それってもう才能なのかもw

 てなわけで味方も増え、情報も増えて謎も増え。
彩子/中身は日高、が忍び込んだ家の住人は生きていた!
日高の殺人への関与は、事後の清掃と目標を眠らせるまでなのかも。殺す役は別の人…??(じゃあ、送ってきた殺害動画は?)
その鍵になる陸橋の落書き数字を操るのはφこと「くうしゅうごう」?
陸橋に呼び出す小学生の手紙は?

 と、ここまできて日高は双子!!!
それも二卵性で生き別れの双子サクヤがいたんだそうですよ。(双子に陽斗/太陽と朔也/新月と命名は、対比が強すぎ…)
同じ日に抜けた歯を交換して持ち帰る回想は、微笑ましくも境遇の差がありありと分かり胸が痛みました。更には折々映ってた死体と、現場に残された歯の意味もやっと分かって戦慄。
自分の復讐に陽斗を巻き込んでおいて、最後は陽斗の歯を現場に置いたの? そして自分は余命いくばくもなく退場なわけ? 酷いよおい!
ちなみにそのサクヤが、特殊清掃での陸の師匠(迫田孝也)
入れ替わらなくとも彩子は、既にかなり近くにいた模様…。

 そしてセク原(北村一輝)が優秀w 彩子がたどり着く関係者に必ずリーチしてきますもん。その勢いで、早く彩子/身体は日高社長とタッグを組んでくださいな。でも日高がサイコパス極悪人ではないとなると、どんな気持ちでいたらいいのか難しいですよね。
ますます、どう終わらせるのか謎で楽しみに。陸、日高からも彩子からもモテてるぞ!

「ミヤコが京都にやってきた!」〜最終回 ☆☆

 え、豆腐パックの水を捨てずに、飲む??
あまりの衝撃に真似してみましたが、う、うん、豆腐の味w   「京都人の朝は案外パン食」は、聞いたことありますー!

 てなわけで、転がり込んできた「娘」と家族ごっこしながら京都の生活を教えていく空先生(佐々木蔵之介)
その間に箪笥の着物は売られ、口座から30万円が消えたのに、黙って見守る懐の広さよ。まず、そうまで金が必要な事情を案じる、いい人なんですねえ…。でも医者とはいえ裕福ではないのにその調子、離婚の原因もこの辺かと思えたりして。

 そして娘の言い分は
「暗証番号が私の誕生日だったから」
12年も会いに来ないのに、暗証番号でだけは繋がっていた。使っていいと言われた気がした。
…嬉しいと同時に、それで許されると思うなよ?とムカつく気持ちw 複雑ねw
   ちなみに手に入れた金は、イギリス人彼氏に送りました!じや〜ん!
『You are my angel.』
と動画でささやき、ミヤコをパートナーに京都でビジネスをしたいという金髪の青年実業家は…。
待ち合わせには現れず。国際詐欺師だったんですよ。うん、知ってたよ…。でも二浪で荒んだミヤコが一時でも癒されて京都に来られたなら、それはそれで必要な出会いだったのかも。いや犯罪だけども。

 目標をなくしたミヤコに、空が勧めたのは得意の動画編集の仕事。イギリスの彼氏に動画を送っていたあの調子で、京都の老舗を世界に紹介するお手伝いができるじゃないですか!(老舗社長で市川猿之助も出演w 楽しそうにボケてますw) 更に、若い職人さんと繋がりも出来て出かけていくミヤコちゃん…。一緒に成人式を祝うつもりだったお父さん、がっかりですけども。父娘なんてそんなものですよー。

 地味ながら、毎週楽しみなドラマでした(^^)  ラストの京都紹介ミニコーナーのぎこちなさもまた良しw
いつもちょっと可愛い靴下の空父さん。その靴下の穴を、こっそり、可愛い模様に繕う(今風に呼ぶとダーニング)娘。ほのぼのしました。

 お母さん出ず終い。いつか、別れた妻が京都にやってくる続編などあってもいいかもね(^^)

 

映画「アパレル・デザイナー」☆☆

 古ッ!!!

 王道な物語は飽きずに見られますが(97分だし)ひたすら古臭い。たった1年前に公開された映画とはとても思えません。

 過去一世を風靡したデザイナー、ユージフジムラ(高嶋政伸)が古巣のアパレルHIRAKATAに帰ってきた!猫と新人パタンナーを連れて!
予算も就業時間も度外視、しかもド新人世加田(堀田茜)を重用するユージに社員たちは反発するが、結局はユージの熱意に打たれチームは一丸となってHIRA KATAショー開催を目指すのでした。

 はい、西村まさ彦氏目当てに頑張って見ましたよ💦
 コストコストとうるさい平方社長(西村まさ彦)でしたが、それもHIRAKATA存続のため。
途中、ショーの服を引き裂いてまで藤村チーム解散を叫び、映ってないところで副社長(前川泰之)と殴り合いすらやらかしたくせに、いざショーが盛況に終われば満面の笑み。やだー、やっぱり服が好きなんじゃないですか!

 と、社長には贔屓目もあり、定型の邪魔キャラ納得なのですが。受けて立つ藤村がねえ、優しげでいて中身は昭和の鬼上司ですからねえ。
社長にアパレル愛を教わった、と並べる思い出はどれも勤務時間外💦 部下への要求も残業当然、24時間仕事しろ!猫で誤魔化してもふんわりしないブラックぶりです。
その上、目下の女性はお前&呼び捨て。部下社員ならまだしも(ダメだけど)、靴の発注相手にまで呼び捨てって!お前呼びって!その無礼、親しさ表現だと思ってるの??

 そもそも、藤村デザインの良さが分かりません。作中、誰もがデザイン画を一目みては
「カッコいい!」「素敵!」
と絶賛する、それだけです。ショーで分かるかとずーっと待っていたのに…、いわゆるパリコレ的ファッションショーでなく既製服のお披露目だからか、地味色の普通の服ばっかりでさorz
もっと、色使いがこう違う、さすが!とか。ウエスト位置でシルエットが変わっていい!とか「アマデウス」式に、具体的に褒めちぎって欲しかったです。

 ましてデザイン画はただのイメージで、具体的に型紙に起こすのがパタンナー。なのでパタンナー次第で全く違う服になる、という前提も語られず、世加田の良さはパソコン任せにせず手作業を入れるからだとばかり、ほら精神論。実家は呉服屋でした!ってパターン引く力に関係ないし!
ついでに、藤村がデザインを志した美談。貧しくて服は母の工夫した手作りだったから…、いやこれ、服は買う方が安い世代に分かります? 逆に50代に子供服の手作りは当たり前w でも生地もミシンもお高いですのよ。本当に貧しかったら服はご近所のお下がり…。母上はプロの縫い子だったか、腕前はリメイクで発揮した方が説得力ありましたね!

 高級服も売れ残ればタグを切られて二束三文、ゴミになると、廃棄問題を入れたことだけは今時でしたか。あと、藤村と世加田や靴の岸本さん(西村美柚)、イケメン吉野(飯島寛騎)とラブが始まったりしなかったのは良かったです。

途中、若者を差し置いて何故かショーの服を試着する高島礼子が流石のプロポーションでしたw 





最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ