ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「警視庁ゼロ係(4)」~4 ☆☆☆

 小泉進次郎氏と滝川クリステル嬢が結婚!
兄の孝太郎も勿論コメントを求められてニュースになりましたよ、プチトマト柄シャツで!それゼロ係の衣装ですから!私服がとんでもない人だと思われていそうで心配ですw

 今回は芸人殺人事件です。
 3話も「ラッセンが好き~」の永野が本人役で登場。スキャンダルカメラマンが埋められ、二度殺されるという複雑な事件にゼロ係を導きましたが。4話の芸人はダイアナ=ダイアン、カンハマー=ハマカーンw え、事務所バラバラ。だったらマイ推しインパルスにも演ってほしいような、洒落にならないようなw

 まずは、方向性の違いでもめる若手芸人を仲裁したゼロ係。彼らの舞台を応援に行くと、例によって事件に遭遇。売れっ子芸人ダイアナの『本を書く方』がネタ披露中に悶絶死! その後、カンハマーの『金持ちな方』も同様に死亡。どちらも出番前の飲み物(神田のはスムージーw)に、毒物が混入されていました どちらも相方はアリバイあり。揉めていた女たちにもアリバイあり。じゃあ、とマネージャーが疑われるのですが……。
 はい、やたら刑事ドラマみてるともう分かるよねw 交換殺人でっす。それぞれ相方の元ストーカーや元カノを嘘で焚きつけておいて、交換殺人を提案する凝った犯罪です。更には、全員で一緒に死のう!と遺書を読み上げるテイで実行犯に自白の音声を遺させるって、どれだけ芸人って口車が巧みなんですか!! 自殺した女ふたりの犯行や!とシラを切り続ける芸人ふたりですが……我らがゼロ係の分析力と、全部書かれた計画書がみつかってw あっさりお縄になりました~。それを冬ちゃん寅ちゃんの夫婦漫才形式で発表w
『ふたり合わせて冬寅でーす!』 寅『ガオー』冬『野獣か!』
さ、さすがの芸達者でしたね! 
それにしても、どちらも相方を妬み恨んで犯行に及んだのに、実際は結構勘違い。殺された方も『小説を書いたのはコンビ名を売るため』と、暇になる相方津村(津田)を気遣っていたり。カンハマーだって金持ちな方菅野(神田)は、毎月30万円も積み立てしてたんですよ!いつまでもふたりでお笑い続けるために! 「大丈夫」と笑っていたのは、安心していいネタ書いて欲しかったからなのに、お笑いに投げやりと思われていたなんて。 というか誤解したまま会話がなさすぎw

 そして捜査の間に異動を打診されていた寅三先輩。一応悩んでいたら警視どの自ら
『行くべきです!』

と背中を押してくれるじゃないですか。じゃあもう、警視どののお守りは卒業!と晴れ晴れと、一課栄転を受けたのに……。芸人たちを相手に、相方を、奇跡の出会いをした『かけがいのない大切な仲間』を何よりも大切にするべきだった……と熱く語る警視どのの言葉にほだされてつい、ゼロ係に残ることにしてしまいましたよ。
はい、もちろん誤解です!
警視どのは、異動でなく見合いだと思っててw 『かけがえのない大切な人』はその相手のことでした~。 しかし一度は心揺らいだということは寅三さん、警視どのから口説……もとい、かけがえのない相棒だと思われていたら嬉しいんですね!こりゃしばらくまだ、お守りは続きそうです。

 そして縦糸の吸血鬼、神沼がまた殺人を…遺体を十字に磔して次回に続く。
原作本プレゼントの告知。え、ゼロ係って原作あったの?4シーズン目にして知りましたw

「ポインズンドーター・ホーリマザー」5 ☆☆☆

 「優しくなりなさい」という呪い。

 普通に優しくしたら、勘違いした好きでもない男につきまとわれる。あるあるですよねえ……。
そう思うと、一見非情に見えるモテ女子の『こいつムリ』表明は、それを避ける予防線。むしろお互いに親切なのかと思えてきます。好かれてから驚いて突き放すと、恨まれますもんねえ。今までで一番身近で、我が身にも起こり得たかと思える不幸でした。
 でも今回のヒロインは更にキチ母に、『親切のために犠牲になれ』と育てられます。子供の頃の、嫌われ男子の世話係もキッツイですが、大人になってもとんでもない見合いを持ってくるんです!元ひきこもり低収入で老母介護もセットな縁談、普通の親ならそこに愛があっても止めるでしょうに~orz それでもやっぱり「大事な子」で、母は「まもってあげ」てるつもりなのでしょうか。

 そんなわけで、イケてない同僚(浜野謙太)に惚れられて、盗聴までされていた明日実(倉科カナ)は彼を刺してしまいます。
他のメンバーに嘘ついてまで二人きりにされたバーベキューで錯乱されたら、こっちも刃物持って応戦しちゃっても無理ないかも……。そこまでしなくても、なんて結果論で逆に殺されてた可能性だってありますよねえ。現に、歩いては帰れない湖畔に連れてこられてふたりきりなんですから。
そして裁判では『優しい、いい子だったのに』と嘆く同僚母。その優しい子は盗撮し盗聴し、明日実の彼氏(奥野瑛太)を陥れる告発メールを全社員に送りつけた奴ですけど? 発信元に偽装され罪をなすりつけられた上司は、クビになってますよね? その辺を明らかにする気力が既に明日実になかったのが残念でしたよ……。彼氏がクズなのは本当でしたけど(^^;;;;)

 誰にでも優しくするって、誰にも優しくない。自分を大切にしていない。
クズながら彼氏の指摘はごもっともでした。

 嫌な男子の象徴が、鼻水とティッシュぱくりなのリアルw 湊かなえ自身の体験かしら。浜野謙太こんな役ふられがちですけれど、ご本人はミュージシャンでイケてる側なのが面白いところです。また、他エピソードとのコラボは漣脚本の映画が完成、公開されていましたよ(^^)
さあ次は最終回です! 


「ルパンの娘」~5 ☆☆☆☆

 泣かないで、和くん!
 毎回面白くて仕方ない、ルパンの娘。泥棒一家と警察一家のおつきあいの中、虚々実々なりに時に本当のことを告げる割合がスリリングです。

 例えば警察一家両親の馴れ初めは、現場検証の刑事と新人鑑識。検体をとりあげようと伸ばした手と手が、重なってキュンw
って、手袋してるのに!
とツッコミ入れてたら、なんと泥棒一家の両親の馴れ初めも同じく「職場」で「新米と」w 新人泥棒のママが宝石を盗ろうと伸ばした手に、それを盗ろうとしたパパの手が……
だから手袋(^^;;;;;)
泥棒なことが外に内緒なのはともかく、和くん一家が警察なことも泥棒両親には内緒で、おばあちゃんの協力を得て華は必死に隠し続けているわけですが。さすがに父(渡部篤郎)は気づいているんじゃないのかな。

 さて毎回、盗むのは悪い奴らから。義賊なLの一族です。
今回は、色気で男をおびき寄せ誘拐、マタンゴ共和国とやらの採掘場に送り込んでいた女盗賊(田中みな実)とその宝石がターゲットでっす。うっかり眠らされてしまったパパと、これまたハニートラップで警察手帳盗られた先輩(加藤諒)の代わりに女盗賊と交渉し捕まった和くんを助けに向かう女達!でもアジトには鉄壁な守りが……と、そこに出てくるのはいつも歌って踊ってるあの円成寺(大貫勇輔)くん!
前半で、子供の水鉄砲を華麗に踊りながら避け続ける場面の過剰さに笑いころげましたけど、ここでそれが「あいつなら!」となる伏線だったとは! そして見事に華麗なダンスで、死の警報システムをくぐり抜けてくれましたよ! おバカドラマにだって、否おバカドラマだからこそ、核になる大嘘設定以外でのこういう矛盾のなさって大切です。

 で、華たちが忍び込んだころにはメカテントウムシで自力脱出し、宝石を盗んでいたパパさん。杖を駆使した殺陣がかっちょいい!外の鉄壁警備を抜けるのが面倒だから、色仕掛けにのって内部に運ばせる計画通りですってよ。 そして手に入れた『ロミオとジュリエット』永遠の愛を象徴する宝石を、華への結婚祝いにするんですって、妻にでなく(僕たちの愛は、これがなくっても永遠だから☆ ってやかましいわw)
しかし華が救出に向かった和くんは、いままでのあれこれから既にLの一族=華が自分を助けにくるとほぼ確信。ついに現れた泥棒装束の華に
「来てほしくなかった」

と手放しで泣き濡れるのでした。うううう、みだれ髪と相まって、泣き顔も可愛すぎです。
和くんが目指す出世を助け、ひいては華との結婚を認めてもらおうとあれこれ、華とおばあちゃんが画策した結果、確かにやたらLの一族事件に和くんが関わっていましたからね。それを『自分の周りでばかり…』と冷静に分析できる和くん、おバカドラマの相手役としてはめちゃ有能です。可愛い上に有能、身内から何度も「つまらない男」扱いされている意味がわかりません(^^;;;;;;)

 さて、走り去った華はどうするの?世間から一旦姿を消すのでしょうか。
和くんの見合い相手だった警視総監令嬢(岸井ゆきの)も、一度は「お友達」になったものの、ふたりが破局したならまた、恋愛戦線に復帰するのでは?(中の人、「まんぷく」で瀬戸康史と夫婦役でしたし!)
楽しすぎて文句なさすぎて、感想書きにくいです!

「2019年夏ドラマの展望」

 そろそろ出揃いました夏ドラマ。ハナちゃんが3人いますね!

 今のところ観続けているのが
「監察医朝顔」         「TWO WEEKS」
「Heaven? ご苦楽レストラン」  「ルパンの娘」
「これは経費で落ちません!」  「警視庁ゼロ係(4)」
「凪のお暇」          「セミオトコ」
「Iターン」           「べしゃり暮らし」
「だから私は推しました」    「ノーサイドゲーム」
「時空探偵おゆう」       「まどろみバーメイド」
「ポイズンドーター・ホーリーマザー」    と15本!!

既にリタイアが
「リーガルハート」     「偽装不倫」  「サイン」
「わたし旦那をシェアしてた」「サ道」    「ボイス」
「ベビーシッターギン」   「潤一」「ランウェイ24」

 わー、今期がんばってます!

 で、「ルパンの娘」の深キョン、「TWO WEEKS」の娘、「だから私は推しました」の地下アイドルと3人がハナちゃんです。ドラマの役名ってやはり流行りをリサーチするのか、放映時期が同じドラマで同名って結構あるあるなのですが、全員が、可愛いか弱い守るべき存在(Lの一族深キョンは実は強いけどw)として描かれているの面白いですね。
 韓国ドラマリメイクが3作「TWO WEEKS」「サイン」「ボイス」どれもタイトルが冴えないのは、ただ直訳しちゃってるのかな。犯罪捜査ものは、法律や捜査法が違うせいか違和感を覚えてばかりなわけで「サイン」「ボイス」はリタイアですが、逃げてる犯罪者の側に立ってなら楽しめるのかもと「TWO WEEKS」で思いました。毎回の引きが強い!

 恋愛ものが少なくて「偽装不倫」……だけ? あ、「凪のお暇」もですが歪んでる。それなら「だから私は推しました」「ポイズンドーター・ホーリーマザー」の歪んだ愛も、恋愛ドラマに入ってしまいそうです。肉体関係だけで通り過ぎていく「潤一」もそうかな? いっそ「セミオトコ」だけがピュアラブ☆

 その意味では、お仕事ものだけどしっかり恋愛ドラマなのが「監察医朝顔」「ルパンの娘」ですね。「時空探偵おゆう」もw
「ノーサイドゲーム」「まどろみバーメイド」「ランウェイ24」は、お仕事ドラマだけれどそれぞれ、ラグビーを、カクテルを、ピーチ航空をアピールしたい感。それ考えると「サ道」と「べしゃり暮らし」も仕事してないけど同じ分類かもw
そして残ったいわゆるお仕事ドラマが「Heaven?」「警視庁ゼロ係」「これは経費では落ちません」「Iターン」「リーガルハート」「ベビーシッターギン」ですね。わあ、エキスパート揃いの中で「Iターン」が不憫w

 「わたし旦那をシェアしてた」だけが、仲間がいませんでしたw 何ドラマなのかしらあれw

 観続けているドラマはどれも面白いですが、今期ダントツお気に入りは「ルパンの娘」です。楽しい。メインテーマ口ずさみながらあの一歩ずつくねる歩き方真似して廊下歩いてますw 特に不満がないので書くことがありませんw
「凪のお暇」は評判上々なようですが、凪のスローライフも高橋一生も中村倫也も上のおばあちゃんも特に好きになれず突っ込みどころもなく……うーん。旦那が見続けるか次第ですねえ。「Iターン」も旦那主導で見ています。
「それは経費で落ちません!」は、いつも事務の人に酷い目にあってると旦那の長い長い愚痴が始まるのですが、逆に経理側の理屈が分かって面白いのは面白いそう。一人で見たいよー(^^;;;;;)


「監察医朝顔」3、4 ☆☆

 お姫様抱っこ! からの、朝顔ご懐妊~☆
こう並べるとラブラブですが、違いますからw 平父さんが酔いつぶれた桑原くん(ランニング&パンイチw)をお姫様だっこ! しかも映像は出し惜しみ! そして朝顔の妊娠が嬉しくて、何故かお父さんの方に抱きついちゃう桑原くんw 凹んでも喜んでも可愛いw このドラマのヒロイン、上野樹里でなく風間俊介なのでは……w

 そんなわけで、毎回大量に人が死ぬのに何故か後味がほのぼのな珍しい解剖ドラマです。
3話は火事(京アニの事件とかぶって、放送延期に)
焼死体の中、ひとつだけ刺殺されてから焼かれた遺体が。火傷の治療でマークされ捕まった犯人は、その遺体の弟で……目の前で兄が殺された報復に、やくざもんの事務所に火を放ったのでした。
4話は相次ぐ青酸カリ自殺。そして公園で首を切って死んだ男の内臓に、詰め込まれた大量の青酸カリカプセル。自殺用の薬を売るサイト管理人が、解剖医を巻き込もうと自殺したとみられます。

 3話は、違う保険証が出てきた時点でなりすましだの身代わり殺人だのを想定したのに、お互いを思い合う兄弟の話でしたよ!
4話だって、連続猟奇殺人にも出来たのに地味でしたよね。解剖中に、青酸ガスで解剖医が倒れる……そんなシナリオを想定したのなら、生きて結果を見たくないですか? なのに自分の遺体で実行しちゃうんですよ。真面目な。 しかし朝顔の機転で皆助かります。正確には、スマホを取りに戻ったバイト嬢のせいで朝顔だけが倒れてしまいますが……治療の結果問題ないそうで。むしろ、その入院で妊娠が発覚。急転直下の結婚本決まりに、お父さんはどう反応するのか!見てるこっちがドキドキしましたよw 殴ったりしなくて良かったw

 福島でのお母さん捜索は、副産物で他の人の遺品をみつけて喜ばれることもあり、あてつけがましいと嫌がられることもあり。娘朝顔の妊娠、結婚で益々、ああお母さんが居たら…と思うことが増えてまた切ないでしょうねえ。
 ところで、妊婦となると解剖は、今回のような危険や感染症リスクもあってNGだとか。え、主人公のメイン活動が封じ手にw そこも異色。認定医試験の勉強をするそうで、そこにまた別のアプローチがあるのかな? 他の解剖スタッフの役割が大きくなりそうです。
毎回、連ドラでなく2時間ドラマ連作をみている感で、クセになりますねえ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ