ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「警視庁ゼロ係(3)」1 ☆☆☆

丁寧に失礼な警視どの(小泉孝太郎)が、ワイルド寅三先輩(松下由樹)が、帰って来たー! 今季は『トウガラシ野郎』ですw
カレー桜庭(木下隆之)ITピンク太田(戸塚純貴)無愛想むらさき本条(安達祐実)と、お馴染みゼロ係メンバーそれぞれにトウガラシの効能を、適切かつ失礼に語る冒頭の警視どの。有能なメンバー紹介でしたね!
新係長に片岡鶴太郎。……先日急逝された大杉漣元係長も、退職したのに電話で情報提供、という形で登場。しんみりしちゃいました。

使い勝手の悪い奴らをゼロ係『なんでも相談室』に押し込めとけ!という呑気な設定なのに毎度関わる犯罪は猟奇的なんですよねえ。今回も、依頼のセミ捕りついでにみつけちゃったのは、ぐるぐる巻きに繭にされ小指が切断された死体。若い女性を狙う連続殺人です。
捜査一課相手にに失礼発言連発で揉めながら、元係長の情報で被害者の共通点が精神科医実相寺(嶋田久作)だったとつきとめる、我らがゼロ係。40年前の実相寺母の転落死にも不審な点が……。おや、面白いじゃないですか。

出色だったのは、元監察医役の石坂浩二。警視どの同様の正直すぎる人ですが、お年寄りに「まだ生きてたか」等の毒舌は許せないと、あのマイペース警視がじたばたw いいゲストです(^^)
で、家で転落死した実相寺母に背中を押された可能性もありと判明。しかし、実相寺逮捕後も繭に入った殺人は続きます。実相寺は壁を抜けられるのかw いや、共犯とか実行犯が別にいるんでしょうーがw 
捜査一課のホープ金田一(平岡祐太)が、表向きは警視どのをもちあげつつも、失点は押し付ける気満々なのも設定に華を添えています。気軽に楽しく見られそう。


「この世界の片隅に」1 ☆☆☆

小姑が尾野真千子……orz 
これほど恐ろしいことがあろうかという状況で面と向かって嫌味言われてるのに、ほわんと受け流してしまうヒロインすず(松本穂花)ちょっとネジ弱そうでもありますがw 慌てない、でも諦めない。この娘と一緒に生きていきたい、と旦那さんが探し当て、請われて嫁に来たんですからね。きっと幸せ。

と、いうわけであの名作のTVドラマ化です。
ぎゅっと詰まった映画版と違って、現代パートもあり。榮倉奈々とツレが土足で入り込んだ廃屋にその昔、「すず」という人が住んでいたんだそうな(この話に現代を持ち込んだらダメ、と息子が熱く語って去りましたが……。とりあえず静観)

その「すず」さんは、海苔を作る家で育ち(あんな和紙梳きみたいに四角にするんですね!)、誘拐されかけてもまずおやつw 落ち着いた途端に『諦めずに逃げなきゃ!』と思い立つ。まったく策はないのですが、そこは一緒に捕まってた男の子が考えてくれましたよ。長じて嫁取りを考えたその男の子周作(松坂桃李)が、おやつのキャラメルで『浦野すず』を思い出し、はるばる求婚に訪れるも全く覚えのないすずは隠れてしまいます。
そのまんま、話すどころか顔も合わさずに話が進み、嫁入り当日に「初めまして」って……。「妹とお間違えじゃないですか?」とまでw そのまま一生暮らすんですよ? そんな風に暮らしが成り立っていた時代があったんですよねえ。
そして始まる新婚生活……。どこかですずちゃんは、あの時の、と周作との縁を思い出すのでしょうか。

幼馴染の水原くん(村上虹郎)も印象的でした。周作が現れなければ、ご近所同士ありえる縁組のお相手だったでしょう。


現代パートでは、榮倉奈々ちゃんは廃屋で暮らすと決めたそうです。ふむふむ。


冒頭のすずの誘拐が昭和9年。私の母が生まれた年なので。恋愛結婚した母と、それこそ祖父も意見ゼロで勝手に決められて結婚したという祖母との中間ぐらいの世代でしょうか。

祖父が海軍軍人だったので、呉や舞鶴の宿舎にいたと聞きました。その呉港を見下ろす山の上で、すずはどんな風に暮らしていくのでしょうね。折からの豪雨で被災されている周辺が舞台。連日片付けの現場中継を見ていますが、元はこんなにきれいな場所だったんですねえ。

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」~最終回 ☆☆☆

なんと、夢で関テレを受信してシリーズ1の大阪城公園駅回を視聴していたお父さん(木下ほうか)! 手錠をした脱獄囚に、娘が銃で脅されてる……って突飛な夢ですよね普通は。なんと娘さんの実体験ですよ〜。

ついに完結。シュークリーム娘の元に、家出したお父さんが戻ってきました。
そっか、夢を追いかけてラスベガスに(^^;;;;) こういうフワッとしたお父さんにしっかりものの娘。「ジャりんこチエ」のテツとチエ思い出しちゃいますね。
「ゆるしてくれるなら、黄色いハンカチを……」
と、どっかで聞いたような電話をしたら奥さんにガチャ切りされたってw それを「私が出してあげるから」とひっぱる美咲ちゃん。ほら苦労させるから、若くしてこんなリアリストになっちゃって、もう。そして家には、びっしりと黄色いハンカチ……は無くて。 ほら集合住宅だし。 がっかり……と思ったら、入り口から玄関まで、オズの黄色いレンガ道並みにイエローカーペットが敷き詰めてあったのでしたw 良かったねお父さん(アパート外壁にハンカチよりむしろ邪魔ですが、荷物の搬入で養生してあると思えなくも…w)

大阪いち美味しいシュークリームは結局、家族で一緒に食べるシュークリームかな。
「踏ん張れー!」

カツラに霊がつき、森ノ宮駅ではタイムスリップして若き日の自分と会うとか不思議回もありましたが、親子の再会に虫のしらせ挟んでくると思わなかったのでちょっとびっくりでしたw

そうそう特別編のカメラ小僧前田航基くん。最近「MISSデビル」でも見たっけ。丸くなっていい味でした。どの駅でも、どの駅でも、電車を撮ったはずの写真に美咲がいた。うん、運命だ運命。美咲が落としたシュークリームを、テンパって拾って差し出し、いや拾われても……と受け取ってもらえずに、これまた思わず食べちゃう場面、さすがのテンポで笑えました。 しかし美咲ちゃんは桃谷駅編でも、ぶつかられてシュークリーム落としててね。歩きながら食べるもんじゃないですよ、まったく(^^;;;;)
それと、やはりカメコな先輩(上遠野太洸)のメガネ外して「いた!」とつぶやく、イケメンを探す女(谷村美月) シーズン1天王寺編で俳優といた事務所の人ですね。 写真とってた娘も1場面だけ再登場。こういうリンクちょっと嬉しいですね。

BSでは、引き続きシーズン3も再放送ある様で楽しみに見てまたつぶやきます(^^)

「独眼竜 花嫁道中」☆☆☆

宮城発地域ドラマ。

仙台を舞台に独眼竜政宗を推すのは当然ですが。渡辺謙主演の大河ドラマ映像を何度も流し、主演は息子の渡辺大って反則ですw 顔だちより声が似てますねー。そして女装したところは杏に激似w そう、女装なんですよ。脚本協力サンドウイッチマン、盛大にふざけつつ震災復興も勿論とりいれてのいい話です。 麿赤兒の女装は、身のこなしがさすが! ヒロイン栗山千明も豪華ですね。

主人公は、街の酒屋の藤次郎(渡辺大)
伊達政宗公の大ファン。眼帯をつけて大河ドラマを真似れば、別人の様にシャキッと出来るのですが普段は内気で弱気です(^^;;;;)

町おこし会議でも眼帯パワーで、他所もしている武者行列でなく政宗の正室愛(めご)姫の嫁入り行列イベントを思いつきます。しかも自分が政宗、幼馴染ミキ(栗山千明)を愛姫にして、イベントの勢いでプロポーズしちゃおう(注:つきあってもいません)という迷案込み。そのせいの失言で女性陣が去り一般参加者もゼロに。仕方ない、とノリノリで女装を始める町長(麿赤兒)と町内会メンバーについていけず、もじもじ隠れるばかりの藤次郎に『堂々と女装の方がまだ男らしい』と呆れるミキ。でも実は、ミキに守られてばかりだった子供時代にも、一度だけ藤次郎がミキのために戦ってくれたことがあって……それを忘れずにいるミキだって、憎からず思っているようなのですが。急接近の大手酒屋イケメン店長(狩野英孝)になびいちゃうの?
アレコレ乗り越えての本番当日。何故か愛姫は藤次郎w 眼帯で気合を入れて行列を終えれば、迎えた政宗はこれまた何故かミキ!愛姫の扮装で政宗公になりきって求婚というダブル眼帯のややこしい状況ながら、うなずく政宗=ミキを赤い傘の下抱きしめる愛姫=藤次郎なのでした。そう、あの思い出の雨の日と同じ赤い傘の下で。

めでたしめでたし。

美容師ミキちゃん、趣味は剣道。美剣士栗山千明とは、高嶺の花感ハンパないナイス配役でした。でもせめて、普通にデートに誘えればいいのに。ミキの仕事中に美容院の入り口でプロポーズ始めようとするとか、内気以前の問題な気がします(^^;;;) その他ほんとダメなのに、政宗の様に眼帯をすれば途端に堂々とする藤次郎w イベント反対運動にも、甲冑兜をつけて大河ドラマのセリフ真似でなら立派に応対できましたけど。もう一歩、子供時代の思い出以上に、今好きになれるいいところを見せて欲しかったんですけどねえ。ミキちゃん本当にこいつでいいのw
サンドウイッチマンはノリノリで、伊達は町のパティシエさん。町内会会員で女装もするけど振袖にパティシエ帽w 富澤は女装の指導に来たオネエさん。ボケまくりツッコみまくりです。伊達が似顔絵ケーキ作ってきちゃ、落としたり顔つっこんだりで力作台無しですし。オネエを笑うのも今時どうよ感もありますが、やっぱり賑わいますよねえ。狩野英孝も含め楽しいゲストでした(そして、伊達のパティシエ姿。何かに似てると思ったら…そうだ「こぐまのケーキ屋さん」店長さんw)

花嫁行列に使う馬を探して、馬場もあの津波で流されていたと知る場面。政宗公の時代にも震災があり、見事な復興指揮をとったと語られる場面など、震災の記憶も描きながら、華やかな武者行列や記念館、蝋人形の紹介も忘れません。青葉城から政宗公がから見下ろす街並みも美しく、訪れてみたくなりますねえ仙台。
花嫁行列も、本当にどこかしたらいいかも(^^)


「プロジェクトランウェイ16」7 ☆☆☆

モデルの休日。SNS映えも意識して。

オフとはいえど、急にオーディションに呼ばれることもあるし。人目もあり、SNSでセルフプロモーションも心がけなくちゃいけない。そんなモデルの休日の服をデザインする回でした。モデルの方からお気に入りデザイナーを指名だったこともあり、デザイナーの私服そのまんまな服が続出することにw

ショーンなんて、モードで生地探すのに自分が着てた服指して「これと同じの」と言ったとか。マジかw それでも出来上がった服は肌見せの具合といいレース使いもメッチャ素敵でしたよ。ただ問題は、苦手な作業はほぼ双子クレアがしていること。クレアはショーンの手伝いが忙しくて、自分のデザインを簡単に変更せざるをえなかったって何それ。またそれをティムが、審査後半で「実は……」と切り出した時のハイジw 目を輝かせて「何?何??」ってw 揉め事大好きねw
お得意ゴスロリ作ったサマンサも、モデルと色違い状態で並ぶことに。だったら写真ではただ真っ黒にみえるコンペ服より、サマンサが着てるゴールド生地の方が目立つし映えると言われて涙。
それでも、クレアの黒スエットと同じ黒じゃないですか。サマンサは見えないスカート下にも細かいレースつけて仕立て頑張ってるのに「無駄!」と切り捨てるニーナ達(^^;;;;) えええ、酷い。「座った時に大事だから」と、むしろザックポーゼンがゴスロリ寄りでかばっていて笑えました。落とすならクレアかと思ったのになあ。

マイケルの切れ込みドレスは、曲線美モデルのボンキュボーンも相まって映画「ロジャーラビット」の歌姫を思い出しましたよーコスチュームっぽくない?
今回優勝したケンタロウの、袴キュロット&デニムスパッツと白トップスで腹見せはナチュラルで素敵でしたねー。スパッツが実は足部分だけで、腰では布が重ならずすっきりなのも「商品化すべき!」と女性陣に好印象(^^) しかし着たいかと言われるとスタイルがいい人細長い人の服よねー(チビの私があのまま着ればどうせ腹は隠れるけどw)
同様にブランドンのいつものダラっとした服も、踏む。自転車乗ったら絡まるし電車で紐踏まれますよね。撮影以外で絶対着ない服w
サヤインゲンを危惧されたケニアの緑上下&ダルメシアンシャツもハードル高し。私も着たい!となる服はなかなかないものです。バタニーのかなあ。


次回は二人組で。ちょっと、ケンタロウとブランドンのブラザー組むの? サマンサいたら間近で萌えられたのにね、落ちちゃって可哀想~

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ