ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「君と世界が終わる日に」1 ☆

 王道ゾンビもの。

 今夜帰ったら……。
とプロポーズフラグをたてたまま、トンネル崩落事故でひとり閉じ込められてしまう主人公響(竹内涼真)
奇跡的に脱出するも、たった4日で街は無人に成り果てていたのでした。
 職場にたどり着けば、社長が隅でお食事中。社員をorz
血まみれでよろめき歩き人肉を漁る、いわゆるゾンビから逃げ惑ううち生存者と合流し、老若男女助け合って避難所である響の出身高校を目指すことになります。
 定番の流れ。なのに誰もあれをゾンビと呼ばないことが不思議です。
『病気なんですか?』
じゃないよw むしろ、噛まれてたらああなる、と響の傷を気にする根拠が「映画で観た」なのかもしれない程、ゾンビじゃないですか……。

 さておき、響が初殺人もとい初ゾンビ退治を体験しながら、たどり着いた避難所は無人で荒れ放題。恋人来美(くるみ 中条あやみ)の持ち物も床に。もう死んでいると言われても来美の無事を信じたい響は、二人の思い出の場所、校内の弓道場へ向かうのでした。
この時点で、トンネル脱出時の街と同様に避難所は無人無ゾンビ。都合がいいな、おい。実は講堂にびっしり全ゾンビ集まっていた様に、ある程度コントロールする方法があるということなんでしょうか。  

 走って追いかけてくるゾンビ群を、腕に覚えの和弓で次々と打ち抜きみんなを助ける響!頼もしい!
 皆がギスギスしたら缶詰料理で和ませ。階上で閉じ込められればカーテンを裂いて窓から逃げる機転。その下にもゾンビが集結するピンチは、救急車内の輸血パックを投げて、更にそれを射貫いてゾンビを遠ざける柔軟な発想と天才的射力! そして絶え間なく『諦めちゃだめだ!』と皆を鼓舞する、まさしくヒーローです。
襲い来るゾンビの中には、偵察に行ったまま戻らなかった宅配さん(鈴之介)も……。怯んだものの、女児を守って決意の矢を放つ響。はい、良かった助けられました~。

 そして助けを呼ぶ来美の無線を受信!生きていた……!

 正直、このテイストなら生きてるだろうなあと。
最後は指輪を渡してプロポーズで大団円、でしょう?? いいじゃないですか。 

 崩落からの自力脱出が既にツッコミどころですが、そもそもゾンビがいる世界。弓道の矢が頭蓋骨貫通しようが、百発百中だろうがそういうもの。と唱えながら観ていたんですよ。
しかしラストでずっこけましたorz
『絶対諦めない男』響が、粘って粘って来美を口説き落とした高校時代のエピソードが、何時間も何時間も、もう辞めたら?と呆れられながらも射続けて、ついに、とうとう!連続で!
 的 に 当 たっ た
だけだったんですよ。はあ? 

確かに弓道ってそうらしいですが、それではゾンビ退治時の命中率と矛盾しますw 女児越しにゾンビを射た場面、これで「俺を信じろ」とか良く言えたもんです。
 信じれば出来る!のなら、いっそミラクルに継ぎ矢(的中した矢に、次の矢が刺さってまるで一本になる)でもさせたら派手でイイじゃないですか! なのに、何故ここだけ地味リアルですか。いやーもう本当にがっかりです。

 こういうこと書くと『嫌なら観るな』勢が湧く昨今ですが、違うでしょ。ゾンビドラマに『ゾンビなんかいない』と文句つけるなら、そりゃ観るなですけども。ゾンビをやっつける主人公カッコいい~と、素直に思える様にちゃんと作ってくれ、と言ってるんです。

アーチェリーなら威力も命中率も高校部活にも十分なところを、わざわざ弓道にしたんでしょうにねえ(弓道着がカッコいいからかしらw ライフル射撃だと「アイアムアヒーロー」ですし)

 一行の内訳は警察官(大谷亮平)と、響の同窓生でもあるその部下等々力(笠松将)、老小説家(笹野高史)、引っ越し屋(マキタスポーツ)と部下ユン(キム・ジェヒョン)、介護士の母(安藤玉恵)とその娘、女子大生(飯豊まりえ)
 警察官ふたりは拳銃を所持。そこに響の弓。寡黙なユンも、実は拳法の使い手と実は戦闘力が高い一行でした。でも等々力は響を『裏切り者』と誹り、遺恨がありそうです。また小説家は噛まれたのを隠してる?? 封鎖地区に安全な場所は、救助は、来美を助けには行けるのか?
 ゾンビを見守る、怪しい研究者(滝藤賢一)は何者?

 主人は日曜の夜にゾンビドラマ斬新と喜んでいるので、観ますけど。もうツッコまないで済むといいなあ……。

「2021年新年と1月上旬のインパルス」

明けましておめでとうございます(今頃w)
今年はもう元旦からずっと出演が多くて嬉しいやらまとめきれないやら嬉しいやら!!「鬼の御伽」も予約しましたよ!

「笑う!ラストフレーズ」(1/1)
 ラストって笑い納めかと思いきや放送時間は年が明けてから。ラストフレーズとはオチの意で、オチ指定コント競演番組なのでした~。例えば「I live you」のお題にニューヨークは、マイクをつけにきた音声さんが妙に距離近くてもやもやし続けた最後に
「毎週ラジオ聞いてます!」
蛙亭なら、彼氏がいる、いない、ともてあそぶような会話の最後にイケてない男子が絞りだす
「あの、ブランコ乗りませんか」
それぞれ、このラストフレーズが「I love you」を表すわけですね~(かの漱石の「月が綺麗ですね」説的なw) その他別の英語や、ことわざ編なども。
 MCは、オードリーとアンガ田中+テレ東女子アナさん。地味ですw
板さんの出番はコントでなく『オードリー向上委員会』、今やメイン番組14本と売れっ子のくせに大人数の番組を避けるオードリーの為に田中が準備したMC力を鍛える企画で……板さんの他にアルピー、さらばと、これまた地味メンツが架空のややこしいゲストとなって揉めまくります。『散っていった俺たちの分まで』MC頑張れと活を入れる板さんが、
「スターになる事とジャケットは捨てた」
と嘯く通り、MCらしくジャケット姿の若林に対して板さんは、黄ネルシャツ灰色パンツとラフな格好ですね。 そして提案する揉めキャラは
『自分が面白いと信じて疑わない大物女優』
ああ、モデル泉ピ○子かなw ピンクスーツにショートカット、サングラスの柳タマ子さんw トークに誕生会が頻出するあたり和○アキ子も混入ですw 他の面子が『変に前に出るアイドル』『当たり前の様に歌舞伎の話をする歌舞伎役者』と案を発表しあるある~と盛り上がってる時間はまだしも。女装も仕上げて始まった場のカオスなこと(^^;;;;;)
 脇で見守る芸人でなく、若林自らが何度もギブorz 仕切り直してはやっぱり心折れるのでした……あんな生放送、ネットで炎上するわw 板さんが本人役で参加した回の『放送禁止用語多用の昭和大物俳優』『間を使う俳優』『決めつけてくる女流作家』も面倒くさくて最高でした!
 季節特番で続いて欲しいです。

「フットンダ」(1/1)
 新春恒例「フットンダ」、複数回優勝のレジェンズ川島板倉井上は今年から審査員枠に昇格でーす。
 Aチーム審査川島に続き、Bチーム審査でタカトシの横に座った板さん。審査員だから……と音声さんからヘッドフォンを借用w 唄系番組の審査員みたいに目をつむって音に集中してみせる小ボケでスタートでした。ジャケット姿で!(「ラストフレーズ」で捨てたと言ってたジャケットw) Dチーム審査でも『堺正章』と書いた名前札を準備w そんなボケの準備要らないんだよ!と毎回トシに怒られていたのですが、逆に審査員3人並んだ決勝戦で何もなかったら『無いんかい!』とツッコまれてしまいましたよw 板さんの案外マメに準備して仕込んでいくスタイル、新年早々からお楽しみいただけたでしょうか~ 
さて来年はどんなことになるんでしょう。

「千原ジュニアの座王 2時間sp」(1/2)
 出た~千原ジュニアが仕切るお笑い対決番組!
元々は椅子取りゲーム形式だから「座王」なのですが。3チーム30人と大人数の特番では椅子取りはせずにくじ引きに。
Bチーム阿佐ヶ谷姉妹の後ろ、キンタロー。の隣に座った板さん。全体で手拍子の流れでも姉妹感涙でも、いつもの様に淡々と見えましたがそこは初登場。Aチームの戦いを観ながら「震えが止まらなかった」そうですよ??
後半でやっとくじが来た板さん。得意の『大喜利』をチョイス。相手はアイデンティティ田島(悟空の声優さん真似の人)
☆「これ書いたのアンジャッシュ渡部じゃない?」初詣の絵馬に書いてあったこととは。→『復帰させてくれたら1万円あげます」お下劣になりかねないお題のギリw でドロー。
☆「スタジオの誰かをディスってください」→ 「カメラ3つも持ってるあなたは誰なの?」演者でないところに目をつけるセンス!!!板さんの勝利です。
次は稲田『1分トーク』の相手に板さんが。
→飛行機内で美人女優を口説いてるボクサーが、実はあの人だったネタ。……これ何度も語っててウケてるし今回も勝ったけども。声で誰だか分かるでしょー!!
☆効果音対決 合格の鐘
 ザコシショウ、2度鐘を聞いた意味w 後攻板さんのタクシーチケット勝利でした。
そしてBチーム決勝は初戦フリーザR藤本と板さん。板さんが断然格上ですが、昨年王座R藤本には謎の余裕がw そしてお題は、残った「中継」と「キス」から、板さんが苦手そうな方……そう、キスでしたw しかもコロナ対策。専攻フリーザのキス後、お相手マネキンを除菌してからの後攻板さんw
「げへへ、いいのかいこんな上玉に」とゲス野郎演技でちゅーっと(でも優しいw)して昏倒、毒を盛られたか若さ吸い取られたかというミニコントを演じきっていましたが、残念判定負けでした☆
物ボケやロケも観たかったですね〜。また出て欲しいです!!

「まさかのバーサーカーF」(1/3)
 まさかの復活!まさかの新春番組で!
更に「まさか」が、FがフィーメールのFで女性視聴者を取り込もうとしてたことです。回答者にもラランドサーヤやたんぽぽ川村と女性を入れてきてましたが……くっきー居るしw やや女性受けのいいバカリズムや飯尾さんも「西に放送コードがない番組があると聴いて」とやらかす気満々じゃないですかw
 板さんの出番は、心斎橋PARCOでお洒落ロケ! 土屋アンナがハリセンボンはるかをデート向けコーディネートする付添=ただの撮影係ですねw ちなみに堀北真希の妹NANAMI&尼神インター誠子チーム付添は笑い飯西田で、女性の服の好みをきかれて「……蛍光のマイクロビキニ?」ってw 冬のニットコーデの参考にならなさすぎw
 そのうち店内で出くわした両チーム『何が起きたのでしょう?』といつもの大喜利お題にされていましたが、回答は板さんと西田でこそこそと『ハプニングも無く撮れ高がない』と相談でした! 最後は牛柄パーカを着てランウェイ! スタジオでの牛になって大喜利は大惨事でしたがw 現場では流石の土屋アンナ、牛柄を着せられてもちゃんとカッコ良かったですw 牛パーカの板さんもちょっと観たかったですねえ
 後半はダイアンユースケが整形(違)
訳わかんないロケよりは役に立つ気もしましたが、視聴欲そこじゃないから(^^;;;;;) そしてTverでの視聴回数が最近では大事だそうで、録画よりTverで見る方が役に立ちそうですね。

「千原ジュニアの座王」(1/10)
 前回の特番でカットされた未公開場面。
板さんはザコシショウとの効果音対決、デンジャー音(ガンダム発進前の待避警告みたいな)に例によってパンツの中ネタで来るザコシショウに対し、正座で食事中に効果音に怯える板さん。
「……締めのラーメンが来る!」
で、ドローとなったわけですね。笑いは起きてたけど状況が謎すぎたのかもw

「クイズTHE違和感」(1/11)
 ノブの顔w
板さんの役どころは、クイズドラマ中の板倉弁護士でした!相棒にトリンドル玲奈演じる正道弁護士です(^^)
まずは普通に、依頼人の応対や収監中の犯罪者に接見、そして大詰めの裁判にと正道弁護士が主人公のドラマが流れます。何かと言い争う二人が可愛いのと、ガチ泣き板さんが見所です(^^) 2度目はそのビデオを、怪しいと思うところで止めて回答。岡田将生、賀来賢人、奈々緖と弁護士ドラマ経験者の面々は指摘箇所が重なって、早押しクイズの様相にw 
服役者にボールペン差し入れ禁止、サプライズ証言は無理、等はよく聞きますが、接見にミニスカ禁止は知りませんでしたわw その他、絶対勝てる発言、法廷を歩かない、ガッツポーズ禁止などなど、ドラマにありがち間違いを正道弁護士がやらかす度に、板倉弁護士からの説教コントが入って楽しかったです。ケイスケホンダw 
初回裁判で「玲奈」と呼びかけて褒めるところ、「正道」じゃないんだーと萌えていたのですが、繰り返される説教コントでは「れ~い~な~!」多用w こちらはウザ可愛かったですねえ。

「有吉の壁」(1/13)
 印刷所で働く一般人の壁(^^)
最初はまず、会議室でぐるっと怖い人に囲まれて床に座り込んでいる板さん(~~;;;;)筆を握るも、4コマ漫画のオチが出てこない……! 「お前の血でフルカラーにしてやろうか!」ってw こんな恐ろしい状況で何十年も連載をw 合格~○
次は清掃業者の人ですが、ふらふらと審査員に寄ってぶつかった直後に、黒服の男達にスパイだと囲まれて。何も持っていないぞ?? ……って、実は直前に佐藤栞里ちゃんのポケットにUSBを隠しておいたのでした! 外した黒エプロンをバサッとカメラ方向に(重要)投げ捨てて走り去っていくお姿は、怪盗イタさんでしたよねw 合格~○
最後は必死の形相で電話をしている社員板さん。「大林素子のマネージャなのですが」って、トイレ中の大林さんに何か問題が?? 「あ、ありました!」いやそれは印刷用の巨大紙ロールでw 巨人用トレペじゃないぞw 合格~○
 前回の遊園地ロケの流れから、こちらのバスにと予定になく連れてこられての参加だったそうですw 面白格好よかった~また出て欲しいですね!

ラジオ@spotify「秋山第一ビルヂング」#12
 聴くコント番組。
某雑居ビルのオーナー秋山は盗聴が趣味。隣のビルの馬場オーナーとふざけつつ、日々あれこれ盗聴しているそうで……今日のターゲットは、雇ったばかりの板倉警備員!
 夜間の見回りでびびり倒している板倉さん、何を見ても聴いてもひと騒ぎ。ピアノの音が!子供の声が~~っ!って、バーだったり塾だったりw テナント把握しといてくださいw 一方の盗聴してるオーナー達はあんなギギギギ……ときしむドアは無いはずと騒いでて、何故かびびりフィルターが盗聴マイクにもかかって居るようでした。
 板さんらしく、大人の汚いところを子供に見せちゃいけないよ……てなオチもあったりして楽しかったですが、警備員はクビかなw もう一人のゲストゆりやんレトリィバァとは全くからまずでした(延々と同じ話を繰り返すだけのゆりやん、大した度胸w)

「ミヤコが京都にやってきた」1 ☆☆☆

 地元京都の佐々木蔵之介……萌えます。

 京の町家で、看板も出さずにご老人への買い物代行……もとい往診を主に暮らす医師柿木空吉(佐々木蔵之介)
そこにある日現れたのは、12年むりに会う娘ミヤコ(藤野涼子)! 
京大受験に2度失敗したというミヤコは青い髪。紅葉を見に連れ出せば、見事な英語で生配信を始める……YouTuberなの??そして予備校は辞めた、空吉と一緒に暮らすと言い出します。

 ミヤコは2年前にも京都の町で空吉を認めたそうですが、自転車に乗った空吉は気付かずに通り過ぎた、と。そりゃそうでしょう~。記憶の中の娘はまだ8歳のままなのですから(涙) ……って、元妻と連絡とってないって写真ももらってないレベルなの?? 家出したのかも確かめられないの??
しかも戸籍上の父親は別にいるそうで何やら複雑w そして空吉の留守に家中を物色しだすミヤコ。父恋しいだけじゃなさそうな彼女の目的は??

 背景の京都がどこも美しく、出町柳の店々は旅行案内の様にも観ていられます。挙げ句に紅葉の今熊野観音寺だなんてもう、ずるいわw

「悲熊」☆☆☆ 3~最終回

 悲しい熊と書いて、ヒグマw NHK5分ドラマでした。

 濁点付きでもっさりと喋る、何かと不運な悲熊くん。
原作漫画を、顔の出る熊着ぐるみでやらせちゃうのは「猫村さん」の流れでもう全然オッケーですねw それを重岡大毅にさせようと思いついた人GJw 可愛いw
街頭シャケ販売では
『ツキノワグマが採りました~』
と、違うのに親方(北村有起哉)に言わされw 土産にもらった一切れを明日の朝食にと思ったら、そのまま冬眠してしまい起きたらカピカピにorz
公園で、きちんとゴミを分別しようとすれば、キャー熊がゴミ箱を漁ってる!と 警察に囲まれて逮捕(^^;;;;;) ニュースを観て、熊くんは悪くありません!と助けにきてくれたお友達栗林さん(黒島結菜)は、良かれと
『あれは……熊っぽい犬です!』えええええ~w

 1,2話を見逃したのでいろいろ不明ではありますが楽しめました。
川で鮭を捕る場面では大勢熊の仲間が居ましたよ!じゃあ個体名はと、毎回名前を聞かれるのですがその度にこの悲熊くん、何かひっくり返したりヘリコプターの爆音が響いたりで名前が伝わらないままw それでも最終回は、狩人もふりきり、冬眠の誘惑にも勝ちw 無事に栗林さん宅のクリスマスパーティに参加できたのでした。良かったね~

「江戸モアゼル 令和で恋、いたしんす」1,2 ☆☆

 出オチドラマは30分でお願いしますw
あとカフェの森田甘路、今期めちゃ観ますね

 江戸の花魁が東京にタイムスリップ!
そこで起きるドタバタが楽しい原作漫画を、岡田結実主演でドラマ化です。美しい~。
いや原作は、引き目鉤鼻しゃくれ気味いわゆる浮世絵美人そのままのヒロインが現代ではブス扱いなのに自信満々なのも笑い所だったはずですが、まあいいか。他にもたしか女2男1で集団タイムスリップ、若い方はすぐ現代に馴染んでバイトもするのに年上の花魁は戸惑いがちだったりしていた気がしますが。ドラマでは花魁仙夏(岡田結実)が一人で現代TOKYOに迷い込み、親切で脳天気なカフェオーナー蔵地(田中直樹)に拾われて、居候の俊輔(葉山奨之)と一緒に翌日からカフェバイト。
またオーナーの娘(山口まゆ)が江戸マニア、仙夏の『花魁コスプレ』が完璧と感激したりw 現代事情を江戸風俗になぞられて解説する時にお役立ちです。仙夏が実らぬ恋に身を焦がした『直さん』そっくりの社長、鳥居直樹(前田公輝)が『直さん』の弟の子孫と家系図を調べてきたり(早世した街の八百屋の記録なんてどこを辿ったのかw)、そもそもしゃちょうが分からない仙夏に「大名みたいなもの」と吹き込んだりw大活躍で、便利な翻案でした。

 さてフリーター俊輔、実は大企業社長令息? 父親と衝突し蔵地家に転がり込んだようですがそこはさておき。カフェで高校時代の同級生春日泉美(古川彩子)と再会し、密かにラブ。恋には手練れの仙夏に速攻見抜かれて、応援されています。
もっとも、恋文に小指を切って添えると本気! とか、吉原流の助言は概ね実行不可能なのですがw 自由に逢い引き出来るのにもったいない、と不自由な身だった上に想い人と死に別れた仙夏に言われてしまうとぐっとくるわけです。その他、泉美を振り回す上司に説教したり、秘書として雇われた取引先に啖呵切ったりと、江戸の常識で押し通されてハッと我に返る瞬間が楽しいドラマです。しかも、言うだけ言ったら、さあ!と舞い始めw 秘書もスーツ姿に頭だけ日本髪に簪が刺さってるギャップw
 現代会社で、取引先の接待役だけを期待して女子社員雇ったら顰蹙ですが、そもそも性的接待が本職の仙夏はそこは気にしませんよねえ。コピーはとれないけれど茶は点てる。キャバクラでオーラを放つw でも無料でお尻は触らせない、とw

 しかしちょっと長い……。
せっかくいい説教で決めた後に、回想なんかしなくていいのに。ジャージに日本髪カフェ制服に日本髪なだけでもうオモシロなのでスッキリ30分で見せてくれてたらと思ったりします。

 それにしても花魁の盛り盛り日本髪、あれ仙夏は自分で結えないのではw 崩して洗い髪になる場面そのうち出てくるのかな~
あと社長=大名は、身分が武士ってことになってしまうので大違いでは。大店の若旦那、いやさ身一つから大店を立ち上げた、とでも言ったら良いのかと思いましたけどドラマ的にパッと笑わせるなら=大名なんでしょうねえ。 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ