ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「腐女子、うっかりゲイに告る」1 ☆☆

 軽いタイトルに反する生々しさに、当惑(^^;;;)
なにしろ冒頭からがっつり性行為ですよ。ビジホで男同士ですよ。高校生の主人公純(金子大地)を、初体験から仕込んだらしい年上のパートナー(谷原章介)は既婚者orz そんなゲイライフを、もちろん周囲には内緒で暮らしている純がクラスの女子紗枝(藤野涼子)のBL本購入現場に遭遇!内緒にして~と頼むその本(BL=ボーイズラブかどうかより、そもそもエロ本なのが問題じゃないんかい)をパラパラと見てつぶやいた
「ファンタジーだな……」
は、実体験に基づく当事者の感想w しかしBLをバカにしたと受け取った紗枝はその後も純に絡み、ゲイが汚い普通じゃないという純の自虐を、真顔で諌めてくれます。BLに夢見る故とはいえ、同性愛者の側に立った発言の連発。それなのに、もしや理解者にと抱きかけた淡い期待は、一番残酷な言葉で打ち砕かれるのです。おずおずと問う、もしも。クラスに同性愛者がいたら……
「ゲイなんて、現実にそうそういないし」
いるんだよ目の前に!

「勘違いしちゃいけない。彼女が好きなものはBLであって、僕ではない」
孤独を悟った純の、自省の言葉が胸に刺さりました。これが原題なんだそうで、このままでも良かったのに。BL、が分かりにくいと判断されたのかな。

 しかし純的には、開きかけた心の扉が閉じましたけど。客観的には、急接近して1回デート。可能性ゼロとは知らず、次回は紗枝から告白しちゃう模様です。さあふるのか、カムアウトか、それともつきあってみちゃうのか?どれを選んでも双方傷つく気しかしなくて楽しみに見る感じではないかもー。
 腐女子の描き方がエグいのも辛いです。
紗枝ちゃん、中学でどん引きされたのはBLのせいじゃないよ。キスシーンなんて、たとえ男女のでも教室で昼間っから描くもんじゃないのよ……。そしてネット仲間はやたら年上。チェックシャツ&バンダナ&ウエストポーチ的なオタク記号服でもゴスロリでもなく普通に身綺麗にしてて彼氏もいて、なのに絶望的に常識がないの。生身の人間を目の前にしてカップリング妄想を口走り、その後も同じ空間にいる彼氏と純を置き去り……。たまらなく気持ち悪く、でもなんか身につまされてしまいました。 彼氏、せめて自分たちをおかずの妄想ぐらい、口に出すのは止めさせないのかい、それでいいの?

「歌舞伎町弁護士 凛花」1 ☆☆

 のっけからおパンツ、着替え丸見え。キャバクラの更衣室が覗かれて、ストーカーの脅迫電話が着信……と、被害者は性犯罪の恐怖に怯えているのに画面はエロってさ。女性としてはどんな気持ちで見たらいいのやら、もやっとしますわ。

 で、主人公は弁護士の凛花さん(朝倉あき)
六本木の高層ビルに入った大手ゴージャス弁護士事務所で、若くして年商ん億円の企業相手にバリバリお仕事している企業弁護士ですのよ
ところが、歌舞伎町で個人事務所を営む父(渡辺裕之)が失踪(^^;;;;) しかたなく父の代わりに、駆け込んできた冒頭のキャバ嬢の訴えを、この一件だけ、と相談にのるうちに親身になり……。実はストーカーの正体が、取引先のIT社長と分かっても後に引けずに通報!
「法廷で会いましょう!」
が決め台詞ですw 軽いw 結果大手事務所はクビになってしまう凛花さん、今は大っ嫌いな歌舞伎町のために尽力するようになるのでしょうか……?

 サービスショット満載。オイルマッサージを受ける凛花が事件解決のヒントを閃く場面まで、 露出激しいわ変な声出てるわ(^^;;) 青年誌漫画の原作がそうなんでしょうけどね、もうちょっと防犯の知識がつくとか見てて役に立つことが欲しいかもです。弁護士を身近に思えて、困った時に相談に行きやすくなるかなw


「俺のスカート、どこ行った?」1 ☆☆

 ……で、古田新太先生の教科は何?

 ゲイで女装の新任教師、原田(古田新太)が型破りな教育をほどこす!
ヤバいおじさんの女装姿もあいまって、そりゃ奇抜ですけどね。そして生徒を「お前ら」と呼んではばからず、屋上から飛ぼうという生徒には
「よーし、飛べ!」
ですからねw 斬新ですけどもね。古田新太大好きで楽しみに見始めただけに、逆に点が辛くなりましたわ。つまらないわけじゃないのですが……。

 屋上の生徒はマスクでもごもご、地上の古田新太はあの酒焼け声w 屋上と地上とで、とても話が通じていたと思えなかった……のはさておき。長年めぐらしていた心のバリケード=マスクが、ぱっと外せてしまうのは、やはり簡単すぎて興ざめでした。そして教師の矜持が、名前を覚えるだの敬意がどうのに終始して、最後まで授業が行われず原田の教科がわからないのはさ。教師をなんだと思っているのかと、こちらが逆に聞きたいです。
そして薬を飲む原田。え、余命わずかとかですかorz 

 この内容なら、女装じゃなくても。地下足袋に乱波ズボンの建築作業員スタイルでも同じじゃないのかな。

「インハンド」2 ☆☆☆

 スーパースプレッダー編。改変、そう来ましたか。

 日本にはないはずのハートランドウイルス感染症を発症した患者、死亡。その後も感染被害は拡大し、全ての患者に接触した不顕性<元気な感染者=スーパースプレッダー>だろう男の家に、さっさと不法侵入する紐倉と高家なのですが……。目当ての彼はすでに病死後4、5日。実は本当のスーパースプレッダーは……、小学生の息子渉くん(込江大牙)だったのでした。

これ、原作では高家登場時のエピソード。親族の女子大生が亡くなり、押しかけてきた紐倉に否応なしに巻き込まれていく高家だったわけですが、ドラマではむしろスプレッダーの心情を思いやる善意の他人です。それ以上に違うのが、世間から『歩く生物兵器』とまで騒がれてしまい絶望する渉くんを紐倉が励まし慰めること!!

確かに、死に至る病を発症しないスーパースプレッダーは医学的に超貴重! 原作ではそれを生きて確保できなかった損失を(人道的にはともかく、医学的に)嘆く紐倉だったわけですから。一歩踏み込んで『君の存在が将来たくさんの人を救う!』とまで鼓舞したとして、キャラ的にも嘘じゃないですw 渉くんの両親が死んだり、恩師や友人が次々倒れた病は彼が媒介した『真実』を、とっとと本人に伝えろと言ってた論理とも矛盾しませんねw 両親を亡くしたばかりの小学生で可哀想、と接する牧野や高家とは、違う次元の話をしていますw

 そして、右手がメカな理由は飼い犬に傷を舐められ感染したから。でも犬を恨んだりしていない…と、これも世間から責められ怯える渉くんを慰める説話になっているわけですが……え、嘘なのかなw その辺、紐倉のつかみどころのない優しさで面白かったんじゃないでしょか。でも世間は紐倉博士のように論理で冷静には動かないので。病気をばらまいた子供としてやっぱり後ろ指さされるのでは。親もなく、これからの人生が真剣に心配です。どうとでも暮らせる医師の高家よりむしろ、渉君を助手として引き取って育ててやって欲しいほどですよ……。

 さて次回は永遠の若さの会!またドイヒーな紐倉が見られるの楽しみです(^^)


「わたし、定時で帰ります!」1 ☆☆

 社畜上等シシド・カフカの髪型が、美容院行きたてカット。定時帰りの主人公の方がゆるふわ伸びっぱなしって逆w

 そんなわけで主人公結衣(吉高由里子)は、絶対定時で退社するマン。
でも仕事はきっちりこなしてます。うん、だったら帰ればいいよね。でも旦那はこれ見てると過去のとんでもない新人のやらかしをあれこれ思い出してしまうみたいで(^^;;;) 昔話でさんざ愚痴られましたわー。でも旦那の話でも本当に問題なのは、欠員の代わりをすぐに入れられないシステムの方なんだと思うんですよ……。そりゃ何も言わずに入社してきた独身社員が5月から産休とりたいとかびっくりですけどね、もっと突然、事故で入院てことだってあるんですから……。

 さて1話後半になって、結衣の事情が語られます。最初は大手に就職、言われるまま無理して働いていた結果、人事不省になったと。そこから目覚めて決意して「定時に帰る」と転職活動、今の会社の社長は面白がって採用してくれたそうですよw だったらそんな人ばかりの会社でうまくいくのかというと、吸収合併などでいろんな社員がいて夜討ち朝駆けで今まで来て、定時に帰るのが罪と思っている三谷(シシド・カフカ)や福永(ユースケ・サンタマリア)みたいな人たちも。そして定時で帰る結衣をサボっているだの、定時で帰れない自分をバカにしているんだろうとか……。その上、新卒さんたちがなんでもパワハラ扱い。至極まっとうな注意をしている三谷にたてついて、三谷の端末パスワードを書き換える嫌がらせをしたうえ『辞めます』のメモひとつで逃走したりして。
うん、確かにとてもストレスフル(^^;;;)
とりあえず、誰も新人女子が主張するように『三谷さんは私に土下座して謝れ』を良しとはしていませんけどね。パスワードいじっちゃうとは器物損壊とか業務妨害とかそんな、訴訟モノの犯罪じゃないんですか。ちょっとは痛い目にあって、新人こそゴメンなさいを言って欲しかったですよ!その上で、みんな幸せに無理なく働いてくれたらいいんですけどねえ。

 同じ部署に元彼(向井理)が配属に、とか。新部長ユースケサンタマリアの悪評、産休から復帰の内田有紀。この先気になる要素も散りばめられつつ……もう見ないかなあ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ