ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「引きこもり先生」1 ☆☆

 不登校の対応に人手が足りない。
そうだ! 元引きこもりを先生にしたらちょうど良いよね? 美談になるし!

 ……という、無責任校長榊(高橋克典)の思いつきで白羽の矢が立ったのが卒業生で近所に住む上嶋陽平(佐藤二朗) 引きこもりの会で過去を立派にスピーチしていたと校長は言いますが、いやいや大して立ち直ったようには見えない語り口調(^^;;;;)焼き鳥屋の店長をしてはいますが、壁にはお品書きならぬ注意書きがいっぱい。注文は客が紙に書き、出来た品を自分でとる。客と店長は会話しない、サービスもしない、それで社会復帰できたと言えるのか(しかも不味いらしいw)

 当然、オファーされた陽平だって断りますがw
実はたまたま、不登校生徒奈々(鈴木梨央)の自殺を止めたことがある陽平。その後もネグレクトで家にに居場所がない奈々と夜に出くわしたり、奈々が焼き鳥屋に現れたり(地名と「焼き鳥 不味い」で検索w) と顔見知りになっていきます。スクールソーシャルワーカーの磯崎(鈴木保奈美)に、中途半端に関わるなと釘を刺されて距離を置こうとする陽平でしたが……。
 11年引きこもり続けて死にたかった、死のうとした、でも今生きている陽平にとって、同様の痛みに苦しんでいる少女を無視して口をきかないでいるなんてできないでしょう!
 最期の挨拶をしにきた奈々を追い「生きよう!」とだけ説得する陽平。
……案外、不登校クラスの教師、向いているのかな??

 覇気も笑いもない珍しい佐藤二朗が見られます。
知人に騙され借金を負ったことからの人間不信、自己嫌悪。更に妻や娘にあたり散らし別れる羽目になった絶望。小さかった娘さんが、今はもう大人なんでしょうけれどずっと会っていません(涙)
娘さんのものだった煤けたぬいぐるみが店に置いてあって、無言で客に抱かせてくるの和みます。それが奈々の大事な品と同じキャラだったり。好きな曲も同じだったり。そんなことから距離が縮まり、奈々がやっと笑顔になるのはいい場面でした。ただ、非常勤講師といえど「先生」になっても同じ関係でいられるのかな。いやその前に、きちんと通えるんでしょうか、先生もw
 「無理しないで、辛かったら帰ってきていいから」
と、もう中年の息子陽平を送り出す老母(白石加代子)の気持ちを考えるとまた辛いです。陽平が娘さんと会える日は来るのかな。
不登校クラスSTEP所属の生徒は菜々だけじゃなくて。がんばれ、とも言いづらい彼らの明日はどっちだ。STEPルーム担当教員深野(佐久間由依)の一番の仕事は、誰も死なせないこと、ですよ……。


 ちょうど田村正和追悼で「総理と呼ばないで」を見返していたところにきた鈴木保奈美!教育委員会の嫌な感じの視察員に室井滋。 

「プロジェクトランウェイ18」〜8 ☆☆

☆クリス・マーチ、訃報を今頃知りました
クリスの出たシーズン4は未だにマイベスト。その中でもクリスチャンと組んで仕上げたあの肩にパネルのそそり立つアバンギャルドなゴージャスドレスは忘れられない1着です。
 居眠りする姿、明るい笑い声。嗚呼。R.I.P


 さて気を取り直してシーズン18は。

 優しい世界!


 ストレスフルなコンペ生活で、韓国美女ダヨンが体調を崩しがち。  救急隊の世話になって1日休み、発表の当日に復帰してきてとにかく何かモデルに着せなくちゃ!となったら、皆が手分けして手伝ってくれるんですよ。その後のインタビューでも皆が心配していて。あれれ
『これで脱落はダヨンで決まりだね!』
だなんて腹黒いこというキャラ1人もいませんよ? むしろいたとしてもカットしかねない、優しさを強調する編集です。リアリティショーも平穏になってきたものですね。

 他に目立つデザイナーといえば、すぐ政治的主張を語り出すセルジオw  スカートに犠牲者の名前を刺繍したアイディアはまあいいですが、それをモデルたちに縫わせたのはどうよ。
 そしてモルドバ出身のビクトリア!
英語力が今ひとつで、シアーを「透ける素材」とわからなかったなどと主張しますが、冒頭カーリーが着てた服の特徴でわかりそうなものですよねw   途中クリスチャンに指摘されても尚、美学に反すると抵抗し棄権しかける始末。 プリントを使う回にも、ほぼ真っ白でプリントがちょっと使われてる服を作って「ワタクシの美学」を連呼。うん、お店を構えて服を作るならそれでいいけど、デザインコンペに参加していてそれはないわ〜。


 と言う具合に、誰の服が好きとは特にないシーズン。この先オリンピック選手の服デザインがあるそうで楽しみです^_^

「シェフは名探偵」1 ☆☆☆

 タイトル通りw
街のこじんまりフレンチレストランを舞台に、お客様の悩み事あれこれをシェフの三舟(西島秀俊)がズバッと解決です。

 客の好みや体調を把握し、リピーターなら以前の注文や同伴者の違いも参考にしつつ。間違いなくオーダーをこなすためには……確かに記憶力と観察眼は大事でしょうねえ。そこに生来のお節介が加わるとw
 くたびれた営業マン高築(濱田岳)が、失職したばかりと見抜いて
「うちの店で働いてください!」
と電撃スカウト!これは双方win-winでマシな例ですね。
 本当に働き始めた高築は、シェフの謎解き癖に連日振り回される羽目になりますよw

 例えば、偏食の常連粕谷さま(奥田洋平)
連れの女性(が、妻でないこともシェフだけがお見通し!)が
『奥様から粕谷氏を奪い取ろう」
と決心した瞬間を、なんとシェフは察知w  わざわざ呼び止めて「それは応援出来ない」と忠告するって普通じゃないでしょう。  そして予言通りお断りされ、泣きながら文句つけにくる女性もアイアンハートですw
理路整然と推理を語る三舟シェフ。ド偏食の夫のため、あえて下拵えをせず臭みえぐみを残して栄養優先料理をする奥様、と。果たして正解なのかは三舟夫婦のみぞ知るわけです。
(回想では奥様から秘書嬢に「食べて」と勧めていました。一般的に不味いと承知で、説明もなしに? 実際は秘書が勝手に食べたのか。それとも夫に馴れ馴れしい女に嫌がらせだったりしてw)

 また、チョコレート店の店長(玉置怜央)は冷酷なのか?
入院中の母を見舞いに来て、と泣く妹さんに、店の詰め合わせセットが素数=分配に必ず余りが出て、世の母親がつまめる、を例に『店長はお母さん想い』と断言するシェフw  
ちょっと苦しいけれど、まあいいか!

 取り乱した客は、カウンター席にご案内して、ホットワインを勧めるのがお決まりのコース。それに慣れてきている高築に、クスッと笑えます。
 そういえば彼のスカウトも、ホットワインを奢られながらでした。
泣いてはいなくても、リストラされて、思い出の料理を食べにきて
『思い残すことは何もない…』
の独白。てっきり自殺の決意でも見抜いたかと思っていたのですが。
 なんとスカウトの本当の理由は! ラーメン屋のバイトで、10人もの同時オーダーを見事に捌く彼を見たことがある、と。いやいやいや、学生時代ってひと昔は前では??  ここでも驚異の記憶力を披露する三舟シェフなのでした!
 しかしこちらの脳は衰え気味w
正直、粕谷氏とチョコ店長を旦那が混同してました。有名ゲストを使わないなら、もう少しハッキリと服装や体型に違いをつけてくれると助かります。これからもきっと毎回、事件は複数ですよね。

 お茶目なソムリエ(石井杏奈)と強面スーシェフ(神尾佑)が、高築と絡む掛け合いも楽しいです。
時折、繰り返す演出は謎。大事なことだから二度と言うのかなw

「にぶんのいち夫婦」1 ☆

 結婚2年目、ラブラブで幸せ!
…と思っていました。ついこの前までは。

 というわけで、えげつない不倫ものです。

 二日酔いの妻に朝食を用意して出かける、優しい自慢の夫。でもその足で向かうのは愛人との待ち合わせで、そうと知りつつ何故か黙って見送る妻は、味噌汁を食べずに流しに捨てる…!衝撃のオープニングでした💦

 女子会で、不倫旦那の愚痴を聞かされても生返事だったヒロイン文(比嘉愛未)、だってうちの旦那和真(竹財輝之助)は……と熱い夜を思い出して頬を赤らめてた日々は幸せだったんですけどね。

とある夜、チラ見えしたスマホの着信に膨らむ疑惑。しかも結婚記念日に泊まりの飲み会で帰れない…?

 決定的な証拠はなく、変わらず優しいのに何か掴みどころのない夫を竹財輝之助が好演。そして情熱的な夫婦生活も垣間見得まして眼福です、きゃっ☆
奥さんも可愛らしいいい娘なのに、何があったのかしらん。最後は別れるのか、元鞘か……そこはどうでもいいかも(°▽°)


 

「ひとりで飲めるもん」1 ×

 びっくりつまらん!!!!
wowowの新食事ドラマを楽しみにしてたのに、いつまでも食事に行かなくて、どうでもいいお仕事描写が長い長いorz  

 「孤独のグルメ」「ワカコ酒」と、実在店舗で飲み食いするドラマが大人気で連作されて、確かに地方民は思いますよ。行かれないなあって。でもそれは、こっちの地元にも来ないかなあとか、美味しいんだろうなあ、東京に行ったらあの店に行ってみよう!であって、例えばマクドナルドに行って欲しいわけじゃない……。
 それでもチェーン店に行くなら、せめて笑えるあるあるネタがあるとか、秘密の裏メニュー紹介ぐらいはあるかと期待したのですが。

 あの!美女で才女の!紅河メイ女史(大政絢)が実はこんな庶民の店で!
 
的に煽るばっかりで、普通の食事。はああ?
いくら稼いでいても所詮は一社員、むしろ残業が続けば夕飯に松屋でもくら寿司でもジョリパスでもそりゃ、行くでしょうよ? 
しかも前半丸々使って描いたお仕事の方は、タレントのワガママを機転で上手く収め(っちゅーか、最初からその企画にしておけ案件)て、大成功。『庶民の店』は、その後の付け足しでしかないのね。
もっとさー、意外な街の声が商品のヒントになるとか。 メニューの工夫から何かを掴むとか、ないの?
あのOLワカコの仕事をふわっと1、2分しか描かない「ワカコ酒‘」ですら、そういう描写あるのに。 

 一応決め台詞は「なまら美味しい〜」と方言で騒ぐのと、ホッとするとサイズがボワ〜っと大きくなって食後にまた戻るという不思議なマンガ的表現がありますよ。 
え、原作マンガがあるの?
え、原作は「珈琲どうでしょう」作者コナリミサト?「凪のお暇」も?? どうしてこうなった……
 働く女、を見るつもりであら毎回の晩酌がちょっとっ楽しいわ、と見るべきだったのかも。 
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ