ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

「テセウスの船」3、4 ☆☆

 えー、現代に戻ったw

 音臼村から心が消えて、事件は止められず毒殺犯はやはり父文吾。でも母と兄は心中死と、心のタイムスリップは事態を悪くしちゃってましたよ。でも、過去が変わったなら妻生きてたりする?と自宅に駆け込めば、赤子はおろか2人暮らしの跡形もない殺風景。結婚してなかったことになっているのね。

 なのに心の左手には結婚指輪orz  そういう齟齬がこのドラマ気になるのよ!

 その後も、獄中の佐野文吾に会いに行けば覚えていて、自分を無実と信じる「心さん」がいつか会いにきてくれることを支えに生きてきた、と。その父子のやり取りには泣かされるんですよ。文吾の老けっぷりはさすがで、老けメイクの自然で良いし、鈴木亮平のことなので村で警官だった撮影から老けメイクまでに痩せたりもしてるかもw
 しかーし!
 だとしたら文吾が新生児に心と名付けたの? 獄中から頼んで?
「あなたの息子です」と告げた心を信じた文吾には意味あることでも、妻和子(榮倉奈々)や兄姉には無断で消えた短期同居人の名前。どう納得したものか。 

 更には、この世界の心=佐野心は、母を亡くして施設育ちで独身。30年前に文吾と知り合った、教員志望で既婚者の田村心とは全然別人に育っているはず。生後1度も面会に来てないなら、文吾には違いが分からないでしょうけどね。佐野心はどこに? 彼も同じように廃村の音臼村を訪ねたのだとしたら、何をきっかけに?

 妻由紀(上野樹里)に会いに行けば結婚どころか知り合いですらなく、姉の鈴(貫地谷しほり)に会いに行けば「もう帰って」と。親しいはずの関係が消えていて切ないのですが…。
由紀ったらこの世界では雑誌記者!音臼村事件を取材し、心のことも『佐野文吾死刑囚の息子の』という認識です。愛する夫のため、と文吾の事件をスクラップしていた由紀が、そもそも調査向きだったとはw なんか愉快ですw
そして姉鈴は整形済み!
記者に追われずに生きていくため、名前も顔も変えたのだとか。そこも泣き所なのに「そうかー1話の顔にアザがある鈴が貫地谷しほりっぽくなかったのは、そういうことかー」と要らないことを考えてしまいますw

 そしてなんと、鈴の夫は音臼村事件の生き残り!義母は、彼を引き取って育てた、小学校のさつき先生(麻生祐未)!

いやそれ、どっちも鈴をよく知っている上に、心の顔にも見覚えが(あちらは30年ぶりとはいえ)ある筈(^^;;;;;;)   そして事件の話になるたび、文吾を早く死刑に!と叫ぶ人たちと家族でいるなんて。贖罪のつもりか、なんとも辛い道を選んだ鈴なのですが。
久しぶりに会う、一緒に育ってもいない弟心が突然、30年も経った事件を調べたいとか言い出して、鈴の暮らしはますますハードですよorz

 現代で当時の証拠集めをして(心と由紀はまたそれで親しくなり)、またタイムスリップした過去で事件を防ぐんでしょうか?
元々はジュースに毒物が入れられた事件が、心の干渉で汁物に毒が入れられることに。でも多分、心が未来から持ち込んだ新聞記事は日付やジュースのこともそのままなんでしょうねえ、残っていれば。
 何しろ、見られてはならない!と謎の決意で早々にノートを捨て、証拠ゼロで「未来から来ました」と言い張る羽目になったのに、文吾もユースケサンタマリア刑事も、信じましたからね…。ノートの意義は、むしろ誰かが拾ったことで発揮されるのでしょうよ。そして最後は、文吾が捕まらず心は教師で、母も妻子も無事で幸せな未来になるのよね、きっと!
頼みますよ!

 タイトルからして「修正を繰り返したら、それは別のものでは」というパラドックスにまつわる「テセウスの船」 てことは、心はまだ何度も事件前の音臼村に戻っては修正を繰り返し、事件は全く違うものになっていくのかも(事件を防ぐより、文吾を殺して犯人扱いにならなくする方が簡単そうw)  そして心も全く別人に?でもそれって誰から見てかって話で。佐野心と親しくて、急に変わったねと思うような人は…、いないのかな。殺人者の息子として日陰に行きてきたものねorz  むしろ、田村心時代に由紀とどう結婚にこぎつけたのか。

音臼村から戻って以来、仕事もしてなさそう。大丈夫なのかw

「知らなくていいコト」3~6 ☆☆☆

 ああ…ついに不倫にorz

 毎回の企画会議から、スクープが生まれるまでについ引き込まれてしまいます。チームで尾行や隠し撮り等の取材ノウハウはスパイ映画の様。 炎上ダンサーに入試不正、警察エリートの虐待に、棋士不倫。 記事が世論を正す時もあれば、要らない騒ぎを巻き起こすこともあり。何が正義か。それは記者が決めることじゃない!と、尻叩かれて売れる記事を書き続けるケイトたち…。

 で、不倫ですよー、して欲しくなかった。でも元々ケイト(吉高由里子)が破天荒な上に、丁寧に段階を踏んで描かれてきたので納得するしかありませんねえ。
母が死んで以来ダメージばかりのところに寄り添ってくれる元恋人尾高(柄本佑)、そりゃ頼りたい。 既婚と知りつつ、常に奥さんが横にいるわけじゃなし。以前の関係に戻った気がしちゃう。 そんなタイミングでの不倫取材では、体面優先の妻(三倉茉奈)よりも、きっぱりと愛を叫ぶ浮気相手の女優(佐津川愛美)を応援してるよね。

 そんな既に気持ちは不倫しているケイトを前に、
「踏みとどまろう」
と言い合った端から押し倒してる尾高orz  視聴者は、奥さんも子供も義母も見せられてからの不倫目撃で、やりきれないわ。そもそも、毎日ケイトのことを考えちゃってる自覚があるなら、スタジオに入れて2人きりになっちゃダメでしょうに。
 そんな実はダメな尾高でも、元カレ春樹(重岡大毅)がクズだから相対的にいい男に見えちゃうんだよね。
ケイトの父が、大量殺人犯乃十阿「かもしれない」と去った春樹。
ケイトの母から、父親は乃十阿と知らされた上で求婚していた尾高。
それだけでもう器の違い歴然だものなあ。乃十阿という秘密の共有も親密感を増しますね。でもさ、尾高の求婚を蹴った、当時の決断のツケはきちんと受け入れようよケイト~。

 尾高が報道記者を辞めて動物を追った様に、いつかケイトも報道から去る時が来るのでしょうか。それとも、実父乃十阿に会うのにも、母の名よりも雑誌名を先に告げ、取材にしちゃうケイトですから。スクープ命で病膏肓に入る終わりになるのかな。

乃十阿は本当に犯人なのか。誰かをかばっているのでは。最終的にはその記事を書くのでしょうねえ。

 ところで『最新家電を使いたくて、家宅侵入する女』ホントに居そうw  でも、何度そう言っても取調べ側が信じないので、「家庭を持った気分になりたかった」と言わされるという展開も、これまたありそう〜w 

「2020年冬ドラマの展望」

 30分ドラマが多い!

 2月も半場になってやっと、やっっっっと出揃いました冬ドラマ。1話をレビューしたドラマが、連ドラ16本に、深夜30分ドラマ17本! 何この本数。とにかく今期は30分のドラマが多いんです。
若い人が録画じゃなく配信で何でも見るようになって、短い方が見易いのでは。若くない身にも、その方が楽…。もう随分前から、初回拡大版は見る気を削がれて嬉しくありませんからねえ。

 深夜の30分ドラマ=おバカ系かエログロ、だったのはひと昔前。ゆるっと系や恋愛ものまで各種あり。「ハイポジ」「SEDAI WARS」はターゲットがひしひしと高年齢層です。 実在店紹介もの「絶メシロード」「今夜はコの字で」も、定番感。奈緒は銭湯入りつつ婚活し(「のの湯」「やめるときも、すこやかなるときも」)、山田裕貴は世代代表で戦いつつ変態(「SEDAI  WARS」「ホームルーム」)何この重なり具合w

 重なるといえば「知らなくていいコト」「テセウスの船」の、どちらも親が大量殺人犯。「ハイポジ」「テセウスの船」は過去に戻るところが同じでもイメージ重なりませんでしたが、さすがに親が…は特殊すぎる上、どちらも毒殺&でも真犯人は違うかも、と共通項な上に、回が進んだら「テセウスの船」主人公の妻が事件記者になってますます既視感w  罪をかぶったり冤罪だったりさせるのに、接触せずに殺せる毒が都合良かったのでしょう。他に可能性として爆弾…は、それなりに準備や技術が必要ですもんねね。

 犯罪つながりで「ケイジとケンジ」、主演:東出昌大の不倫報道で変な感じになっちゃって、ドラマとしては普通に面白いのにもったいないですorz 

 「病室で念仏を唱えないでください」は、医療ドラマに坊主を抱き合わせ、毎回患者が死ぬ話作り。しんみりもしますが、実際に身内を亡くしたばかりの方には奇跡が起きて患者が助かるドラマよりも共感できるとか。目から鱗でした。

 女子高生もの「ゆるキャン△」「女子高生の無駄づかい」
男の気配なくぶりぶり可愛い「ゆるキャン△」と、『モテたい』のにガサツな「無駄づかい」、この両極。どうせならアニメ「映像研に手を出すな」(NHKで放映中、大ハマり)みたいに何か成し遂げたい子達を描いて欲しいのになあ。3作とも漫画原作の女子高生モノなのにね、同じクラスにいても接触なさそうw

 漫画原作…は16作、小説原作6作、30分ドラマは特にほぼ漫画原作、小説や下敷きエッセイもあって、17本中オリジナルって3本w 連ドラだって、オリジナルは16本中6本ですもの。脚本家になるのはますます狭き門ですね…。

 今のところ見続けているのは以下の12本です(^^)

「ホームルーム」        「やめるときも、すこやかなるときも」
LINEの答えあわせ」       「絶メシロード」
「この男は人生最大の過ちです」 「ハイポジ」
「伝説のお母さん」       「恋はつづくよどこまでも」
「テセウスの船」        「知らなくていいこと」
「ケイジとケンジ」       「麒麟がくる」

「2020年2月前半のインパルス」

 板さん出演のゴッドタンは大阪放映まだかなー。堤下は料理関係の出演が来週あるのね。配信系で2人とも色々ある様ですが追えない~
世間は新型コロナウイルスで大騒ぎな中、感染症対策専門家の先生の、エレベータボタン押しに既視感です。指の腹に菌をつけて、顔を触ると口や鼻から感染するんだそうで

 指関節や肘を使う

のがオススメ!だとか。 ケッペキーズ板さんの爪押しはどうでしょう?惜しい?(どこかで関節使いも言ってた様な) とにかく板さん、今なら笑われずに主張できますね。エレベータのボタンは汚いと!

「いたくろむらせのオンとオフ」#25
 まだまだ続く中華街ロケ。
堤下オススメ店に「供養に」行こうという黒沢さん。いつもの調子で「昨夜未明に亡くなっちゃったし」と板さんが返すと、さえぴぃが
「ええ?」
とマジ驚き可愛いw ピュアw でも確かにそれが普通の反応ですよねえ。何にせよ、つつんの話題番組初で嬉しいな。

 そして、堤下行きつけ「吉兆」さんへ。名物あさりそばを一人前だけ注文してさんぶんこ。それでも充分な量あってハッピー(^^)  美味しく食べていると何と!コンビ写真が!板さんも来てるんじゃん!<2012年5月>の「お願い!ランキング」ですね(ちなみに当時の弊レビューこちら
板さんが珍しく自分からお代わりして食べてた回なのに!忘れるってw あ、店が移転してたせいもあるのかな。2人仲良く、つつんが板さん甘やかしてるロケまた観たいなあ。
さえぴぃに食レポをふったりしつつ撮れ高会議を済ませる御一行ですが…

 番組財布がない!

小籠包屋で出してた、丸いふわふわの財布ですね。
「財布なくす人なんているの、二十歳超えて?」
と厳しい黒沢さんw 板さんも時々…でも家に忘れるのと、失くすのちょっと違うかw  とりあえず他人のせいにしてみるさえぴぃですが、スタッフからも出てこず探しに戻ることに。占い屋にもないと言われた…けど、座ってた辺りにただ落ちていましたよw 平和だわ日本。すると発見が早すぎるとトシコツお怒り! もっと盛りあげろって(^^;;;;)
 そこで中身を確認して謎なことに。1万円が千円に? 小籠包が2千円代で…。&すゑひろがりずへのプレゼント代? なーんだ前々回開始時点で1万円だったのね。なら計算合ってましたw

 次はすゑひろがりずも一緒に分けようとゴマ団子をチョイス! 6個入りを買ったところに呼ばれたすゑひろがりず、目の前で5等分が始まってドン引きです、いや
「お前らが言ったんだろ!」 だよねw 
めんどくさいから一口ずつかじろう、の黒沢提案には「じゃあいらない」と、さえ姫マジ渋面!  とりあえず全員丸一個は美味しくいただき、残りを箸で千切れず苦闘の様子を、一旦撮るから鼓の上にちょっと載せて…って、それ専門家にすゑひろがりずが怒られるw
 結局は5人でゴマ団子つまんで、引っ張ってわけわけ。
神聖な鼓にあんこが落ちたのは、気のせいってことでw ちゃんと分けられて満足の板さんです!

 財布騒動に、堤下ネタに、五等分。それぞれ見せ場もあり?無事前後編になった中華街ロケでしたが、実は手相以来凹んでいたというさえぴぃ。 財布無くしたのもそのせいだったかな、アイドル業とアパレルの並走「バッチリ正解、頑張ってるね!」と言ってもらいたかったのにね(^^;;;)元気出してー

「いたくろむらせのオンとオフ」#26
 あえての、冬に向かないスポットを訪ねるの巻! まだ神奈川の綱島です。
気温7度の屋外で流しそうめんw
受け止めるざるは地べたに直だし、皆の箸をくぐってきた下流が嫌そうなさえぴぃは店内の生け簀に注目を寄せようとしてましたけどw なんとか流しそうめんにトライ。 黒沢さんもこれ無理発言してた割には、地べたの網から食べた?ゴマ団子の回し食べ提案といい、実は気にしてないのでは。てかカメラに向かってM字開脚食べはアカン(^^;;;) ←誰も「取れました~☆」とカメラに向かってそうめん見せないの、さすがオフw (そしてトシコツ、寒い寒いと言うのにアウターの前閉めないのマイクの都合なの?)
 さて店内の座敷には生簀と釣竿!
自分で釣った魚をさばいてもらえるそう。ただし自腹w   最初に釣り上げた1匹を分けることにして、払いはその人のおごりね!と決めたところで、さえぴぃがシマアジをゲット! キャーキャー騒ぐのを板さんが必死で網でフォローしてw  半分お造り、半分フライでオーダーしましたが…
調理を待つ間、面倒な板倉哲学が炸裂。命をいただいてる、人間のせいで可哀想に、ってそりゃそうですけどもね。じゃあ食べないのかって、お皿届いたら「わーいおいしそう!」w  うん、余さず美味しくいただきましょう(地球に人が要らない云々って理系は普通に通る道ですが、それだけに40代では卒業してるよねw)

 めんどくさいおじさんの説教にも、負けずに反論するようになったさえぴぃ。夏からの成長を喜ぶ先輩たちでありました。さあ、さえぴぃが大阪へ戻る電車の時間が近づいている!黒沢さんの袖口は小籠包の油でカピカピのまま神奈川ロケもこれで終わり。そろそろ埼玉に戻りますかね。


 「ホームルーム」~4 ☆☆

 委員長、命拾いしたねえ。

 そうです、1話をディスっておきながらまだ見てますw
変態映像はキッツくても、30分なのが見易いんですよね。長くて重いドラマは見たくないなあ気分の時に、つい2話をつけ…。え、桜井の自作自演?となったら俄然面白くなってしまって。その時点では、夜中の変態行為も覚醒してて受け入れてる可能性も考えていたのですが、なんと桜井はただ純粋に先生を好きで好きで、振り向いて欲しくて水かぶったり弁当に虫入れたり、果てはその自演がバレないように証拠映像を盗むためなら生徒会長が死んだって構わない勢いで殴り倒したわけですよ。
怖。
だったら愛田と相思相愛…とはいえ、すれ違いっぷりが凄い。

 いくら先生が好きでも、自分に薬盛って夜な夜な忍び込んで全裸であれこれは、知ったら嫌いになるだろうし(なってくれ)、愛田は愛田で、自分の気をひくために自演するような女は…「加工品」範疇なのでは。世界の平和のためにも、なんとか不都合なことはバレずに結ばれて、2人で勝手に幸せになってて欲しいのですが、さてどうなるのか。

 4話冒頭、逃げる桜井を「待ってくれ、説明させてくれ」とパンイチで追いかけるラブリン。あーバレたね、と思わせておいて違うんだから憎いよね。
桜井が尾行した、その日に限って珍しく、桜井宅でなく自宅に帰る愛田先生。なんてラッキー。 愛田を陥としたい女教師も来ていましたが、ちゃんと追い返すところも見てて誤解はせず。そーっと覗いた家の中では、愛田が桜井への変態愛を爆発させた瞬間で←比喩w これまた地上波で放映しちゃダメだろーなんですけど。ピュアな桜井にはただ「裸見ちゃった」としか受け取られなかったのと同様に、良い子はわからないままでいてくれたことを願います。

 てなわけで夜の追いかけっこ、桜井的には「先生が私を追いかけてくれてる☆」と、『捕まえてごら〜ん』キャッキャウフフ的なむしろ楽しい時間orz  警察の職務質問も2人でクリア。  で、肝心の桜井への「説明」も、ルーベンスを目指すデッサン練習:モデル自分、って無理矢理すぎるんですけど! それで納得する桜井って馬鹿なのかな、いくら恋は盲目とはいえ(^^llll)

 不良グループは、桜井宅に入る愛田を尾行して、そこが愛田宅だと思ってる。
愛田宛の呼び出し状(メモ折りが可愛いw)が桜井に渡っている事情から何かバレるかと思ったのにな。その線はまだこれからでしょうか。4話から新登場、教師との不適切交際で謹慎してたキャラがどうなるのか。常にアメ舐めてフード被って、語尾がニャーンって、3次元でされるとキツくて役者さん可哀想。いやこの話、可哀想じゃない娘いないか…。

 情報のためだけに愛田に優しくされて、惚れた途端にフラれた生徒会長も可哀想なら、桜井を心配してもしても愛田の「誰にも内緒だよ」が優先で無視されてしまう富田望生も可哀想。いやでも、「先生が好きになっちゃったー」的恋バナもされてないって親友でもないのか。どっちからも攻撃される可能性がある桜井も不憫なら、全裸の山田裕貴と撮影するうら若き女優さん秋田汐梨も可愛そうorz 
このどっち向いても不安定なハラハラ感にそそられるのでしょうか…。とにかく地上波はねーどうなのかなー。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ